自転車の引越しは防犯登録の変更が必要です

2022-02-13

自転車を購入したときに「防犯登録」をおこないます。防犯登録は自転車の所有者を明らかにするもので、購入時におこないます。

実は防犯登録は、引越しをしたら現住所の変更手続きが必要です。どういう登録手続きが必要なのか、まとめてご紹介しましょう。引越し前におこなう手続きもありますよ。

盗難時に役立つ!自転車の防犯登録

自転車の防犯登録は、誰の自転車かを明確にするための登録です。登録すると自転車の所有者データが警察に保管されることになりますから、万が一盗難にあった場合でも自転車が見つかれば警察から連絡がきます。

また登録済みのステッカーを自転車に貼っておくことで盗難の抑止も期待できるのです。この防犯登録は、自転車の所有者の義務。

購入と同時に登録しなければならないことに決まっています。そして所有者が引越しをした場合は、登録内容を変更する必要があるのです。

引越し後に防犯登録のやり直し?を

では防犯登録の変更手続きはどうやるのか?新居が県外にある場合は、まず旧居のある県で防犯登録を抹消します。

登録の抹消は自転車屋さんで手続き可能。購入した店でなくてもほとんどの自転車店でできます。いったん抹消した防犯登録は、新居のある県でふたたび登録しなおしましょう。

登録も、ほとんどの自転車販売店で対応してくれます。ちなみに同じ県内の引越しなら、自転車を買った店またはほとんどの自転車店で登録の抹消、再登録をしてくれますので安心していきましょう。

いずれの場合も手続きには、自転車本体と所有者の身分証が必要です。

防犯登録済みの自転車は、盗難にあっても戻る可能性が高い

自転車の防犯登録は所有者の義務。とはいえ登録しなくても罰則はありません。

しかし防犯登録済みのシールがない自転車は盗難にあっても、まず戻ってこないと言われます。登録してあっても連絡先が現住所になっていなければ、警察からの連絡が届きません。

引越し後、落ち着いたら改めて登録しなおすようにしましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.