Archive for the ‘お役立ち情報’ Category

引越し前に確認しておくべき新居まわりの災害危険度

2022-01-18

新居選びに欠かせないのが、エリア決め。住むエリアを決めたら「災害危険度をチェック」するのがおすすめです。

ここでは、引越しの後に新居周辺がリスクの高い場所だとわかった場合の、対処法も含めてご紹介しましょう。日本に住んでいる以上、自然災害のリスクはゼロではないのです。

新居周辺のハザードマップを入手

引越し先のめどがたったら、まず新居回りのハザードマップを手に入れましょう。ハザードマップとは「自然災害による防災のために作られたマップ」です。

被災すると想定されるエリア情報がのっていて、被害予測や被害想定図なども掲載されています。ハザードマップは各自治体の役場で配布されていますし、最近ではオンラインでも入手できます。

引越し先がきまったら賃貸契約をするまえに、一度でいいからハザードマップで新居周辺の被害予測などをチェックしましょう。

ハザードマップでわかる災害危険度

具体的にハザードマップでわかる情報は以下の4点です。

1 浸水予想
2 土砂災害のリスク
3 地震による被害予測、被害範囲
4 津波、高潮の被害予想

引越し前に調べて、災害リスクがあまりにも高い場合は新居のエリアを変えるのがおすすめ。とくに以前に浸水があったところ・洪水被害が多い場所は避けたほうが良いでしょう。

防災意識をもって新居を選ぶ

新居周辺が、災害リスクの高い場所だが、今更変更できないという場合は、災害時の対応をよく考えておきましょう。日本では、どこに引越しても災害に合う可能性はあります。

「万が一の場合はどう行動するか」「災害時、家族はどこに集まるか」「食料や水、非常持ち出し袋などを用意しておく」など備えをすることが大切。

事前にハザードマップで新居周辺のリスクを調べ、いざというときの備えもしておけば安心です。

引越し後の段ボールは引き取ってもらう?処分方法は?

2022-01-17

引越し荷づくりに必要な段ボール。どうしても大量の段ボールが必要ですが、困るのは引越し後です。

ここでは、使用した段ボールの処分方法についてご紹介します。引越し業者に回収してもらう、自分で処理するなど、いくつかの方法がありますので、やりやすい方法を選びましょう。

引越し後の段ボールの処分方法

ダンボールを処分する主な方法は以下の4つです。

1 引越し業者に段ボール回収を依頼する
2 段ボールの回収業者に依頼する
3 自治体のゴミ回収に資源ゴミとして出す
4 無料回収のエコボックスに出す

いくつか方法がありますが、大量の段ボールをまとめて回収してほしい場合は引越し業者にあらかじめ回収依頼をするのがいいでしょう。効率よく、簡単に処分ができます。

引越し後は忙しいので、段ボールゴミの回収を考えないで済むのが大きな利点です。

引越し業者に回収依頼

引越し後すぐには新居の資源ごみ回収がない、回収日や収集場所がよくわからないなど、なかなか段ボールを処分できないケースがあります。そこでほとんどの引越し業者では、使用済み段ボールを引き取るサービスをおこなっています。

引越し予約時に業者に回収依頼をしておけば安心ですね。なおLIVE引越サービスでは事前にお申込みいただけば1回の段ボール回収が無料です。

2回目以降は有料オプションでお受けしております。一部エリアではご利用いただけないこともありますので、ご確認ください。

24時間利用OKのエコボックスを利用

引越し業者や段ボール回収業者に依頼する以外にも、エコボックスに捨てに行くこともできます。最近は段ボールを回収するエコボックスがあちこちに設置されており、無料で利用OK。

エコボックスは24時間いつでも捨てに行けるので便利です。ただし大量の段ボールを運ぶには車が必要ですし、新居近くにエコボックスがない場合もありますので注意しましょう。

