お部屋を借りたいが、保証人がいない⁉なくても大丈夫な物件とは

2019-12-31

賃貸物件の契約時には「保証人」が必要です。しかし親族が遠方にいるなど、さまざまな事情で保証人が見つからないこともあります。

では、保証人がいなければ賃貸は借りられないのでしょうか?ここでは「保証人の必要性」と「保証会社を利用する方法」をご紹介します。最近は「保証人なし」でも借りられるんです。

保証人はなぜ必要?

賃貸物件の契約時には、なぜ保証人がいるのでしょう?これは、家賃滞納や迷惑行為などのリスクを避けるためにおこなわれるものです。

賃貸物件に住んでいる人は「借地借家法」で住む権利が保護されますが、オーナーは入居者がトラブルを起こしても契約を勝手に解除することはできません。物件オーナーにとってはリスクが高すぎるので、保証人を立ててオーナーの権利を守ることでバランスを取っているのです。

ちなみに、賃貸契約上の保証人は「連帯保証人」。連帯保証人は、もし入居者が家賃滞納をした場合は、かわって債務を支払う義務があります。非常に責任が重い保証人なので、頼む人がいなくて物件を借りにくいというケースもあるのです。

保証会社を利用すれば、保証人なしでもOKの物件

最近では、保証人が見つからない人のために「保証人不要」の物件が出てきました。そのなかのいくつかは「保証会社」を利用するものです。

「保証会社」とは、入居社が決まった保証料を支払うことで、保証人の代わりを頼める会社。保証会社があいだに入ることで、物件オーナーとの間で賃貸借契約を交わすことができます。

ただし、利用するのはどの保証会社でもいいということはなく、物件ごとに契約を結んでいる保証会社がきまっているケースが多いでしょう。さらに保証会社を利用するにあたっては、所定の審査をクリアしなければなりません。

収入における家賃の割合やクレジットカードの支払い状況などもチェックされますので注意しましょう。

お引越し時はLIVE引越サービスでお得に、安心に

核家族化や働き方の変革によって、従来の保証人が見つけにくいことがあります。保証人不要の物件もどんどん増えてきていますので、保証会社を利用して、好きな物件を契約しましょう。

お引越し時には、もちろん格安引越しのLIVE引越サービスにご用命ください。安心の新生活スタートを応援いたします。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.