Archive for the ‘お役立ち情報’ Category

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの引越し、料金はどうなる

2020-11-26

お引越しにはお金がかかる。
とくに大型の家電や家具がある場合は、運搬に関わる費用がアップする可能性があります。

たとえば解体できない大きいサイズのベッドを運びたいときはどうしましょうか。
セミダブルやダブルベッドなら運べる場合でも、クイーンサイズやキングサイズとなると簡単ではありません。

ここでは「解体できないセミダブル以上のベッドの引越し」「分解できない大きなベッド運搬のリスク」についてご説明します。
大きなベッドのお引っ越しは、場合によってはクレーンで搬入するしかない場合もあるのです。

旧居から出し、新居へ運び込めるかの確認が必要

セミダブル以上の大きなサイズで、解体できないベッドの場合は以下の2点に注意しましょう。

1.旧居から運び出せるか
2.新居へ運び込めるか

解体できない以上、クイーンやキングサイズのベッドのままで家屋から搬出し、搬入しなくてはなりません。
屋内の運搬経路によっては外からクレーンで吊り上げて搬出し、クレーンで搬入するケースもあります。

また旧居から出せたとしても、新居の入り口や廊下の幅、エレベーターのサイズ、階段の角度によっては屋内に入らないこともありえます。
クレーン利用の場合は別途費用が掛かりますので、最初の見積り時に「大きなサイズの、分解できないベッドがある」と引越し会社に伝えておくのが大事です。

エレベーターに入らない場合は、階段をチェック

大きなベッドを運び出す時には、運搬経路の確認として以下の3点のチェックが必要です。

1.部屋の入口や玄関
2.廊下や階段の幅、階段の踊り場のスペース(集合住宅の場合は、共用部分も含む)
3.エレベーターのサイズ 

これらを事前にはかっておき、ベッドの幅が通れるサイズなのかを引っ越し前に確認しておかなければなりません。
エレベーターのサイズが小さい場合は階段を使用する事になりますが、階段の幅および踊り場スペースが小さい場合はベッドが引っかかってしまい、運べないこともあるのです。

大きすぎるベッドは処分も検討

ベッドが大きすぎてクレーン利用になる、引越し料金が跳ね上がるという場合は、思い切ってベッドを処分する事も考えましょう。
引越しの見積もりによっては、新しく買いなおしたほうがいいこともあります。

また自分でベッドを運ぶのはかなり難しいことになります。
見積もり額によってはベッドだけ引越し業者に運んでもらい、他のものは自分で運ぶという方法も考えましょう。

貴重品のお引越しは、ウエストポーチに入れて持ち運ぶ!

2020-11-25

お引越しではご自宅にあるものすべてを荷造りし、運び出して新居に搬入することになります。
しかしお荷物の中には、お客さまご自身で運んでいただく必要がある「貴重品」もあります。
貴重品はトラックに乗せられませんから、お客さまの手で新居まで運ぶ必要があるのです。

ここでは「引越しの段ボール内に荷造りできない貴重品」「手荷物として運ぶカギ」の2点をご紹介します。
現金や印鑑、クレジットカードなどに加えて、新居のカギも絶対にお客さまご自身で運んでいただくことになります。

引越しの段ボールで運べないものをおぼえておく

貴重品としては、以下のものは段ボールに入れてトラックに預けることは出来ません。
覚えておきましょう。

1.財布・現金・キャッシュカード・クレジットカード
2.有価証券
3.印鑑・通帳
4.パスポート・運転免許証・健康保険証・マイナンバーカードなど身分証明書になるもの

上記のものを段ボールに入れてしまい、紛失のトラブルがあっても保険で補償ができません。
ほかの荷物類とは分けて、かならず家族の手で運ぶようにしましょう。

新居のカギ・スマホ・モバイルバッテリーも手荷物にいれる

また、新居のカギもお客さまが運ばれる必要があります。
うっかり段ボールに入れてしまうと、新居が開けられない状態ですべての段ボールを玄関先で開封し、カギを探す羽目になりかねません。

