引越し日・時間指定しなければ最安値の日を選べる(等のメリットがある)

2020-05-17

引越しはお金がかかる、もっと安く引越しをしたい!と思うなら、「引越し日や時間を指定しない」という方法があります。引越し会社に逆に格安日を聞いてきめる方法です。

引越し料金は基本的に「引越し日と距離」によって決まります。引越しの距離が決まっている以上、あとは引越し日の調整で料金の節約をしてみませんか?

引越し日・時間指定しないで見積もりを依頼

引越しには、集中する時期があります。有名なのは3月の繁忙期で、この時期は引越しをしたい人が多いので料金は安くなりにくいですし、ゴールデンウィークや夏休みも引越しが集中する時期です。

繁忙期であってもどうしても引越しが必要と言う場合は、引越し会社に「引越し日・時間を指定しないので、安い日を教えてほしい」と言ってみましょう。

極端な繁忙期をのぞけば、どの引越し会社にも「格安日」があります。あるいは混雑日のなかでも「この時間だけぽっかりと空いている」という時間が見つかるものです。

引越し会社が安くできる日・時間にあわせて引越しをすることで、相場よりもかなりお値打ちに引っ越すことができます。引越し日を多少変更できる場合は、引越し会社に「日程おまかせ」で、見積もりを依頼してみるのがいいでしょう。

引越し開始時間が読みにくいが、格安で引っ越せる「フリー便」はどうか

格安引越しにはいろいろな種類があり、引越しの日にちだけが決まっていて、時間は直前まで分からないというのが「フリー便」です。

フリー便はその日の2件目もしくは3件目の引越しになり、前の引越しが遅れるとフリー便引越しの開始時間も遅くなることがあります。あくまでも作業状況によって引越しスタート時間が変わってくるのですが、時間が読みにくいだけに料金は格安です。

引越し時間に柔軟に対応でき、搬入が夜おそくなっても新居周辺で問題にならないというようにいくつかの条件をクリアできれば、最安値で引越しができるんです。

「午前便の一番安い日はいつか?」と尋ねてみよう

いろいろ考えてみて、「フリー便では困るが引越し日は変更可能だ」と言う場合は、「午前便の一番安い日はいつか?」と引越し会社に聞いてみるのもいいでしょう。春の大繁忙期を除けば、1か月毎日が予約でぎっしりということはなく、どこかに格安日があるはずだからです。

まずは格安日を聞いて、つぎにフリー便の検討をする。これだけで引越し料金は大幅に節約できるかもしれません。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.