引越し見積り時は営業担当と細かく話し合おう

2020-06-20

お客さまと引越し会社との関係は見積もりの時から始まります。荷物の量が多かったり、家具家電の設置手配が別途必要だったりする場合は、営業と細かく打ち合わせてから見積もり額を出してもらうのが安心です。

家具のサイズ、形状、荷物の量などどんなことでも相談してから見積もりをもらえば、それだけ正確な金額がわかり、引越し会社選びの参考になります。

荷物が多い・大型家具がある…心配な時ほど営業と確認を

それぞれのご家庭には多様なお荷物があるものです。分解ができない大型家具や家電、ピアノのように運搬に特殊な技術が必要なもの、あるいはクレーンで釣り上げる必要のある家具などが複数あると、引越し料金も大きく変動します。

見積もり依頼時には気になる荷物の詳細を営業担当に伝えて、正確な金額を提示してもらいましょう。また心配な荷物がある場合は、引越し会社の営業担当を自宅に呼ぶ「訪問見積り」がおすすめです。

実際に目で見て荷物量を確認してもらい、そのうえで基本の引越し料金にオプション料金や特別料金を追加して、最終的な見積もりを聞きましょう。とにかく引越しに関する疑問や不安点は、そのたびに営業担当に確認するのがコツです!

相見積もりをして引越し料金の交渉をする

安い料金で引越しをしたいと思うなら、複数の引越し会社から見積もりを取る「相見積もり」が鉄則です。この場合は引越し会社の営業担当に「他の会社からも相見積もりを取っているから」と言っておけば問題はありません。

自社の見積もり額に自信がある会社はそのまま金額を出してきますし、自信のない会社は値下げをして妥当だと思われる金額を提示してくるはずです。逆に相見積もりを嫌がる営業担当はあまりおすすめできません。

見積もり額の根拠をお客さんにきちんと説明でき、他社と比較されても大丈夫だという金額を持ってこられないようでは、信頼できる営業とは言えないからです。

見積り時に営業担当が誠実な引越し会社はおすすめ

見積もりは引越し料金の目安を知るためのものですが、対応ひとつに引越し会社の品質や社風のようなものが見えてきます。引越しの営業担当は、その会社の「顔」のようなもの。

お客さまからの質問を嫌がらず、丁寧に答えてくれる会社なら引越しにも誠実に対応してくれるでしょう。とくに多量の荷物がある場合や大きな家具・家電がある場合は、営業担当がこまめに動いてくれる引越し会社を選ぶのがコツです!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.