5月, 2020年

コロナ禍だからこそ、荷造りは前日に終了・短時間搬出で感染予防!

2020-05-26

コロナウイルスが怖い!ということで、引越し予定をずらしておられるお客さまもいらっしゃるでしょう。そこでコロナ禍の今だからこそおすすめしたい「短時間引越しのコツ」2点をご紹介します!

決して難しいことではなく、ウイルス対策の「人との接触を減らす」ことに留意した、当日の引越しスタッフとのやりとりを極力減らす短時間引越しのコツなのです。

引越し前日前には、これだけ残してすべて荷造り!

スピード引越しのコツは「前日までに荷造りを終えておく」ことにつきます。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、実際にお引越し経験のあるお客さまに聞いてみると「引越し当日の朝もまだ荷造りをしていた」と言う方は少なくありません。

そこで引越し前日に残すべき荷物8つを紹介します。前日の段階で、これ以外の荷物はすべて箱詰めされていて場、かなりスピーディな引越しができるのです。

1洗面、入浴用具
2携帯電話の充電器
3ティッシュペーパー、トイレットペーパー
4掃除道具(掃除機・雑巾・ゴミ袋)
5引越し道具(はさみ・カッター・ガムテープ・ドライバー
6パジャマ・翌日の着替え一式
7寝室のカーテン
8照明器具

引越し当日は、これだけをやる

当日は朝起きたら、もう時間はないと思いましょう。身支度をして残った8つの荷物を段ボールに入れて、箱側面に「すぐあける荷物」と書けば準備完了です。

あとは荷造りを忘れた荷物がないか、最終チェックをしましょう。とくに忘れやすいのが「ベランダ・天袋の荷物」です。ベランダの物干し竿、自転車、照明器具などが要注意です。

時間があれば旧居の掃除も、引越しスタッフが来る前にざっと済ませてしまいましょう。

引越しスタッフとの接触を減らそう

引越しスタッフ到着の前にこれだけの準備をしておけば、当日はすぐに家電や大型家具の梱包スタート。家具・家電の梱包と段ボールの搬出を同時に始めれば引越しスタッフとの接触も少なくなり、スピード引越しが可能です。

引越し準備を完璧にしておいて、引越し当日の作業時間を短縮する。これだけでもコロナウイルス感染の予防になります。コロナ禍の今だからこそ、スピード引越しが重要なんです。

コロナ禍でも安心して引越しをするコツ2点!

2020-05-26

世界中を席捲しているコロナウイルスは、感染力が強いと言われます。できれば不要不急の引越しは避けたいところ。とはいえ、さまざまな事情でどうしても引越しが必要なお客さまもおみえです。

そこで、コロナ禍でも安心して引越しをするコツを「見積もり」「引越し会社選び」の2点から検討しました。どんな状況であっても、感染を避ける方法は見つかるものなのです。

見積もりは電話かメールで依頼

引越し会社を決めるときには、まず見積もりを取る必要があります。コロナウイルスの感染を防ぐためには、電話やメールでの見積もりがおすすめ。

見積もりの対応は引越し会社ごとに違いますが、引越し実績が多くて見積もりになれている会社なら、電話やメールでの見積もりもOKです。荷物の多いファミリー引越しなどでも、引越しスタッフが訪問する「訪問見積もり」なしで金額を出してくれます。

メールや電話で正確な見積もり額を出してもらうには、画像などを使って室内の様子や荷物の写真を伝えることが大切です。何度か引越し会社とやり取りをする必要はありますが、実際に営業マンと対面で話さなくても見積もりがわかるのはコロナ禍においては安心できる方法です。

ちなみに、コロナ禍の状態では新居探しの「内見」もネットで済ませる人が増えています。引越し会社の見積もりもオンラインで出来ても不思議はありませんね。

コロナウイルス感染対策を徹底している引越し会社を選ぶ

見積もりや事前のやり取りは電話・メールで可能でも、引越し当日の搬出・搬入作業は直接スタッフに来てもらわなくてはなりません。心配なことも多いのですが、感染予防を徹底している引越し会社ならスタッフは必ずマスク着用にこまめな手指アルコール消毒をしています。

