Archive for the ‘不用品・不要品’ Category

引越し時に不用品を引き取ってくれるサービス

2022-02-15

引越しでは家具や家電など、さまざまな不用品が出てしまいます。不用品の処分は頭の痛い問題。

最近はゴミ処分をするにも不用品回収にもお金がかかります。引越しの不用品は引越し業者に回収してもらえれば、手続きも処分も楽になるでしょう。

引越しの不用品、まず回収先を見つけよう

引越しの不用品は、回収をしてくれる引越し業者があれば頼むのがお得です。不用品の処分方法には、自治体のゴミ回収・回収業者に依頼・引越し業者のオプションサービスを利用する、の3つがあります。

コスト的に考えるのなら自治体のゴミ回収が一番安く上がるのですが、回収日が決まっていたり自分で回収所まで運んだりする手間がかかります。コストと、時間と手間の比較を考えると、時間の足りない引越し準備では、あまりお勧めできない方法です。

あとは回収業者や引越し業者に依頼する方法が残りますが、引越し業者なら引越し+不用品処分をまとめて依頼できるので、時短にもなるのです。

グループ会社に回収業者がいるのがベスト

引越し会社に不用品処分を頼む場合、注意すべき点は「すべての業者が不用品処分OKではない」「引越し業者には回収できない不用品もある」ことです。引越し業者は荷物の運搬が仕事ですから、不用品回収に応じていない業者も少なくありません。

むしろオプションサービスで不用品回収に対応している業者のほうが少ないのです。また回収OKの業者でも、書籍やCD、衣類、リサイクル家電など品目が限られます。

できればグループ会社にリサイクル業者・不用品回収業者がいる引越し業者がベストなのです。

LIVE引越サービスのグループ会社「リサイクルハナテン」

LIVE引越サービスには、グループ会社としてリサイクル業者があります。「リサイクルハナテン」では、引越しで出る不用品を格安で回収OK。

引越予約をするときに、不用品回収のご依頼もお気軽にどうぞ。

引越し後の段ボールは引き取ってもらう?処分方法は?

2022-01-17

引越し荷づくりに必要な段ボール。どうしても大量の段ボールが必要ですが、困るのは引越し後です。

ここでは、使用した段ボールの処分方法についてご紹介します。引越し業者に回収してもらう、自分で処理するなど、いくつかの方法がありますので、やりやすい方法を選びましょう。

引越し後の段ボールの処分方法

ダンボールを処分する主な方法は以下の4つです。

1 引越し業者に段ボール回収を依頼する
2 段ボールの回収業者に依頼する
3 自治体のゴミ回収に資源ゴミとして出す
4 無料回収のエコボックスに出す

いくつか方法がありますが、大量の段ボールをまとめて回収してほしい場合は引越し業者にあらかじめ回収依頼をするのがいいでしょう。効率よく、簡単に処分ができます。

引越し後は忙しいので、段ボールゴミの回収を考えないで済むのが大きな利点です。

引越し業者に回収依頼

引越し後すぐには新居の資源ごみ回収がない、回収日や収集場所がよくわからないなど、なかなか段ボールを処分できないケースがあります。そこでほとんどの引越し業者では、使用済み段ボールを引き取るサービスをおこなっています。

引越し予約時に業者に回収依頼をしておけば安心ですね。なおLIVE引越サービスでは事前にお申込みいただけば1回の段ボール回収が無料です。

2回目以降は有料オプションでお受けしております。一部エリアではご利用いただけないこともありますので、ご確認ください。

24時間利用OKのエコボックスを利用

引越し業者や段ボール回収業者に依頼する以外にも、エコボックスに捨てに行くこともできます。最近は段ボールを回収するエコボックスがあちこちに設置されており、無料で利用OK。

エコボックスは24時間いつでも捨てに行けるので便利です。ただし大量の段ボールを運ぶには車が必要ですし、新居近くにエコボックスがない場合もありますので注意しましょう。

引越し先のごみ出し・分別ルールは事前にチェックしよう

2021-12-10

ゴミの分別ルールは、エコ、リサイクルの観点からなくてはならないものです。現在は各自治体で資源とゴミの出し方がこまかく決められています。

県をまたぐ引越しでは、新居でのごみ出し・ごみの分別ルールが変わりますので要注意。また引越し時に出たごみはどうやって処分するのかも、事前にチェックしておきましょう。

