1月, 2021年

引越しの段ボールHowTo。サイズ選び、崩れない組み立て方など

2021-01-25

荷造りはお引越し作業の大部分を占める大事な作業です。引越しがうまくいくのも荷造り次第だといってもいいくらいです。

そこで今回は、段ボールの使い方について「箱サイズ別、詰める荷物の種類」「壊れない段ボールの組み立て方」の2点から解説しましょう。ちょっとしたコツで搬出・搬入の時間がまるで変わってきますよ!

本や雑誌、重いものは小さな箱に

まず荷造りの時には段ボールサイズによって入れる荷物を変えましょう。一般的に規格サイズの段ボールは100、120、140の3種類に分かれています。

よく使われるのは140サイズですが、書籍など重いものを入れるには100サイズの小さな箱がいいでしょう。重量のありすぎるものを大きな段ボールに詰め込むと、重すぎて持ち上げたときに底が抜けてしまう危険性があるからです。

大きな段ボールには衣類やカーテンなど軽めの物を入れたり、重量のあるものを半分入れて残りは軽いものを入れるなど、ひとつの箱が重たくなりすぎないように考えましょう。

段ボールの底は十文字にガムテープ止め

段ボールの組み立て方も重要です。とくに注意すべきなのは、底の作り方。

底を合わせるときには隙間やズレができないように、きちんと合わせましょう。そしてガムテープでしっかり固定。このときガムテープは箱の側面まで貼って強度を高めます。

また縦横の十文字に貼るともっと強度が高まりますので、重量のある本やCDの入った箱は、十文字あるいはカタカナの「キ」の字のように横に2本、縦に1本の形にガムテープを貼り、これも側面までしっかりと止めましょう。

逆に、絶対にやってはいけないのが、段ボールの底をクロス型に編んだだけで、ガムテープで貼らないことです。底をクロス型に編むと、丈夫そうに見えますが強度はほとんどありません。そのため持ち上げたときに底が抜け、中身がすべて出てしまう危険性が高いのです。

段ボールの強度を維持できる作り方で

段ボール箱の梱包は、引越し当日の作業スピードを上げる重要な部分です。段ボールの強度がしっかり維持できる方法で箱を組み立て、サイズに合った荷物を入れましょう。

ちなみに、このような荷造りのコツは、LIVE引越サービスのサイト内「上手な荷造りのアドバイス」 https://www.live1212.com/preparation/ でご紹介しています。参考になさってください!

自分で無理にやる必要なし。梱包を引越スタッフに任せられるもの

2021-01-24

お引越し準備の大半は荷造りですが、実はほかにもたくさんの準備が必要です。金融機関や役所での住所移転手続き、ガス・水道・電気のライフラインの住所変更手続きなどなど。最近ではインターネットの回線工事なども必要な手続きです。

これらはお客様ご自身でなさるしかない準備ですが、荷造りは逆に引越しスタッフに委託することもできます。任せてしまえば、大幅な時間短縮になります!
 

大型家具・家電は引越しスタッフが梱包・運搬

まず基本的なことですが、ご自宅の大型家具・大型家電は引越し業者が梱包・運搬を担当します。冷蔵庫や洗濯機、ソファ、ダイニングテーブルなど、数人で運搬するようなものは引越し会社のスタッフに任せましょう。

当日お伺いするスタッフは引越しのプロですから、冷蔵庫や洗濯機などを運ぶ技術を持っています。専用の梱包材などを使い、手早く保護作業。

そして運搬時に使う布を大型家具や家電の下に入れて、布ごと玄関までスムーズに運びます。階段や段差のあるところも2人ほどのスタッフが協力して搬出・搬入します。ですから大きなものについては、梱包をしないままで引越し当日を迎えても心配はいりません。

タンス、棚の中のものはお客さまで梱包、またはそのまま

お客さまに荷造りしていただくのは、タンスの中の衣類や引き出しの中身、キッチンの棚の中身などです。当日、引越しスタッフが到着したら、すぐに大型の物を運び出せるように冷蔵庫の中身をカラにしておきましょう。また洗濯機も水抜きが終わっているとベターです。

