1月, 2022年

1月に埼玉から東京に単身引越しされた30代会社員様の声

2022-01-30

今回は1月に埼玉県から東京へ単身引越しされたお客さまのお声を、一部抜粋してご紹介いたします。お荷物の量が多いことから訪問見積もりをご利用いただき、正確な見積もりを気に入っていただきました。

当日もスムーズなお引越しとなり、ご満足されたようです。

荷物が多くても単身引越しが安い引越し業者

このたび埼玉から都内への引越しをお願いしました。実家から通勤のために都内に引っ越しをすることに決めたのですが、仕事の関係上、もっていかなくてはいけないものがとても多く、引っ越し代金が心配でした。

あとから追加請求があると困ると思い、最初に訪問見積もりに来てもらいました。電話でやり取りする中、Zoomで部屋の中を移すZoom見積もりもできる、と聞いたので少し迷いましたが、やはり直接見てもらったほうが安心だと思い、訪問見積もりにしたのです。

見積もりはLIVEさんだけでなく、他の引越し業者からも取りました。合計で4社から見積もりをもらって比べました。じつはLIVEさんと同じ金額のところがあり、少し迷いました。しかし最終的にはLIVEさんの社員さんが対応良く接してくれたことが決め手になり、お願いすることに。

引越しは混載便という他の人の荷物を一緒に運んでもらう方法です。これが一番安かったので、先に荷物だけ預けました。

当日やってきた作業員さんがとても速く荷物を運搬してくれ、想像していたよりもはるかに短い時間で作業が終えられたので驚きました。ちなみに新居に荷物を下ろしてもらうとき、隣の部屋のひとも引越しだったのですがこちらのほうがかなり早く終わりました。引越し業者の違いかなあと思いました。

個人的にはとてもいい引越し会社だと思うので、次に引っ越すことがあればまたお願いしたいと思っています。ありがとうございました。

1月に大阪から兵庫にファミリー引越しされたご家族様の声

2022-01-29

今回は1月に大阪府から兵庫県へファミリー引越しされたお客さまのお声を、一部抜粋してご紹介いたします。ご両親に高校生と大学生の子供さん3人、合計5人のお引越し。

大人5人の引越しとなり、荷物の量も非常に多くなりました。当社スタッフが当日、手際よく搬出・搬入できたようです。ご利用いただき、誠にありがとうございました。

引越しの荷物が多くてもスムーズに完了

先日、大阪から兵庫の○○市まで引越し荷物を運んでもらった○○です。あのときはすごい荷物を運んでもらってとても助かりました。ひとこと、お礼の言葉だけお伝えします。

家族5人が、それまでわりと広い家にすんでいましたので、荷物がとても多かったのです。それぞれがかなりの荷物を処分した後でしたが、それでも積み込んでもらったらトラック一杯になりました。

大きな家具は当日のスタッフさんが素早く梱包してくれましたし、うちの2階からもパパっとと荷物を下ろしてトラックへ入れてくれたので、安心しました。ずいぶん大きなソファやテーブル、テレビ台もあり、分解できない種類の家具も多かったのですがトラブルはいっさいなし。

見積もりのときにメールで写真をおくったり、画像で見てもらったりして、お互いに荷物の量が分かっていたのが良かったんだと思います。逆に新居がエレベーターなしの3階。荷物は階段で上げていくしかなかったのですが、こちらも踊り場部分で上手に方向転換して、傷ひとつなく荷物を入れてくれました。

作業の一つ一つがとても丁寧で、必要な分だけ時間をかけてくれたのがよかったです。おかげさまで新居での生活も無事に始まり、引越しの片付けも済みましたのでお礼をと思いました。ありがとうございました。

今後、子どもたちが引越しをするときにもまたLIVE引越さんにお願いしようと思っています。

1月に神奈川から神奈川に単身引越しされた30代会社員様の声

2022-01-28

今回は、1月に神奈川県内で単身引越しされたお客さまからのお声を、一部抜粋してご紹介いたします。アンティーク家具の多いお引越しで、単身プランではなく通常の引越しプランをご利用になりました。

