新型コロナ第2波。引越し難民対策

2020-09-09

2020年の春に新型コロナ感染が拡大しはじめた時から、「いずれ第2波、第3波がくる」と言われていました。
そして予想どおり、7月半ばごろから再び感染が拡大。

これをうけて引越し業界では「秋に引越しが集中し、引越し難民がでるのではないか」と懸念されています。
これから9月・10月にお引越しを考えているお客様は、早めに引越し予約をするのがおすすめです!

春の引越しを延期→秋に急増

2020年の秋には引越し件数が急増するのではないか。
引越し業界では、秋の引越し難民が心配されています。

2020年はコロナ自粛のため、本来なら1年で一番引越しの多い3月・4月に引越し件数が減少しました。
企業は春の人事異動を秋に延期しましたし、大学もオンライン授業に切り替えたため引越しを遅らせたお客さまがとても多かったのです。

しかし延期をしたといっても、いつまでも延期したままではありません。
秋は春の繁忙期に次いで「人の移動」が多いシーズンです。

いろいろな経済活動が次第に再開されるなか、秋の人事異動は従来通りにおこなうという企業はとても多いですし、春に引越しを延期した人たちも秋の引越しに向けて動いています。
春の繁忙期に引越しが少なかっただけに、秋には一気に引越し件数が増えて「引越し難民」の心配もあるのです。

秋以降は、新型コロナ第3波+インフルエンザの可能性

日本じゅうで再び感染が広がった新型コロナの第2波。
感染が少しずつおさまり始めている時こそ、早めの引越し相談が重要です。

いずれにせよ引越しをしなければならないのなら、感染が少しでもおさまっている時を選ぶのがベストチョイス。

また第2波が来たということは「第3波」の可能性もありますい。
秋にお引越しをしなければ冬に入ってしまい、インフルエンザと新型コロナウイルスが同時に流行するという最悪の事態も想定されています。
そうなったら2021年の春まで引越しができないことになり、まるまる1年も引越しを延期することになります。

いろいろな事情でどうしても2020年に引越しをするしかない方は、引越し会社と相談をして、引越し日だけでも決めておきましょう。

早めの引越し準備、早めの予約を

2020年は引越しの繁忙期が「秋」に来るかもしれません。
引越し難民がでることも予測されますので、早めのお引越し準備、早めのご予約がおすすめです!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.