お客さんへの感染を防ぐことはもちろん、スタッフ間の感染を防ぐためにも予防策を徹底している引越し会社なら、安心して荷物を任せられます。小さなことですが、こういう心配りができる引越し会社こそが、信頼できる会社でしょう。

2020年は秋の人事異動が増加

2020年の春はコロナ禍のために引越しを控えた方が多いです。その代わりに人事異動が秋に集中すると予測されており、早めに引越し準備を始めるお客さまもみえます。

LIVE引越サービスでは、コロナ対策をして通常営業中!感染予防を徹底しておりますので、安心してご相談ください。

テレワークの本格導入が、郊外への移住につながる

2020-05-25

コロナウイルスの感染予防のため、東京など都心部にオフィスを持つ企業ではテレワークが本格導入されました。テレワークでオフィスへ毎日通勤する必要がなり、物価の高い都心部から郊外への移住を真剣に検討する人も急上昇中。

ここでは「郊外移住のメリット」「地方での職住近接」の2点から、郊外移住のメリット・デメリットを考えました。お金の面から考えても、郊外への移住はかなりお得になりそうです。

メリット:郊外に住めば、家賃も物価も節約できる

郊外に住む利点は、生活費全般が安く上がることです。東京都心部の家賃は非常に高く、利便性はありますが生活を圧迫するほど高額なので、節約できれば経済的にかなりゆとりができます。

郊外へ移住すれば同じ広さの物件でも都心部とは比較にならないほど安くなりますし、同価格帯の物件を比較すれば広さの違いは一目瞭然。

引越し時には引越し代や賃貸物件の敷金・礼金が発生しますが、一時的な初期費用です。引越し後は安い家賃で快適に生活できると思えば、それほど高くもありません。

また利便性においても、東京の八王子市や埼玉県の狭山市、所沢市など生活に必要な施設が整っている都心近郊の都市を選べばOKです。自然豊かな快適な住環境とコスパの良い暮らしが一挙に手に入るのが、郊外生活の魅力なのです。

デメリット:自宅以外の作業場所がない?

デメリットは、作業スペースの確保が難しい地域がある点でしょう。リモートワークの場合は自宅にSOHOスペースを作る事が多いのですが、毎日お家で仕事をするのはつらいもの。

ときには外で作業をしたいと思った場合、郊外だとコワーキングスペースなどが都心部ほど充実していないことがあります。こういった郊外型リモートワーカーの需要を受けて、最近では都心部へアクセスしやすい郊外ではコワーキングスペースやシェアオフィスが増加中です。

自宅から徒歩圏内で別オフィスを持つ新しい「職住近接」のスタイルです。

テレワークで「住みたい場所に住む」ことが可能になる

コロナ禍におけるテレワークの本格導入で、郊外での生活が一躍脚光を浴びています。オフィスに近い土地というルールから離れて、「住みたい場所に住む」と言う形へ選択肢がぐっと広がったのです。

郊外での新生活へのお引越しには、ぜひLIVE引越サービスをご利用ください。関東エリアでも格安でお引越しを多数お受けしています!

テレワーク対応のマンスリーマンションなら引越しも簡単

2020-05-18

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、一気に進んだのがテレワーク。テレワークへ移行したために郊外への引越しを検討中の方もいらっしゃるでしょう。

そんな時におすすめなのが、テレワーク対応の「家具・家電付きマンスリーマンション」。マンスリーマンションなら、しばらくその土地で暮らしてみて生活にも仕事にも問題がないとわかってから、本格的な郊外へのお引越しを決める事もできるんです。

テレワーク対応のマンスリーマンションなら、入居日からすぐ仕事OK

マンスリーマンションとは、一か月程度の短期間だけ住むことを前提にした賃貸マンションです。ほとんどの物件が家具・家電付きなので、元の家に荷物を置いたまま一時的に引っ越せるのがメリット。

さらにテレワーク対応のマンスリーマンションなら高速Wi-Fiやワークデスクなどの設備があり、プリンターやWeb会議用ヘッドセット、ミーティング時に使用する間仕切りなどが有料で借りられます。

