Archive for the ‘シェアオフィス’ Category

最近注目の「ソーシャルアパートメント」って何?

2019-09-28

「シェアハウス」の登場以来、住宅のスタイルは大きく変わってきました。これまでの持ち家、賃貸アパート、賃貸マンション、借家などのほかに「シェアハウス」が出てきたからです。

共同で生活するというスタイルに違和感がなくなると、さらに新しいタイプの住宅「ソーシャルアパートメント」が登場してきました。

そこで「ソーシャルアパートメント」とは何か。シェアハウスとの違いは何か、などをご紹介します。

コストも安く済み、住民どうしの交流も適度にあるなど、都心部で人気の高い賃貸物件になりつつあります。

【賃貸マンションに共用スペースがついているもの】

「ソーシャルアパートメント」とは、賃貸マンションに共有スペースが併設されている物件です。個人が住む住居スペースは個室になっており、ほかにラウンジ、キッチンなどの共用部がついて自由に使えるというもの。

ラウンジやキッチンは基本的に24時間いつでも使えるのでとても便利ですし、外部から来た人と会う時にも、リビングやカフェがわりにラウンジを使用できます。

一般的な分譲や賃貸のマンションには居住エリアはありますが、共用スペースはありません。「ソーシャルアパートメント」の場合は、共用部分もふくめて、住人がスペースを広く使えるというメリットがあり、都心部では、じわっと注目と人気を集めているスタイルの住宅なのです。

【平均60戸という大規模集合住宅】

「シェアハウス」と「ソーシャルアパートメント」の違いは何か、と言えば、「規模の違い」が最大のものでしょう。シェアハウスの場合は、企業が運営するものであれ、個人が運営するものであれ、それほど大勢の人が住める物件ではありません。

しかしソーシャルアパートメントの場合は、平均的な物件で約60戸、大きなものだと180戸の大規模集合住宅です。もちろん少人数のソーシャルアパートメントもありますが、基本的には、もと企業の社員寮だったものなどをリノベーションしてある事が多いため、ある程度の人数がまとまって暮らすことが前提になっているのです。

【年齢層高めも注目の物件】

ソーシャルアパートメントの場合、適度に他の住人との交流ができ、自分用の居住スペースは確保できるのが大きなメリット。共有部分は広いですし、個人的なスペースも十分確保できています。

シェアハウスほどの他の住人との密着感がないのが人気の理由ですね。20~30代の若者層はもちろん、年配の住人も増えつつある注目の物件です!

3月の学生引越しを出来るだけ安く済ませたい

2019-02-12

大学生の皆さん、そしてこの春から新大学生になる皆さん。春と言えばお引っ越しシーズンですよね!よりよい物件に引っ越したいという気持ちはもちろんですが、引越しにかかわるコストはできる限り安く上げたいというのが学生さんの本音でしょう。

そこで今回は、学生さんのお引越しをなるべく安くあげるためのコツ3つをご紹介します。引越し会社が教えるコツは、本当に役に立ちますよ!

【時間指定をしない】

「格安引っ越しのコツその1」は、お引越しの時間指定をしないということです。多くのお引越しでは午前中から始めて夕方までに作業を終えたいというご希望があるため、午前中にお引越しが集中しやすいのです。

もちろん、作業的に考えると午前中のお引越しがベストなのですが、ご希望が多ければ多いほどお引越し料金は高くなりがち。そこで、あえてお引越し時間をしていしないで、引越し会社の空いている時間に来てもらうという方法を取ると、格安で引越しができます。

