春の新生活の繁忙期に向けて引越しも計画的に。

2021-01-19

例年、3月と4月は引越し業界にとっての一大繁忙期。学校や企業が一斉に4月スタートとなる日本では、春の引越しがとても多いからです。

ここでは、春の繁忙期にむけて「とくに混雑する時期」のご紹介と、「繁忙期でも、安価な引越しを狙えるタイミング」をご紹介しましょう。何よりも大事なのが、早めに準備・引越し計画を立てることです!

引越し難民を避けるためには、計画的に早期予約を

引越し業界の春の繁忙期は、「3月半ば以降から、4月の上旬」にピークを迎えます。4月初めの入学式、新学期の開始、企業の入社式および人事異動に合わせて、大勢の人が移動するためです。日本全国の引越し会社が忙しくなります。

とくに3月20日~4月10日くらいまでの期間は混雑が予想される時期。週末や休前日はお引越し予約が取れないことも考えられますので、とにかく早く引越し会社を決めて相談し、予約を済ませてしまいましょう。

最悪の場合、希望する時期に引越せない「引越し難民」になる可能性があります。コスト的に考えても引越し日に余裕がある・日にちをずらすことができるという場合は、4月中旬まで引越しを待つのがベターです。

月初めの火曜~木曜の仏滅がおすすめ

では引越し繁忙期であっても比較的、引越し料金がお安く、予約が取りやすいのはどんな日でしょうか。簡単にいうと「月初めの火曜~木曜、大安や友引でない日」がおすすめです。

週末や祝日でないことは大前提。また平日でも月曜・金曜日は高くなりがちです。

次に、六曜の暦でいう「大安」や「友引」は縁起がいい日のため平日であっても混みあいます。「仏滅」や「赤口」は避ける人が多いので、六曜を気にしない方ならおすすめ。

また、月初めが比較的すいているのは、賃貸物件に住んでいる人にとっては月初めが家賃発生のタイミングだからです。旧居と新居の家賃を二重で払いたくない場合は、月末に引越して、翌月から新居の家賃だけを支払うのがセオリー。

しかし繁忙期の引越し料金は、二重家賃よりも高額になる場合もあります。金額を比較して、二重家賃を払ってでも安くなるなら、月初めに引越すのがいいでしょう。

春の繁忙期、予約はもう受付OK

春の繁忙期は引越し料金もなかなかお安くなりません。しかしLIVE引越サービスなら、早めのご相談・ご予約で格安のお引越しが可能になります。

3月・4月のお引越しをお考えの方は、1月から引越し予約をするよう検討されてはいかがですか?


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.