8月, 2020年

オンライン授業の続く大学、秋には再開できるか。引越しは?

2020-08-24

2020年の春の新型コロナウイルスの感染拡大は、大学生の生活に大きな影響を与えました。
感染防止の観点から対人授業を行わずにリモート授業に切り替えた大学が多く、今後もどうなるか見通しは不透明です。

ここでは「後期授業の大学生活はどうなるのか」「キャンパスが開く前提で引越しをすべきか」の2点について考えてみました。
秋以降は少しずつ対面授業を再開する大学も多いのですが、まだまだ本格的な復活にはならないようです。

後期授業もオンライン主流・一部は対面授業の大学が多い

日本の各大学では秋からの後期授業もオンラインで行うところが増えています。
たとえば東京の早稲田大学では、前期は基本的にオンライン授業、後期はオンラインを基本としつつ、一部の講義については教室での授業を再開する予定もあります。

同様に、一橋大学も秋からは一部の授業を対面でおこなうと決めています。
いずれの大学もオンライン授業を基本としつつもソーシャルディスタンスを考えたうえで、学部、研究科によっては一部の授業を教室での対面にするという感じです。

実技・実験が不要な学科の対面授業は、2021年度にずれこむ可能性

学部によってはすでにオンラインだけでは授業な成立しないため、構内での実技授業を行っています。
実験の必要な理系や実習の医学部・歯学部、またアート系の学科では対面授業を開始するしかないという決断です。

しかし文部科学省高等教育企画課は、講義中や公共交通機関で通学時間の感染リスクを考え、単位取得には引き続きオンライン授業がメインという立ち位置です。
そのため、すべての学部・学科が対面授業に戻る前にはまだまだ時間がかかると推測されます。

実習などがやむを得ない学科・科目以外の対面式授業再開は、2021年度に伸びる見通しです。

2020年後期授業にあわせて引っ越すのは、まだ早いかも

大学側は各自の判断で対面授業の復活を準備しつつありますが、秋からの後期授業で一斉に対面授業に戻ることはなく、オンライン授業が基本のまま進みそうです。
いずれもウイルスの感染状況によって流動的な部分が非常に大きく、先が読めないのが実情です。

入学した大学が遠方にあり、引越しを伸ばして今もご実家でオンライン授業を受けている学生さんは、大学近くへのお引越しは、もう少し待った方がよさそうです。

9~10月は引越し希望が増える!早めのご予約を

2020-08-23

2020年の春は、新型コロナウイルスの感染拡大のために、お引越しをされる方が少ない傾向にありました。
しかし、そのぶん9月から10月にかけての「第二の繁忙期」に引越しのご希望が増えるとも言われています。

ここでは「9~10月にお引越しが増える理由」と「9~10月のお引越しを安くするには早期予約」の2点から秋のお引越しを考えてみました。
コロナ禍においても秋のお引越し需要は高まりそう……。

LIVE引越では、早めのご予約をおすすめしています!

2020年春の人事異動が、秋にずれ込んでいるから引越しが多い

9~10月は、通常でもお引越しが多い時期です。理由は主に2つあります。

1.企業の人事異動がある
2.結婚式のシーズンである

9月から10月にかけては企業の人事異動の時期です。
とくに2020年は春の異動を新型コロナウイルスのために減らした企業が多く、そのぶんの異動が秋にずれ込むという予想がされています。

すでに春の時点で「秋に転勤」という内々示が出ているビジネスマンもいるようですから、早い段階からお引越しの相談をされるお客さまがふえつつあります。
そのため、9~10月のお引越し件数は通常よりも多胃と思われます。

2020年秋は、結婚予定を伸ばさないカップルが多いので引越しが増える

同様に、春シーズンの結婚式を秋にずらしたカップルも多く、こちらの新居へのお引越しも同様に9月以降に予定されています。
通常でも9~10月は6月のジューンブライドに次いで結婚ラッシュの時期です。

お引越しも多くなる時期ですし、とくに2020年の秋は「冬までのばすと、新型コロナウイルス+インフルエンザの流行で、いつ結婚式ができるか分からない」という意識もあり、これ以上の結婚式延期をしないカップルが多いようです。

そのためご新居へのお引越し相談も増える傾向にあります。

2020年9月以降の引越しこそ、早期予約でお得に

以上のことを考えると、やはり2020年の9月以降はお引越し需要が高まりそうです。
ご相談が多くなれば引越し料金はなかなか下がらないもの……。

しかしLIVE引越サービスではもともと格安でお見積りをお出ししていますし、早くご予約いただければ早期特典やお値打ち価格のご案内もあります。
秋のお引越し予定のあるかたは、ぜひともお早めにご相談ください!  

