Archive for the ‘スタッフブログ’ Category

引越し退去のタイミングで損をしたくない!この2点は要チェックです

2019-12-31

賃貸物件からの引越しで困るのは、旧居と新居の「二重家賃」です。引越しをしたからと言って、翌日から家賃がかからないというわけではありません。そして新居の家賃はすぐに発生します。

そこで「二重家賃で損をしない引越しタイミング」をご紹介しましょう。旧居の家賃が日割か月割かで、ベストな引越し時期が変わってくるのです。

1.賃貸契約書で、月割家賃か、日割家賃かをチェックしよう

旧居の家賃が月割の場合は、どのタイミングで退去をしても、その月の家賃は全額支払わなくてはいけません。月初めの3日に引越しても、月末の30日に引越しても支払い家賃は同額です。

となれば、退去月の家賃が「月割」の場合は、月末ちかくに引越すのが得になります。さらにチェックすべきなのが、「退去告知」がいつまでか、ということ。

退去告知は、入居時の契約で「1ヶ月前まで」あるいは「2ヶ月前まで」というふうに決められています。契約の条件にあわせて退去告知をおこない、損をしないタイミングで新居に入れるようにしておきましょう。

退去告知の時期を間違えると、引越し後の一カ月に新居・旧居の二重家賃が必要になります。

2.旧居の家賃が日割なら、新居の家賃発生タイミングにあわせて引っ越す

家賃が「日割」の場合は、とくに引越し日を気にする必要はありません。たとえば1月10日に引越した場合、発生する家賃は1月1日から1月10日までの10日分だけです。

あとは旧居の契約に従って退去予告をして、新居の家賃が発生するタイミングにあわせて引越しをしましょう。これで、ほとんど二重家賃は発生しないはずです。

2.旧居の家賃が日割なら、新居の家賃発生タイミングにあわせて引っ越す

契約終了月の家賃清算方法の違いによって、これほど引越し時のコストに差が出てきます。うっかり二重家賃のトラブルにハマり込まないためにも、入居時にきちんと契約内容をよんで精算方法を頭に入れておくことが大切です。

原状回復費用なども考えて、二重家賃は回避!

引越しに際しては、ほかにも部屋の原状回復費用が必要になりますし、新居の敷金・礼金も必要です。二重家賃で損をしないように、きっちりと退去月の家賃精算方法を確認しておきましょう。

お部屋を借りたいが、保証人がいない⁉なくても大丈夫な物件とは

2019-12-31

賃貸物件の契約時には「保証人」が必要です。しかし親族が遠方にいるなど、さまざまな事情で保証人が見つからないこともあります。

では、保証人がいなければ賃貸は借りられないのでしょうか?ここでは「保証人の必要性」と「保証会社を利用する方法」をご紹介します。最近は「保証人なし」でも借りられるんです。

保証人はなぜ必要?

賃貸物件の契約時には、なぜ保証人がいるのでしょう?これは、家賃滞納や迷惑行為などのリスクを避けるためにおこなわれるものです。

賃貸物件に住んでいる人は「借地借家法」で住む権利が保護されますが、オーナーは入居者がトラブルを起こしても契約を勝手に解除することはできません。物件オーナーにとってはリスクが高すぎるので、保証人を立ててオーナーの権利を守ることでバランスを取っているのです。

ちなみに、賃貸契約上の保証人は「連帯保証人」。連帯保証人は、もし入居者が家賃滞納をした場合は、かわって債務を支払う義務があります。非常に責任が重い保証人なので、頼む人がいなくて物件を借りにくいというケースもあるのです。

保証会社を利用すれば、保証人なしでもOKの物件

最近では、保証人が見つからない人のために「保証人不要」の物件が出てきました。そのなかのいくつかは「保証会社」を利用するものです。

「保証会社」とは、入居社が決まった保証料を支払うことで、保証人の代わりを頼める会社。保証会社があいだに入ることで、物件オーナーとの間で賃貸借契約を交わすことができます。

ただし、利用するのはどの保証会社でもいいということはなく、物件ごとに契約を結んでいる保証会社がきまっているケースが多いでしょう。さらに保証会社を利用するにあたっては、所定の審査をクリアしなければなりません。

