新居の掃除、この3か所だけはやるのがおすすめ!

2019-12-29

お引越しの時には、旧居のお掃除はやりますが、新居のお掃除についてはどうでしょう?つい「新しいところだから、たいして掃除をしなくてもいい」と思いがち。

しかし新居も意外と汚れているものですから、荷物の入る前にお掃除してしまいましょう。ここでは「引越し当日までに掃除しておくといい3か所」をご紹介します。この3か所だけでいいんです!

換気&床の掃除

お引越し前には1日をかけて、まず新居の換気をしましょう。とくに新築物件やリフォームをしたばかりの賃貸物件では、お部屋の中に塗料やクリーニング剤のにおいが残っている場合があります。

においにそれほど敏感ではないひとでも「気になる…」ということもありますから、ドアや窓、クローゼットの扉、キッチンや洗面所のシンク下の扉をすべて開いて、換気をしましょう。

そして換気しながら床をお掃除。できれば壁・天井もかんたんでいいのでお掃除しましょう。このあたりは、引越しで大きな家具が入ってしまうと、お掃除がしにくくなる場所です。

引越し前しか掃除しない場所でもあるので、このタイミングできれいにしておきましょう。

キッチンと水回り

キッチンやトイレなど水回りのお掃除も入居前にしておくのが安心です。引越し前の段階でも、水道はもう使えることが多いので、念のためにちゃんと流れるかを確認しましょう。

毎日の生活では水が欠かせませんから、水道が使えるかどうかは重要です。お掃除が終わって新居を出るときには、水道の元栓を閉めていくのもお忘れなく。

トイレやお風呂といった水回りは、ほとんどの物件できれいな状態で引き渡されているはずなので、気になる部分だけ簡単に掃除しましょう。賃貸物件の場合は、なんとなく清潔度が気になることもあります。

自分でも、あらためてお掃除しておけば安心です。

事前の新居掃除で、不足なもののチェックを

お引越し前に新居に来てみると、荷物が入った後の状態をイメージしやすくなるでしょう。すると、足りないものに気づくことも多いんです。

カーテンや照明、お風呂場のシャワーカーテン、足ふきマットなど、小さなものは足りていますか?事前のチェックで、買い忘れのないようにしましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.