段ボール箱はすべてガムテープで止めておき、箱の側面に新居での運び先の部屋名を書いてあると作業が早く進みます。衣装ケースなどは中身が入ったままでも運び出せるものがありますので、事前に引越し会社と確認しておくといいでしょう。

梱包が間に合わない時は「荷造り・荷解き(ラクラク)」サービス

引越し日が近づくにつれ、どうしても梱包作業が間に合わないこともあるでしょう。そんな方のために、LIVE引越サービスではオプションとして「荷造り・荷解き(ラクラク)」サービスをご用意しております。

荷造りの進み具合によって、お気軽にご利用ください。早めのご依頼がコツですよ。

新しい年の引越は家電も一新。身軽に引越し

2021-01-23

お引越しは心機一転の大チャンス。この機会にお部屋も家具も家電も新しくしたいという方はとても多いです。新年早々のお引越しなら、なおさら家電を買い替えたくなるもの。

では、引越し時に家電を買い替えるメリットはなんでしょう。ここではコスト面から利点を考えてみましょう。身軽に引越せば、引越し料金の節約にもなるんです。

新しい家電は新居への配送料が不要

引越し時に家電を買い替えるメリットは「新居への運搬料がかからない」点です。ほとんどの家電量販店では、一定の範囲内への運搬・搬入なら費用はかかりません。

新居へ引越すタイミングで新しい家電を運び込んでもらえば古い家電を運ぶ必要がなくなり、その分の引越し料金が節約できることになります。引越し料金は荷物量と移動距離によってほぼ決まりますから、大型家電を運ばなくていいのは大きなメリット。

新居で新しい家電をすっきり使えるというメリットのほかに、具体的な「引越し料金の節約」も大きな利点になるでしょう。

手間と時間を節約するなら「不用品回収業者」に依頼

いっぽうで家電買い替えの場合は、古い家電の処分が問題になります。方法としては、家電量販店で引き取ってもらう・自分でリサイクルショップに持ち込んで売る・不用品回収業者に依頼するなどがあります。

どれにも一長一短がありますが、複数の家電をまとめて処分したいのなら不用品回収業者がおすすめ。無駄なくスピーディに複数の大型家電を回収してもらえます。また家電だけでなく大型家具もまとめて性分できるのがメリット。

なお不用品回収には費用が掛かりますので、安い業者を探すのがコツです。LIVE引越サービスではグループ会社である「リサイクルハナテン」(https://nakao-transportation.com/)で、格安引き取りを依頼できるので、ぜひご利用ください。

新しい年、新しい家電でお引越し

新年のお引越し、新居で新しい家電と共に暮らす生活は気分がすがすがしくなるものです。古い家電を上手に処分して心地よい新生活を始めませんか?

お引越し・不用品回収ともに、LIVE引越サービスがお役に立ちます。

知っておくと便利なサービス。引越し先以外での荷物積み下ろし。

2021-01-22

お引越しにはさまざまな事情があり、旧居・新居以外の場所でお荷物を積み込んだり降ろしたりすることをご依頼いただくこともあります。LIVE引越サービスでは、追加料金で複数の積み下ろし場所を指定することが可能です。

では、どういうときに2か所で荷物の積み下ろしを依頼するのか、具体例を挙げてご紹介しましょう。

引越荷物を一部引越先以外のところで「積み・降し」したい

たとえば結婚のためにお引越しをする場合、お二人の旧居それぞれで荷物を積み込み、新居へ運搬、搬入することがあります。この場合、「積み込み場所が2か所」ということになります。

また旧居で積んだ荷物のうち一部を実家へ降ろし、残りは新居へ運んでほしいというケースもあります。あるいはお荷物の一部をトランクルームなどに預ける・家電や家具を譲るので友人宅で降ろしたいというご依頼もございます。この場合は「降ろす場所が2か所」です。

積み込み先・降ろし先が複数になる場合は追加料金がかかりますが、別の日にトラック一台を使って別の場所に運ぶよりは格段にお安く運ぶことができます。コスト的にみても手間からいっても、お引越し当日に複数の場所で積み下ろしするほうが節約になります。