収入における家賃の割合やクレジットカードの支払い状況などもチェックされますので注意しましょう。

お引越し時はLIVE引越サービスでお得に、安心に

核家族化や働き方の変革によって、従来の保証人が見つけにくいことがあります。保証人不要の物件もどんどん増えてきていますので、保証会社を利用して、好きな物件を契約しましょう。

お引越し時には、もちろん格安引越しのLIVE引越サービスにご用命ください。安心の新生活スタートを応援いたします。

引越し前の家財整理!不用品はまず売却を

2019-12-30

お引越しの時に、まず頭が痛いのは荷造りの問題です。あまりにも大量に物があると、どこから荷造りして良いのか分からなくなります。

まずは「すべての荷物を持っていく必要があるのか?」と考えましょう。引越しの機会に買い直した方がいいものもありますし、新居には全部が入らないかもしれません。

引越しの前には、家財整理が欠かせないのです。いらないものは、売却しましょう。

買取専門店に一括査定してもらう

最近では、不用品を買い取ってくれるリサイクルショップなどがふえました。引越しなどで大量の不用品が出る場合は、まとめて一括で査定をしてくれるところがあります。

電話などで連絡を取り、リサイクルショップに買い取れるだけ全部買い取ってもらえれば、荷物もすっきり。荷造りの労力も減ります。

とくに大型の家電や家具は、リサイクルショップに売却するのがおすすめ。荷物が少なくなれば、それだけ引越し料金も下がることになり、いろいろな点でとてもお得なのです。

並行して、フリマアプリなどで不用品を売りに出しても良く、結果として身軽な引越しが可能になります。

壊れていても、買取OKなものもある

フリマアプリを見ていると、ときどき「壊れています」と但し書きのついた家電製品を見かけることがあります。壊れているのに売れるのか?と思いますが、しばらくたってからチェックすると、ちゃんと売れているのです。いったい、なぜか?

実はパソコンやノートPC、HDDなどでは、壊れていても修理してまた販売する、国内で売れなくても海外ではちゃんと売れるというものもあります。専門の買取業者は販売ルートがあるので、こわれていても買取り可能なのです。

買取時には、壊れているものの査定も頼んでみるといいでしょう。

どうしても売れないものは、LIVE引越サービスが格安でお引取り

荷物を減らすというのは、成功する引越しの重要なコツです。買い取ってもらえなかったものは、LIVE引越サービスのように格安で不用品を引き取る業者に依頼しましょう。

処分コストを節約できれば、またいっそうお得な引越しができますね。

賃貸物件探し、災害リスクも計算に入れましょう

2019-12-30

最近では、毎年日本のどこかで大規模な自然災害が起きています。怖いなと思うものの、なんとなく自分の身には降りかからないような気がしませんか。

しかし、災害は用心することが大切。賃貸物件を探す時でも、災害に合いにくい場所を念頭に置いて探してみてはいかが。

借りたい物件、災害リスクはどうでしょう?

賃貸物件を探すときに、チェックするポイントはいくつかあります。駅からの距離や治安が気になる…もちろん家賃や間取りも大切です。

しかし物件のある土地が、災害リスクの高いところか低いところかという点も、考慮の一端に入れておくのがいいでしょう。最近では災害に関するデータが数多く公開されており、自分が現在住んでいる場所の災害リスクがどれくらいになるのかが、すぐにわかるようになっています。

災害に見舞われる可能性やどんな災害にあいやすいかをまとめたハザードマップを参考にして、次の賃貸物件を探してみるのも大切なことです。

スマホアプリで地盤を確認しましょう

災害への関心が広く高まりつつある今、民間企業では国や自治体が公開したデータやハザードマップをもとに独自データを加えて、さまざまな災害情報を提供しています。

たとえばスマホアプリの「じぶんの地盤(JIBUN no JIBAN)」。これは現在地の地盤の強さを100点満点と比較して数値化するものです。

点数は、5つの項目を各20点満点で評価し、合計したもの。項目としては独自調査に基づく「地盤改良比率」や「液状化」「土砂災害」「地震による揺れ」「浸水のリスク」があります。これをスコア化し、合計点数で地盤の状況をあらわしているのです。

事前チェックと備えで防災を

自然災害に対応するためには、数値だけでは足りません。事前の備えも大切ですし、災害に対する意識も大切です。

しかし災害リスクの少ないと思われる場所に引越すのも、備えのひとつ。新居選びのポイントの一つとして考えてみてはいかがでしょう?

