法人引越しもピークを避けて計画的に、確実に安く

2019-12-29

単身およびファミリー引越しはもちろん、法人様のお引越しにもピークシーズンがあります。業務形態によりますが、多くの会社は3月中に法人引越しを終えて、4月からの新年度開始にそなえたいものです。

しかしピーク時のお引越しは料金が高くなります。できればピークをはずして、計画的に、お安くお引越しをされるとお得に法人引越しができるんです。

法人引越しも3月が繁忙期

法人様のお引越しも、やはり3月がピーク。ご相談やお引越し依頼が多くなれば、引越し料金は安くなりにくいため、できれば3月の繁忙期以外のお引越しがおすすめです。

この数年、これほど繁忙期の料金が下がりにくい理由は「運送業界の厳しい労働状況」が一因です。改正労働基準法のために、トラック運転手の労働時間が大きく見直されることになり、1日にお引き受けできる引越し件数がどんどん少なくなっています。

法人引越しの場合も、早めのご予約か、引越し時期の調整をされるのがいいでしょう。

大手業者も手いっぱい

個人およびファミリー引越しも法人引越しも、できるかぎりお客さまのリクエストどおりに引越しをしたいのが、引越し会社の本音です。ですから大手業者はできる限りの引越しを引き受けています。

とはいえ、大手引越し業者も、LIVE引越サービスのような中小規模の引越会社も、繁忙期には目いっぱいのお引越しをお受けています。それでも対応しきらない状況を受けて、民間の企業では、転勤辞令や新卒社員の引越しを4月以降にずらす試みもされています。

「3月に引っ越そうとしたら、どの引越し会社からも見積りさえもらえなかった…」という引越し難民のお話も聞きますので、法人引越しでは、業務に支障のない限り、4月以降がおすすめの時期なのです。

時期をずらすことで格安の法人引越しを

働き方改革などで、3月の繁忙期はお引越しがきびしい状況が続きます。繁忙期のご予約が取りにくく、料金が下がらないという悪循環におちいっています。

お安く引越しができるのは、5月のゴールデンウィーク終盤のころ。繁忙期以外の時期に引越しが可能な法人様は、5月初旬のお引越しをねらってはいかがでしょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.