らせん階段のある家、お引越しで荷物が引っかかる危険性!

2021-04-23

注文住宅のいいところは、自分の好きな家を作れる点です。室内にらせん階段のあるお家はとてもスタイリッシュ。しかしかっこいいらせん階段は、大型の家具を2階へ搬入するときにトラブルの原因になることもあります。

ここでは「引越し時のらせん階段のメリット・デメリット」をご紹介しましょう。注文住宅を建てる前に、らせん階段の特殊性を頭に入れておくと新居への引越しもスムーズにいきますよ。

らせん階段のメリット

日本の住宅は面積が狭い。極小住宅においては面積が少なくて済む、らせん階段は魅力的です。らせん階段は一般的な階段とちがって踊り場がいりませんし、省面積タイプのかいだんもあるため室内を広々と見せてくれるのです。

設計上、階段を作りにくいという間取りでも、らせん階段なら入るというケースもあります。そして見た目はとってもおしゃれ。

階段の機能を持ちながらも、デザインが素敵なので見ているだけでうっとりしてしまうのです。

らせん階段のデメリット

らせん階段のデメリットは、引越し時に大型家具・家電の搬入が難しいことです。ぐるりと回っている形のらせん階段では、大きな家具が引っかかってしまい、2階へ搬入できないこともあります。

一般的に、ベッド・タンス・チェスト・ソファなどが階段を通りにくく、2階にキッチンがある場合は冷蔵庫や食器棚がひっかかることが多いです。どうしてもらせん階段を通り抜けられない場合は、外からクレーンなどで吊上げ、ベランダ経由で搬入することになります。

当然、吊上げ料金のために引越し代が余計にかかります。またクレーンや手吊りで搬入した家具・家電は、搬出するときも吊下げ作業をする必要があり、次のお引越しでも追加費用がかかるのです。

引越し時を考えて住宅設計を

かっこよく、省スペースもできるらせん階段ですが、引越し時には通常の階段より搬入・搬出に時間がかかり、余計なコストが発生することもあります。住宅を作るときには引越しのことも考えて設計書をチェックしましょう。

もちろん、LIVE引越サービスのように吊上げ・吊下げ作業の実績が多い業者にお任せいただければ安心ですよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.