テレワーク環境が整っているため、引っ越した日からすぐに仕事を始められるのが最大の利点。また入居までの手続きはすべてオンラインで済ませられる物件が多く、不動産屋へ行って対面で手続きする必要もありません。

なお多くの場合は内見もWebカメラを利用したオンラインで出来るようになっていますので、ウイルスの感染が心配な時でも気軽に物件探しができます。

敷金・礼金・保証人も不要

テレワーク対応のマンスリーマンションでは、敷金・礼金・保証人も不要という物件が多いです。ですから一般的な賃貸物件と比べると、初期費用が少なくて済みます。その代わり家賃はやや割高です。

それでもビジネスホテルに1カ月滞在するよりは安いですし、テレワークに関する機材や環境が整っているのはテレワークをする人にとっては大きな魅力です。

何よりも身の回りの物だけをもって入居すればいいと言う気軽さがマンスリーマンションの人気の理由です。

マンスリーマンション→本格的な地方移住

さて、テレワーク対応のマンスリーマンションに住んで都心部のオフィスへの通勤状況に慣れたら、いよいよ本格的なお引越しを考えましょう。1か月の滞在期間中に良い物件を探して新居を決め、引越し会社に見積もりを依頼します。

今度はすべての荷物を運ぶ引越しですから、複数の見積もりを比べて最安値の引越し会社を探すべし。見積もり時にはLIVE引越サービスにもご依頼ください。格安でお見積りいたします。

ベッドや冷蔵庫、大きなものだけを運んでほしい!と言うお引越しもあります

2020-05-17

引越しと言うと家具や家電をはじめ、衣類、生活用品一式をすべて新居に運ぶのが一般的です。しかし大型家具・家電だけを運んでほしいと言うご依頼も意外と多いのです。

そこで「大型家具・家電だけを運ぶ引越しのコツ」と「限界まで家具・家電を減らす方法」の2点をご説明しましょう。近距離引越し・単身引越しの場合は、意外と「大きいもの限定」のお引越しも多いんです。

大型家具・家電だけの運搬で、格安引越し

引越し会社に依頼するのに「大型家具・家電だけ運んでほしい」なんて言えるのか?と疑問に思うかもしれません。結論としては「OK」です!

引越し会社によっては大型の家具・家電だけを運ぶプランもありますし、見積もり時に依頼を出せば限定した大型荷物だけの引越し料金を提示してくれます。とくに近距離引越しで荷物の量が少なく、服や生活用品などは自分の車で運ぶという場合は、大きくて重たいものだけを引越し会社に運んでもらうのがお得で便利。

すべての荷物を運んでもらう引越しは楽ではありますが、半分でも自分たちで運べば引越し料金が安く済むからです。段ボールに詰めた荷物や衣装ケースなどは普通車に積み込み、何回か往復して運ぶことで格安に引越しができるんです。

大型家具・家電は売却して、コンパクトに引越し

運べるものは自分で運ぶ以外に引っ越し費用の節約法はないか?ここでは、限界まで家具・家電を減らす方法を考えてみましょう。

まず、状態のいい家具や家電は売却します。引越しを機会に家電などを買い替える予定があるなら、古い家具・家電はリサイクルショップに持ち込んだり、オークションサイトやフリマアプリに出品したりして売ってしまうのです。

少額でも売れれば新しい家具の購入資金になりますし、何よりも引越し料金を節約できます。値段をつけなくても「引き取りに来てくれれば無料!」とすることで、新居へ運ぶ荷物を減らせるうえに処分代の節約にもなるんです。

ただしオークションサイトやフリマアプリはすぐ売れるとは限らず、売れても発送の手間がかかります。試してみるなら、引越しの1週間前までをめどにやってみましょう。

不用品も、LIVE引越サービスグループ会社で格安引取り

最後にどうしても売れなかったものは新居へ運ぶか、業者に回収を依頼するか決めましょう。LIVE引越サービスならグループ会社に不用品回収会社「リサイクル ハナテン」がありますので、お引越しの相談と同時に回収の依頼もOK。格安で不用品をお引き取りします。

不用品回収・大型家具・家電だけを格安で運んでもらう引越しともども、LIVE引越サービスにお気軽にご相談ください。

引越し日・時間指定しなければ最安値の日を選べる(等のメリットがある)

2020-05-17

引越しはお金がかかる、もっと安く引越しをしたい!と思うなら、「引越し日や時間を指定しない」という方法があります。引越し会社に逆に格安日を聞いてきめる方法です。

引越し料金は基本的に「引越し日と距離」によって決まります。引越しの距離が決まっている以上、あとは引越し日の調整で料金の節約をしてみませんか?