新居の掃除、この3か所だけはやるのがおすすめ!

2019-12-29

お引越しの時には、旧居のお掃除はやりますが、新居のお掃除についてはどうでしょう?つい「新しいところだから、たいして掃除をしなくてもいい」と思いがち。

しかし新居も意外と汚れているものですから、荷物の入る前にお掃除してしまいましょう。ここでは「引越し当日までに掃除しておくといい3か所」をご紹介します。この3か所だけでいいんです!

換気&床の掃除

お引越し前には1日をかけて、まず新居の換気をしましょう。とくに新築物件やリフォームをしたばかりの賃貸物件では、お部屋の中に塗料やクリーニング剤のにおいが残っている場合があります。

においにそれほど敏感ではないひとでも「気になる…」ということもありますから、ドアや窓、クローゼットの扉、キッチンや洗面所のシンク下の扉をすべて開いて、換気をしましょう。

そして換気しながら床をお掃除。できれば壁・天井もかんたんでいいのでお掃除しましょう。このあたりは、引越しで大きな家具が入ってしまうと、お掃除がしにくくなる場所です。

引越し前しか掃除しない場所でもあるので、このタイミングできれいにしておきましょう。

キッチンと水回り

キッチンやトイレなど水回りのお掃除も入居前にしておくのが安心です。引越し前の段階でも、水道はもう使えることが多いので、念のためにちゃんと流れるかを確認しましょう。

毎日の生活では水が欠かせませんから、水道が使えるかどうかは重要です。お掃除が終わって新居を出るときには、水道の元栓を閉めていくのもお忘れなく。

トイレやお風呂といった水回りは、ほとんどの物件できれいな状態で引き渡されているはずなので、気になる部分だけ簡単に掃除しましょう。賃貸物件の場合は、なんとなく清潔度が気になることもあります。

自分でも、あらためてお掃除しておけば安心です。

事前の新居掃除で、不足なもののチェックを

お引越し前に新居に来てみると、荷物が入った後の状態をイメージしやすくなるでしょう。すると、足りないものに気づくことも多いんです。

カーテンや照明、お風呂場のシャワーカーテン、足ふきマットなど、小さなものは足りていますか?事前のチェックで、買い忘れのないようにしましょう。

法人引越しもピークを避けて計画的に、確実に安く

2019-12-29

単身およびファミリー引越しはもちろん、法人様のお引越しにもピークシーズンがあります。業務形態によりますが、多くの会社は3月中に法人引越しを終えて、4月からの新年度開始にそなえたいものです。

しかしピーク時のお引越しは料金が高くなります。できればピークをはずして、計画的に、お安くお引越しをされるとお得に法人引越しができるんです。

法人引越しも3月が繁忙期

法人様のお引越しも、やはり3月がピーク。ご相談やお引越し依頼が多くなれば、引越し料金は安くなりにくいため、できれば3月の繁忙期以外のお引越しがおすすめです。

この数年、これほど繁忙期の料金が下がりにくい理由は「運送業界の厳しい労働状況」が一因です。改正労働基準法のために、トラック運転手の労働時間が大きく見直されることになり、1日にお引き受けできる引越し件数がどんどん少なくなっています。

法人引越しの場合も、早めのご予約か、引越し時期の調整をされるのがいいでしょう。

大手業者も手いっぱい

個人およびファミリー引越しも法人引越しも、できるかぎりお客さまのリクエストどおりに引越しをしたいのが、引越し会社の本音です。ですから大手業者はできる限りの引越しを引き受けています。

とはいえ、大手引越し業者も、LIVE引越サービスのような中小規模の引越会社も、繁忙期には目いっぱいのお引越しをお受けています。それでも対応しきらない状況を受けて、民間の企業では、転勤辞令や新卒社員の引越しを4月以降にずらす試みもされています。

「3月に引っ越そうとしたら、どの引越し会社からも見積りさえもらえなかった…」という引越し難民のお話も聞きますので、法人引越しでは、業務に支障のない限り、4月以降がおすすめの時期なのです。