当日の引越しスタッフの作業内容を気に入っていただきました。ありがとうございます。

アンティーク家具の多い引越しで大満足

このたびは○○市内の引越しをしてもらい、ありがとうございました。引越しは初めてではないのですが、自宅に複数のアンティーク家具を持っており、運搬・移動に神経を使います。

今回も大型のライティングデスクとフロアランプを運ぶことになり、「破損がないようにお願いします」と最初からお話してありました。梱包はリブさんのスタッフでもやれると聞きましたので、デスクのほうは依頼しました。

フロアランプはやはりトラック移動のダメージが気になり、自分で運ぶことにしました。しかし結果的にライティングデスクは何の問題もなく新居に届きましたので、フロアランプもお願いすればよかったなと思いました。

自分で運んでみると、大きな家具は動かすだけでも大変。体力がいりますし、少し動かすだけで回りに当たらないか、神経を使います。

引越しスタッフは簡単そうに動かしていましたので、頼んだほうが良かったかもしれないです。大きなもの、重いものを運ぶときはスタッフ同士で声を掛け合い、チームワークよく運んでいたのを見たので、余計に頼めばよかったと思ったのです。

細かい部分にまで配慮ができる、すばらしい作業チームだったと思います。以前の引越しでは大手の業者さんに頼んだのですが、今回の引越しのほうが断然よかった。スピードもあったし作業もうまかった。

これならべつに、大手にこだわる必要はないと思いました。仕事の都合でまた引越すことがありますので、次回もリブさんに頼もうと決めています。よろしくお願いします。

1月に大阪から大阪に単身引越しされた20代男性のアンケート

2022-01-27

今回は1月に大阪市内で単身引越しした男性のお客様のアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。引越し料金の安さ、当日の引越しスタッフの作業内容を評価していただきました。誠にありがとうございました。

見積り料金はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」といただきました。実は新年そうそうのお引越しで、ちょっとお高い時期のお引越し。とはいえLIVE引越サービスは格安引越しの会社ですから、かなりお安い見積金額をお出ししました。

その結果、他社とも比べてみたがLIVE引越がダントツに安かったということで、ご利用いただくことになりました。最後のコメント欄には「想定よりかなり安い金額で引越しができたので、ありがたかったです」とあり、料金内容についてもご満足いただけたようです。

LIVE引越サービスでは、いつでも他社さんとの合い見積もりOKです。お気軽にご相談ください。

当日の引越し作業の内容はいかがでしたか

こちらの質問にも「とても満足」といただきました。お引越しでは時間を指定しないフリー便をご利用いただき、引越しの開始時間がかなり早くなりました。

朝からの引越しでしたがお客さまの荷造りもほぼ終わっており、大変スムーズに搬出をはじめることができたのが良かったようです。引越し全体の作業スピードが速く、思っていたよりも早く終わった、とコメントにありました。

引越し作業はスピードと丁寧さが大切ですので、ご満足いただけて本当によかったです。

お客様満足度 ナンバーワンを目指して

引越しは時間との勝負でもあります。いかに素早く、安全にお荷物を運ぶかが重要な点です。

LIVE引越サービスでは、今後もお客様満足度ナンバーワンをめざしてサービスの向上に努めてまいります。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

1月に東京から東京に単身引越しされた40代女性のアンケート

2022-01-26

今回は1月に東京都内から24区内へ単身引越しされた女性のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。

LIVE引越サービスのご利用は今回が初めて。お見積もり金額が非常に安かったため、かえって心配になられたそうです。

LIVE引越サービスは格安引越しをモットーにしております。お見積もりだけでもご利用ください。

見積もりでの対応はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」といただきました。ありがとうございます。