引越し日・時間指定しないで見積もりを依頼

引越しには、集中する時期があります。有名なのは3月の繁忙期で、この時期は引越しをしたい人が多いので料金は安くなりにくいですし、ゴールデンウィークや夏休みも引越しが集中する時期です。

繁忙期であってもどうしても引越しが必要と言う場合は、引越し会社に「引越し日・時間を指定しないので、安い日を教えてほしい」と言ってみましょう。

極端な繁忙期をのぞけば、どの引越し会社にも「格安日」があります。あるいは混雑日のなかでも「この時間だけぽっかりと空いている」という時間が見つかるものです。

引越し会社が安くできる日・時間にあわせて引越しをすることで、相場よりもかなりお値打ちに引っ越すことができます。引越し日を多少変更できる場合は、引越し会社に「日程おまかせ」で、見積もりを依頼してみるのがいいでしょう。

引越し開始時間が読みにくいが、格安で引っ越せる「フリー便」はどうか

格安引越しにはいろいろな種類があり、引越しの日にちだけが決まっていて、時間は直前まで分からないというのが「フリー便」です。

フリー便はその日の2件目もしくは3件目の引越しになり、前の引越しが遅れるとフリー便引越しの開始時間も遅くなることがあります。あくまでも作業状況によって引越しスタート時間が変わってくるのですが、時間が読みにくいだけに料金は格安です。

引越し時間に柔軟に対応でき、搬入が夜おそくなっても新居周辺で問題にならないというようにいくつかの条件をクリアできれば、最安値で引越しができるんです。

「午前便の一番安い日はいつか?」と尋ねてみよう

いろいろ考えてみて、「フリー便では困るが引越し日は変更可能だ」と言う場合は、「午前便の一番安い日はいつか?」と引越し会社に聞いてみるのもいいでしょう。春の大繁忙期を除けば、1か月毎日が予約でぎっしりということはなく、どこかに格安日があるはずだからです。

まずは格安日を聞いて、つぎにフリー便の検討をする。これだけで引越し料金は大幅に節約できるかもしれません。

北海道・沖縄・離島への単身引越は宅配便が安い場合も

2020-05-16

引越しにはお金がかかります。なにか安い方法はないか…と探していて、「宅配便引越し」を検討された方もいらっしゃると思います。宅配便は荷物を送るだけなので、引越し会社に頼むよりは手間も時間もかかりますが費用は安くなる場合もあります。

ここでは「北海道・沖縄・離島への長距離引越しでの宅配便利用」と「宅配便の手間と費用のバランス」について考えてみました。荷物が極端に少なければかなり安くなることもあるんです。

宅配便利用で安くなる長距離引越しの条件

引越しで宅配便を利用する場合には、いくつか条件があります。重要なのは、以下の3点です。

1.大型家電・家具がひとつもない
2.重い荷物がない
3.段ボールの数が10個以下である

現実にはなかなか厳しい条件ではありますが、単身引越しで荷物は衣類と書籍しかない、新居に家具や家電が揃っているという場合は、上記3点に当てはまりそうです。

宅配便の手間と費用のバランス

宅配便のほうが引越し会社よりも安い!となれば、次は「手間」の視点から比較しましょう。宅配便は荷造りしたものを、コンビニや宅配業者へ持ち込む必要があります。

荷物が10個以下なら、車に積み込んで2往復くらい運べば何とかなります。ただし車への積み下ろしや荷物を預ける場所までは自分で運ばなくてはなりません。細かい労力がかかるのが宅配引越しのデメリットです。