旧居の引き渡しがお引越し当日という場合は、旧居のカギと新居のカギの両方をお客さまご自身で管理なさってください。
なお、車がある方は車のカギも要注意です。
小さな貴重品はまぎれてしまいやすいので、ポーチやバッグにまとめて入れ、引越しの間ずっと持ち歩くようにしましょう。

スマホやスマホの充電器、モバイルバッテリーなどもバッグに入れておくと便利です。
引越しの最中はさまざまな連絡でスマホが使われます。

意外と充電が切れてしまう事態もありますので、予備のモバイルバッテリーごと一緒に持ち歩きましょう。

貴重品はポーチやバッグに入れて持ち運ぶ

カギや財布、現金、カード類など細かい貴重品がたくさんあるため、引越しの時はウエストポーチや斜め掛けのバッグなど両手が使えるタイプのバッグにすべてをしまっておきましょう。
身に着けておくのが一番確実な方法です。

布団やベッドの処分、安い方法はどれ?

2020-11-24

お引越しのときに、古い布団やベッドを処分しようと思っている方は多いでしょう。
しかし布団もベッドもかさばるものなので、処分するといっても簡単に捨てることが出来ません。

今回は「布団の安い処分方法」「ベッドフレームの安い処分方法」をご紹介しましょう。
布団は新しい布団を買えば布団店で引き取ってくれる可能性が高いですし、ベッドフレームは分解することで市区町村の不燃ごみに出す事が可能です。

布団の買い替えで、布団店に引き取り依頼

お引越しのタイミングで布団を新しく買い替える場合は、購入先の布団店で古い布団を引き取ってもらえることがあります。
購入時の交渉次第ですが、新品の布団を新居へ送ってもらい、古い布団は引越し前に回収依頼します。

ふとん店によっては新品購入時には、回収処分費用は無料というところもあります。
その場合、新居へ引っ越すまでの間の寝具をどうするかという問題がありますが、その点さえクリアになればコスト的にもかなり安い金額で古い布団を処分する事が出来るでしょう。

自治体に粗大ゴミとして回収依頼

布団およびベッドフレームは自治体に粗大ゴミとして回収してもらえば、かなり格安で処分できます。
マットレスや布団などは数百円程度で回収してくれる自治体もありますし、ベッド枠やベッドマットレスもそれほど高くない金額で処分できます。

問題は、自治体の粗大ごみ回収は時間がかかるという点です。事前に回収料金を払い、自治体窓口に連絡してゴミ収集の申し込みを行う。
こみあっている場合は収取日が2週間先になることもあります。

確実に引っ越し前にゴミを処分したいのなら、早めに手続きをしましょう。

LIVE引越サービスなら、グループ会社に不用品回収業者が

引越し時に不用品を処分する方法として一番簡単なのが、不用品回収業者に依頼する事です。
料金的にはかかるかもしれませんが、時間的にも早く引き取ってもらえますし、布団やベッドだけでなく処分したい家具などもまとめて依頼ができます。

LIVE引越サービスのように、グループ会社に不用品回収業者「ハナテン」がいるという引越し会社に依頼すれば、スムーズに回収してもらえますよ。

新居は、引越しの何日前から探すのがベスト?

2020-11-23

転勤や学校の都合、さまざまな事情で引越しをすることが決まった場合、新居はいつごろから探し始めるのがいいでしょうか。
お引越しをしなければいけない時期から逆算して、だいたい2カ月頃が目安だと言われています。

自分の希望する条件にあった新居を探すためにはある程度の時間的な余裕があったほうが、なっとくできる物件探しができます。
お引越しが決まったら、まず新居探しから始めて順序良く引越し準備を進めましょう。

最初から条件に合った物件に当たることはありません

新居を探す場合は、まず住みたいエリアを決めます。
希望するエリア内にどれくらいの物件があるのか、広さや家賃、駅からの距離や立地、設備などの条件をひとつずつ当てはめていって、最終的に賃貸契約を結びます。

