良い物件を見つけるには、昼夜のチェックが重要!

2019-07-28

賃貸物件を決めるまでに何軒も内見し、周辺の環境をチェックしたあとでも、なんとなく不安が残るものです。そこで、最後の仕上げとして昼夜2回の最終チェックをおすすめします。

昼間に内見して「とてもいい!」と思った物件でも、夜になってみると思わぬことがあったなんてこともあります。最良の物件をみつけるまでに、納得できるまで確認をしましょう。

【平日の帰宅時間帯の周辺環境をチェック】

通常、賃貸物件の内見は昼間です。昼間の明るい状態で見ると、どんな物件でもよくみえるもの。その場で契約したくなりますが、ほんの数日だけ待って、夜の状況もチェックしておきましょう。

まずは昼と夜の両方で、物件から最寄り駅まで歩いてみること。徒歩でかかる時間を知ることはもちろん、夜になってからの治安や街灯の数、明るさ、交通量などをしっかりとチェックします。

できれば平日の平均的な帰宅時間に合わせて歩いてみるのが一番です。お引越しをした後は毎晩かようことになる道ですから、とくに女性の場合は安全性や歩いている人の多さ、雰囲気などを中心として物件周りの環境を体験しておくことが大事です。

【最寄り駅の夜の雰囲気やコンビニ・スーパーのチェック】

最寄り駅では通勤時間帯の電車の本数や、周辺の店の営業時間なども確認も重要です。夜になると駅前の雰囲気がガラリと変わることもあるので、人通りの多さなどは念入りに見ておきましょう。

駅までは基本的に歩いて通う予定でも、駅前のタクシーの数を確認することも大事。いざという時にはバスがなくてタクシーを利用することになるかもしれず、駅前でタクシーを捕まえにくいと、なにかと大変です。

また駅前を見るときには、コンビニとスーパーの場所も要チェック。週末にまとめ買いするという人でも、細かな不足分を買い足すのに帰宅途中でコンビニ・スーパーがあればとても便利です。

【最終チェックOKならLIVE引越サービスにご連絡を!】

昼と夜の雰囲気をみて、ここなら大丈夫と思ったらさっそく賃貸契約を。そして賃貸契約を終えたら、すぐにLIVE引越サービスにご連絡ください。

新居の場所、お引越し日がわかれば、お見積り金額をお出しすることができますから、具体的な引越し準備を始められます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.