引越したいと思った時にチェックすべき点

2019-09-24

賃貸物件に住んでいれば、「引っ越したい!」と思うタイミングは、たびたびあるはず。数年ごとにやってくる「更新月」の前には、「引っ越して更新料を節約するか」と思うでしょうし、就職や転職のタイミングで引っ越したいと思うかもしれません。

しかし気軽にできないのがお引越し。本当に引っ越す前に、次の2点についてチェックしておきましょう。あわてて安易に引越して、後悔しないことも大切です。

【1.新居の場所・機能に問題はないか】

賃貸物件の場合、新しいお部屋を探すときには、どうしても判断が甘くなりがちです。とくに新築物件の場合はあれもこれも最新型の設備ばかりで、もう明日に出も引っ越したい!と思うかもしれません。

しかし、そんな時こそちょっと冷静になって考えましょう。最新型の設備は非常に魅力的ですが、機能的に本当に必要な物かどうか。家賃と住宅の機能を比較して十分に見合うものかどうか。さらには物件の立地も考えましょう。

どれほど最新型の住宅でも、駅から徒歩30分もかかるようでは日常生活でのストレスが大きくなります。また駅から近いように思えても、ルート上にスーパーもコンビニもなく、いったん駅の反対側に回らなくてはいけない場所もあります。

いま住んでいる物件と比較して、新居の方がいい・同じくらいであるという判断がついてから引っ越すのが賢明です。

【2.引越しの時期は妥当かどうか】

引越しは時期によって大きく料金が変わります。3月のお引越しはどの引越し会社も高くなりますし、反対に10月下旬や11月ごろは安く引っ越せる時期です。

日本の引越しは混みあう時期が決まっているので、あえて繁忙期に引越しをする必要はないでしょう。どうしても引っ越すしかない!という事情がない限り、お安い引越しができる時期を選ぶのがおすすめです。

また、引越しが混みあう時期は賃貸物件も少ない時期です。お値打ちにいい物件に入居したいと思うのなら、引越しの繁忙期が終わった時期に物件を探し始め、家賃交渉に応じてくれる・敷金や礼金を大幅ディスカウントしてくれるところを見つけましょう。

引越しの時期を考えるだけで、かなり節約ができるケースが多いのです。

【引越し前によく考えて決定を】

人生において、引越しが必要なタイミングは必ず訪れます。就職、転職、入学、結婚、出産など、引越しの理由はさまざま。

人生の岐路で「さあ、引越しだ!」と決心する前に、ほんとうにその新居でいいのかをよく考えるのが大事です。もちろん引越し会社を決めるときにも、「本当に安いか?」を比較検討してから決めましょう!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.