意外!引越しは電気料金見直しのベストタイミングです!

2020-10-15

食費や家賃・光熱費など毎月かならず払う経費は、節約が難しい部分です。
削りようがないからあきらめて払っている……という場合は引越し時にちょっと見直してみてはいかがでしょうか。

とくに電気料金は「電力自由化」で電気料金が多様化しました。
従来の電気会社との契約をいったん解約することになる引越しのタイミングで、べつの電力会社との契約を検討してみてはいかがですか。

引っ越しは、電力会社との契約を見直すタイミング

引っ越し先が従来の電力会社の管轄内であっても、住所移転の場合はいったん「使用停止手続き」と新規の「使用開始手続き」をします。
どうせ一度解約するのなら、ほかの電気会社に乗り換えてみるのもおすすめです。

使用している電気量によっては新しい電力会社のほうが安くなるケースもありますし、従来のプランで十分ということもあります。
まずは現在利用している電力会社の検針票や請求書を見て、毎月の電気の使用量(kWh)を調べましょう。

毎月の使用料が分かれば、新しい電力会社の公式サイトなどで料金シミュレーションができ、おすすめプランを見られるんです。

電気の使用量さえわかれば、簡単に新プランをチェックできるのでラクラクですよ。

使用する電気はこれまでと同じ品質

「新電力会社」と聞いて、ちょっと心配になるのは「供給されるのは、ちゃんとした電力なのか」という点でしょう。
これについては心配ご無用です。

「新電力会社」が供給する電気は、もともとの発電事業者が売っている電力と同じもの。
新電力の会社が「従来の電力会社の、販売部分のみを担当している」という意味なので、これまで使っていた電力と同じものが供給されます。

新電力会社の中には太陽光発電など自前で発電している会社もありますが、その場合も「自社発電分+従来の電力会社の電力」で供給していますから、停電することはありません。
それでいて、以前より安くなるケースもあるのですから検討してみるべきでしょう。

引越しを機に電気料金の見直しを

なお新電力への移行は、引越し前に手続きを終えておけば、そのままスムーズに新居でも電気を使えます。
また旧居での電気使用停止や、新居での使用開始にあたっては立ち合いはいりません。旧居退去時にブレーカーを落とすだけで終わります。

引越しを機に、生活のコストダウンという点から電気代の見直しをしてもいいですね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.