コロナ禍のテレワーク、それでも住居は都心がいい?

2020-08-22

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、住居に対する意識が次第に変わりつつあるようです。
これまでは都心部だけに人気が集中していたのですが、次第に郊外にも注目が集まり始めています。

ここでは「テレワークができても、都心に住みたい」「せっかくのテレワークなのだから、郊外に住みたい」という意見それぞれのメリットを探ってみました。
都心と郊外、どちらにもメリットはあるようです。

テレワーク中でも「都心」派は少なくない

「テレワークになっても東京都の23区内や神奈川や千葉・埼玉の中心部に住みたい」という人は、やはり「交通の利便性」を理由にあげるようです。

都心に住んでいるかぎり、バスや地下鉄、電車などの公共交通もが整備されており、どこへ行くにも不便はありません。
買い物に行くにも便利ですし、病院や医療機関も数が多いです。

生活全体の「利便性」が都心の魅力。
そのため仕事がテレワークになり、毎日の通勤が不要になっても引き続き、都心部に住み続けたいという人は少なくないのです。

また都心部は依然として地価が高く、住宅を持っている場合は「資産価値が下がりにくい」点も経済的なメリットになると言えそうです。

現状は様子見、だがいずれは東京近郊へ引っ越したい

反対に「今は都心部に住んでいるがいずれは東京近郊に引越したい」という意見もじわじわと増えています。
基本はテレワークで在宅勤務、週に何回かだけ都心のオフィスに出勤するという形態にすれば通勤時間をあまり意識しないで、郊外の住宅を購入することができます。

都心部のマンションは依然として高額ですから、もっと安い金額で郊外の広い家を購入するほうがいいと考えるのは当然でしょう。
ただし郊外に住む場合も通勤や利便性が重要なポイントになりますから、人気があるのは神奈川や千葉・埼玉など都心近郊の物件。

安く広く、都心にすぐ出かけられるエリアの郊外に人気が集まりつつあるのです。

テレワーク導入で住宅の選択肢が広がる

都心か郊外か、どちらにもメリットがあり、簡単には決められない問題です。
しかしテレワークの導入で住宅選びの選択肢が増えたことは確かです。

「テレワーク中心だから郊外の広い家でゆったりすごしたい」か「勤務形態にかかわらず都心で暮らしたい」は、最終的には好みの問題となりそうです。

床下・床上浸水の被害は、火災保険の水災補償の対象かも

2020-08-21

日本はこの数年、立て続けに大きな自然災害に教われつづけています。
大型台風、河川の氾濫などの大災害を受けた後は、家屋や家具の被害を加入している火険などでカバーしようと思うでしょう。
では、自宅が床下・床上浸水の被害を受けた場合、火災保険で補償してもらえるものでしょうか。

実は火災保険の「水災補償」に加入していれば、建物や家財の損害に対して補償が受けられるかもしれないんです。
ご存知でしたか?

床上浸水・床下浸水の場合、支払い基準に達していれば補償がある

火災保険の水災補償で多いのは床上浸水・床下浸水のケースです。
近年は特に大規模な河川の氾濫がたびたび起り、床上浸水・床下浸水の被害がニュースでも報道されているので、他人事ではないとお思いの方も多いでしょう。

火災保険の水災補償では、自宅の被害に対して補償がうけられます。
ただし水災補償には一定の「支払い基準」が設けられていることがあるので、注意しましょう。
主な支払い基準は以下の通りです。

1.建物および家財の保険が鵜に対して、30%以上の損害を受けた場合
2.床上浸水になった・地盤面から45センチを超える浸水になり、被害が生じた場合

上記のような被害を受けた場合は自分の加入している火災保険の「水災補償」がどうなっているかを確認するといいでしょう。
なお所定の支払い基準に達しない場合は、水災補償に加入していても保険金は支払われません。

床上浸水なら、家具や壁・床も補償対象になることが多い

床上浸水の場合は住宅の被害だけではなく、家具の被害も補償の対象になることがあります。
加入している火災保険の内容に「家財の契約」も含まれていれば、浸水で破損してしまった家具や壁・床の損害も補償対象です。