しかし最初から条件に合った物件に当たることはありませんから、ほとんどの場合、新居を探し始めてから1カ月ほどで徐々に候補を絞り込んでいくことになるのです。さらにそこから内見をして、決断をくだすまでに半月ほどかかります。

引越し準備は、引越し希望日の約2~3週間前から

新居が決まったら、次は引越しの準備です。引越し会社を決めるのは引越し希望日の3週間が目安といわれています。
遅くとも2週間前には引越し会社の予約を終えて、確実に引越しが出来るようにしておきましょう。

引越し会社を決めるにあたって重要なのは、複数の引越し会社から見積もりを取る「相見積もり」です。
お引越しの見積金額はもちろん、さまざまな条件を合わせて、最終的にコスパと対応の良さ、評判などから引越し会社を選びます。

実際の荷造り作業も、引越し会社を決める頃から始めないと間に合わなくなりますので、予定を立てて進めましょう。

ネット内見を利用して、早めに準備を

新居探しでは妥協したくない、と思うかもしれませんが、引越し予定日が決まっているのなら、あまり時間はかけられません。
最近では多くの物件の内部をインターネットで見られるようになっていますから、候補を絞りやすいでしょう。

しかしネット内見を含めても、お引っ越し希望日の1カ月半~2カ月前から新居を探し始める必要があります。
早めの準備が大事ですね。

引越し時に生前整理!すっきり身軽に新生活

2020-11-22

断捨離という言葉が一般的になり、身の回りの不用品を処分しようという動きが強まってきました。
いらないものを捨てて、身も心も身軽になって生活したいという人が増えてきたのです。

引越しは断捨離や生前整理のいい機会です。
とくに定年を迎え、これから生活をダウンサイジングしようという年代にとっては「引越しと生前整理」は切っても切れないものでしょう。

今回は、引越し時に生前整理をするメリットなどをご紹介します。
身の回りと精神的なものをスッキリさせるには、生前整理がおすすめです。

引越し時の不用品処分は、生前整理もかねて

引越しは持ち物や家具類の見直しのいいチャンス。
思いきって、使っていないものを処分し、さっぱりした気分で新生活を始めたいと思われるのでしょう。

20代30代の若い世代にとっては不用品処理のいいタイミングですし、40代以降にとってもこれからの生活を見据えた「片付け」タイミングなのです。

とくに60代以降の定年を迎えた世代には、自分の身体が思うように動くうちに持ち物を大幅に処分し、残された家族の遺品整理の負担を軽くしようという考え方もあるようです。
お引越しはまさに生前整理と同じこと。

不用品を処分し、新生活を始めるための準備なのです。

家族の為にも生前整理を

一人暮らしの人も、引越しと共に生前整理をおこないたいと思っているようです。
とくに自分自身が家族や親の遺品整理で苦労した人ほど、自分の身の回りの生前整理を早めにやろうとする傾向があります。

「自分にもし万が一のことがあった場合、家族が荷物の整理に困らないように」という生前整理の意識が高まっているのです。
同時に、自分が高齢になった時、たくさんのものに囲まれて暮らしたくないという考えがあります。

自宅に残っている物の数が少なければ、大切なもの・貴重なものを自分が亡くなった後、誰に渡したいかを指示しておくこともできます。
生前整理をすることで、あとの心配がなくなるのも大きなメリットでしょう。

引越し&不用品処分の依頼はLIVE引っ越しサービスへ

引越し・生前整理のご相談は、LIVE引越サービスへどうぞ。
グループ会社のなかに「リサイクルハナテン(https://nakao-transportation.com/)」という不用品回収の専門会社があり、格安の回収費用で依頼ができます。

少ない点数でもお家まるごと一軒でも回収できますから、お気軽にお問い合わせください。

引越し準備。着物、和服を綺麗に運ぶコツ。

2020-11-21

お引越し時には、ご自宅にあるすべてのお荷物を運び出すことになります。
なかには貴重品もあり、大切なお着物をお預かりすることも珍しくありません。

では、お着物・和服をきれいに運ぶコツは何かあるでしょうか?
実は着物のお引越し専用「和服用ダンボール」というものがあり、これに収納して運べばきれいに新居まで運ぶことができるのです。

