ルームシェアの見積もり依頼と引越し時の注意点

2022-02-14

最近ふえつつあるルームシェア物件。おなじ家やマンションの部屋を複数人でシェアして暮らすスタイルです。家族ではない複数の人が一緒に暮らしているので引越しでも注意すべきことがあります。

ルームシェアへの引越し、退去の引越し見積もり時には「ルームシェア物件です」と引越し業者に伝えましょう。トラブルなく引越しができますよ。

ルームシェア物件へのお引越し

ルームシェア物件へ引っ越す場合は「引越し時間帯」の確認が必要です。複数の人が生活しているので、荷物の搬入や設置ができる時間帯が決まっています。

引越し日の指定があるケースも考えられるので、引越し前に必ず確認を。指定の日時がある場合は引越し業者に「ルームシェア物件なので、〇日、〇時頃に運び込んで下さい」と伝えましょう。

時間を確認しないでいると、引越し当日に「今は業者の入れない時間です」と断れられてしまう場合もあります。

友人と一緒に引越すなら「二か所積み」で見積もりを

ルームシェア物件へ友人と一緒に引越す、という場合もあります。同じ日に引越したいのなら、引越し業者への見積もり時に「二か所積みはできますか?」と聞いてみましょう。

「二か所積み」とは、別の場所を経由して二か所で荷物をトラックへ積み、同じ場所へ搬入するというものです。一人ずつ引越し業者に頼むより引越し料金が安くなりますし、同じ日に搬入が終わるので便利です。

反対に、ふたりが別々の引越し業者を依頼するなら、引越し日も分けたほうがいいでしょう。同じ時間帯に2台のトラックがならぶと近隣からクレームが発生することもあるからです。

ルームシェア物件を探すなら、時間をかけて!

ルームシェア物件への引越しで注意すべきなのは「物件数が少ないこと」です。都心であってもルームシェア用の部屋は多くありません。

ルームシェアで暮らしたいという場合は早めに物件を探し、余裕をもって引っ越しの準備を行いましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.