引越し会社の「荷物の一時預かりサービス」を上手に利用しよう

2019-09-26

引越しには思わぬことがつきものです。たとえば、さまざまな事情から新居への入居日がずれてしまうこともあります。それなのに、旧居を出る日は決まっている…などというトラブルもめずらしくありません。

また新居に入りきらないサイズの荷物がある、などという場合も困ります。そんな時こそ、引越し会社の「荷物の一時預かりサービス」を使ってみてはいかがですか?

どうしても行き先が見つからないお荷物を、短期間お預かりするサービスです。

【新居搬入まで、一時的に荷物を預かるサービス】

引越し会社の「荷物の一時預かりサービス」とは、お客さまのお荷物を、一時的に倉庫などでお預かりして保管するサービスのこと。とくにご自宅の建て替えやリフォームのときに荷物の預け先がないというケースなど、旧居から出したお荷物をそのまま新居へお運びできない場合にはとても便利です。

お荷物の一時的な預かりには、トランクルームなど専門の会社も利用できますが、引っ越し業者に預ければ手間も面倒もなありません。1回の手続きで「お荷物の引き取り・保管・配送」まで、すべて手配ができます。らくちんで、安心な方法ですね。

【預ける荷物のサイズ・種類の確認】

引越し会社の「一時預かりサービス」を利用する場合は、事前の見積り時に、預けたいお荷物のサイズや種類を正確に伝えましょう。サイズが大幅に違うと保管庫にお荷物が入りきらなかったり、保管できない種類のお荷物だったりして、最終的に預けられなくなってしまうからです。

一時預かりを利用する場合は、できれば引越し会社のスタッフに自宅へ訪問見積りに来てもらい、「新居へ運ぶ荷物」「一時預かりサービスを利用する荷物」と確認しあいながら見ていきましょう。お引越し当日までに、お荷物に目印をつけて確実に「一時預かり」を頼む荷物を分けておくことも大事です。

あとはお引越し当日に荷物を二手に分け、それぞれの行先に搬入してもらえばOKです。

【搬入日も確認】

こうやっていったん預けたお荷物は、新居での受け入れ態勢がととのった時点で搬入されます。お引越し前に「○○日に搬入」と決めておけるので安心です。

新居で準備をして、お荷物が届くのを待ちましょう♪


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.