知らないと損する!?引越し時に発生するクリーニング代とは

2022-01-16

賃貸物件の契約ではさまざまなことがきめられています。家賃や入居期間のほか、入居時・退去時のハウスクリーニング代も契約内容のひとつ。

では「引越し時のハウスクリーニング代とは何か」「自分で掃除したら不要になるか」をご紹介いたします。契約で決まっていれば、引越し時にはどうしても必要なコストなのです。

引越し時に必要なハウスクリーニング代

引越し時のハウスクリーニング代とは、退去後に専門の業者による清掃サービスを受けるための費用。「原状回復代」となっている契約もあります。

次の入居者に備えて室内をクリーニングするため、プロの清掃業者が専用の道具や薬剤を使用しておこなう清掃作業のことです。基本的には個人の清掃ではなく、クリーニング会社では特殊な道具や薬剤を使用した清掃をいいます。

契約で決まっていればクリーニングは必要

では、自分で清掃する場合はハウスクリーニング代を払わずに済むのでしょうか? 結論としては、賃貸契約時にハウスクリーニング費用が請求されると決まっていれば、費用は掛かります。退去費用の総額にクリーニング費用が既に含まれているからです。

専門業者のハウスクリーニングにはネズミやダニ、ゴキブリなどの有害生物を排除する「ペストコントロール」や、台所やお風呂、トイレの通常の清掃では除去できないヨゴレを掃除するなどが含まれます。基本的に個人の清掃では不可能なレベルの清掃をするのがハウスクリーニングですから、退去費用からは削れないと考えましょう。

ちなみにハウスクリーニング代は部屋面積が広いほど高くなります。

支払いは退去後に、修繕費から差し引き清算

ハウスクリーニング費用の支払いは、部屋を退去した後に請求されるケースが一般的です。多くの場合、退去から1ヶ月程度で管理会社から見積書や精算書の形で費用の請求が届きます。

この管理会社の連絡に従って支払いを行いますが、部屋の修繕費用とともにクリーニング代が敷金から差し引かれて清算される形がほとんどです。

個人事業主の引越し費用の勘定科目は?どこまで経費になる?

2022-01-15

最近は個人で仕事をはじめる人が増えてきました。個人事業主は仕事上の必要経費が認められていますので、引越し時にも計上できるコストがあります。

では引越しの場合は「経費の勘定科目」としてどう計上すればいいのでしょうか。さらに「どこまでが経費として認められるか?」も気になるところ。

部屋の使用目的によって、計上できる内容が変わってくるのです。

引越し費用は個人事業主の経費になるか

引越し費用は「仕事で使用している部分の引越し代」が経費として計上できます。たとえば自宅の一部を事務所として使用しており、自宅ごと事務所が引越す場合は一定の割合の費用が認められます。

計上できる経費の割合は、自宅全体からみて事務所として使用している広さの割合です。たとえば50㎡の部屋のうち20㎡を事務所として使用している場合は、引越し費用の約40%を経費計上できるとされています。

また自宅と事務所を別にするための引越しで、運び出すものはすべて事業関連のものである場合はすべてが経費として計上できるのです。

経費にする場合の勘定科目

経費として計上する場合は、勘定科目が細かく分かれています。たとえば「引越し業者への支払い」は、「雑費」として計上。

ただし段ボール箱を別途購入している場合は「荷造り運賃」です。業者から無料の段ボールをもらっているなら計上不要。「引越し費用=雑費」に含まれます。

賃貸物件の場合は「礼金」を払うこともあります。礼金は20万円以下なら「地代家賃」へ、20万円以上なら「長期前払費用」です。

ただし事務所兼自宅の場合は、礼金も先に挙げた割合で計算することになります。同様に火災保険料も割合に応じて「損害保険料」として経費にできます。

「敷金」は計上できない

なお、引越しに関する費用として「敷金」はいかなる割合でも計上できません。賃貸物件の敷金は前提として「物件退去時にもどってくる」とされていますので、経費にならないのです。

実際にはさまざまな退去費用がかかり、敷金が全額戻ってこないケースもありますが、引越しの段階では経費としてあげることはできません。しかし敷金以外はかなり広範囲な引越し経費が認められていますから、各勘定科目に上げておきましょう。

