引越しで困る小物類の収納には100均アイテムがおすすめ

2020-04-29

お引越しで大変なのが「小さなものの荷造り」。段ボールに箱詰めするときにごちゃごちゃになりますから、新居での荷解きが大変です。

そこでお役に立つのが100均アイテムの「ジップロック」「プラスチックケース」「梱包材のビニールぷちぷち」の3つです。小物はとにかく袋や箱に詰め、プチプチでぐるぐる巻きにすれば安心です。

引き出しの中身は、そのままジップロックへ

荷造りが進み、引き出しの中を片付けるときに役立つのがジッパー付きのビニール袋「ジップロック」。引き出しごとに入っているものをジップロックに詰めて、口を閉じてしまえばそのまま段ボールに入れられます。

キッチン用の透明なジップロックなら中身が見えるので、新居についてからの片付けも簡単。ただしフォークなどの先がとがったものなどはビニールを突き破ることがあるので、別に梱包するかタオルなどでしっかりと巻いてからジップロックへ入れましょう。

小物はプラケースに入れ、ケースごと新聞・プチプチにくるんで段ボールへ

小物は、百均のプラスチックケースにそのまま入れた状態でも運べます。ふたつきケースは新聞紙でケースごとくるみ、外側はガムテープで止めて段ボールへ入れましょう。

ふたのないタイプは中身が散乱しないようにビニールのプチプチでくるんでガムテープで固定。これもそのまま段ボールへ詰め込みます。

取り外せる引き出しは、引き出しごとプチプチにくるんでしまうこともできます!プチプチの外側に、どの棚の何番目の引き出しなのか書いておけば新居でスムーズに収納できます。

小物類は袋や箱に詰めた状態で箱詰め

引っ越し直前、最後の最後にもう荷造りの時間が足りない!という時は、ビニールのプチプチを広げて小物を全部おき、風呂敷と同じように包んでガムテープで止めてしまいましょう。しっかりと止めておかないと中でバラバラになってしまうので、大量に詰め込まずに余裕をもって包むのがコツです。

プチプチにくるんだ小物は、さらに大きめのレジ袋などに入れて口を縛り、段ボールへ入れれば散乱することもありません。このように、小物類は袋や箱に詰めた状態で箱詰めするのがコツなんです。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.