引越しの個人契約と法人契約の違い

2020-09-28

引越しは個人でするもの、と思っていませんか?
企業によっては引越し会社との間に法人契約を結び、社員の転勤時にスムーズな引越しができるように手配しているところもあります。

ここでは「引越しの法人契約について」と「個人契約との違い」をご紹介しましょう。
急な転勤、単身赴任時には、引越し会社との法人契約が役に立ちますよ!

引越しの法人契約とは

引越しの法人契約とは、転勤時の引越しを特定の引越し会社に委託する契約です。
引越しの法人契約があれば毎回おなじ引越し会社に委託することができます。

なれた引越し会社が作業をおこなうため、引越しがとてもスムーズに進むのが法人契約のメリット。
また急な転勤にも対応するので転勤が多い企業には利点が多いです。

また年間契約・月ごとの契約ですから春の繁忙期、9~10月の秋の繁忙期であっても優先的に社員の引越し予定を確保でき、価格もお安いのが魅力です。

法人契約は、ワンストップが魅力

引越しの個人契約と法人契約の大きな違いは「法人契約なら、一つの窓口で社員の引越し手配が終わる」点です。
転勤のたびに複数の引越し会社に見積りを依頼し、相見積もりから最安値を探して価格交渉する、などの煩瑣な手続きが不要になります。

転勤が発生するたびに、法人契約を結んでいる引越し会社に連絡をするだけで手続きOK。手間と時間が大幅に節約でき、事務処理がスピーディーです。
いっぽう個人での契約はそれぞれが相見積もりを取り、引越し予約をして引越し、支払いも社員経由になります。

法人契約なら、支払いも企業から引越し会社に一括振り込み。
事務作業の簡略化という意味では、法人契約の利点は大きいでしょう。

引越しの法人契約でお金も作業時間も節約

引越しの手続きは個人でももちろんできます。
しかし法人契約を結んでいると、引越しにかかわる時間も作業量もお金も大きく節約できます。

LIVE引越サービスでは多くの企業様との法人契約をしております。
安心して社員さんの引越し作業を任せていただけます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.