さらに段ボールを集めるのも自分ですし、たくさんの送り状を書くのも自分です。とにかく自分で何もかもをやるからこそ、宅配便引越しは安くなるのです。

また宅配便の場合は玄関までしか荷物を届けてくれませんから、新居では自分で部屋の中に運び込み、荷ほどきして段ボールなどを片付ける仕事もあります。予想以上に作業量が多いからこそ、宅配便引越しは安く上がるのです。

細かい仕事の手間を考え、格安引越しも視野に入れて

引越しの作業は荷物を運搬するだけではなく、搬出や搬入、最後の片づけなど細かい作業がたくさんあります。引越し会社に任せるならすべてやってもらえるのですが、宅配便では荷物を運んでくれるだけです。

長距離引越しでは移動だけでも疲れるもの。格安引越し会社を使って上手に引越しすることも検討するといいでしょう。

引越し荷物はすぐ使うもの・割れ物など分類すれば新居で早い

2020-05-16

引越し準備で重要な部分は、荷造りです。引越し日が近づくにつれて時間が無くなり、ついスピード重視で適当に箱詰めしてしまうことがあります。しかしそれでは新居での荷ほどきに時間がかかって大変です。

ここでは「荷物のジャンル分け」と「行き先の記載方法」についてご紹介しましょう。荷造り時に「新居での荷ほどき」を想定して梱包すると、あとの作業時間が格段に短縮できるのです。

同場所・同ジャンルの荷物は同じ箱へ入れる

荷造りする場合は荷物をおおざっぱにジャンル分けして、同ジャンルの物は同じ箱に入れましょう。キッチンの割れ物などは「キッチン・割れ物」の箱にまとめて入れ、梱包も丁寧にやります。鍋やまな板など頑丈なものはざっくりと箱に入れればOKです。

他の荷物も旧居の部屋ごとにおおざっぱにジャンル分けをして梱包しましょう。「子供部屋の本だな」「子供部屋のタンスの中身」というように箱に入れれば、新居でも箱をあければすぐに収納できます。

ただし新居と旧居では収納場所が変わる荷物は要注意です。いったん別の箱にまとめて最後にもう一度、新居の部屋ごとにふりわけましょう。

箱側面に行先・中身を書いておく

荷物を詰めた段ボールには「側面に箱の行先を書いておく」といいでしょう。行き先はおおざっぱでよく「2階・子供部屋」や「1階ダイニング」などで十分です。箱を見て行先がわかれば、引越しスタッフがスムーズに運んでくれます。

行き先は油性ペンで大きくはっきりと書くのがコツで、箱の中身も書いておくと開封時の順番で迷わずに済みます。たとえば「2階・子供部屋・おもちゃ」とあれば開封は最後でよく、「2階・子供部屋・学校の物」は、すぐに開封すべき箱です。

ちなみに、箱の行先や中身を書く場合は必ず「箱の側面」に書くこと。上に書いておくと段ボールを積み重ねたときに、読めなくなってしまうからです。

できれば箱の側面2か所に書いて、どの角度からでもわかるようにするのがベストです。

荷造り時から「荷ほどき時をイメージ」して箱詰めする

旧居での荷造りは、引越し日というデッドラインがあるので最後はサクサクと進みます。逆に荷ほどきは時間がかかってしまうことが多いんです。

荷造り時から「すぐ使うもの」「キッチンの割れ物」などとジャンル分けしておけば、新居での収納場所が一目でわかり、短時間で荷ほどきが終わります。新居でのストレスも少なくて、新生活が始められるでしょう。

引越し先の近所に配るもの・挨拶マナー

2020-05-15

引越しするとなると近隣の方へのご挨拶が必要になります。旧居はもちろん、新居でのご挨拶はこれからの新生活の大事なスタートです。

ここでは引越し先での挨拶について「おすすめの手みやげ」「挨拶する範囲・マナー」の2点からご紹介します。新しいご近所さんへの礼儀は人間関係のスタートになる重要なものです。

マナーにのっとってご挨拶しましょう。

引越し先の近所に配るもの

新居でのご挨拶に持って行きたいのが、「手みやげ」です。手みやげなしでもかまいませんが、あったほうがぐんと印象がよくなります。

おすすめの品物はタオルや食品ラップ、洗剤などの「日用品」。キッチン用品に代表される日用品は消耗品ですからどの家庭でも便利に使ってもらえて、無駄になりません。自治体指定のゴミ袋をセットにして差し上げるのも好感度が高いです。