時期をずらすことで格安の法人引越しを

働き方改革などで、3月の繁忙期はお引越しがきびしい状況が続きます。繁忙期のご予約が取りにくく、料金が下がらないという悪循環におちいっています。

お安く引越しができるのは、5月のゴールデンウィーク終盤のころ。繁忙期以外の時期に引越しが可能な法人様は、5月初旬のお引越しをねらってはいかがでしょう。

引越し額の相場は頭に入れておいた方が見積もりも早く安く無駄がない

2019-12-29

どんな商品にも「相場」があります。妥当な金額ということですね。もちろん引越し料金にも相場があり、それに見合った見積りを出してくる引越し業者は良心的です。

ただし、見積り料金が相場とあっているかどうかは、お客さまに相場金額の知識が無ければ比較ができません。そこでここでは、引越し相場の調べ方をご紹介いたします。まずは正しい情報が必要なのです。

相場がわかれば、適正料金がわかる

引越し料金の相場を知りたい場合は、ネット上で、無料の「引越し見積もりシミュレーション」を利用してみましょう。希望する引越し時期と新居の場所、持って行く荷物の大まかな量を入力することで、目安の引越し料金がわかるというものです。

ひとつのサイトのシミュレーション金額では不安だという場合は、2~3つのサイトで金額を出してみましょう。3つほど価格が出れば、だいたいの相場がつかめてくるはずです。

もちろん通常期の料金と3月4月の繁忙期料金は大きく違いますので、引越し希望日は正確に入力しましょう。

引越し時期・距離・荷物量で相場が決まる

引越し料金の相場は、時期・移動距離・荷物量で決まります。引越しには定価がありませんが、この3つの要素から、ほぼ同じ料金を引き出すことができます。とはいえ、不確定要素を計算に入れておきましょう。

繁忙期・通常期では引越し相場が違いますし、移動距離も大きく関係してきます。一般的には、長距離引越しになればなるほど引越し料金は上がる傾向があるので、条件を加味しながら相場を頭に入れましょう。

こうやって「適正な引越し料金」をイメージできれば、引越し業者の見積りを判断しやすくなり、無駄にたくさんの見積りを取る必要もなくなります。

格安引越しで有名なLIVE引越サービスをどうぞ

格安引越しで有名なLIVE引越サービスでは、最初から適正価格・最安値をお見積りしております。お客さまに値引き交渉をしていただく必要がないようにするためです。

他の引越し業者との相見積もりも大歓迎。お気軽にお見積りをご依頼ください。

2020年引越し繁忙期にお得で引越しするなら

2019-12-28

引越し業界の繁忙期は3月いっぱい。2月終盤から始まる繁忙期は、4月の初めまで続きます。この時期には引越しをしたくないのが本音でしょうが、仕事や諸事情で繁忙期にしか引っ越せないお客さまが見えます。

そこで「繁忙期にお得に引越しする方法」2つをご紹介しましょう。日数にも時間にも余裕をもってのぞむと、お得にお引越しができます。

1.引越し予定日を複数用意する

3月の繁忙期には、希望日に引越せるかどうか、難しいところです。進学や就職、転勤で引越す人があまりにも多いため、特定の希望日に空きがあるかは全くわかりません。

そこで「引越し可能日」を数日あらかじめ用意しておくのがおすすめの方法。候補日の内、予約が取れた日に決めれば、多少でも引越し料金が安くなります。

引越し業者は繁忙期の期間中、どこもできる限りたくさんのご予約を受けようとしています。しかし
ふいに空きのある日が出てきますので、そこをねらっていくのが得策。複数の引越し可能日を作っておき、そこから「一番安く引越しができる日」を選べば、間違いはありません。

2.時間指定なしをフル活用する

繁忙期のお引越しでは「フリー便」「時間指定なし」をフルに使うと、料金が安くなります。一般的には午前中のお引越しが人気なので料金も高くなりがち。いっぽう、午後便や「時間指定なし・いつでもOK」とすると、料金ダウンが出来てお得に引越せるのです。

「時間指定なし」だと、引越し会社がスタッフおよび車両の空いている時間に駆けつけてお引越しができるため、料金的には一番安くなります。可能な人は「日にちおまかせ・時間指定なし」で、相談してみましょう。

引越し会社の方で、最安値でご案内できるお日にちをご紹介して、空いた時間に駆け付けます。

混載便でお得に

このほかにも「混載便」利用でお安く引越す方法もあります。繁忙期だからとあきらめず、安い日にち・安い時間・安い引越し会社を探してみましょう。

あるいは、初めから「格安引越し」をかかげるLIVE引越サービスに見積り依頼をするのもおすすめです!

