単身引越しで荷物を減らすポイント

2021-06-14

ひとりの引越しだから、大した荷物はない…と思って荷造りをはじめ、意外な量に驚いたことはありませんか。単身引越しであっても、荷物は少ないほうが引越しがらくらく。

そこで、単身引越しで荷物を減らすポイント2点をご紹介しましょう。とにかく最少限のものだけを運ぶのがコツです!

壊れやすい食器類は最小限に

単身引越しの場合、最小限の食器類・調理器具だけで引越しましょう。特に見直したいのが食器類。

ひとり暮らしなのに来客用の食器セットがあったり、使い切れないほどの調理器具を持っていたりすることがあります。食器類は運搬中に破損する可能性があり、荷造りに手間がかかる荷物です。

思い切って不要な食器は処分し、本当に使うものだけを新居へ運びましょう。調理器具も使うものだけに減らし、さらに古いものは新居近くで買いかえるようにすれば、さらに荷物を減らすことができます。

家具・家電のレンタルサービスを利用

家具や家電については、レンタルサービスを利用するという考え方もあります。どうしても必要な冷蔵庫やエアコン、掃除機、洗濯機、電子レンジ、テレビなど一式をレンタルできるサービスがありますから、必要な期間だけ使うといいでしょう。

単身赴任や大学生活など、ひとり暮らしの期間が決まっている場合はレンタルが便利です。実家から家電をもっていくよりも楽ですし、新しく購入するより安くなることもあります。

なによりも次に引越すとき、家電類を運搬しなくていいというのが大きなメリット。身軽に過ごしたいなら、家具・家電のレンタルがいいでしょう。

少ない荷物なら、荷造りも短時間で

ひとり暮らしとはいえ、引越すときには荷物が多いものです。できるだけ持っていくものを減らせば、荷造りの時間も短縮できます。

スムーズな引越しのためにも、なるべく荷物を減らして引越し当日にのぞみましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.