新居を探す受験生に便利な「合格前予約サービス」のメリット

2020-01-17

最近では、大学受験の前から合格後の新居を探すご家族が増えています。早く動かなければいい物件亡くなってしまう心配があるからです。

そこで登場したのが、会社などによる「合格前予約サービス」。合格発表前に、気に入った物件を仮押さえすることができるサービスです。

合格を待っていては、いい物件が残っていない

なぜ「大学の合格発表前」に、もう賃貸物件を探し始めるのか?大きな理由は2点あります。

1.合格を待っていては、いい物件が残っていない
2.合格発表から新学期までの時間が短すぎ、物件探しに時間をかけられない

とくに1の「物件が残っていない!」は深刻な問題です。合格がわかると同時に新大学生が一斉に新居を探し始めますから、競争は熾烈です。

しかも、いい物件には推薦入試やAO入試などで、先に合格が決まった学生が契約しています。

だれがみても良いと思う物件は2月中旬ごろには埋まっているのが現実。そこで合格発表前から、新居を決めてしまうシステムが出てきたのです。

入居するまで家賃が発生しない

「合格前予約サービス」の利点は、ゆっくりじっくりとお部屋を探せること。そして「入居するまで家賃が発生しない」点です。

家賃に関しては各不動産会社によって違いがありますが、多くの会社では、合格がわかって入居するまでは「仮押さえ」の状態でお部屋をキープしてくれます。

一般的な不動産契約では未入居であろうと決まった月から家賃が発生しますが、「合格前予約」では、学生が住み始める3月までは家賃がいりません。家族にとっては大きな利点ですね。

支払い済み費用は、他大学の物件にも充当

大手不動産会社では、かなりのところが「合格前予約サービス」をおこなっています。また全国チェーンの不動産会社なら、もし第二・第三志望の大学に合格した場合でも、支払済みの契約費用を次の物件に充当することができます。

つまり、大阪のお部屋用に支払ったお金でも、東京のお部屋にチェンジ可能ということです。これなら無駄も損もなくてお得です。

お得ついでに、お引越しには「格安引越し」のLIVE引越サービスをご利用ください。単身引越しは業界でも最安値クラスです!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.