引越し当日は立ち会いが必要です

2021-02-22

お引越し当日はさまざまな用事がたくさんあります。ほかの人で代行できるものもありますが、「立ち会い」はお引越しをする当人もしくはご家族さまにお願いしなくてはなりません。

今回は、引越しでどうしても立ち会いが必要な場面、2つをご紹介いたします。「引越し作業」と「賃貸物件の退去」は必ず立ち会いがいります!

引越し作業の立ち会いはご本人さま、またはご家族さま

お引越し作業中はかならずご本人さまか、ご家族さまの立ち会いが必要です。引越しの搬出・搬入作業をしている間は、スタッフからお客さまに対して確認したいことや指示がほしいことがでてきます。

そのつど、お客さまからの指示をいただかねばなりませんのでお引越し作業中はかならず立ち会いをお願いしています。場合によってはお客さまご本人ではなく、ご家族様や信頼なさっているご友人でも大丈夫です。

賃貸物件の退去時の立ち会い

賃貸物件を退去するときにも立ち会いが必要です。これは大家さんや不動産会社が使っていたお部屋の状況を一緒に確認するための立ち会いです。

賃貸物件は退去するときに、入居時とほぼ同じ状態になっていることと決められています。そこで退去時には室内の破損がないかを物件の貸主と借主が一緒にみていくことになります。

その部屋に住んでいた期間にもよりますが、窓ガラスが割れていたり壁に穴が開いていたりするなど、大きな破損があれば住人が復旧の費用を支払うことになります。お金が絡むことですので、その部屋に住んでいた人が立ち会うのが基本です。

安心なお引越しのために立ち会いを

LIVE引越サービスでは、引越し作業中に必ずどなたかに作業現場の立ち会いをお願いしております。問題なくお荷物が搬出・搬入されたこと、お荷物の紛失や破損がないこと、引越し作業時に室内を破損していないことなどを確認していただくためです。

安心なお引越しのためにも、お忙しい時ですがよろしくおねがいいたします。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.