ほかの引越し業者からも見積もりを取られたようですが、よそではご希望の金額にいたらず。最終的に当社の見積もり額がご予算内に収まったのでご依頼になりました。

「なぜリブさんだけが、これほど安いのかわからずにちょっと心配になったほどでした」というコメントをいただきました。LIVE引越サービスでは徹底的なコストカットで格安引越しを実現しております。

他社さんよりも安い価格でも充実の引っ越しサービスをご提供いたします。

当日の引越しスタッフの気配りはいかがでしたか

こちらの質問にも「とても満足」といただきました。初めてのお引越しで心配なことが多かったようですが、当日スタッフの迅速な作業を見られて安心されたとか。

引越し当日はベッドの解体作業もあり、その分のお時間をいただきましたが、こちらも意外と早く終わりました。ベッドは解体できるものと、できないタイプに分かれます。事前にご確認ください。

また不用品回収もご依頼になっており、当社のグループ会社「リサイクルハナテン」が格安で回収させていただきました。不用品回収も大変便利にご利用いただけたようです。

搬出・搬入は丁寧に。作業は全力です

当日の引越し作業では、新築のお宅に傷がつかないように養生を丁寧におこなって搬入。お預かりしたお荷物も一点一点、破損のないように運ばせていただきます。

お客様にとって大事なお引越しが無事に終わりますよう、LIVE引越サービスが全力で応援いたします。

引越し時に買い替えを検討したほうが良いエアコンとは

2022-01-23

お引越しは家具や家電の買い替えタイミングです。古いものを新居に持っていくより、新しいものを運んでもらったほうが安くなることもあります。

最近の家電は性能がアップしているので、新型に買い替えるのもおすすめ。特にエアコンは旧式のものより新型のランニングコストがいい、ということもあるのです。

購入後10年たっていれば、買い替えを

引越しを機にエアコンの買い替えを検討しているなら、「購入して10年たっているか?」を調べてみましょう。10年経過しているならそろそろ替え時です。

理由はふたつあり、「エアコンの寿命は平均10年」、「最新型はエコ仕様で節約できる」からです。エアコンに限らず、大型家電の寿命は一般的に10年だと言われます。

エアコン購入後10年が経過している場合は迷わず買い替えを。購入後8年がたっているなら、やはり買い替えましょう。

エアコンの引越しにはお金がかかります。せっかく有料オプションでエアコンを引越しさせても、新居で1~2年使って壊れてしまうのではもったいないでしょう。

買い替えのお金は必要ですが、長い目で見ればお得です。

新居の広さが大幅に変わるなら、広さにあったエアコンを

引越し先のお部屋が広い場合も新しいエアコンがおすすめ。エアコンには使用する目安の広さがあり、6畳のお部屋に10畳用のエアコンをつけても、冷えすぎたり温まりすぎたりします。

室温調整のために余計な換気が必要だったり体調を崩したりすることもあり、無駄が多いのです。6畳の部屋から8畳の部屋へ引っ越す程度なら調整できても、10畳、12畳の部屋に引越す場合は難しいでしょう。

部屋サイズに合ったエアコンに買い替えましょう。

古いエアコンの処分は引越し業者に頼める場合も

では古いエアコンはどう処分するか。新しいエアコンの購入先が旧居の近くなら有料で引き取ってくれますが、新居が県外にある場合は引き取りサービスを利用できません。

そんなときは引越し業者の「不用品引き取りサービス」を利用するといいでしょう。LIVE引越サービスならグループ企業に「リサイクルハナテン」があり、格安で不用品をお引き取りいたします。

ただし、どの引越し業者にもあるサービスではないので、確認が必要です。

急な引越しは地元密着型の業者を探しましょう

2022-01-22

単身赴任や家族の都合など、引越しが急に決まるケースもめずらしくありません。どうしても引越し業者が見つからない場合はどうしたらいいでしょうか。

テレビCMで見たことがあるような、大手の引越し業者はもういっぱい…だったら、地域密着型の引越し業者を探してみませんか?時間の融通も料金も、満足できるでしょう。

地域密着型の中小引越し業者はたくさんある!

