引越しの連絡は、引越し確定と同時にしましょう

2021-11-23

引越しでは、いろいろなところに「転居連絡」が必要です。なかでも重要なのが大家さんや不動産屋さんへの連絡。

では転居の連絡は、いつまでにすればいいのでしょうか。物件にもよりますが、最低でも引越しの1カ月前には知らせておきましょう。

引越しが決まったら、すぐに連絡

賃貸物件にはそれぞれ「退去告知の期日」が決まっています。これは賃貸契約書に記載されており、一般的には退去予定日の1カ月前が期日です。

それより後に連絡すると、居住者が退去したにもかかわらずもう1か月余分に家賃を払うことになるなど、不利益をこうむるケースもあります。かならず退去の1カ月以上前に連絡しましょう。

早めに連絡するほうがいいですから、引越しが決まったらすぐに連絡するのがベストです。

月途中の引越しでは、家賃がどうなるか確認

賃貸物件の契約書には「退去告知の期日」のほか、月の途中の解約はできない、などが記載されていることもあります。これは物件や大家さんによって異なり、月の途中の解約は時期にかかわらず1か月分の家賃が発生するケースと、家賃を日割りで計算するケースに分かれます。

実際には、退去月の家賃は日割り計算にしてくれる大家さんが多いようです。しかし賃貸借契約書に「日割りはない」と記載されてあれば、1か月分の家賃もなります。必ず賃貸借契約書を確認しましょう。

早めに大家さんに連絡すれば退去日の調整もできますし、必要書類もそろえて提出ができます。

新居未定でも、まずは大家さんに連絡

退去の通知はとにかく早くするのが鉄則です。新居はまだ決まっていない、という場合でも引越しが確実なら連絡をしておくといいでしょう。

早めに連絡してあれば大家さんとのやり取りも良好に進みます。安心して引越し準備に集中できます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.