また床下浸水であっても「地盤面から45センチ以上の浸水」被害があり、床下の断熱材などは破損した場合は補償対象となる可能性があります。
ただし床下浸水の場合は、家具や床の破損は自己負担の範囲です。

台風や豪雨が原因の土砂崩れなども、火災保険の補償範囲になる

火災保険というと火事の時にだけ使う保険だと思いがちですが、加入している保険によっては台風や暴風雨、集中豪雨が原因で起きた被害をカバーできることがあります。
また台風や豪雨が原因の「土砂崩れ・落石」による建物・家財の被害も、豪雨などが原因なら水災補償の範囲に含まれます。

自分が加入している火災保険の内容を普段からしっかりとチェックしておきましょう。

自宅をオフィス化!快適なテレワーク環境の作り方

2020-08-20

新型コロナウイルスの感染拡大のため、テレワークを導入する企業が一気に増えました。
しかし自宅はオフィスではありません。仕事がしやすい環境ではないですね。

そこでここでは、自宅をオフィス化するコツを「作業に最適な椅子」と「ベストなWeb会議の環境作り」の2点からご紹介します。
ちょっとしたコツで、快適なワーキングスペースが手に入りますよ!

デスクは自宅のものを、高さ調整のできる椅子を買おう

自宅でのテレワークを成功させるには、まずPC作業に最適なデスクと椅子を探しましょう。
といっても、新しくデスクを買う必要はありません。むしろ購入すべきは「椅子」です。

デスクは自宅にあるもので十分流用ができますから、快適にPC作業ができる椅子を購入すればOK。
デスクと椅子で作業時の姿勢を調整するだけで、身体への負担は大きく軽減します。

なお、椅子は高級なものであるより高さ調節のしやすさを重視しましょう。
実際に自宅の机と合わせてみて、こまかく椅子の高さを調整。

作業時に肩や腰に負担がなくなる位置を見つけるだけでも、ぐっと自宅でのPC作業が楽になりますよ。

Web会議用にマイク、Webカメラ、パーティションを用意しよう

テレワークを始めてみて一番困ったのがWeb会議の時だった、という方は少なくありません。
Web会議をうまくやるためには、マイクとWebカメラを用意するのがおすすめです。

WebカメラはノートPCやスマホのカメラでも代用ができますが、長時間または頻繁にWeb会議をおこなう職種なら思い切って専用のWebカメラを購入するといいでしょう。
マイクもヘッドセットならストレスなく会話ができます。

そしてWeb会議で便利なのが「パーティション」。
バックをパーティションで区切っておけば、ちらかりがちな自宅内がWebカメラに映ってしまう心配もありません。

今後のテレワーク継続を考えて、環境を整えよう

日本のテレワークは、新型コロナウイルスの感染拡大とともに急遽、導入されました。導入当時は大変でしたが、ようやく慣れてきたという方も多いでしょう。

今後もテレワークの状態は長く続きそうな見通しですから、このあたりで快適なテレワークのための環境を作ったり、郊外の広い家への引越しを検討したりするのもいいかもしれません。
都心のオフィスに出社しなくていいテレワークは日本人の働き方を大きく変えますね。

9月に神戸から横浜へ単身赴任された40代の会社員様の声

2020-08-19

今回は、9月に神戸から横浜へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのお声を、一部抜粋してご紹介いたします。

お仕事上の資料である書籍類がお荷物の大部分を占めておられ、見た目より重いものが多くて心配されたようですが、最終的にはトラブルもなくとてもいいお引越しになったとおほめ頂きました。ありがとうございました!

見積り料金はいかがでしたか

先日は横浜への単身赴任の荷物を運んでいただき、とてもいい引越しでしたので一言お礼を申し上げます。
今回は単身赴任のため引越し費用は会社から出たのですが、「なるべく安くして」と総務から依頼があり、見積もりは4社から取りました。

同じ単身引越しでも費用に差があるな、というのが感想です。これが初めての引越しになるのですが、これほどの金額差が出るものかと驚いたのが正直なところ。
その中で一番見積りが安く、電話での対応が良かったのが貴社でしたので、依頼いたしました。

依頼した段階では「聞いた事のない引越し会社だが、1人の引越しだし、荷物も少ないからいいか」という気持ちでしたが、荷造りを始めてみると、思った以上に書籍類が多い!段ボールの数は少ないものの、自分で持ってみたらびっくりするほどの重量がありました。

一応確認のために貴社に連絡をして、重い荷物が多いことを伝えておきました。
そのおかげか、当日やってきた作業員さんから「重いと聞いていますが、大丈夫です」と言ってもらえてほっとしました。

