テレワーク対応のマンスリーマンションなら引越しも簡単

2020-05-18

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、一気に進んだのがテレワーク。テレワークへ移行したために郊外への引越しを検討中の方もいらっしゃるでしょう。

そんな時におすすめなのが、テレワーク対応の「家具・家電付きマンスリーマンション」。マンスリーマンションなら、しばらくその土地で暮らしてみて生活にも仕事にも問題がないとわかってから、本格的な郊外へのお引越しを決める事もできるんです。

テレワーク対応のマンスリーマンションなら、入居日からすぐ仕事OK

マンスリーマンションとは、一か月程度の短期間だけ住むことを前提にした賃貸マンションです。ほとんどの物件が家具・家電付きなので、元の家に荷物を置いたまま一時的に引っ越せるのがメリット。

さらにテレワーク対応のマンスリーマンションなら高速Wi-Fiやワークデスクなどの設備があり、プリンターやWeb会議用ヘッドセット、ミーティング時に使用する間仕切りなどが有料で借りられます。

テレワーク環境が整っているため、引っ越した日からすぐに仕事を始められるのが最大の利点。また入居までの手続きはすべてオンラインで済ませられる物件が多く、不動産屋へ行って対面で手続きする必要もありません。

なお多くの場合は内見もWebカメラを利用したオンラインで出来るようになっていますので、ウイルスの感染が心配な時でも気軽に物件探しができます。

敷金・礼金・保証人も不要

テレワーク対応のマンスリーマンションでは、敷金・礼金・保証人も不要という物件が多いです。ですから一般的な賃貸物件と比べると、初期費用が少なくて済みます。その代わり家賃はやや割高です。

それでもビジネスホテルに1カ月滞在するよりは安いですし、テレワークに関する機材や環境が整っているのはテレワークをする人にとっては大きな魅力です。

何よりも身の回りの物だけをもって入居すればいいと言う気軽さがマンスリーマンションの人気の理由です。

マンスリーマンション→本格的な地方移住

さて、テレワーク対応のマンスリーマンションに住んで都心部のオフィスへの通勤状況に慣れたら、いよいよ本格的なお引越しを考えましょう。1か月の滞在期間中に良い物件を探して新居を決め、引越し会社に見積もりを依頼します。

今度はすべての荷物を運ぶ引越しですから、複数の見積もりを比べて最安値の引越し会社を探すべし。見積もり時にはLIVE引越サービスにもご依頼ください。格安でお見積りいたします。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.