1月の引越は穴場?新年の引越は業者の営業日チェックを忘れずに

2021-01-17

お引越しはいつでも大変なことですが、1月はとりわけ注意すべきことが多い月です。ただし、きちんと事前に確認をしておけば、引越し料金としては意外とお値打ちな時期でもあります。

ここでは「1月引越しで本当に安い時期」と、「新年早々の引っ越しで注意すべき点」の2点をご紹介します。1月だからこそ、注意すべきことがあるんです。

1月上旬から中旬の平日は格安引越しのねらいめ

引越しは時期によって料金が違います。春の繁忙期と比べると、1月は比較的、お安く引越しができる時期です。なぜなら1月は人の移動が少ないから、というのが大きな理由。

日本ではほとんどの人が4月からの新生活のために移動しますから、引越しは3月月末がピークです。そのため1月は引越し件数が少なく、自動的に引越し料金が安くなるという流れなのです。

とくに1月上旬から中旬の平日は引越し料金がかなり安くなるタイミングです。遠距離のお引越しでも格安になる場合がありますので、複数の業者に相見積りを取ってみましょう。

年末年始は引越し会社の営業日を確認

しかし1月初旬のなかでも新年早々の引越しは、引越し業者が営業しているのかどうかを確認しておく必要があります。なぜなら、引越し会社も年末年始はお休みしているからです。

とくに12/31から1/3まではお休みをとっている会社が多いので、その間は引越しもできないことになります。もちろん年末年始に通常どおり営業している引越し会社もありますので、どうしても引越したいという場合はあらかじめ引越し希望日をあげて相談しましょう。

ただし年末年始は電気工事の業者が休みに入ります。オプション工事などが引越し当日におこなえないこともありますから、これも要注意です。

1月は祝日を含む3連休にも注意!

1月のお引越しでは、祝日である「成人の日」にも注意が必要。第二月曜日がお休みですので、三連休およびその前後は人気のお日にちになっているのです。

1月は月末・祝日の3連休をはずし、年末年始をなるべく避けることで格安引越しが実現しますよ!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.