エレベーターの有無で引越し費用は変わるのか

2022-01-14

引越し費用は非常に流動的なもの。物件ごとに費用が異なると言ってもいいでしょう。

たとえば集合住宅のエレベーターです。エレベーターなし物件の引越しは、引越し費用が高くなると言われています。なぜでしょうか。

エレベーターなし物件の引越し費用は作業時間が長いので高くなる

エレベーターなし物件の引越し費用は、作業時間によって高くなります。とくに4階以上の中・高層階の引越しは家具や家電を含む引越し荷物を、すべて作業員が手作業で運ぶために時間がかかるのです。

そのため同じ物件の1階・2階の引越し費用より高くなり、追加料金が発生します。追加費用は回数が上がるほどに加算されていきますから、フロアが上がるたびに引越し費用もアップするのです。

ちなみに購入した家電や家具も、場合によっては部屋まで運んでもらえないことがあります。家電や家具を量販店やネットで購入する場合は「エレベーターなし物件の〇〇階だが、搬入してもらえますか」と確認するのがいいでしょう。

エレベーターの設置基準

エレベーターなし物件は、どれくらいあるのか? 実はエレベーターには設置基準があり、マンションの高さ・階数で設置するかどうかが決まっています。

高層ビルでの火災時に消火活動をスムーズに行うために作られた設置基準で、建築基準法により決められているものです。具体的には「高さ31mを超える建物」にはエレベーター設置が義務付けられています。

7階以上のマンションが該当しますが、一般的には6階以上のマンションにはエレベーターが設置されていることが多いです。また1995年以降のマンションには国交省の「長寿社会対応住宅設計指針」が反映され、3階以上のマンションでもエレベーターが設置されているようです。

つまり築年数が古く、5階建てのマンションの場合はエレベーターなし物件であることも考えに入れましょう。

賃貸物件を決めるときは、エレベーターも要チェック

エレベーターの有無は物件を決めるときに、意外と気にしないでしょう。しかし引越し費用に関係してきますし、実際に住み始めてから「エレベーターなしは大変だ!」と感じることもあります。

中・高層階に住む場合はエレベーターの有無も確認してから新居を決めると安心です。

賃貸物件の契約は一般的に2年間。引越しか更新どっちを選ぶ?

2022-01-13

賃貸物件につきものなのが、2年ごとの契約更新。更新時には経費が掛かります。そう考えると引越しも魅力的。

そこで「引越しと契約更新、ホントはどっちがお得なの?」について考えてみました。引越しには費用面だけでなく、心機一転というメンタル的な利点もあるようです。

契約更新時には、2年ごとに更新料が必要

賃貸物件のほとんどが2年契約。従って更新時期2~3カ月前には更新通知が来ます。引きつづき、いまと同じ物件に住みたいなら契約更新することになり、家賃とは別に更新料が必要です。

更新料は家賃1カ月分になることもあり、決して安い金額ではありません。またいったん更新したら2年間はその物件に住み続けることになります。

賃貸物件の更新は、今後2年の人生設計を見なおすいいタイミングでもあるのです。

引越・更新、どっちがお得?

では、更新するのと引越すの、金額的にはどちらがお得なのでしょうか。結論から言えば、どちらもそれほど変わらないでしょう。

更新料はだいたい1カ月分の家賃と考えれば、敷金・礼金不要という物件に引越すほうがお得です。時期によっては初月の家賃も不要という物件がありますので、かなりお得に引越しができます。

また更新料のないエリアに引越すのもおすすめ。関東地方ではごく一般的な「更新料」は、他のエリアでは不要なところも多いです。

リモートワークが主流になりつつある現在、都心部や関東エリアから離れた場所で新居を探すこともできます。更新料で引越しの諸経費がカバーできるなら引越すほうがお得でしょう。

2年ごとに生活スタイルの見直しを

賃貸契約の更新時は、生活の見直し時でもあります。今のままの住居で広さはOKか、通勤や通学の時間はどうか、家賃は高すぎないか、結婚や同棲で済む人数が増えることはないかなどを、チェックしなおしてみませんか。