着物をたたんだ状態で運べる「和服用ダンボール」

着物専用「和服用ダンボール」とは、大事なお着物をたたんだ状態で収納できる形状の段ボール箱のことです。
うすく、平べったい形をしていて、着物の収納時にたたむ方法「本だたみ」にして、たとう紙に入れてある状態で段ボールに収納できます。

着物をたたんだ状態でそのまま運べるので、折り曲げずに運べるのがメリット。
段ボールの中で着物が傾く事も少なく、しわが寄ったりしません。

たとう紙に入っているお着物は、たとう紙ごと和服用ダンボールに収納したらもう完了です。
引越しの荷造りがとても簡単に終わります。

追加資材としてご用意。すぐにご利用いただけます。

ちなみにこの着物専用「和服用ダンボール」は、用意してある引越し会社と特に用意をしてない業者があります。
LIVE引越しサービスでは有料オプションの追加資材としてご用意しておりますので、すぐにご利用いただけます。
必要な数をお申し付けくださればすぐにお渡しできます。

また普段のお着物の収納にお使いの、衣装ケースに着物を入れたまま運んでほしいというリクエストもございます。
衣装ケース内でお着物が動かないよう、しっかりと緩衝材などを入れていただけば、そのまま運搬することも可能です。
あらかじめ当社スタッフにご相談ください。

ただし貴重なお着物は和服用ダンボールに入れて、ご自身で運ばれるのが安心でしょう。

ネット通販でも購入可

なお、着物専用「和服用ダンボール」はネット通販などでも販売しています。
大量に必要な場合はネット通販でまとめて購入するという方法もありますので、検討されるといいでしょう。

忙しい!めんどう!そんな時は荷造り・荷解き(ラクラク)サービス。

2020-11-20

引越し準備で何が大変かといえば、大量の荷造り。そして新居での荷ほどきです。

仕事や育児があって忙しい、どうしても引越し準備まで時間が作れないとお困りの場合は、LIVE引越しサービスの「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」をご利用になりませんか?
荷造りや荷ほどきの時間を、ほかの引っ越し準備にあてることができ、とても効率よく引越しが終わります!

荷造りから荷解きまでを代行する有料オプション

LIVE引越しサービスの「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」は、お引越し時の梱包と解梱のお手伝いするオプションサービスです。
荷造りから荷解きまでを代行しますので、本当にラクラクでお引越しができます。

引越し時には荷造り・荷解きのほかに金融機関の手続きや役所の窓口へ行かなくてはならない手続きが山積み。
さらに通常の仕事や家事もありますから、多様な引越し準備を効率よく進めていくためには荷造りや荷解きを引越し会社に任せませんか。

ほとんどの引越し会社では、オプションとして荷造り・荷解きサービスがあります。
有料ではありますが引越し準備の大変さを軽減するのに、とても便利です。

梱包・解梱、運搬、新居での開封とセッティング

LIVE引越しサービスの「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」では、旧居で必要なものを段ボールに詰めて梱包し、トラックに載せられる状態にいたします。
新居では梱包した段ボールを指定されたお部屋に運び込み、すべて開封。

中身を出してセッティングまでいたします。
お客さまご自身で荷造り・荷解きするとご指定いただいたお荷物は、当社スタッフは触れませんので、お客さまのペースでのんびりと箱詰め、開梱をしていただくことができます。

荷造り・荷解きで必要な部分だけ手助けを得られるので、気兼ねなく利用していただけるオプションサービスとしてとても人気が高いのです。

LIVE引越しサービスのオプションサービス

荷造りや荷解きは、ちょっとした作業のお手伝いがあればとてもスピーディに進むことになります。
引越し準備全体が効率よくできますので検討されてはいかがですか?