各作業場所での荷物の種類など、情報を共有

LIVE引越サービスでも、複数個所でのお荷物の積み下ろしに対応していますので、お気軽にご相談ください。ご相談の際にはそれぞれのお荷物の積み下ろし場所を事前にしっかりと打ち合わせをし、立ち寄る順番、積む・降ろすお荷物の種類などの確認をお願いしております。

お客さま・LIVE引越サービスの双方で情報の共有・確認をして、当日のお荷物の動きを理解しあっていれば、お引越し当日も間違いがありません。複数個所での積み込み・降ろし作業では、伝達ミスが混乱を招きますので、ご協力をお願いいたします。

なお複数場所での積み下ろしをご希望になる場合は、お見積り依頼時から複数場所での作業を含めた金額を提示させていただきます。 

積み込み・積み下ろし作業の立ち合いの確認も

複数場所での積み下ろしの場合は、どの場所でだれが立ち会うかについても、引越し会社と打ち合わせておきましょう。搬入・搬出に立ち合いが必要な場所も多く、引越し会社だけではお荷物を入れられない場合もあります。

当日の立ち合いスケジュールを立てて時間通りに移動できるようにしましょう。

テレワークに最適な環境に引越する人、増加中

2021-01-21

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本人の働き方が大きく変化した年でした。感染防止のために本格的にテレワークが進められ、都心部のオフィスへ毎日通勤しない人も増えました。

そんなことから、テレワーク向け賃貸へのお引越しも増加中。ここでは「テレワークに向いている賃貸物件の条件」を2点ピックアップ。テレワークをしている方は、仕事に集中できる環境に引越す事も大切です。

テレワークに向いている賃貸物件

在宅で仕事をするテレワークの場合、重要なのがネット環境です。あらかじめすべてのお部屋にフリーWi-Fiが導入されていれば、引越した後すぐにネットがつながり仕事に支障が出にくいでしょう。

また作業用デスクと椅子など家具がそろっていれば、長時間のデスクワークでも腰痛に悩むこともありません。急なテレワーク導入でとりあえず自宅にあるローテーブルやダイニングテーブルを作業机に転用した人も多く、その結果、肩や腰が痛くなったという話もあるようです。

あらかじめテレワーク用に準備されている賃貸物件なら、デスクやいすなど仕事に集中できる家具が備え付けになっているところもあります。テレワークが継続する事が決まっているのなら、対応の賃貸物件に引越すことを検討してもいいかもしれません。

夫婦でテレワークなら、複数部屋数も必要

テレワーク用賃貸物件で重要なのが、部屋数です。一人暮らしの場合なら、ワンルームでもオフィススペースを作りやすいですし、Web会議もOK。

しかし結婚していて2人以上が同時に自宅内でテレワークをするとなると、作業スペースが2か所必要になります。Web会議の時間が重なっている場合は、別々の部屋で会議をしなければお互いの声が入ってしまい、うまくいかないからです。

また書類などを収納するスペースも2人分必要になりますので、それなりの部屋数が必要でしょう。テレワーク対応賃貸なら小さくても作業スペースに使える納戸があったり、PCが置けるデスクコーナーがあったりするので、場所の確保がしやすいのです。

テレワーク物件へのお引越しもLIVE引越サービスへ

新型コロナウイルスが収束を見せない今、テレワークを導入する企業はますます増えています。それにともない、テレワーク対応の賃貸物件への引越しを検討している人も急上昇中。

都心への通勤に縛られない働き方で快適な生活を手に入れませんか。もちろんお引越しでは、格安引越しのLIVE引越サービスがお役に立ちます!

