荷造り荷解きを楽にする裏技。便利グッズ

2020-09-30

引っ越し準備をするうえで時間がかかるのが「荷造り・荷ほどき」です。
もうちょっと短時間で、楽にできる方法はないか?と思うなら、ぜひ次の2つをチェックしてみてください。

「荷造りを楽にする便利グッズ」「新居での荷ほどきを楽にする裏ワザ」です。
ほんとうに簡単なことですが、意外な時短につながる方法です。

荷造りを楽にする便利グッズ

収納ボックスの荷造りを一気にやりたいときは「養生テープ」を使いましょう。
「養生テープ」とは引越し業者がさまざまな場面で使用する粘着力の弱いテープのこと。

この養生テープで小物類が入っている収納棚の引き出しを、そのまま止めてしまえば荷造りは完了します。
引越し業者が荷物を移動させるときに棚が飛び出してしまわないように養生テープで止めておけば、そのままトラックに積み込んでくれます。

養生テープは一般的なガムテープより粘着力が弱いので何回かぐるぐると巻く必要がありますが、新居で剥がしやすいですし、糊のあとも残りにくいのです。ぜひご活用ください。

荷ほどきを楽にする裏ワザ

新居についてからの荷ほどきを楽にするためには「引っ越し荷物に、行先の部屋を書いておく事」です。
通常、段ボールには中に入っているものを記載するお客さまが多いのですが、そのとき横に「リビング①」「寝室②」と行先を番号で書いておくのです。

新居についたら、部屋ごとに番号を書いて貼ります。
これだけで引越し業者は箱を運ぶ場所がわかり、荷ほどきすべき部屋に、きちんと運び込んでくれます。

あとは部屋ごとに段ボール箱を開けていきましょう。荷物は「その日にいる分」から荷ほどきするのが鉄則。

引越し当日にいらないものは箱詰めしたままにして置き、翌日以降に使う順番で荷ほどきをしていきましょう。

「現状のまま」運んでもらう、「届けたい部屋」においてもらうのがコツ

荷造り・荷ほどきを楽にするには、「現状のまま運べるものは運んでもらう」「新居での荷物を正しい部屋に搬入する」の2点がポイントです。
これで荷造りの時間が短縮されますし、荷ほどきもスムーズに進みますよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.