大学生の大阪・東京間の引越しはLIVE引越サービス

2019-12-27

次の春から新大学生になる皆さま!おめでとうございます。そして、お引越しの準備は進んでいますか?

大学生さんのお引越しは、他の引越しと比べるとお荷物が少ないのが特徴です。大阪・東京間でお値打ちな引越会社をお探しの方は、LIVE引越サービスにご連絡ください。

今回は、LIVE引越サービスが格安でおすすめな理由を2点、ご紹介します。安いだけ、では高い評価をいただけないんです。

電話や訪問見積りで、最安値を出せる

引越し業者とのやり取りで、一番大変なことは何か?という質問で、よく聞くのが「値引き交渉がめんどう」ということです。LIVE引越サービスでは、最初から最安値をお出ししますので、面倒な値引き交渉がいりません。

学生さんは荷物量が少ないので、料金が安く済むケースが多いのですが、最初は高めで交渉する引越し会社も少なくないのです。いきなり最安値を出してもらえれば、余計な時間がいらずに、お客様も満足されます。引越し会社としても、時間の短縮になるんです。

引越し前から、サービスがいいから人気

LIVE引越サービスは、大阪に本社がある格安引越しの会社です。引越し料金が安いということは大きなメリットになりますが、それ以上に評価をいただいているのが「サービスがいいこと」。

サービスには当日の引越し作業サービスのほかに、お引越し前のサービスも含まれています。LIVE引越しサービスでは、初めてのお引越しについてのご質問をどんどん受け付けています。

大学生さんの単身引越しでは、どれくらいのお荷物が運べるのか具体的にわからないこともありますし、いつごろから、どんな準備を始めるべきかも不明…。そういった細かいご質問にまでお答えするから、評判が良く、お引越し当日の作業も、とてもスムーズに行くのです。

大阪・東京間の引越しは、LIVE引越サービスへ!

大阪と東京間の単身引越しでは、引越し業界のほぼ最安値でご利用いただけるのが、LIVE引越サービスの強みです。安いだけでなくサービスもいい引越し会社をお探しの大学生さん、気軽にお見積りだけでもご依頼ください。他社さんよりも安くなりますよ。

引越し繁忙期を避け、1・2月序盤までに引越しがオススメ

2019-12-27

引越し時期は、料金に大きく関係してくるポイントです。できれば3~4月の引越し繁忙期を避け、1・月中か、遅くとも2月序盤にお引越しすると、料金もスケジュールにもゆとりができます。

ここでは、1~2月序盤に引っ越すメリット2点をあげておきましょう。お得なのが、利点です。

1~2月序盤は料金が安い

年末年始が終わったら、1月から2月の序盤にかけては、引越し料金が一段落する時期です。会社員はまだ春の辞令が出ませんし、受験をしたばかり・これから受験する大学生はまだ引っ越せません。

さらに12月末のクリスマスから年末、年始、成人式などのイベントを終えたあとは、ちょっと落ち着いていたいもの。このタイミングで引越そうという人はとても少ないのです。

だからこそ、2月序盤までは引越しの穴場シーズン。料金も控えめで、とってもお得に引っ越せるわけなんです。

2月でも序盤ならゆとりがある

2月に入っても、序盤ならスケジュールに余裕があります。新大学生さんの中にはそろそろ大学が決まり、新居が見つかる人もいますので、ぽつぽつと引越し相談が増え始めますが、ご希望のお日にちに引っ越すことも可能ですし、料金もかなりお得なままです。

2月中旬までは、引き続きお得でのんびりとお引越しができるときなので、予定があう方は、2月の2週目までにお引越しを終えましょう。2/20以降となると、本格的に繁忙期の兆しが見え始めます。

2月最終週からは一気に料金が上がってくるので、ここまでに引越すと安心です。

2月下旬は、もう要注意シーズン

一般的に、引越しの繁忙期というのは3月・4月だと思われています。しかし2月下旬からは、もう繁忙期に入ると思ったほうがいいでしょう。

早めに引越し準備を始めて、余裕をもって新生活をスタートさせると、新しいこともうまく行きますよ。

大学近くの物件・家に引越すメリット

2019-12-24

大学入学とともに初めての1人暮らし・お引越しをなさるかたはとても多いんです。ところで、新居は大学から近いところに決めましたか?

