コロナ禍でも引越し先で助かる店舗やサービス

2020-05-15

コロナウイルスの感染拡大は、これまでの日本人の生活を大きく変えました。お引越し後の新生活でも、これまでのようにすぐさまスーパーを開拓したり、お気に入りの飲食店を見つけたりすることが難しい状況です。

ここでは「コロナ禍の引越し先で役立つお助け店舗・サービス」をご紹介♪生活に必要なサービス、美味しく便利なサービスを大いに活用して、この難局を乗り切りませんか?

ネットスーパー+近所の商店街で乗り切る!

コロナ禍の引越し後でも、食料品や日用品はどうしても必要です。とはいえ、スーパーへの買い出しにも感染の不安がある…。そこで助かるのが「ネットスーパー」です。

ネットスーパーは以前から利用者が増えていたサービスで、コロナ禍では一気に「なくてはならない必須ツール」となりました。イオンなど大型スーパーのほとんどがネットスーパーを運営しており、品数も豊富でとても便利。

商品価格も店舗に買いに行くのと、あまり変わらなくなりました。さらに配送料も一定の金額以上を購入すれば「送料無料」ですから、まとめ買いがおすすめです。

ちなみにイオンのネットスーパーでは、税込5,000円以上の購入で配送料がいらなくなります。週に1回のまとめ買い+近所の商店街での買い物で、十分対応できそうですね。

それにしてもこんな時でもお店を開けている徒歩圏内の商店街は、本当に頼りになる存在です。

デリバリーで飲食店の開拓をしてみる

コロナウイルスの感染拡大のなか、大注目を浴びているのがテイクアウトとデリバリーです。とはいえ、引っ越したばかりでは地理もよくわからず、テイクアウト、デリバリーに対応してくれる飲食店も不明です。

そんな時におすすめしたいのが実名クチコミグルメサービス「Retty(レッティ)」と「ウーバーイーツ」のサイト。「Retty(レッティ)」では「住所+テイクアウト」のキーワード検索で飲食店が「デリバリー可」のラベル表示がピックアップされます。

またおなじみウーバーイーツでは飲食店ごとのディスカウントキャンペーンの紹介もあるので、お得にデリバリーを利用できちゃいます。まずはテイクアウトやデリバリーで味を確認して、コロナ収束後に実店舗へ行くという使い方もおすすめです。

アプリやネットサービスで、新生活をスタート

コロナ禍の日常生活ではお店や人とつながりにくい点がつらいところです。しかしスマホアプリやネットサービスを駆使することで、新しい生活を楽しく始められます。各種サービスや店舗を利用して、引越し後の生活をスタートさせませんか。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.