引越し前後これだけはやっておくリスト

2020-01-15

はじめてのお引越しでは、どこから手を付けていいのかわからないものです。そこで今回はお引越しビギナー向けに「引越し前後にこれだけは絶対にやるべきこと4点」を簡単にご説明しましょう。

引越し前後は落ち着かない時期ですが、これだけ押さえておけば、なんとか新生活がスターとできます。

1.電気・ガス・水道・ネット、ライフラインの確保

何はともあれ新居のライフラインを確保しましょう。電気・ガス・水道・ネットは生きていくうえで必需品。それぞれ電話やネットで手続きができますので、引越しがきまったら早めに連絡しましょう。

とくに注意すべきはガスです。賃貸物件なら水道や電気はすぐに使えるのですが、ガスだけはガス会社のスタッフと住人が立ち会う「開栓作業」が必要。お風呂がガスのお部屋では、開栓しないと入浴もできません。

ガス会社のスケジュールをおさえるためにも、早めに連絡しましょう。

2.家具・家電の手配

最近では家具・家電つきの賃貸物件が増えて、本当に手ぶらで引越しできるようになりました。それでも冬の暖房器具や細かい家電製品、家具などは手配が必要です。

物件の内見のときに必要なものを不動産屋から聞いておき、最低限のものは購入・お引越し日もしくは直後に届くようにしておきましょう。

3.布団の購入

家具・家電つき物件でも必ず必要なのが布団です。ベッドはあっても布団は備え付けではありませんので、お引越し前に購入し、お引越し当日に届くよう手配するのが肝心。

近くに大型スーパーなどがあれば引越し日当日に買うこともできますが、時間のことを考えれば事前手配がベターです。

4.住民票の異動

引越しの荷物が新居に搬入され、なんとか片付けのめどが立ったら、住民票の手続きをお忘れなく。転居後14日間を目安にして、旧居・新居のある自治体に転出・転入届を出しましょう。

住民票の異動はすぐにしなくても困りませんが、放っておくと運転免許証の更新や選挙などは旧居のあった自治体で手続きしなければなりません。引越しの片付けと一緒に転出・転入届を出して、住民票を移しておくと安心です。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.