思いきって引越そう、と思うなら、格安引越しのLIVE引越サービスをご利用ください。

人生の転機!?引越しの動機とタイミング

2022-01-12

引越しは人生の一大イベント。引越しそのものがイベントですが、ほかの大イベントに重なっていることも多いのです。

ここでは「引越しの動機」から、どのタイミングで引越しをすることが多いのか考えてみました。人生の岐路と引越しは、思った以上にリンクしているのです。

引越しのベストタイミングは結婚・出産

引越しの動機で多いのが「結婚・出産」です。結婚のタイミングで実家から引越す、ひとり暮らしだったが夫婦で暮らすための住宅へ引越すという経験をした方も多いでしょう。

同居人数が増えるから広い物件に引越す場合や結婚後の共働き生活を視野に入れて通勤しやすいエリアへ引越しする方もみえます。また出産が間近になっている場合も、子どもが生まれた後の生活を考えて引っ越すことも。

結婚・同棲・出産は引越しのベストタイミングと言えるでしょう。

進学・就職のための転居

大学進学や就職で初めての引越しをした、という方も意外と多いもの。大学の場合は、はじめから遠方すぎて通学ができないから引越すというケースと、しばらく実家から通学してみていい物件が見つかったので大学の近くに引越すというケースがあります。

就職では通勤のための引越しに加えて、転勤のための転居、単身赴任、退職するために社員寮からの引越す、などが主な理由。就職以降の引越しでは勤務先の都合で引越すケースが多々みられます。いずれも人生の一大イベントですね。

引越しで人生を変えるという発想

反対に、引越しで環境を変えるという選択もあります。実家から出て独立する、起業するために引越す、メンタルを変えてみたいから引越す、などです。

中高年になると「子供が巣立ち、生活のダウンサイジングをしたい」と一戸建てからマンションに引っ越すケースもあります。つまり、引越しで人生を変えるという発想です。

新しい生活を迎えるためにも、引越しを検討してみてはいかがですか。

引越し祝いの相場はどれくらい?おすすめのプレゼント -友達編-

2022-01-11

友人が引越したと聞けば、お祝いを贈りたいもの。とはいえ、相場が気になります。

ここでは「友人への引越し祝い金額の相場」と「人気のプレゼント」をご紹介します。ちょっとした心遣いで、喜んでいただけますよ。

引越し祝いの相場:友人

友人への引越し祝いは3,000~5,000円が目安です。多くても1万円を考えておけばいいでしょう。

あまり高額なお祝いを贈ると、相手の方がお返しに困る場合がありますので、適切な金額内に収めるようにしましょう。

仲の良い友人や年下の友人なら現金やギフト券を贈ってもよいとされていますが、なるべくなら相手が欲しいと思っているものをプレゼントするのがおすすめです。

引越し祝いにおススメのプレゼント:女性編

女性の友人へ贈る引越し祝いなら日用品がおすすめ。タオルや自然に優しい食器用洗剤などがいいでしょう。

ポイントはふだんなら買わないようなグレードの高い商品をセレクトすること。日常的に使う洗剤に高額なお金を払うことはできませんが、ギフトとしてもらうのは別。

女性が使ってみたいと思う日用品や高級タオルを選ぶとセンスのいい引越し祝いになります。

引越し祝いにおススメのプレゼント:男性編

男性の友人に贈るなら、既婚者か独身者かで分けて考えるといいでしょう。既婚者なら奥さまが気に入りそうな日用品や家電を、独身者ならキッチングッズとレシピ本のセットが喜ばれます。

これから始めてのひとり暮らしをはじめようという男性の場合、自炊することが増えますからレシピ本は重要。自分では買わない物なので喜んでもらえます。

引越し祝いはこれからの新生活に役立つものを贈るのがコツです。相手に合わせていろいろ考えてみましょう。

引越し祝いの相場はどれくらい?おすすめのプレゼント -家族編-

2022-01-10

引越しのお祝いは金額に悩むもの。たとえば兄弟や親の引越しではどれくらいの予算になるのでしょうか。またギフトを贈る場合はどんなものがふさわしいのか。

今回は「兄弟への引越し祝い・相場とおススメプレゼント」「親への引越し祝い・相場とおススメプレゼント」をご紹介します。家族であっても引越し祝いは贈ったほうが喜ばれますね。

