みんなの引越し回数の平均はどのくらい?

2022-02-10

引越しは人生の一大イベントです。生まれてから一度も引越しをしたことがない、という人は珍しいのではないでしょうか。ここでは多くの人が経験する引越しの「平均回数」「主な引越しの理由」をご紹介します。

『第8回人口移動調査』によれば、4回程度の引越しを経験している人がとても多いのです。

引越しの平均回数は4回

生涯の引越し回数には個人差がありますが、『第8回人口移動調査』によれば54歳までの平均引越し回数は4.23回。一生において、およそ4回の引越しをする人が多いようです

年齢的に見ると30~34歳が最も引越しをしている時期で、この世代には「5年前と現住所が異なる」ひとが約半数います。つまり5年以内に1回以上引越した人は、調査対象者の半分に当たるというわけなのです。

引越しのタイミングは三十代前半がピーク

30~34歳は人生が大きく動くタイミングです。仕事上では新しい職場を求めて転職することもあるでしょうし、転勤を命じられることもあります。

結婚や離婚、子どもが生まれたことなど住環境が大きく変わる時期でもあるのです。ライフステージの変化で引越す人がとても多い年代でしょう。

さらに子供が巣立ち、定年退職を目前にした50~54歳は引越しの最後のピーク。ここを過ぎると多くの人が現住所を終の棲家にしようと決め、引越す必要性を感じなくなるのです。

高齢が進む状況のなか、2011年におこなわれた『第7回調査』と比較すると第8回調査のほうが引越し件数は減っていると言われます。

人生で平均4回の引越し、LIVE引越サービスにご用命ください

統計によれば、54歳までに平均4回の引越しを経験する……となると、引越し業者の選定がとても大事になってきます。

格安で高い引越サービスをご提供するLIVE引越サービス。

転勤や結婚、出産のタイミングで、ぜひご利用ください。

参考サイト:「第8回人口移動調査」(国立社会保障・人口問題研究所)
https://www.ipss.go.jp/ps-idou/j/migration/m08/mig08.asp


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.