またちょっとした「お菓子」もおすすめ。旧居のあった土地のお菓子を持参すると「○○から来たのね」と会話もはずみます。予算はいずれも500~1000円ていどで十分です。

ただし食品類は賞味期限がありますから、気になる場合は日用品やギフトカードなど金券を持って行くのがいいでしょう。

挨拶マナー

新居でのあいさつ回りはどの範囲までするべきか。これも悩むところですが、マンションやアパートなら直下のお部屋と両隣、戸建なら向かいと両隣、裏のお家には必ずうかがいましょう。

あまり広範囲にあいさつに回ると受けたほうも負担に感じますから、これくらいが適正範囲。また戸建ての場合はそのエリアの自治会長さんのお家にも行っておくと安心です。

時期としては、引越し後の1週間以内で回るのがベター。あまり遅くなると行きにくくなりますから、忙しい時ですが時間を作って出かけましょう。

時間は休みの日なら午前10時ごろ、平日なら夕方5時ごろが迷惑にならないタイミングです。

あいさつで新生活が順調にスタート

旧居・新居での挨拶回りは、コミュニケーションの基本です。めんどうと思うかもしれませんが、ちょっとした気づかいで新生活が順調にスタートします。

忙しい中ですが時間を割いて、ご挨拶にまわりましょう。

コロナ禍でも引越し先で助かる店舗やサービス

2020-05-15

コロナウイルスの感染拡大は、これまでの日本人の生活を大きく変えました。お引越し後の新生活でも、これまでのようにすぐさまスーパーを開拓したり、お気に入りの飲食店を見つけたりすることが難しい状況です。

ここでは「コロナ禍の引越し先で役立つお助け店舗・サービス」をご紹介♪生活に必要なサービス、美味しく便利なサービスを大いに活用して、この難局を乗り切りませんか?

ネットスーパー+近所の商店街で乗り切る!

コロナ禍の引越し後でも、食料品や日用品はどうしても必要です。とはいえ、スーパーへの買い出しにも感染の不安がある…。そこで助かるのが「ネットスーパー」です。

ネットスーパーは以前から利用者が増えていたサービスで、コロナ禍では一気に「なくてはならない必須ツール」となりました。イオンなど大型スーパーのほとんどがネットスーパーを運営しており、品数も豊富でとても便利。

商品価格も店舗に買いに行くのと、あまり変わらなくなりました。さらに配送料も一定の金額以上を購入すれば「送料無料」ですから、まとめ買いがおすすめです。

ちなみにイオンのネットスーパーでは、税込5,000円以上の購入で配送料がいらなくなります。週に1回のまとめ買い+近所の商店街での買い物で、十分対応できそうですね。

それにしてもこんな時でもお店を開けている徒歩圏内の商店街は、本当に頼りになる存在です。

デリバリーで飲食店の開拓をしてみる

コロナウイルスの感染拡大のなか、大注目を浴びているのがテイクアウトとデリバリーです。とはいえ、引っ越したばかりでは地理もよくわからず、テイクアウト、デリバリーに対応してくれる飲食店も不明です。

そんな時におすすめしたいのが実名クチコミグルメサービス「Retty(レッティ)」と「ウーバーイーツ」のサイト。「Retty(レッティ)」では「住所+テイクアウト」のキーワード検索で飲食店が「デリバリー可」のラベル表示がピックアップされます。

またおなじみウーバーイーツでは飲食店ごとのディスカウントキャンペーンの紹介もあるので、お得にデリバリーを利用できちゃいます。まずはテイクアウトやデリバリーで味を確認して、コロナ収束後に実店舗へ行くという使い方もおすすめです。

アプリやネットサービスで、新生活をスタート

コロナ禍の日常生活ではお店や人とつながりにくい点がつらいところです。しかしスマホアプリやネットサービスを駆使することで、新しい生活を楽しく始められます。各種サービスや店舗を利用して、引越し後の生活をスタートさせませんか。