安い引っ越し費用でしたが作業時にはちゃんと養生もされており、作業も早い。
新居に運び込むときもテキパキとやってもらえて引越しが早く終わりました。安くてもいい引越し会社はあるのだなというのが感想です。

今回の単身赴任は半年の予定で、神戸の自宅へすぐに帰る事になります。
横浜への引越しがうまくいったので、帰りの引越しも貴社にお願いしようと思っております。
ありがとうございました。

9月に大阪から千葉へ格安単身赴任された会社員のアンケート

2020-08-18

今回は、9月に大阪から千葉へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。
実はLIVE引越サービスのご利用は2回目となるお客さま。

前回の引越しを高く評価をしていただき、2回目のご利用につながりました。

当社のご利用は何回目ですか

こちらの質問には「2回目」と回答していただきました。
LIVE引越サービスの単身引越しをご利用になるお客さまは、単身赴任のたびに見積り依頼を下さる方がとても多いです。

やはりみなさま「前回の引越しが安くて、問題のない引越しだったから」という理由で、もう一度使ってみようと思われるようです。
ごく短期の単身赴任の場合は、赴任先に行く引越しの時にもう「○○月には戻りますから、帰りもよろしく頼むね」などと言っていただくこともあります。

LIVE引越サービスでは、引き続き、どのお引越しでもお客さまにご満足いただけるよう努力してまいります。

どのようにして当社を知りましたか

こちらの質問には「その他」といただきました。
アンケート最後のコメント欄に「今回は2回目なので、「紹介等」にチェックしませんでしたが、一回目は家族・知人からの紹介でした」とありました。

ご家族や親しい方からのご紹介でLIVE引越サービスのことを知り、ホームページを見てお見積り依頼をされるお客さまは、年々増えている感じです。
近しい方からのリアルなクチコミとサイト上でのクチコミを合わせてチェックされて依頼されているようです。

やはり知っている方からのクチコミは力がありますね!

クチコミと対応、サイト経由の見積り依頼が評価の理由!

「クチコミと実際の対応が良かったからLIVE引越サービスに決めた」というお客さまはとても多いです。
また24時間いつでもお見積り依頼をホームページ経由でお受けしている点も、評価が高いポイント。

お見積りはご自宅の場所と新居の場所、お運びするお荷物がわかれば金額をお出しできます。
お引越し予定のあるかたは、お早めにお見積りだけでもご依頼ください!

9月に神戸から千葉へ格安単身赴任された会社員のアンケート

2020-08-17

今回は、9月に神戸から千葉へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。
神戸での単身赴任が終了し、千葉のご自宅へ帰られるお引越しをお受けいたしました。

これにて単身赴任も終わりということで不要になった家電や家具の回収もあわせてご依頼いただきました。
LIVE引越サービスの引越し及び不要品回収に、大変ご満足いただけたようです。

引越し作業の内容はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」と回答していただきました。

最後のコメント欄に「受付・見積り・営業のどの段階でもテキパキと対応してくれてスムーズに運びました。
かんじんの引越し当日の作業員さんたちも、早く作業してくれたので、荷物の預けも運び入れも早く終わりました。よかった」といただきました。

引越し作業の内容についてはつねに社内でもトレーニングをおこない、スピーディで、ていねいな作業をこころがけております。
高く評価をしていただき、とてもうれしいです。

今後も利用したいと思いますか

こちらの質問には「利用したい」と回答していただきました。
じつは、こちらのお客さまにかぎらず、LIVE引越サービスのお客さまはリピーターさまや、すでに当社をご利用いただいた方からのクチコミ・紹介で決めたとおっしゃる方がとても多いのです。

こちらのお客さまも今回の引越しに大変満足され、次にまた単身赴任があればLIVE引越サービスに頼むと書いていただきました。
ご家族と離れての単身赴任は、あまり望ましくないでしょうが、もしお引越しがございましたら、LIVE引越サービスがお力になります!

「格安・スピーディ・安心」のLIVE引越サービス

格安の引越し会社は多くても、「格安・スピーディ・安心」という引越し会社はどれほどあるでしょうか。
LIVE引越しサービスはこれまでの引越し実績が多数あります。

それだけ多くのお客さまに評価していただいているので、安心して見積もりをご依頼ください!

