新居入居後は「役所手続き+免許の住所変更」が最優先です

2020-04-29

初めてのお引越しでは、大量にある手続きの優先順位がよくわからないこともあります。そんなときはまず「役場で転居手続き・住民票を取得」「運転免許の住所変更」だけでもやっておきましょう。

他の手続きは日数に余裕があることも多いですし曜日や時間に関係なくできるのですが、この2点はとりいそぎ済ませておきたい手続きなのです。

まず役所で転入届を出す

新居にお荷物が入ったら、まずは新居のある場所の役場で「転入届」を出しましょう。旧居の自治体から「転出届」をもらっているはずですから、これと所定の申請書を窓口に出せばOKです。

旧居の転出届をもらっていない場合は、あらためてもらいに行く必要があります。なお、おなじ市区町村内に引っ越す場合は「転居届」一回だけの手続きで終わります。

転入届・転居届は引越し後14日以内にすること、と決まっていますので、早めに済ませておきましょう。また、手続き時に新しい住民票もとっておくのがおすすめ。すぐに免許証の移転手続きで必要になります。

次に警察署などで免許の住所移転手続きをする

運転免許証の住所移転手続きも、窓口が開いている時間に行く必要があります。手続きは新居のエリアを管轄している警察署か、運転免許試験場でおこないます。

どちらも受付時間がきまっていますし休日は閉めていることもありますから、窓口の開いている日時を確認しておきましょう。また手続きには免許証のほか、新しい住所を確認できる書類が必要です。

新居の住民票や新住所の記載された健康保険証、新住所に届いた湯瓶物や公共料金の領収書がいりますので、忘れずに持って行きましょう。

他の手続きは後からでもOK

このほか金融機関の住所変更届やクレジットカードの住所変更なども必要になりますが、まずは転居の届と免許証の住所変更が終わっていれば安心。とくに免許証の住所変更は、免許を身分証として利用することもありますから必須です。

引越し直後のタイミングを逃すとなかなか手続きに行けなくなるので、役場での各種手続きと免許の移転手続きはセットで早めにやるのがおすすめですよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.