リフォーム工事の引越しには、一時保管サービスを

2021-01-20

自宅を二世帯にする、あるいはバリアフリーにするなどのリフォーム工事を検討されている方も多いでしょう。工事中は自宅に住めませんから、仮住まいに引越すことになります。今回はリフォーム工事中のお引っ越しのコツ2点をご紹介します。

「仮住まいに持っていくもの・いらないものを仕分ける」「いらないものは一時預けにする」。このコツだけで仮住まいへのお引越しも、リフォーム後のお引越しもスッキリするんです。

仮住まいへは、すべての荷物を運びこめない

まず、仮住まいへもっていくもの・いらないものを分けましょう。一般的に、仮住まいはリフォーム中の住宅よりも小さくなります。そのためすべての荷物を運びこみきれないこともあるのです。

そのため仮住まいで使用する荷物を選んで、それ以外のものは自宅に残していくか、トランクルームや引越し会社の一時保管サービスを利用するのがおすすめ。使用しない衣類や季節のものはトランクルームなどに預けておくと、仮住まいのお部屋もすっきりします。

なお一時保管サービスはすべての引越し会社で対応しているわけではありません。仮住まいへの引越しでは引越し会社を探すときに「一時保管もありますか?」と確認するのがいいでしょう。

LIVE引越サービスでは一時保管サービスにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

引越し会社の一時保管ならラクラク

引越し会社の一時保管を利用する利点は、「引越し荷物も一時保管荷物も、まとめて運べる」ことです。リフォーム前に荷物を運び出すとき一緒に一時保管の荷物もトラックに積み込み、そのまま仮住まいで荷物を降ろして搬入。

預ける荷物はそのままトラックで、所定の保管エリアへ運んでもらえます。個人的にトランクルームを契約すると荷物は自分で荷物を運ばねばならず、大型家具や重い荷物の運搬が大変です。

引越し会社に依頼できればトランクルームを探す必要も契約する必要もなく、荷物も1回でまとめて預けることができます。時間も手間も省ける方法です。

新居への搬入も一度で完了

引越し会社の一時保管を利用するもうひとつの利点は、「リフォーム後の自宅への搬入も一回で済む」ことです。リフォームが終わって仮住まいから自宅へ戻る時に、引越し会社が一時保管の荷物もピックアップ。

仮住まいの荷物と一緒に、新居へ搬入してくれます。荷物を出すときも搬入するときもいちどで済むのでとても楽なのです。

リフォーム工事の引越しをお考えなら、お引越しはLIVE引越サービスにご用命ください。

2021年、新しい年の始まりに縁起の良い引越しを計画

2021-01-20

お引越しは人生における一大イベント。できればお日柄のいい日を選びたいものです。そしてお日柄チェックに欠かせないのが、「六曜カレンダー」。

LIVE引越サービスのトップページの「お引越しお得日カレンダー」にも六曜がのっていますので、参考になさってください!

六曜なら、大安・友引が縁起のいい日

2021年が始まり、これから心機一転。さっそく新築物件や中古住宅を購入しようというお客さまも少なくありません。

そしてお引越しで気になるのが、縁起のいいお日にち。一般的によく知られているのが「六曜(ろくよう)」というカレンダーで、何をしても縁起がいい日「大安(たいあん)」などは多くの方がご存知でしょう

六曜の場合、お引越しに関しては大安のほかにも、縁起のいい日・お時間があります。たとえば「友引(ともびき)」は、喜びごとにふさわしい日だとされ、結婚式や引越しにぴったり。

また「先勝(さきがち)」は午前中のお引越しがいいとされている日で、反対に「先負(さきまけ)」は、午後のお引越しがいい日だと言われます。根拠のあるものではありませんが、どうせなら縁起のいい日を選びたいですね。

「吉方位」で新居の方角チェック

六曜以外にも「吉方位」というものがあります。これは「九星気学」という家相学などの原点となっている占いをベースにして、縁起のいい方向を割り出すものです。

自分の星にとって縁起のいい邦楽へ引越すことで、プラスのパワーをもらえるといいます。ただし「九星気学」では気の流れは年や日によって変わるとされているため、「吉方位」も毎年異なります。

その年の吉方位はネットで調べられますので、お引越しが決まったらチェックしてみましょう。調べた結果、新居が吉方位になくても大丈夫です。

引越し前にちょっと遠回りすることで「方違え」ができて、吉方位になる、という考え方もありますよ。

縁起ものですが、参考に

六曜も吉方位も縁起のものにすぎませんが、昔から暦で決まっているものです。新生活を明るい気分で始めたいのならお引越し日を選ぶ時の参考にしましょう。

もちろんLIVE引越サービスは、格安料金・丁寧な引越サービスで皆様の新生活を応援いたします!お気軽にご連絡ください。

引越しで断捨離・不用品を一気に処分

2021-01-19

引越しは断捨離の絶好の機会。このさい不要なものはすべて処分しようと決めていても、実際に引っ越し準備を始めてみるとなかなか不用品処分まで進まないことがあります。

ここでは、引越し時に断捨離をするためのコツとして「引越し準備に断捨離を組み込む」「不用品回収ができる引越し会社に依頼する」の2点をご紹介しましょう。いらないものは処分してすがすがしく新居に入りませんか?

