2020年引越し難民にならない為にする事

2019-08-27

「引越し難民」という言葉は、3月・4月の超繁忙期によく聞かれるようになりました。引っ越したいお客さんがいるのに引っ越せない、という大変に困った事態です。

2020年春の「引越し難民対策」などというと、ちょっと早すぎる気がしますが、適切な対策を立てなければ引越し難民になりかねないのが現実です。では、どんな対策を取れば引越し難民にならずに済むのでしょうか。

ここでは、具体的な対策を2点ご紹介します。とにかく早く、各種引越しプランを利用して予約をしてしまうことです!

【新居が決まったら、時間指定しないで相談を】

通常の時期であれば、引越しの予約は希望日の約1か月前にすれば十分間に合います。しかし3月4月の超繁忙期の場合は1か月前ではもう予約が埋まっています。

年明けすぐに予約しても希望日があいているか分からないほどですから、引越し予定と新居が決まったら、早急に引越し会社に見積りを取り、予約をしてしまいましょう。そのとき、時間などを細かく指定しないでおくのが、予約を取りやすくするコツです。

たとえば「○○日の午前中にお願いします」というと、見積り金額が出てこないこともあります。なるべく安く確実に予約をしたいのなら、引越し希望日も2~3日ほど作り、時間は指定しないで予約しましょう。

もちろんお引越し日までに余裕があれば、複数の引越し会社から見積りを取るのもお忘れなく。

【大型家電・家具だけ運ぶプランを利用】

どうしても引越し予約が厳しそう…という事態になったら、大きなものだけでも運んでもらう引越しプランを利用しましょう。引越し会社はいろいろな種類の引越しプランがあり、荷物の梱包や解梱をおまかせできたり、オプションでクーラーや洗濯機を設置してくれたりします。そんななか、大型家具や家電だけを運ぶ引越しプランもあるのです。

自分では運びにくいベッドやソファ、冷蔵庫、洗濯機などの大きくて重たいものだけを運ぶ引越しなら、超繁忙期でも予約OKというお日にちがあります。大型家具・家電だけでも運んであると、後の引越しは自力でなんとかなるという方におすすめの引越し方法です。

【引越し難民は人ごと…じゃないんです】

引越し難民なんて人ごと…と思っていると、いつのまにか引っ越せないタイミングになってしまうかもしれません。なるべく早くLIVE引越サービスへご相談ください。きっとお役に立ちますよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.