これは時間にゆとりがあり、なおかつお荷物量の少ない単身引越しである学生さんだからできる裏技ですね。

【週末・月末に引越さない】

「格安引っ越しのコツその2」は、週末や月末に引越さないこと。お引越し料金は時期によっても変動しますが、どの月であっても、月の初めはだいたい空いているものです。

そこから次第に引越しの件数が増えていって、月末近くの週末が一番込み合う時期です。格安引っ越しをねらう学生さんなら、月初めの平日をねらうべき。

平日に引越せるのは時間に比較的ゆとりのある学生さんの利点です。その月のほぼ底値で引越しができるときをねらって、お安く引っ越しましょう。

【荷物を減らす】

「格安引っ越しのコツその3」は、荷物を減らすこと。お引越し料金は、時期と運ぶ距離とお荷物量によって決まります。新居までの距離は仕方がないとしても、月初めの平日をねらって少ない量の荷物を運べば、格安でお引越しができます。

新居まで近いなら小さな軽い荷物は自分で運んで、家具や家電などの大きくて重たい物だけを引越し会社に運んでもらうという方法があります。これでかなりのお引越し代が節約できますよ。

上記3つのコツは、いずれも時間に余裕があり、荷物量の調整がやりやすい学生さんならではのコツです。ぜひLIVE引越しで格安にお引越しをしてください!

田舎への引越しは地域コミュニティに馴染めるかも大切

2018-05-23

定年などをきっかけにして、田舎での生活へシフトしたいと考えるひとが増えています。
もともとの地元に帰って生活を始めるケースの他に、それまであまりご縁がなかった地域にあえて引越して、新生活を始めたいという人もいます。

どちらにせよ、田舎へ引っ越す場合は新居エリアでの地域コミュニティとのかかわりが、とても大事なポイントになってきます。

田舎暮らしの成功は強固な地域コミュニティに馴染めるかどうか

「田舎」と聞いてまずイメージするのが、自然豊かな環境でしょう。
都会のとげとげした空気から離れて、のんびりと田舎で暮らしたいと思うのは、共感ができますね。

ただし、田舎には既存の地域コミュニティがしっかりとあります。
もともとの人間関係が強固なだけに都会以上に連携が強いコミュニティが存在し、田舎暮らしが成功するかどうかは、強固な地域コミュニティになじめるかどうかに、かかっているのです。

【ギブ・アンド・テイクの精神で、地元のために活動する】

田舎になじむためには、ギブ・アンド・テイクの関係をつねに頭に入れておきましょう。
何かしてもらったら、必ず何かを返す。その場合、もらったものや相手にしてもらったことよりもたくさんのものを返すつもりでいると、うまくいきやすいでしょう。

そして自分から積極的にコミュニティに入っていく気持ちも必要です。
仕事を探したり、お金にならなくても地域に還元できそうなボランティア活動をはじめたりすると、周囲にも「この地域に定住する人なんだ」というふうに受け止めてもらえます。

さらにそこから一歩進んで、その地域になくてはならない存在になれれば、田舎への引越しは大成功です。

【地域のために何ができるかと、考える】

自分が地域のために何ができるか。これをいつも考えて行動することで、地域の人に認められていきます。
田舎の地域コミュニティは、会社組織と同じようなもの。

自分の特技を生かして、どんな小さなことでも役に立つようにすると、なじみやすく、受け入れてもらいやすいでしょう。
やはり、努力が必要なんですね。

事務所移転の際の手続き(店舗・個人事業主)

2018-05-21

最近は、ネット上で仕事が完結する副業が増え、フリーランスで個人事業主になる人が増えてきました。
税務署に開業届を提出して個人事業主となっている人は、事務所や店舗として使っている自宅を引っ越した場合に、役所への移転手続きが必要になります。

今回は、税務署と年金事務所への手続きをまとめました。

【店舗・個人事業主の事務所移転に必要な手続き:税務署】

税務署でおこなう届け出は、3種類あります。
1.個人事業の開廃業等届出書
2.所得税および消費税の納税地移動に関する届出書
3.給与支払い事務所等の開設・移転・廃止届

これらの書類は、個人事業主として開業したさいに税務署に届け出た開業届の納税地住所が変更になった場合に必要になります。
3の届け出は、給与支払いをおこなっている個人事業主のみが提出するものです。