断捨離の時間を含め、余裕を持って引越し準備

引越し時の断捨離をうまくいかせるには「断捨離の時間を見込んで、早めに引っ越し準備をすること」です。引越し準備を始めてみると、こまごました用事も多くて思った以上に時間がかかるもの。

つい目先の用事を片づけるのに必死で、気がつくと不用品の仕分けもできないまま荷造り。結局はいらないもの・処分しようと思っていたものまで新居へ運ぶことになります。

大型ごみを処分しようとしてまとめておいたものの処分日に出し忘れ、引越トラックに載せて新居へ運び込んだというケースもあります。断捨離をする場合は不用品処理の時間を引っ越し準備の中に組み込んでおき、余裕をもって断捨離を進めましょう。

引越し準備の時間が足りない、不用品回収業者に依頼を

あらかじめ断捨離を見込んで引越し準備を始めても。予定どおり進まないことがあります。大型ごみや家具、家電の処分に書ける時間がない……という場合は、引越し会社に不用品回収を依頼してみてはいかがでしょうか。

すべての引越し会社が不用品回収に応じてくれるわけではありませんが、回収OKという業者もあります。たとえばLIVE引越サービスなら、グループ会社に「リサイクルハナテン」という回収専門業者がありますから、ご依頼いただければ不用品も引越しも一気に片づきます。

不用品回収業者に頼めば、時間も手間も節約できるのでとても便利なのです。

荷造り時の断捨離で身軽な引越しを

断捨離は始めるまでに覚悟が必要です。なかなか物を捨てられないことが多いでしょうが、「引越しだから」と思えば処分ができるかもしれません。

思い切っていろいろなものを捨て、新居へは身軽になって移動しましょう。荷物が少なければ引越し料金も節約できますよ。

春の新生活の繁忙期に向けて引越しも計画的に。

2021-01-19

例年、3月と4月は引越し業界にとっての一大繁忙期。学校や企業が一斉に4月スタートとなる日本では、春の引越しがとても多いからです。

ここでは、春の繁忙期にむけて「とくに混雑する時期」のご紹介と、「繁忙期でも、安価な引越しを狙えるタイミング」をご紹介しましょう。何よりも大事なのが、早めに準備・引越し計画を立てることです!

引越し難民を避けるためには、計画的に早期予約を

引越し業界の春の繁忙期は、「3月半ば以降から、4月の上旬」にピークを迎えます。4月初めの入学式、新学期の開始、企業の入社式および人事異動に合わせて、大勢の人が移動するためです。日本全国の引越し会社が忙しくなります。

とくに3月20日~4月10日くらいまでの期間は混雑が予想される時期。週末や休前日はお引越し予約が取れないことも考えられますので、とにかく早く引越し会社を決めて相談し、予約を済ませてしまいましょう。

最悪の場合、希望する時期に引越せない「引越し難民」になる可能性があります。コスト的に考えても引越し日に余裕がある・日にちをずらすことができるという場合は、4月中旬まで引越しを待つのがベターです。

月初めの火曜~木曜の仏滅がおすすめ

では引越し繁忙期であっても比較的、引越し料金がお安く、予約が取りやすいのはどんな日でしょうか。簡単にいうと「月初めの火曜~木曜、大安や友引でない日」がおすすめです。