大学に近い物件は家賃や他の条件から、ちょっと…と思っても、なるべく通いやすい物件がおすすめです。近距離通学のメリットは、かなり大きいんです。

通学が、おっくうにならない

大学と住んでいる物件が近い場合、大学に行くのがめんどうになりにくいのが最大のメリット。大学生さんは学業が本分ですが、いろいろあって通わなくなってしまう人も多いですね。

出席日数不足で単位を落としてしまうことを防ぐためにも、通学にあまり時間のかからない住居がおすすめです。近ければ雨の日でも風の日でも通学が楽ですから、安心です。

ランチは自宅で!経済的です

一般的な大学生は、経済的にあまり余裕がありません。家賃は固定・水道光熱費もほぼ固定となれば、節約ができるのは「食費」です。

そして食費の節約には、自炊が一番効果的な方法。となると、夜はもちろん、昼間も自宅で食べられれば、かなりの節約になります。

大学と自宅アパートとの距離が近ければ、講義の空き時間を使って家へ戻り、昼を食べて午後からの授業にまた行くことができます。ランチ代なんてたいしたことはない、と思うかもしれませんが、毎日のことですから節約できれば大きいですね。

在学中に引っ越すときは、LIVE引越サービスで

いざ大学に入学してみて、物件が大学まで遠すぎる・便利が悪いとなったら、あらためて物件を探すことも可能です。長い学生生活、ずっと同じ所に住んでいる人のほうが珍しいかもしれません。

通学に便利な物件が見つかったら、LIVE引越サービスの格安単身プランでお引越しをしましょう。学生さんだからこそ、引越し料金は極力安くしたいものです。LIVE引越サービスでは、学生さんにぴったりの料金プランをご用意していますよ!

大学入試に受かったら先に引越し先を決めよう

2019-12-23

長いあいだの努力が実り、希望大学に合格♪という学生さん、本当におめでとうございます!やっと受験勉強から解放される、と伸び伸びしていらっしゃるでしょうが、遠方の大学に入られる学生さんは、新居が決まっていますか?

合格と同時に引っ越し先を決めておくと安心です。

合格発表から引越しまで、時間がない!

大学の合格発表は、前期受験が3月7日前後、後期受験にいたっては3月20日前後というスケジュールです。これで4月の初めにスタートする大学生活に間に合わせようというのですから、お引越し準備は早急に始めねばなりません。

とくに後期受験をした学生さんは、合格発表と同時にお引越し先の新居を確保し、引越し会社を決めておかなくては、入学式に間に合わないという事態も考えらえます。合格して、本人も家族もほっとしたかと思うと、怒涛の引越し準備が始まりますので、覚悟しておきましょう。

手際よく物件を見て、決めましょう

大学で一人暮らしを始める場合、何から準備しよう?こう思われるでしょうが、まずは「新居を決める」ことが第一ステップです。大学の場合は大学生協が物件のあっせんをしてくれることが多いですし、大学近くにある不動産屋へ行けばすぐに情報がもらえます。

通常なら、しばらく時間をかけて物件を探して比較検討し…となるのですが、新入学の大学生さんの場合は、この時間的余裕がほとんどありません。まずは物件を見て回り、ここだ!と思う物件はすぐに決めてしまいましょう。

これでやっと、お引越し準備の第一段階が終了したことになるのです。

新居が決まったら、引越し会社をさがそう

新居が決まった!では、次は何をしましょうか?はい、引越し会社を探しましょう。

3月という引越し業界の大繁忙期にぶつかるわけですから、すぐには引越し会社も見つからないかもしれません。ネットや電話で問い合わせをして、いつなら引っ越せるのかを確認しましょう。

3月のお引越しなら、「平日の時間指定なし」引越しの前提で探すのがおすすめ。これでかなり見つけやすくなります。そして、引越し日を押さえてしまうことが大事。

あとは荷造りになりますので、必要なものだけを準備して荷物を先に送り出しましょう。ほんとうに、準備に時間がありませんが、そんなときこそLIVE引越サービスにご用命ください。きっとお役に立ちます。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.