9月に千葉から神戸へ格安単身赴任された会社員のアンケート

2020-08-16

今回は、9月に千葉から神戸へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。

急な単身赴任ということでお引越しまでの準備時間があまりなかったのですが、転勤に慣れておられるお客さまでしたので無事にお引越しが終わりました。
LIVE引越サービスの料金と引越し作業の内容にとてもご満足いただけたようです。

見積り料金はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」と回答していただきました。

最後のコメント欄にも「これまでに数回の単身赴任の引越しをしてきましたが、貴社ほど安い見積りを最初から出してくる業者はありませんでした。
価格交渉や金額比較の時間が不要になるので、これからは貴社にお願いしようと思います」と書いていただきました。ありがとうございます!

LIVE引越しサービスは、大阪に本社のある格安引越し会社です。
全国へのお引越しをお受けしており、どこへ行くお引越しでも、かなりお値打ちなお見積りをお出しできます。

また最初から最安値クラスをご提示いたしますので、面倒な価格交渉・値引き交渉は不要です。
引越し準備の時短のためにも、ぜひ一度お見積りをご依頼ください。

引越し作業の内容はいかがでしたか?

こちらの質問には「とても満足」といただきました。
すでに単身赴任のお引越しを数回しておられるお客さまから、引越し作業の内容をおほめ頂くととてもうれしくなります。

転勤族の方や、短期間の単身赴任でお引越しをされる場合は「次もまたLIVE引越サービスに頼みたい」というお言葉をいただくことがあり、将来のご依頼につながります。

LIVE引越サービスでは、大手引越し会社のように多大な宣伝広告費をかけることはありません。
それよりもひとつずつの引越しでお客さまから評価していただけるように努力を続けております。

良い引越しは次の引越しを呼ぶということですね。

急な転勤・単身赴任は、オンラインで見積りラクラクなLIVE引越サービスへ相談を

転勤や単身赴任は急に決まることもあります。
引越しまでにあまり時間がない!という時は、ぜひLIVE引越サービスにご連絡ください。

見積り依頼もサイト経由のオンラインでできますから24時間いつでも受付OK。
最初から最安値クラスでお見積りしますので、めんどうな価格交渉も不要です。お気軽に見積り依頼をどうぞ。

9月に神戸から東京へ格安単身引越しされた学生のアンケート

2020-08-15

今回は、9月に神戸から東京へ単身引越しをされた学生のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。

それまでは大学の学生寮で生活されていましたが、9月になって寮から学生アパートへ引っ越すことになり、LIVE引越サービスをご利用いただきました。
当社スタッフの対応を高く評価していただき、ありがとうございました。

どのようにして当社を知りましたか

こちらの質問には「不動産紹介」とお答えいただきました。
アパートなどの賃貸物件を借りる時に不動産業者さんから引越し会社を紹介することもあります。
LIVE引越サービスにも提携させていただいている不動産業者さんを通じてお引越し依頼が回ってくるのです。

もちろん、必ずしも提携している引越し会社を利用しなければいけないということではありません。
相見積もりを取り、他の引越し会社と比べて納得できてから依頼すればいいのです。

しかし一般的には、不動産会社と提携している場合はどの引越し会社もかなり格安で見積りを出しているかと思われます。
相見積もりをとっても、最終的には提携先の引越し会社が一番安かったということになるかもしれません。

それでも一度は相見積りで金額を比較・検討されるのがいいでしょう。
もちろんLIVE引越サービスは格安でお見積りをお出ししています!

受付での対応はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」といただきました。
受付は、お客さまがLIVE引越サービスと初めて接する窓口になるところです。
どのお客さまにもご満足いただけるよう、受付での対応ではとくに丁寧な対応をするように努めております。

とくに大学生さんのお引越しでは「これが、家族も含めて初めての引越し」というケースがあり、分からないことが多いようです。
受付の対応で少しでも「初めての引越し」に対する不安をなくしていただければ、と思っております。

初めての引越しなら、不動産会社の提携引越し会社にすると安心

初めてのお引越しの時は、とにかく心配なことが多いものです。
引越し会社を決めるのも心配だという場合は、不動産会社の紹介する引越し会社を利用するのもおすすめ。

手間がはぶけるうえに、安心な部分もあります。引越し前の時間を短縮するためにも利用されるといいでしょう。

コロナ禍で引越し先のハウスクリーニング人気急増

2020-08-12

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界じゅう・日本じゅうの生活を大きく変えました。
ウイルスと言う目に見えないものと戦う生活が日常となり、さまざまな変化が訪れています。

たとえば「引越し先の新居をハウスクリーニングしてほしい」という人も急増中です。
少しでも安心して新生活を始めていただけるよう、LIVE引越サービスでも有料にてハウスクリーニングをうけたまわっております!

