長く続くコロナ禍、自力引越しのメリット・デメリット

2020-09-21

なかなか終息の兆しが見えない新型コロナウイルス。
人と人の接触をなるべく避けたほうがいいという考えもあり、引越しも「自分と家族で済ませようか」と思うかもしれません。

ここではコロナ禍における自力引越しのメリット・デメリットをそれぞれピックアップしました。
家族での引越しには感染予防というメリットがありますが、技術的・体力的な問題というデメリットもあるのです。

自力引越しのメリット

自力引越しのメリットは主に以下の3点です。

1.費用が節約できる
2.自分の予定にあわせて引っ越しができる
3.密を避けるという意味で、感染防止になる

大きなメリットは「感染防止」と「費用の節約」です。
自力で引っ越す場合はトラックのレンタカー代やガソリン代、長距離の場合は高速代がコストになります。

事前にざっくりとコスト計算をして、引越し会社の見積りと比べてみるといいでしょう。

自力引越しのデメリット

自力引越しのデメリットは主に以下の3点です。

1.車の手配が必要。レンタカーの時間内に引越しが終わらないと追加料金がかかる
2.重い家電や家具を搬出・搬入しなければならない
3.運搬中に破損があっても補償されない

コスト面で見過ごされがちなのが、レンタカーの追加料金です。
決まった時間内にレンタカーを所定の場所に返さないと追加料金がかかってしまい、かえって高くつくことになります。

また荷物の運搬も大変な作業です。大型家電や家具は重いですし、持ちにくい形をしています。
運搬中に落としてしまっても、補償はありません。買い直すことになったら費用は跳ね上がってしまうのです。

引越し会社も、感染防止対策を徹底

コロナ禍においては、引越し会社に頼むのも「感染予防」の面から不安を感じるかもしれません。
しかし多くの引越し会社はマスク着用とこまめな消毒で予防を徹底していますし、費用的にもずいぶん安くなっています。

自力での引越しを考えるときには、LIVE引越サービスのような格安引越し会社の見積り金額をチェックしてみるといいでしょう。
意外と安い見積りなんですよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.