急な引越しでは頼りの引越し業者がなかなか見つからない場合もあります。希望日にどうしても業者が車を手配できず、泣く泣く別の日に引越したなんて経験はありませんか。

引越し業者というとどうしてもテレビや雑誌の広告で見る大手業者ばかりをイメージされるかもしれませんが、全国には「地域密着型」の小回りの利く業者もいます。引越し業者になるには運送事業者としての認可が必要。

しかし認可があればトラックとスタッフで始めることができます。そのため日本各地に小規模な引越し業者がたくさん活躍して、地域だけでなく全国への引越しを受け付けているのです。

希望日を見つけやすい・格安・地理に詳しいメリット

地域密着型の中小規模の引越し業者にはほかにも利点があります。まず引越し日に余裕がある日を見つけやすいということ。そして社内の情報共有が比較的スピーディだということです。

大手業者が予約を受け付けていない日でも引越し日まで時間がない場合でも、中小規模の引越し業者は融通をつけてくれやすいのがメリット。そして小さな社内なのですぐに情報を共有することができ、連絡がスムーズなのです。

地元だけに渋滞に巻き込まれない道もよく知っており、引越しそのものがとても速く済むこともあります。

リピーターの多い引越し業者をさがそう

地元密着型の引越し業者は、大手ほど広告をしたり宣伝をしたりしません。広告の経費があまりかからないので、引越し代金そのものも安くなるケースが多いのです。

リピーターの多い地域密着型業者は、評判もいいですから、一度見積もりを依頼されてはいかがですか。

引越しまであと1週間!荷造りが間に合わないときのお助け2点!

2022-01-21

引越し準備を進めていて「ひょっとしたら荷造りが間に合わないかも」と不安になったことはありませんか。仕事と家事、育児といった普段の生活と並行して、引越しの荷造りをするのは大変です。

どうしても間に合いそうにない場合は「いったん荷物を預けてしまう」「引越し業者のオプションサービスを利用する」などを検討してみましょう。引越し当日までに荷造りすることが、何よりも大切です。

仕分けをやめて、まとめてトランクルームへ

引越しの荷造りでは箱詰めと同時に捨てる・処分することをしなくてはなりません。しかし「処分するかどうか??」と考えることは、意外と時間を取られるもの。

迷っているうちに作業が止まってしまうのです。もうどうにも荷造りが間に合わない!というときは、とにかく箱に詰めて近くのトランクルームに預けてしまいましょう。

不用品も預けることになりますが、新居についてから仕分けして捨てればいいのです。どうしても時間が足りない、という場合は非常手段としてトランクルームの利用も考えましょう。

プロに荷造りを依頼

もうひとつは、引越し業者の有料オプション「荷造りサービス」を利用することです。引越しの1週間前に依頼すればスタッフが来てくれ、荷造りに集中してあっという間に終わってくれます。

部屋のサイズ・間取り、荷物量によって費用は変わりますが、確実に期日までに荷造りが終わるのがメリット。ただし、あまり引越し日にちかいと有料オプションでも利用できないことがありますので、遅くとも4日前までに依頼しましょう。