ぜひご利用ください。

新居をピカピカにするハウスクリーニングサービス

LIVE引越サービスのハウスクリーニングは、新居・旧居をきれいにさせていただく有料オプションです。
床や壁はもちろんのこと、汚れが気になる水まわりやキッチンのレンジフード、コンロ周辺などの清掃をうけたまわっております。

以前よりお客さまから好評だった新居のハウスクリーニングですが、入居前のお部屋や退去後のお部屋をお客さまのかわりにお掃除する有料オプションサービスです。
こちら、新型コロナウイルスの感染拡大に従って、従来以上に需要が高まってきています。

きれいにお掃除がすんだ新居で安心して暮らしたいというお客さまが増えているのです。

新居全体、キッチンだけ、お風呂だけも依頼OK

ハウスクリーニングサービスではお客さまの気になる部分を徹底的に清掃いたします。
新築の物件であっても入居直前のお掃除はしてもらいたいもの。

LIVE引越サービスでは新居全体のおそうじはもちろん、キッチンだけ、お風呂場だけという部分的なお掃除もうけたまわります。
お気軽にご相談ください。

新型コロナウイルスが心配で……と言うお客さまはとても多いため、ハウスクリーニングでは屋内のお掃除はもちろんのこと、室内の換気もしっかりとさせていただきます。
お掃除+換気をまかせて、スッキリした気分で新居に入居されませんか?

LIVE引越サービスで、コロナ禍でも安心な引越しを

せっかくの新生活を心配なまま過ごしたくないというお気持ちがあるのでしょう。
退去時のハウスクリーニングと同じくらいに新居のクリーニングを希望される方がとても多いのが現状です。

新型コロナウイルスとの戦いは長く続きそうですが、LIVE引越サービスではコロナ禍においてもお客さまの安心なお引越しのために万全の態勢でのぞんでまいります。
お引越しの見積りやオプションサービスのご依頼など、お気軽にご連絡ください。

引越し後すぐにやっておこう

2020-08-11

お引越しはお荷物を新居に運び込んだら終わり、ではありません。
そこから荷ほどきや役所などの手続きなどが続きます。

LIVE引越しサービスでは、お客さまが新居に到着された後も快適に作業が進められるよう、各種サービスをご用意しております。
今回はなかでも高い評価をいただいている「盗聴器調査サービス」についてご紹介しましょう。

賃貸物件に入居になるかたは、チェックされておかれるようおすすめします!

引越し当日に盗聴器の有無をチェック!

LIVE引越サービスの「盗聴器調査サービス」とは、新居に盗聴器が仕掛けられていないかどうかをお引越し当日に調べるものです。
実はこの調査、専門の業者に依頼すると約3万円の費用がかかるものですが、引越し時にご依頼いただければ無料でお調べいたします。

お荷物の搬入時に当社スタッフが盗聴器の有無を調べますので、お客さまのお手間はかからないのもメリット。
お引越しのついでに盗聴器の有無についてわかるので新居での生活が安心なものになります。

なおこちらのサービスのご利用にあたっては事前予約が必要で、ご利用いただけるエリアも限定になります。
また万が一盗聴器があるとしても、撤去作業などは別途ご相談いただくことになりますので弊社スタッフまでご確認ください。

以前の住人が仕掛けられた盗聴器が放置

まさか自分に盗聴器が……? と思うかもしれませんが、賃貸物件の場合は以前の住人が盗聴器を仕掛けられていたということもあります。
また盗聴器の目的の住人が引越した後、複数の居住者が住んでいるにもかかわらず、盗聴器だけはそのまま放置されているケースも珍しくありません。

最近は小型で非常に性能のいい盗聴器が比較的簡単に手に入ります。
こんなところに盗聴器があるのか……と思うような場所に、ごく小さなものが仕掛けられていることがあります。

新居での生活を安心して始めるためにも、盗聴器の確認をされるといいでしょう。

お荷物の一時保管やトランクルームなど各種サービスあり

LIVE引越サービスでは盗聴器調査サービスのほかにも、有料でお荷物の一時保管やトランクルームなどのご相談もお受けしております。
お引越し後の生活がおちつかれるまで、LIVE引越サービスのさまざまなサービスを利用されてはいかがでしょうか?

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.