週末や祝日でないことは大前提。また平日でも月曜・金曜日は高くなりがちです。

次に、六曜の暦でいう「大安」や「友引」は縁起がいい日のため平日であっても混みあいます。「仏滅」や「赤口」は避ける人が多いので、六曜を気にしない方ならおすすめ。

また、月初めが比較的すいているのは、賃貸物件に住んでいる人にとっては月初めが家賃発生のタイミングだからです。旧居と新居の家賃を二重で払いたくない場合は、月末に引越して、翌月から新居の家賃だけを支払うのがセオリー。

しかし繁忙期の引越し料金は、二重家賃よりも高額になる場合もあります。金額を比較して、二重家賃を払ってでも安くなるなら、月初めに引越すのがいいでしょう。

春の繁忙期、予約はもう受付OK

春の繁忙期は引越し料金もなかなかお安くなりません。しかしLIVE引越サービスなら、早めのご相談・ご予約で格安のお引越しが可能になります。

3月・4月のお引越しをお考えの方は、1月から引越し予約をするよう検討されてはいかがですか?

スーツケースは段ボールがわりに梱包にも使えます

2021-01-18

引越しの荷造りでは、おもに段ボール箱を使用します。しかし荷造りしている途中で、段ボールが足りなくなり、代用品としてスーツケースを使いたくなりませんか?

海外旅行用の大きなスーツケースは収納力もあり、十分段ボール箱の代わりになります。ただし注意すべき点が二つほどありますので、ここでご紹介しましょう。

スーツケース中に詰めるものに気をつければ、荷物をよりコンパクトにできますよ。

スーツケースには軽いものを梱包

旅行用のスーツケースは、引っ越し時の梱包にも使えます。注意すべき点は「スーツケースに梱包するのは軽いものだけ」ということです。

引越し荷造りのコツは「重いものは小さめの段ボールに入れる」こと。重いものをたくさん詰め込みすぎると運搬が難しくなり、最悪の場合、段ボールが壊れてしまうからです。

スーツケースも同じことで、本や雑誌、CD、DVDなど小さくても重量のあるものをたくさん入れると、スーツケース本体が搬入・搬出時に破損する恐れがあります。運搬時の破損リスクをおさえるためにも衣類やカーテンなど、軽量の荷物だけを入れましょう。

スーツケースは防水ではない点に注意

二つ目の注意点は「スーツケースは防水ではない」点です。なかには完全防水になっているスーツケースもありますが、一般的なスーツケースは防水ではないと思いましょう。

したがって引越しの梱包に使うと、中に入れたものが濡れてしまう可能性もゼロではありません。晴れている日のお引越しなら問題がなくても、大雨やゲリラ豪雨、台風などなどの雨天時は要注意。

運搬時にスーツケースが濡れてしまうこともあり、中のお荷物に雨がしみこむことも想定されます。水濡れを防ぐにはスーツケースをビニールなどでぐるぐる巻きにしておくか、はじめから、少し濡れても問題がない荷物を入れることがコツなのです。

軽くて、多少濡れてもいいものはスーツケースへ

水が入らないように見えるスーツケースですが、ファスナー部分からの浸水を100%防ぐことは難しいでしょう。しかしあれほど大きなものを空っぽで運搬するのはもったいない。

軽くて濡れてもいいもの、濡れても後から洗濯できれいになるものを選んで梱包し、上手にスーツケースを利用しましょう。

2021年は2020年春のコロナ自粛、引越自粛のしわ寄せがくる?

2021-01-18

年が明けて2021年になりましたが、新型コロナウイルスの猛威は依然としておさまっていません。そんな中でも、経済活動や日常生活は少しずつ復活しはじめています。引越しもそのひとつ。

ここでは2021年の春の繁忙期に向けて「2020年のコロナ自粛の影響」をまとめてみました。2021年の春は、比較的静かだった2020年の繁忙期とは大きく変わりそうです。

2021年春の繁忙期は引越し増加の可能性

2020年から始まった、新型コロナウイルスの感染拡大。ちょうど3月から4月にかけての引越し繁忙期には、日本中が「緊急事態宣言」「移動の自粛」に頑張っていました。

多くの企業が春の人事異動を延期して秋にずらし、大学もパソコンなどを利用したリモートでの授業に変更。そのため引越しをする必要が少なくなり、春の大繁忙期にもかかわらず、引越し件数は減少していました。

