引越し費用の相場はどれくらい?安い時期、高い時期はいつ?

2021-05-17

引越し費用は「移動距離×荷物量×引っ越し時期」で、およその目安金額が決まります。中でも大きな要因が「引っ越し時期」です。

ここでは「引越しが安い月」「引越しが高い月」の引越し費用の目安をご紹介しましょう。単身引っ越しであっても、月によって引越し費用に大きなばらつきがあります。安い時期に引越しをしてみませんか。

引越し費用の安いのは、6月・11月!

引越し費用が比較的安いのは、梅雨シーズンの6月と晩秋の11月です。どちらも春と秋の繁忙期が終わったあとで、引越し件数が少なくなるため引越し費用が安くなります。

例えば6月に隣県への単身引越しをするなら、5~6万円でできるでしょう。11月なら4~5万5千円くらいが目安です。

あくまでも一例にすぎませんが、6月も11月も直前の繁忙期シーズンに比べればぐっと安くなるのがわかるでしょう。引越し日にゆとりがあるのなら、6月もしくは11月に引越せるよう、日程を調整してみるといいでしょう。

引っ越し費用の高いのは、3月・4月

反対に引越し繁忙期はどれくらいになるのか。1年で一番引越しの多い3月では、隣県への単身引越しでも5~9万円ほどかかるのが一般的です。4月でも5~8万円ていどは必要になります。

5月もゴールデンウィークがあるために引越し費用は下がらず、5万~7万円は見ておく必要があります。連休後から5月末までは少し安くなりますから、「どうしても5月中に引っ越しを」という場合は、連休明けを待って引越しましょう。

もちろん6月まで待てば、もっと費用は安く抑えられますね。

安い時期を選んで、お得に引越しを

引越し費用を安くするなら、とにかく引越し時期を選ぶのが重要です。6月と11月なら、他の時期よりも割安になります。単身引越しはもちろん、荷物量の多いファミリー引越しも格安で引越しができます。

安い時期に、最安値クラスで引越したい……という方は、お気軽にLIVE引越サービスへご相談ください。格安でお見積もりをいたしますよ!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.