引越し祝いの相場:兄弟

兄弟、姉妹に渡す引越し祝いの相場は、一般的に10,000~30,000円が一般的です。現金で渡してもいいでしょうし、ギフト券でもOK。

現金やギフト券は通常、引越し祝いに適さないと言われますが、家族内なら問題はありません。なお、以前に自分が引越し祝いをもらっているのなら、同額のお祝いにするのがいいでしょう。

プレゼントする場合は、相手に欲しいもの・必要なものを聞いて贈ると無駄がありません。定番は置き時計。

壁掛け時計は設置に際して壁を傷つける可能性がありますから、置時計がベターです。

引越し祝いの相場:親・義実家

自分の親および義実家へ引越し祝いを贈る場合は、10,000~30,000万円を目安にしましょう。こちらも家族ですから現金・ギフト券はOK。

物を贈るなら実用的なものが喜ばれるようです。消耗品であるタオルやバスマットが人気のアイテム。

特にタオルはいくつあってもいいですし、最近は国産タオルの良さが見直されていたり大人気で手に入りにくい高機能タオルがでてきたりしています。自分で買うにはちょっと手が出ない、という価格帯のものを選ぶといいでしょう。

親・兄弟だからこそ、引越し祝いが大事

身内なんだから、今更引越し祝いなんていらないのでは?という意見もあります。しかし引越し祝いは「新居での生活がスムーズに、快適でありますように」という気持ちを贈るもの。

できれば早いタイミングでお祝いを渡しておくのがおすすめです。

引越したら知っておきたい住民税納付のポイント

2022-01-09

県や市をまたぐお引越しでは、住んでいる自治体が変わることになります。そのため住民税の納付先の変更手続きが気になるのではないでしょうか。そこで「住民税の納付先が決まるタイミング」と「会社員の引越しに伴う住民税の納付先変更」についてご紹介します。

知っておくだけで、住民税の心配が要らなくなりますよ。

収入があった年の、1/1に住所がある自治体が納付先

住民税の納付先は「1月1日に住民票がある自治体」と決まっています。納税額は前年の1/1~12/31までの所得から算出され、前年の1月1日に居住していた自治体から住民税の納付書が届くのです。

すでに引越しを終えて新しい住所の自治体に転入届を出しているので、旧住所の自治体から住民税の請求が来ると妙な気がしますが、あくまでも前年の1/1の住民票がある場所が基本です。もちろん翌年からは新居のある自治体へ納付することになります。

「住民税の納付先は、引越し後はじめての1/1で切り替わる」と覚えておきましょう。

会社員の場合は、会社が適切な納付先に納付

会社員の場合はとくに心配する必要はありません。住民税はあらかじめ会社が給与から天引きされているケースがほとんどだからです。

会社へ住所変更の届出をしておけば、本人がやるべき手続きはありません。安心して任せておきましょう。

年度途中に退職する場合は、退職年度の住民税を会社からまとめて納付してもらうこともできます。たとえば退職日が6月であっても、12月分までの住民税を計算して天引き、納付の代行を依頼できるのです。

もちろん、未払い分は自分で納付することも可能。市町村窓口に納付書の郵送を依頼して、自分で納付しましょう。なお、住民税の納付額は会社が納付しても個人がおこなっても同じです。

引越し時、ガスの停止に立会いは必要?