しかし、いつまでも人の移動を制限し続けていることはできません。2020年の秋には、通常通りの人事異動を発表した企業も多かったですし、2021年の春には以前より異動件数が増える企業もありそうです。

また大学も感染対策をおこないつつ、従来の対面授業に戻る傾向にあります。ということで、2021年春の繁忙期は2020年春に引越しをしなかった人の分だけ、件数が増える可能性があるのです。

感染対策をしている引越し会社に相談を

2021年1月現在、ふたたび、新型コロナウイルスの感染者数が急増しています。政府は緊急事態宣言の発出をおこない、不要不急の外出や人の移動に制限がかかろうとしています。

引越し予定に関しても「キャンセルや延期をすべきだろうか?」と不安に感じる方も多いでしょう。しかし2020年春の緊急事態宣言を切り抜けてきた日本では、「きちんと感染防止策を取っているのなら、どうしても必要な引越しはやるべき」という認識が高まっています。

したがって、2021年春の繁忙期は従来とおなじく引越し予約が多く、早めに引越し会社をおさえたほうがいいと思われるのです。

見積依頼やご相談は公式サイト経由のオンラインでも!

2021年の繁忙期は、2020年の緊急事態宣言下とは異なり、どうしても引っ越しをしなければならないというお客さまからのご依頼が増える見込みです。見積依頼やご相談はネット及び電話などでもできますので、お気軽にLIVE引越サービスにご連絡ください。

使いかけの調味料・日用品、どこまで新居へもっていく?

2021-01-17

お引越しはふだんの生活の途中で行われます。つまり日用品は使いかけのままの状態であることが多いでしょう。開封済みの調味料などはどうしたらいいのか?

ここでは「引越し前に処分すべき消耗品・新居へ運ぶもの」の種類と、「使いかけ消耗品の梱包のコツ」をご紹介します。すべてを処分するのはもったいないので、処分すべきもの・新居へもっていくものを分けておくといいですね。

開封済み液体調味料、ヘアスプレーなどは処分

まず、引越し前に処分すべき「使いかけの消耗品」を大雑把にピックアップしましょう。

1.台所の消耗品:液体の調味料や油
2.風呂場の消耗品:液体の洗剤類、ヘアムースやスプレー

どちらも運搬途中で液が漏れてしまう可能性があり、ほかのお荷物を汚してしまうリスクが高いのが弱点です。できればお引越し前にすべて使い切るか、使い切れるように事前に少しずつ処分しておきましょう。

どうしても新居へ運びたいというときは、口をきつく締めてビニール袋などで口をしっかりと縛って立てて箱詰め。ガラス瓶に入った液体調味料は瓶本体を新聞紙などでくるんで割れないようにします。

シャンプー・リンスは比較的安心、ヘアムースは処分

絶対に処分したほうがいいのは、使いかけのヘアムース、スプレーです。スプレー類はガスが入っていることが多いため運搬中の事故につながりかねません。

またムースはどんなに厳重に梱包しても、中身が出てくるリスクがあります。なお、どちらも未使用品ならビニールで密閉し、箱に立てておけば運べます。

液体洗剤も扱いに注意すべき消耗品です。お風呂用の洗剤の中には、ほかの種類の洗剤と混合すると危険なものがありますから絶対に別の箱に入れて梱包しましょう。

風呂場の液体類でもシャンプーやリンスは比較的安心。口を閉じ、ビニールで密閉してからタオルなどで包み、箱に立てて梱包します。

小麦粉など粉類は運びやすい消耗品

反対に、新居へ運びやすい消耗品もあります。たとえば食材でも小麦粉や片栗粉などの「粉類」は、使いかけの状態でも問題はないでしょう。

梱包する場合は、口をしっかりと閉じてビニール袋で密封して箱へ詰めます。できればビニール袋は二重にして、これもきっちりと密閉するのがコツ。

また粉類の口は文房具のダブルクリップで止めると、運搬中の振動でもはずれにくく、中で粉がこぼれることが防げます。このように使いかけの消耗品はしっかり見分けて、ほかのお荷物が汚れないように梱包しましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.