プロの荷造りはスピードが違います。かなり荷物のある場合でも2日あれば片づけてくれるので安心です。

引越し業者の荷造りサービス、一時預かりを利用

初めてのお引越しでは、荷造りにどれくらいの時間がかかるのかわからないことが多いでしょう。実は意外と手間がかかり、引越しギリギリまで荷造りすることが多いのです。

トランクルームや引越し業者の荷造りサービス、一時お荷物預かりサービスなどを上手に利用しましょう。

結婚・同棲の二人暮らしスタート。立ち寄り引越しプランを検討しませんか。

2022-01-20

お引越しのタイミングの中でも、特に多いのが結婚や同棲で、二人の部屋へ引っ越すというもの。この場合、それぞれのご実家から荷物を搬出することが多いのです。

ただし2か所から引っ越す場合でも新居が一か所なら「立ち寄り引越し」ができるケースもあります。料金もお安くなりますよ。

2か所から荷物を積んで、新居へ

「立ち寄りプラン」とは、2か所以上の場所でお荷物を積み込み、新居へ運ぶ。あるいは2か所以上の場所へお荷物を分けて運ぶという引越しです。

同じトラックにお荷物を積み込むことになりますので、車両はひとつでいいのがメリット。もちろん引越し件数としては1件です。もちろん引越し業者の窓口も一つで済みますね。

有料オプションで「別場所での積み込み、積み降ろし」が発生する形のお引越し。それでもおふたりが別々に2件分の引越しを依頼するのに比べて、費用が安くなるのです。

立ち寄りプランなら、単身引越し2人分よりも安い

引越し料金としてはどれくらい安くなるのか。単純に計算して、同一市内の単身引越しプランが約2万円とすると2人分で4万円かかります。

しかし引越し業者の立ち寄りプランを利用すれば、通常の引越し料金に立ち寄り分の有料オプションが発生するだけ。2人分よりは安く引越しができるのです。

積み込みのお日にちも同じ日ではなく翌日にずらすこともできますし、1日で2か所から搬出して新居へおろすことも可能。2人の引越しではとても使いやすい方法なのです。

2か所まとめてのお引越しでお得に

立ち寄りプランの場合は、2か所の搬入先がそれほど遠くない、という条件が付きます。同一市内なら問題はありませんし、同一県内なら立ち寄りプランが適用できる場合が多いようです。

結婚や同棲をきっかけに引越しをする場合は引越し業者に確認を。まとめてお引越しする方法を考えるといいでしょう。

エアコン取付、電気工事業者と引越し業者、どっちに頼むとお得?

2022-01-19

いまやお部屋にエアコンがない生活は考えられない…という人は多いはず。引越しの時にエアコンを運ぶケースも多いのですが、その際「電気工事者に頼むか」、「引越し業者のオプションを頼むか」で迷うこともあります。

費用的な問題、手間の問題、の両方を考えてみましょう。意外と引越し業者にまとめた頼むほうが良いかもしれません。

引越し業者のエアコン工事は、手配がラク

引越し業者に依頼するメリットは「簡単である」こと。引越しを依頼するとき、見積もりを取るときにエアコン取付の費用も含めてもらえばいいだけです。

工事業者を別に探して依頼する必要はなく、引越しと同時に終わります。窓口も一か所ですから混乱することもありません。とても楽で簡単なのです。

デメリットは、料金的にやや高いケースもあるということ。高いと言っても直接、電気工事業者に頼むのとそれほど差はありませんし、手間や時間を考えると一緒に頼むというお客さまはとても多いです。  

電気工事業者だと、安くなる可能性がある

電気工事業者に頼む場合は料金の交渉ができる点がメリット。逆に言えば、それ以外の大きなメリットはあまり見当たりません。

費用的には少しお安くなるとしても工事業者は自分で探して連絡し、値下げ交渉をする必要があります。また取りはずしや取り付けだけを依頼しても、はずしたエアコンは新居へ運ばねばなりません。

エアコン運搬の手配は別におこなう必要があり、引越し業者の有料オプションを利用するときのように「お願いしますね」の一言では終わらないのです。時間と手間を考えると、費用のメリットはそれほど大きくないかもしれません。

