引越しに縁起がよい日をチェック?低予算で済ませたい人必見

2020-10-06

日本には「日柄を大切にする」という伝統があります。
引越しの場合もお日柄である「六曜」が重視されます。

お日柄を引越し日選びの参考にしたいという時は、LIVE引越サービスのサイトにある「引越し六曜カレンダー」を参考にしてください!
今回は、六曜を見ながら、お安く引越しするコツもご紹介いたします。
やはり大安吉日をえらんで新居へ入りたいお客さまが多いです。

カレンダー上で吉凶を示すという「六曜」

「六曜」は、暦の上の日を6種類に分けたものです。
それぞれに「大安」や「友引」などの名前が付いていて吉凶をあらわすとされています。

六曜の起源は足利時代にまでさかのぼり、中国からやって来た占いがもとだと言われていますが、明確なことはよくわかっていません。
江戸時代の終わりごろから吉凶をしめすものとなり、結婚式は大安に、お葬式は友引を避けるなどの習慣が今も続いています。

「六曜」は現在のカレンダー(七曜)と日付が異なっていますから、「六曜カレンダー」でお日柄を確認するといいでしょう。
LIVE引越サービスの公式サイトなら、トップページにあるカレンダーを見れば一目でわかり、とても便利です!

大安は高い!先負の午後引越しならお値打ち

六曜については「縁起を担ぎたい」ひとと「気にしない」ひとに分かれます。
しかしふだんは気にしないひとでも結婚式や引越しなど人生の大きな節目だけは六曜に従うことが多いようです。

そのため引越しでも「週末の大安」や「月末近くの大安」は人気があり、ご予約が混みあいます。
ご予約が多いということは、引越し料金も高めであるということ。

六曜を取るか、お値打ち価格を取るか、は意見が分かれるところです。
割り切って比較的お安く引っ越せる「仏滅」を選ぶのもいいですし、大安でなくても、午後の引越しなら吉と言われる「先負け」の日に引越すというのもおすすめです。

六曜を気にする人がいれば、大安以外のいい日をチョイス

六曜なんて迷信だから、という意見もありますが、家族の中に六曜を重んじる方がいる場合は、多少の考慮をした方がいいでしょう。

先負の午後引越し、先勝の午前引越しなど、大安以外にも引越しにふさわしい日があります。
六曜カレンダーを使って調べてみませんか。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.