引越し当日になってわかった!トラックスペースがない・玄関に荷物が入らない

2019-07-29

お引越しには思わぬトラブルがつきものです。たとえば新居近くまで来たのに、家の前の道が細すぎてトラックがとめられないなんてこともあります。

新居の環境については、お引越し前にあらためて下見に行っておくと安心です。

【お引越し前に新居のチェックを】

お引越しをする前に、新居周りの3点について必ず確認をしておきましょう。
1.エレベーターがあるかどうか
2.建物前にトラックをとめられる道幅があるか・駐車して荷物を降ろすスペースがあるか
3.駐車スペースが建物入り口から離れている場合、どれくらいの距離か

です。新居の前の道や、建物の中のエレベーターの有無・廊下の広さ・玄関の広さなどは、お引越し荷物を搬入する際に必要な情報です。

しかしお客さまご本人さんでも、一度か二度、内見にいったという程度では、周辺環境についてはわからないもの。わからないまま引越し当日を迎えて、いざ新居へ荷物を搬入しようという場面で困ることは珍しくありません。

引越し前に新居へ行き、上記3点だけでも確認しておきましょう。

【新居が遠方なら、管理人さんに確認を】

新居のチェックと言っても、新居が遠方にあり、すぐに確認に行けないこともありますね。そのときは、マンションの管理人さんや不動産屋さんに上記3点を確認しましょう。

とくにお引越し荷物が多い・大型の家具や家電などがある・ベッドや大きなダイニングテーブルがあり、ばらすことが出来ないという場合は、お荷物がお部屋の玄関を通るかどうかも重要なポイントになります。

マンションエントランスの幅やお部屋の玄関幅などをしっかり確認しておくと当日もスムーズにお荷物が入ります。

【確認せずに、当日に荷物が玄関から入らないと追加料金に】

この3点を確認しておくだけのことですが、確認しないでいると、当日に新居に行ってから「荷物が入らない」ということもありえます。

ベランダなどからお荷物を入れるという、特殊な搬入方法が必要になるケースでは追加料金が発生してしまいます。お引越し料金のトラブルを防ぐためにも、新居の環境チェックは必要不可欠。

新居の情報はお客さまから引越し会社にお伝えいただくことになりますので、しっかりと確認しておきましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.