電気やガス、水道などの停止&開始手続きは、ネットか電話か?

2020-04-28

引越しに関する手続きはたくさんありますが、どうしても必要なのが電気・ガス・水道のライフライン。新居での生活をスムーズに始めるには、引越し前に「ネットか電話」で手続きが必要です。では、どちらの手段がベターな方法か?

ここでは「ネットがおすすめ」「電話がおすすめ」のケースをご紹介します。それぞれメリットはありますが、急ぐ場合はとにかく「電話」です。

ネットは24時間いつでも手続きができるが、完了までに時間がかかる

ネット手続きのメリットは、24時間いつでも手続きができることです。電気もガスも水道もどれもサイトから移転手続きができますので、引越しがきまったら早めにおきましょう。

ネットなら、夜中でも休日でもとりあえず手続きが始められるのが大きなメリット。いっぽうデメリットは、手続き完了までに時間がかかることです。

確認が必要な項目などがあれば後日メールなどで連絡がきますので、完全に手続きが終了するまでに3~4営業日は見ておきましょう。ネットでの移転手続きは、日数に余裕があるときに便利な方法です。

電話は確認しながら手続きが完了、ただし窓口の時間が決まっている

電話で手続きするときのメリットは、その場で手続きが終了する点です。連絡をしてオペレーターとのやり取りがすめば、それで手続きは完了。

メールをチェックして、後からあらためて必要な事項を連絡しなおすなどの手間はありません。一見、ネットの手続きよりも手間や時間がかかるように見えるかもしれませんが、手続きについて不明な点はその場で確認しながら進めていけます。

手続きが終われば引越しに関する作業リストから「ライフラインの移転手続き」をはずすことができ、一安心。ただし電話での手続きは各ライフライン会社の営業時間・窓口受付時間に合わせる必要があります。

企業の都合にあわせて電話しなければならないのがデメリットです。

引越し直前は、電話での手続きがおすすめ!

では、もし引越し直前になって「手続き忘れ」に気が付いたときはどうすべきでしょうか。日にちや時間帯にもよりますが、まずは電話をかけるのがおすすめ。

電気や水道に関しては電話で連絡するだけで、ほとんどの場合はお引越し当日から使用OKです。ガスだけは「開栓作業」が必要になりますので、当日ではむりなことがあります。

それでも早く使用可能にするには電話連絡がいいでしょう。いずれにせよ、手続きもれのないように手続きリストを作成して、順番に連絡していくのがベストです。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.