どうしてもだめな害虫……ゴキブリが出にくい賃貸物件の条件3つ!

2020-10-14

虫が苦手という人は多く、なかでもゴキブリだけはどうしても見たくない!という方もいらっしゃいます。
そこで、賃貸物件を探す場合に役立つ「ゴキブリが出にくい条件3つ」をご紹介しましょう。

絶対に出ない物件だ!とは断言できませんが、お部屋の中で遭遇する確率はぐっと低くなります。
虫が苦手な方は物件探しの時に注意してみてはいかが?

木造以外の建物で、3階以上の物件がいい

たいていの場合、ゴキブリは屋外から入ってきます。それを防ぐためには進入路が少ない鉄筋などの建物がおすすすめ。
木造住宅はネズミなどが小さな穴をあけやすくそこから入り込まれることがあるからです。

また3階以上の物件をさがすというのも重要ポイント。お忘れかもしれませんが、ゴキブリは空を飛んで移動することができます。
しかし3階以上の建物となると空から侵入しづらくなるのでおすすめなのです。

ただし3階以上であっても窓の近くに高い木や電柱があると、それも侵入経路になります。
3階以上の鉄筋づくり・近くに来や公園や電柱がないところ、がゴキブリ予防の鉄則です。

新築・築浅の物件がいい

ゴキブリは非常に生命力の強い害虫です。
築年数の古い賃貸物件では、前の住人の生活環境で育ったゴキブリが残っている可能性があります。

入居前に空っぽの部屋の中をきっちり確認したから大丈夫だ、と思っていても、卵が残されていることもあるんです。
とくに古い物件の壁のヒビなどは要注意ポイントです。

築浅物件ならゴキブリがひそんでいる確率は下がりますし、新築物件ならほぼ生息していないと言えます。
できれば新しい物件を選びましょう。

マンションの1階に飲食店・コンビニがある場合は要注意!

マンションの1階や道路に面したフロアに、飲食店やコンビニが入っている物件もあります。
人間が生活するのに快適な場所は、ゴキブリにとっても快適な場所。エサが豊富にあり、1年じゅう温かい環境なので繁殖しやすいという理想的なところなのです。

もちろん店もゴキブリ駆除につとめてはいますが、100%完全な除去は難しいところ。そして1階で増えたゴキブリが2階以上の部屋へ階段などを経由して入り込むことがあります。
ですから、食べ物関係のお店が入っている集合住宅は良くチェックしてから決めましょう。

上記3点のチェックポイントをクリアできた物件なら、ゴキブリに遭遇する機会も減るはずです。
どうしても苦手で……という人は物件探しにお役立てください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.