引越し業者って増えているの、減っているの?

2021-11-25

毎年春の繁忙期になると「引越し業者が足りない」という話題がでてきます。実際に引越し業者は減ってきているんでしょうか?

それとも必要なだけの業者はいるのでしょうか。今後、引越しの予定がある人には気になる話題を考えてみました。

引越し専業の会社は少ない

結論としては「引越し業者の数は足りているが、専業は少ない」ということがいえます。実は引越し業者は運送業者でもあり、運輸局からの許認可を受けてはじめて「引越し会社」です。

いわゆる「一般自動車貨物運送事業」であり、運送業務のひとつとして引越しがあるという形。ですから引越し業者には

1「引越し業者であり、運送業者でもある」会社
2「運輸局からの許認可を受け、引越しを専業としている」会社

があります。

引越しを専業としている会社はそれほど多くありませんが、荷物の運輸も引越しも両方行える会社がたくさんあるので、トータルの業者数としては十分に足りているのです。

通販が増え、運送業メインに変化

ただし、最近のコロナ禍を受けて引越し業務をメインとする会社が減ってきている傾向はあります。じつはコロナのひきこもり生活のために運送業は大盛況。

アマゾンをはじめとするネット通販が盛んになっているため、運送業は猫の手も借りたいほどに忙しいのです。そのため「運送+引越し」をやっていた会社は、運送がメインとなりつつあります。引越し専業でやってきた会社も運送に力を入れ始めているのです。

引越し業者の数は決して減っていませんが、引越しオンリーの会社はじわっと減りつつあるというのが現状でしょう。とはいえ、まだまだ十分な数の業者がいますし、春の繁忙期などは引っ越し専業になる会社もありますから早めに予約すれば心配はいりません。

許認可のない便利屋さんは引越しができない?

ひとつ気をつけておきたいのは、便利屋さんによる引越しです。さまざまなお仕事を引き受ける便利屋さんの中には、運輸省の許認可を取っていないところもあります。

認可がない場合は、有償での引越し業務をおこなうことができず、もしおこなえば法律違反になります。引越し依頼時に確認しておくといいでしょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.