3月にから大阪から横浜へ単身赴任された50代の会社員様の声

2020-01-13

今回は、3月に大阪から横浜へ単身引越しをされた50代の会社員さまのお声をご紹介いたします。お仕事のため衣装ケースの荷物が多く、思い切ってトラックチャーターのお引越しをご提案し、ご利用いただきました。

突然の単身赴任!3月引越しは予約が取れない

今回は、横浜への単身赴任時の引越しをしていただき、とても快適でしたのでお礼の代わりにコメントをお贈りします。大阪で長年働いて、定年までの時間も読めるようになってほっとしていた矢先に、横浜への転勤となりました。

単身赴任は2年と決まっているものの引越しは大変で、しかも3月という引越しが混みあう時期にしか引き移れないため困りました。引越し会社が見つからないからです。

単身での引越しは、引越し業者からみるとよほど損をするのでしょうか…多くの会社に予約を頼んでも「もう空いていないんです」の一点張り。会社と相談して、しばらくウィークリーマンションで暮らそうかと言っていたところ、さいわい貴社が引き受けてくれましたので、まずは安心しました。

衣装ケースごと運ぶために、トラック1台のチャーターを選ぶ

荷物については、仕事のための衣装ケースが多いため、事前に自宅で見積りをしてもらいました。いろいろと話していて「トラック一台のチャーターでよければ、衣装ケースごと運べます」と言ってもらえたので、それでお願いしました。

事前準備として、衣装ケースの口をロープとガムテープでしっかりと止めておきましたら、ほんとうにそのまますんなりと運び出してくれたそうです。荷物の引き取り時には高齢の母がひとりで立ち会いましたが、トラブルなしでした。

次回は早めの予約で、ゆっくり引っ越し準備をしたい

横浜での荷物の引き取り時は、時間が朝早くてちょっとびっくりしました。時間指定できない引越しだったので、仕方がないですね…。

それでも3月の引越しにしてはとても安く終わりましたし、荷物の運び入れも丁寧だったので、また大阪に帰る時もお願いしたいと思っています。今度は早めに予約をして、ゆっくりと引っ越し準備をしたいものです!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.