「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」は1万円からご利用いただけます。
作業量やお荷物量によって金額が変わってまいりますので、お見積依頼時に当社スタッフまでお気軽にご相談ください。

かさ張る布団やベッドの荷造りのコツ。解体、処分するのも。

2020-11-19

引越し準備のメインは荷造りです。
小さなものや衣類なら簡単に荷造りできますが、かさばる布団やベッドはどうしたらいいでしょうか。

ここでは引っ越し荷物の大物「布団の荷造りのコツ」「ベッドの荷造りのコツ」をご紹介しましょう。
布団は専用の布団袋を使うのがコツで、ベッドは解体するのがベストです!

布団の荷造りのコツ

布団を荷造りするときには不燃紙などでできた布団袋に布団を入れましょう。
入れ方にはちょっとしたコツがあり、まず掛け布団をたたんで床に置き、その上に敷き布団をたたんで乗せます。

布団が重なった状態で、布団袋を上からかけてひっくり返せばきれいに収まります。敷き布団を下にして収納するのがコツです。

綿の掛け布団はもちろん、羽毛布団の場合は必ず敷き布団の上に置き、ふとんがつぶれないようにして収納・運搬してもらいましょう。
なお、専用の布団袋は用意している引越し会社もありますし、ネットショップなどでも簡単に購入できます。

ベッドの荷造りのコツ

ベッドの荷造りでは、分解できそうなものはすべて分解するのがコツです。
大きな家具は搬入や搬出時に破損する恐れがゼロではありませんし、トラックなどで運んでいる間に衝撃でねじが緩んだりゆがんだりする可能性もあるからです。

また搬入時に新居の廊下や階段に傷をつけてしまうこともあり得ます。
分解できるタイプのベッドはできるだけ分解し、運搬中のリスクを減らすようにしましょう。

なお、分解できるタイプのベッドは比較的簡単に分解・再組立てができますが、プロの引っ越し業者に任せたほうが安心です。
見積もり時に依頼しておきましょう。

引越しを機に買い替える選択も

布団やベッドは運搬するだけで引越し費用が余計にかかるものです。
引越しの機会に布団の買い替え・ベッドの買い替えを検討するのもいいでしょう。
新居に新しい布団やベッドが届くように手配しておき、古いものは格安で不用品処分をしてくれる会社に任せませんか? 

LIVE引越しサービスではグループ会社に不用品処分の専門家「リサイクルハナテン」があります。
古い布団やベッドを引越しのタイミングで処分したい方は、お気軽にLIVE引越しサービスにご相談ください。

9月スタート。引越し後はマイナンバーの変更手続きも忘れずに。

2020-11-18

マイナンバーカードは、国民ひとりずつの個人番号(マイナンバー)が記載されたカードです。
顔写真が付いており身分証にも使用でいるカードですが、なかなか普及が進みません。

そこで、国は「マイナポイント」をいうポイントを付与するキャンペーンを2020年9月から展開中。
ここでは「マイナポイントとは」「引越した時のマイナンバーカードの手続き」についてご説明します。

マイナポイントでお得に買い物、住所移転時には簡単な手続きでマイナンバーカードもお引越ししておきましょう。

マイナポイントとは

マイナポイントは、マイナンバーカードで予約・申し込みをし、キャッシュレス決済をすることで利用金額の25%が還元されるキャンペーンです。
マイナポイントは最大で5,000円分までもらえるので、非常に利益率が高いといえます。

マイナポイント制度は、日本国内のキャッシュレス決済の普及と、マイナンバーカードの普及が大きな目的です。
どうしても発行が進まないマイナンバーカードの発行枚数を上げることと、現金払いからキャッシュレスに移行させることがねらい。
キャッシュレス決済にはクレジットカードや電子マネーでの支払いが含まれます。

2020年9月から実際に支払いに使用できるポイントの付与が始まっていますが、マイナポイントをもらおうと思うなら、マイナンバーカードを持っていることが大前提。
まだ持っていない人は、まずマイナンバーカードの発行申請をして、つぎに事前に決めておいた店舗で買い物。
キャッシュレス決済をして、ポイントをもらうという流れになります。

