長距離引越しで大型家電や家具は?処分と買い直しどちらがお得か

2021-06-10

移動距離が100キロ、200キロを超えるような長距離引越し。引越し料金が高額なのは仕方がないとしても、少しでも安く引越したいですね。

では、引越し料金節約のためには、大型家電や家具はどうすべきでしょうか。思い切って処分して買いなおすか、これまでのものを運んでもらうか。

実は、多少の家具・家電は買いなおしたほうが良いようなのです。

買い替えタイミングのものは、前倒しで買い替え

基本的な考え方として、「古い家具・家電は、思い切って処分する」のがおすすめです。引越しは、家具や家電を新調するいいタイミング。

古いベッドやソファ、家電類など『そろそろ寿命かな』と思うようなものは、引越し前に処分するのがいいでしょう。あまり古いものを新居に運んでも新居ですぐに故障したり壊れたりするかもしれません。

少し前倒しになっても、引越し前後に買いかえようと思っているものは、旧居で処分するのがいいでしょう。運ぶ荷物が減れば、引越し料金も下がります。

売れるものは、リサイクルショップへ

引越し前に、新居へ運ぶもの・処分するものを決めたら、不用品はリサイクルショップで売りましょう。少しでもお金になればいいですし、もし買取できなくても引き取ってくれるリサイクルショップもあります。

店ごとに対応が違うので、事前に調べてから売りに行きましょう。また無料で引き取り手を探すネットの地域サイトもあります。

売ったり譲ったりした後に残ったものは、回収業者に頼みましょう。引越し業者のなかには、LIVE引越サービスのようにグループ会社にリサイクルショップをもつ業者もあります。

引越し依頼と同時に不用品処分の相談もできますので、時間の短縮になります。

いるもの・いらない物の選別を

引越し時期に家電・家具を買いなおすかどうか。手持ちのアイテムを調べて、引越し後どれだけ使えるかを考えましょう。

買いかえ時期かなと思ったら、引越しのタイミングで新しくするといいでしょう。いるもの・いらない物の選別をしっかりするのがコツです。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.