6月に大阪から東京へ単身赴任された30代の会社員様の声

2020-05-13

今回は、6月に大阪から東京へ単身赴任をされた会社員のお客さまからのお手紙を、一部抜粋してご紹介いたします。東京へは単身プランでのお引越しですが、引越し費用は半分が自己負担ということでできるだけ安く引っ越せる会社を探しておられたようです。

LIVE引越サービスのコスパに非常に満足していただき、格安でのお引越しとなりました。

引っ越し代の半分は自己負担、安さは必須

今回、大阪の自宅から東京のマンションへ単身引越しをお願いしました。とてもうまくいったので、一言お礼をと思いました。

家族を大阪の家に残しての単身赴任で、荷物が少ないかと思えば意外とたくさん運ぶものがあり、見積もり額がどの引越し会社も高くなってしまいました。仕事関係の荷物の多さが大誤算でした。

ぜんぶ必要なものですから東京へ持って行くしかありませんが、うちの会社は引っ越し代の半額しか負担してくれません。半分は自己負担ですから、安い会社を探すしかないんです。

引越し会社を探していたら、ちょうど去年東京へ転勤した先輩がLIVEさんを利用していて、安いよと教えてもらったので、見積もりを頼みました。たしかに安かったです。他と比べても別格に安かったです。

安くても、引越し作業はスピーディ

あんまり安かったので「引越しはどうだろう?」と思いましたが、引越し当日も大変な速さで荷物を出してくれたので、時間が短くて終わりました。運んだのは衣類や生活雑貨、仕事で使う書籍類、デスクとイス。

大きいのはデスクでした。ばらしておいたのですが、それでも天板がかなり大きくて…。最終的には上手に積み込んでくれて助かりました。

荷物が東京のマンションに荷物が着くまで、約1週間。それを見こして早めに荷物を預けたので、東京での仕事を始めるタイミングで荷物が届いて、ばっちりでした。

搬入も早かったですね。こっちがデスクを組み立てているうちに、他のものが全部きっちり入ったと言う感じでした。

あの激安料金で引っ越せるのなら、言うことはありません。さすが格安引越し会社です、ありがとうございました!次に大阪に帰るときも、またお願いしたいです。

6月に神戸から千葉へ格安単身赴任された会社員のアンケート

2020-05-13

今回は6月に神戸から千葉へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。神戸の旧居がエレベーターなしの3階でしたので、当日の引越しスタッフがていねいにマンション廊下や階段を養生しました。

結果、お客さまにご満足いただけるお引越しになったようです。

引越しスタッフの対応やサービスについてご意見をお聞かせください

「引越し作業の内容はいかがでしたか?」という質問には「とても満足」とお答えいただきました。最後のコメント欄に「エレベーターなしの3階から、かなり多めの荷物を出してもらいました。早くて丁寧で、感謝でした!」と記載があり、ご満足いただけたことが伝わりました!

3階建てのマンションの場合、エレベーターのない物件は珍しくありません。LIVE引越サービスのスタッフは階段でのお荷物の搬出・搬入になれております。

お荷物の搬出・搬入時には、旧居・新居の廊下やロビーなどの共用部に丁寧な養生をいたしますので、破損などのトラブルもありません。安心しておまかせください!

当社での引越しは総合的にいかがでしたか

こちらの質問には「満足」といただきました、ありがとうございます!引越しには思わぬことが起きるもの。しかし何があってもお客さまに気を配り、冷静に対処してお客さま満足度の高いお引越しをするのがLIVE引越サービスのモットーです。

お荷物量が多くてもエレベーターのない建物でも大きな家具・家電でも、LIVE引越サービスのベテラン引越しスタッフがていねいに引っ越し作業をいたします。どのお客さまにもご満足いただけるように、今後も一層の努力を続けてまいります。

一人のお客さまの満足が、良いクチコミを生む

神戸から千葉への長距離引越し。お客さまにとってはご心配なこともおありだったでしょうが、最終的にはご満足いただけたようです。

ひとりのお客さまにご満足いただければ、次のお客さまに良いクチコミが伝わります。LIVE引越サービスでは社員一同、接遇や引越し技術を高めるべくトレーニングを積んでおります。安心してお引越しをお任せください。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.