引越した場合のマイナンバーカード手続き

ではこのマイナポイントキャンペーンで発行されたマイナンバーカードの住所から、ほかの場所へ引越した場合はどうなるのでしょうか。

住所移転時には、家族全員分のマイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カードの住所変更の手続きが必要です。
手続きと言っても、新居の市区町村役場へ転入届を出すときに、一緒にしてもらうだけ。

マイナンバーカードを窓口に持参し、新住所を記載してもらいましょう。
マイナンバーカードの住所移転に関しては、新居のある市区町村役場での手続きのみが必要で、旧居の役所で行うことは何もありません。

マイナンバーカードの申請からスタート

最大5000円分のポイントがもらえるマイナポイントキャンペーン。
マイナンバーカードがないと申し込みができませんが、カードができるまでに時間がかかります。

利用してみたいと思うなら、まず役所の窓口でマイナンバーカードの申請を行いましょう。

契約期間内に引越す場合、違約金が発生?!短期解約違約金

2020-11-17

賃貸物件を借りて住んでいる人が多いでしょうが、入居時の契約内容をしっかり覚えていますか?
契約内容にはさまざまな条項が含まれますが、その中に「短期解約違約金」が入っていることもあります。

ここでは、賃貸契約の途中で解約をして引越す場合にはどうしたらいいのか。
違約金はどうなるのか、について簡単にご説明しましょう。

賃貸契約期間内だからと言って、必ずしも違約金が発生するとは言い切れないのです。

「解約予告期間」までに予告すれば、違約金不要のケースが多い

賃貸物件の契約期間は2年間というところが多いでしょう。
2年ごとに契約を更新するか、再契約しないで他の賃貸に引越すかを決めることになりますが、場合によっては2年の契約満了を待たずに引越しをすることがあります。

では、この場合は必ず「違約金」を払う必要があるのか? 

ケースバイケースですが、一般的には契約で決まっている「解約予告期間」までに解約を申し入れれば、退去する月までの家賃を支払うことで契約を解除できることがほとんどです。

格安物件や超人気物件では違約金が発生する場合も

ただし、いくつかのケースでは違約金を払わねばならないこともあります。
たとえば近隣の家賃相場よりかなり格安で借りられる賃貸物件では、最初の契約時に「1年未満の解約の場合は、違約金が発生する」という条項が含まれている場合があります。

また敷金・礼金がゼロ円という物件でも、短期解約違約金が契約上にある事が多いので、最初の賃貸契約時にきちんと確認しておきましょう。
また契約上で、解約予告期間が「2カ月前」と決められていれば、2ヵ月より前に退去の連絡をしなければ、違約金が発生する可能性があります。

契約期間中の引越しは、契約内威容を確認してから

短期解約違約金の金額は、賃貸物件によって個別に規定されています。
契約期間の途中で引越そうか、と思うのなら、最初に賃貸契約書の内容を確認しましょう。

ちなみに、賃貸契約で「短期解約違約金が発生する」とあれば、解約予告期間の前に退去を伝えてあっても、基本的に違約金が発生すると思いましょう。

意外!引越しは電気料金見直しのベストタイミングです!

2020-10-15

食費や家賃・光熱費など毎月かならず払う経費は、節約が難しい部分です。
削りようがないからあきらめて払っている……という場合は引越し時にちょっと見直してみてはいかがでしょうか。

とくに電気料金は「電力自由化」で電気料金が多様化しました。
従来の電気会社との契約をいったん解約することになる引越しのタイミングで、べつの電力会社との契約を検討してみてはいかがですか。

引っ越しは、電力会社との契約を見直すタイミング

引っ越し先が従来の電力会社の管轄内であっても、住所移転の場合はいったん「使用停止手続き」と新規の「使用開始手続き」をします。
どうせ一度解約するのなら、ほかの電気会社に乗り換えてみるのもおすすめです。

使用している電気量によっては新しい電力会社のほうが安くなるケースもありますし、従来のプランで十分ということもあります。
まずは現在利用している電力会社の検針票や請求書を見て、毎月の電気の使用量(kWh)を調べましょう。