有料オプションの上手な利用を

多くの引越し業者はさまざまな有料オプションを用意しています。電気器具の取り外しや取り付けサービス、テレビアンテナの設置、パソコンの配線などです。

LIVE引越サービスでもお客さまのラクラクな引越しのために各種サービスがあります。気になる場合は引越しのお見積もり依頼と同時にご相談ください。

引越し前に確認しておくべき新居まわりの災害危険度

2022-01-18

新居選びに欠かせないのが、エリア決め。住むエリアを決めたら「災害危険度をチェック」するのがおすすめです。

ここでは、引越しの後に新居周辺がリスクの高い場所だとわかった場合の、対処法も含めてご紹介しましょう。日本に住んでいる以上、自然災害のリスクはゼロではないのです。

新居周辺のハザードマップを入手

引越し先のめどがたったら、まず新居回りのハザードマップを手に入れましょう。ハザードマップとは「自然災害による防災のために作られたマップ」です。

被災すると想定されるエリア情報がのっていて、被害予測や被害想定図なども掲載されています。ハザードマップは各自治体の役場で配布されていますし、最近ではオンラインでも入手できます。

引越し先がきまったら賃貸契約をするまえに、一度でいいからハザードマップで新居周辺の被害予測などをチェックしましょう。

ハザードマップでわかる災害危険度

具体的にハザードマップでわかる情報は以下の4点です。

1 浸水予想
2 土砂災害のリスク
3 地震による被害予測、被害範囲
4 津波、高潮の被害予想

引越し前に調べて、災害リスクがあまりにも高い場合は新居のエリアを変えるのがおすすめ。とくに以前に浸水があったところ・洪水被害が多い場所は避けたほうが良いでしょう。

防災意識をもって新居を選ぶ

新居周辺が、災害リスクの高い場所だが、今更変更できないという場合は、災害時の対応をよく考えておきましょう。日本では、どこに引越しても災害に合う可能性はあります。

「万が一の場合はどう行動するか」「災害時、家族はどこに集まるか」「食料や水、非常持ち出し袋などを用意しておく」など備えをすることが大切。

事前にハザードマップで新居周辺のリスクを調べ、いざというときの備えもしておけば安心です。

引越し後の段ボールは引き取ってもらう?処分方法は?

2022-01-17

引越し荷づくりに必要な段ボール。どうしても大量の段ボールが必要ですが、困るのは引越し後です。

ここでは、使用した段ボールの処分方法についてご紹介します。引越し業者に回収してもらう、自分で処理するなど、いくつかの方法がありますので、やりやすい方法を選びましょう。

引越し後の段ボールの処分方法

ダンボールを処分する主な方法は以下の4つです。

1 引越し業者に段ボール回収を依頼する
2 段ボールの回収業者に依頼する
3 自治体のゴミ回収に資源ゴミとして出す
4 無料回収のエコボックスに出す

いくつか方法がありますが、大量の段ボールをまとめて回収してほしい場合は引越し業者にあらかじめ回収依頼をするのがいいでしょう。効率よく、簡単に処分ができます。

引越し後は忙しいので、段ボールゴミの回収を考えないで済むのが大きな利点です。

引越し業者に回収依頼

引越し後すぐには新居の資源ごみ回収がない、回収日や収集場所がよくわからないなど、なかなか段ボールを処分できないケースがあります。そこでほとんどの引越し業者では、使用済み段ボールを引き取るサービスをおこなっています。

引越し予約時に業者に回収依頼をしておけば安心ですね。なおLIVE引越サービスでは事前にお申込みいただけば1回の段ボール回収が無料です。

2回目以降は有料オプションでお受けしております。一部エリアではご利用いただけないこともありますので、ご確認ください。

24時間利用OKのエコボックスを利用

引越し業者や段ボール回収業者に依頼する以外にも、エコボックスに捨てに行くこともできます。最近は段ボールを回収するエコボックスがあちこちに設置されており、無料で利用OK。

エコボックスは24時間いつでも捨てに行けるので便利です。ただし大量の段ボールを運ぶには車が必要ですし、新居近くにエコボックスがない場合もありますので注意しましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.