2021-12-22

引越し時に頭に入れておきたいのが、ライフラインのこと。電気・ガス・水道のライフラインは引越し時に「移転手続き」をする必要があります。

電気と水道は、各企業に連絡を入れるだけで済みますが、ガスは別です。ガスは新居での開栓時に立会いが必要ですし、旧居でも場合によっては立会うこともあります。

ここではガスの停止に立会いが必要なケースを見てみましょう。建物に入らないとガスを止められない場合は、住人がいるところでガスの閉栓をする必要があるんです。

ガス停止の作業時に、屋内に入る必要がある場合は立会いを

引越し直前、旧居でガスを停止するときは立会い不要です。管轄のガス会社に連絡を入れるだけでいいのですが、場合によって契約者や住人が閉栓時にその場にいなければならないこともあります。

たとえばガスメーターが家の中にある場合、または集合住宅でオートロック式になっている場合です。どちらもガス会社のスタッフが屋内や建物内に入るとき、契約者もしくは住人がドアを開ける必要があります。

旧居のガスメーターがどこにあるのか。閉栓作業に立会う必要があるのかは、ガス停止の連絡時に確認しましょう。

ガスの停止手続きをしないと、契約者に請求が行く

では、もし引越し当日までガス停止の連絡を忘れていたらどうなるでしょうか。この場合、使用料金は従来どおりの契約者へ請求されます。

引越しをガス会社に連絡していないと、ガスはとまりません。もちろん旧居が空き家のままならガスは使用されませんが、基本使用料はガスの契約者に請求されてしまいます。かならず停止手続きを行いましょう。

それほどの金額が請求されることはありませんが、必要のないお金を払うことになりますから、引越し当日でもいいので必ず停止手続きをおこなうことです。

ガスの開栓には、必ず立会う

新居での開栓には立ち合いが必要です。開栓時にはガス会社からスタッフが来て、新居でのガス漏れや使用するガス器具の確認をします。

ガス漏れ警報器の確認もしますので、かならず契約者が立会うことになるのです。契約者がいない場合は代理人でもOKとなっていますから、どうしても都合がつかないときは家族に頼んでおきましょう。

なお、代理人が立会いをする場合はガス会社に「代理人立会いです」と連絡すると当日もスムーズに終わります。

赤ちゃんにストレスのない引越し方法とは

2021-12-21

住む場所が変わる、膨大な荷造り・荷ほどき作業が必要な引越しは、大人にとってもストレスがかかるイベントです。まして小さな赤ちゃんにとっては目に見えないストレスになって襲いかかります。

ここでは赤ちゃんが安心して引越しができるコツ2点をご紹介しましょう。まずはママ・パパがゆったりすること。そして上手に引越サービスを利用することです。

引越し準備中もふだんのペースで生活する

引越しは準備が大変。しかも家事や育児、仕事と並行して引越しの手続きや荷造りをしていく必要があります。大人にとっては負担が大きなイベントです。

そして身近な大人であるママやパパが多大なストレスを感じていると、小さな赤ちゃんも鋭敏に察知するもの。赤ちゃんの月齢が小さいほど、日常生活の些細な変化が影響を及ぼします。

「赤ちゃんが寝たら、荷造りしよう」と思ったり「ふだんなら赤ちゃんがお昼寝するタイミングだけれど、金融機関の手続きに行かなくちゃ」などと外出したりすることが増えるでしょう。

生活リズムの乱れは赤ちゃんにストレスを与えます。なるべくふだんと同じペースで動けるようにするのがコツです。

引越し業者の荷造りサービス、ハウスクリーニングサービスを利用

しかし、赤ちゃんのペースに合わせていては引越し準備が進まない……というときは、引越し業者の有料オプションを利用しましょう。

たとえばLIVE引越サービスなら梱包や荷解きをスタッフが代行する「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」が有料オプションとしてご用意してあります。引越し作業の大部分を占める荷造り・荷解きの両方もしくは、片方だけでも頼めるとストレスはぐっと減るでしょう。

またハウスクリーニングも有料オプションでお受けしております。お気軽にご相談ください。

引越し業者など外部に作業を委託してストレスのない引越しを

小さな赤ちゃんと一緒の引越しは、思った以上に大変なものです。赤ちゃんの体調に配慮するなら、スポット的に外部の力を借りるのがおすすめ。

赤ちゃんにかかるストレスを考えつつ、大人も子供もラクラクな引越し方法を考えてみましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.