毎月の使用料が分かれば、新しい電力会社の公式サイトなどで料金シミュレーションができ、おすすめプランを見られるんです。

電気の使用量さえわかれば、簡単に新プランをチェックできるのでラクラクですよ。

使用する電気はこれまでと同じ品質

「新電力会社」と聞いて、ちょっと心配になるのは「供給されるのは、ちゃんとした電力なのか」という点でしょう。
これについては心配ご無用です。

「新電力会社」が供給する電気は、もともとの発電事業者が売っている電力と同じもの。
新電力の会社が「従来の電力会社の、販売部分のみを担当している」という意味なので、これまで使っていた電力と同じものが供給されます。

新電力会社の中には太陽光発電など自前で発電している会社もありますが、その場合も「自社発電分+従来の電力会社の電力」で供給していますから、停電することはありません。
それでいて、以前より安くなるケースもあるのですから検討してみるべきでしょう。

引越しを機に電気料金の見直しを

なお新電力への移行は、引越し前に手続きを終えておけば、そのままスムーズに新居でも電気を使えます。
また旧居での電気使用停止や、新居での使用開始にあたっては立ち合いはいりません。旧居退去時にブレーカーを落とすだけで終わります。

引越しを機に、生活のコストダウンという点から電気代の見直しをしてもいいですね。

どうしてもだめな害虫……ゴキブリが出にくい賃貸物件の条件3つ!

2020-10-14

虫が苦手という人は多く、なかでもゴキブリだけはどうしても見たくない!という方もいらっしゃいます。
そこで、賃貸物件を探す場合に役立つ「ゴキブリが出にくい条件3つ」をご紹介しましょう。

絶対に出ない物件だ!とは断言できませんが、お部屋の中で遭遇する確率はぐっと低くなります。
虫が苦手な方は物件探しの時に注意してみてはいかが?

木造以外の建物で、3階以上の物件がいい

たいていの場合、ゴキブリは屋外から入ってきます。それを防ぐためには進入路が少ない鉄筋などの建物がおすすすめ。
木造住宅はネズミなどが小さな穴をあけやすくそこから入り込まれることがあるからです。

また3階以上の物件をさがすというのも重要ポイント。お忘れかもしれませんが、ゴキブリは空を飛んで移動することができます。
しかし3階以上の建物となると空から侵入しづらくなるのでおすすめなのです。

ただし3階以上であっても窓の近くに高い木や電柱があると、それも侵入経路になります。
3階以上の鉄筋づくり・近くに来や公園や電柱がないところ、がゴキブリ予防の鉄則です。

新築・築浅の物件がいい

ゴキブリは非常に生命力の強い害虫です。
築年数の古い賃貸物件では、前の住人の生活環境で育ったゴキブリが残っている可能性があります。

入居前に空っぽの部屋の中をきっちり確認したから大丈夫だ、と思っていても、卵が残されていることもあるんです。
とくに古い物件の壁のヒビなどは要注意ポイントです。

築浅物件ならゴキブリがひそんでいる確率は下がりますし、新築物件ならほぼ生息していないと言えます。
できれば新しい物件を選びましょう。

マンションの1階に飲食店・コンビニがある場合は要注意!

マンションの1階や道路に面したフロアに、飲食店やコンビニが入っている物件もあります。
人間が生活するのに快適な場所は、ゴキブリにとっても快適な場所。エサが豊富にあり、1年じゅう温かい環境なので繁殖しやすいという理想的なところなのです。

もちろん店もゴキブリ駆除につとめてはいますが、100%完全な除去は難しいところ。そして1階で増えたゴキブリが2階以上の部屋へ階段などを経由して入り込むことがあります。
ですから、食べ物関係のお店が入っている集合住宅は良くチェックしてから決めましょう。

上記3点のチェックポイントをクリアできた物件なら、ゴキブリに遭遇する機会も減るはずです。
どうしても苦手で……という人は物件探しにお役立てください。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.