1の開廃業等届出書と3の給与支払い事務所等開設・移転・廃止届は、事務所移転後1か月以内におこないます。
2の所得税および消費税の納税地移動に関する届出書はとくにいつまでと期限が決まっていませんが、1と2の手続き時に一緒にしておきましょう。

おくれると、事務所移転の時期によっては確定申告がやりにくくなることがあります。

【店舗・個人事業主の事務所移転に必要な手続き:その2都道府県税事務所】

税金関係の届け出も個人事業主には重要です。各都道府県税事務所には、住所変更の届が必要です。

1.個人事業税 事業開始(廃止)等申告書

こちらは、地方税の納付をおこなう都道府県税事務所に提出します。
申告書は各税事務所でもらえますし、都道府県によってはホームページからダウンロードできるようになっているところもあります。

【自宅を事務所にしている個人事業は、引越し時に要注意】

自宅でフリーランスとして働いていると、つい引越しが事務所の移転になるということに気が付かないケースもあります。
いったん開業届で事務所として届け出がしてあると、新しい住所を申告しなおさなくてはなりません。

届け出を忘れていると、最悪の場合、税法違反になってしまうこともありますので、気をつけたいですね。

レンタルオフィスで起業の為のお引越し

2018-04-30

インターネットの普及で、働き方は大きく変わりました。
昔のように毎日会社に行くかわりに、在宅で仕事を選ぶ方が増えつつあります。

それにつれて、シェアオフィスやレンタルオフィスで起業をするためのお引越し相談も、グッと増えているんです。

【仕事環境が整っているレンタルオフィスへは少ないお荷物の引越しでOK】

一人もしくは少人数で事業を立ち上げるときには、従来のように大きなオフィスに入居するよりレンタルオフィスやシェアオフィスを利用すると、メリットが大きいと言われます。
新規事業立ち上げのためには、事務所関連のコストを軽減する必要がありますから、レンタルオフィスはとっても有用な選択肢ですね。

では、自宅兼事務所のSOHOからレンタルオフィスにお引越しをしようという場合、お荷物の量はどれくらいになるでしょうか。

レンタルオフィスの場合、仕事上で必要なデスクやいす、電話、コピー機、ネットワーク環境などはすでに用意されている物件がほとんどです。
なにもない事務所スペースに入居するのに比べると、たくさんのお荷物を持ち込む必要はありません。

書類やファイルなど仕事に必要なものと、パソコンと周辺機器がいる程度でしょうか。
必要に応じて小さな冷蔵庫なども入れることがありますが、基本的には少ない荷物で十分です。

目安としては、軽トラックに乗せるくらいのお荷物量をお考えになればいいでしょう。
引越しスタッフは1人で住むこともありますが、エレベーターなしで階段のみいう建物内のレンタルオフィスでは、引越しスタッフが2名必要な場合もあります。

【起業時のコストを減らせて、手軽に入居できるのがメリット】

レンタルオフィスの特徴は、今すぐ使えるオフィスを、手軽に借りられるということです。
入居にあたって、什器の購入や内装費など不要になりますから、事務所の開業費用としてはかなり低く抑えることができます。

また通信関係の設備環境を整える必要もありませんから、入居相談から契約・入居・企業までの流れがとてもスムーズでスピーディ。
物件に空きがあれば、申し込みから1か月くらいで事務所をオープンすることができます。

とはいえ、立地のいいレンタルオフィスは人気ですから、なかなか空きがないのも事実です。
移転予定があるなら早めに準備を始めて、移転予定火の3か月前には移転先のレンタルオフィスの目星をつけておきましょう。

【事務所移転の実績が多数あるLIVE引越サービスにご相談を!】

レンタルオフィスへのお引越し時には、他の入居者さんへ配慮する必要がありますが、ごく一般的な事務所移転と変わりはありません。
ですから事務所移転の実績が多い引越し会社に依頼されるのが、成功のコツです。

これまでにたくさんの事務所引越しをお受けしてきたLIVE引越サービスに、ぜひとも見積りをご依頼ください!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.