引越し時に出たごみの処分方法

引越しの荷造り中に出たごみは、そのつど不燃ごみや資源ごみ、可燃に分けて出しましょう。あまり大量にだすと収集しきれなくなることもありますので、早めに引っ越し準備をはじめ、少しずつ出すのがコツです。

また家具や家電といった大型ごみは回収が別になります。市区町村の窓口に連絡をして回収を依頼しましょう。

新聞や雑誌、本は資源ごみに分別されることが多いので、日程をあらかじめ確認しておくこと。月に2回程度しか回収日がありませんので、ごみのカレンダーにそってタイミングよく処分していくのがコツです。

新居の区市町村のごみルールもチェック

新居に移った後も、ごみ出しは重要なポイント。まず回収日を確認しましょう。引越しをすると市区町村役場での手続きがあり、そこで住んでいるエリアのごみ回収カレンダーをもらえます。

ごみは引越した当日からどんどん出てきますので、なるべく引越し日以前にごみ収集日を確認するといいでしょう。また新居エリアで使用しているごみ袋も事前に購入を。

引越し当日に出たごみは、そのまま新居へ運んで、ごみ回収日に出すことになります。最初から新居エリアで使っているゴミ袋にまとめておいたほうがすぐに処分できてラクラクです。

資源ごみの出し方

資源ごみの出し方も各地自体ごとにルールがあるので要注意。ほとんどのエリアでは可燃・不燃・資源ごみの3種類に分けられていますが、地区によっては「プラスチック」や「危険・有害ごみ」という分別をする自治体もあります。

ごみ出しの細かいルールは自治体に聞いてみるしかありません。引越しの手続き時に確認しておきましょう。

10月に和歌山から山口へお二人様で引越しされたお客様の声

2021-10-22

今回は10月に和歌山から山口県へお引越しされた2人世帯のお客様の声を、一部抜粋してご紹介いたします。

和歌山から山口県。荷物量がやや多い状態で、はじめから「不用品回収も含めて頼みたい」というご依頼でした。LIVE引越サービスのグループ会社「リサイクルハナテン」もご利用いただきつつ、快適なお引越しをしていただきました。

家一軒の荷物。不用品処分を格安で頼めてよかった

このたび、山口の古民家への引越しをお願いしました、○○と申します。無事に引越し完了しましたので、ひとことご連絡いたしました。

和歌山の家を手放し、一切合切すべてのものを処分して、いるものだけを運ぶ引越しで、やることがとてもたくさんありました。準備が大変でしたので、いろいろな話をリブさんとできてとても良かったと思います。

わからないこともたくさん聞きましたし、要らない物の回収も頼めたので時間がかからずに済んだと思います。古い家具や家電などなども、この時に全部捨てようと思っていましたので、その手配もお願いできたことは本当によかったです。

最初は古いものの回収を別の業者に頼もうと思っていましたが、時間もかかるし、会社を探すのも大変そうで。

引越しの予約をしているときにリブさんが「グループ会社のほうで、お安くお引き取りができますよ」と言ってくださったので、本当にほっとしました。ソファや椅子や机、掃除機や洗濯機まで引き取ってもらえたので、心配をしないで引越し当日を迎えられました。

大部分をハナテンさんで引き取ってもらったのですが、それでも山口へ運ぶものが多くて、山口の家に落ち着いてからも、もっとあれもこれも回収してもらえばよかったと思うくらいです。回収や引越しの細かいところまで、痒い所に手が届くくらいにお世話になりました。ありがとうございました。

引越しでエアコンを買い替えたい!処分方法について解説

2021-09-15

引越し時は古い家具や家電製品の買い替え時期でもあります。処分して新しい家電を新居へ運んでもらえばすっきりした気分で新生活を始められるでしょう。

では古いエアコンの処分方法はどうしたらいいのでしょう?基本は業者に引き取ってもらうこと。引越し時に処分業者に頼んでおきましょう。

回収業者か不用品業者に引き取ってもらう

古いエアコンを処分する方法は、主に2つです。

1.家電リサイクル券を購入して、業者に引取を依頼する
2.不用品回収業者に引取を依頼する

エアコンは「家電リサイクル法」にのっとって処分する必要があるため、ほかのごみのように不燃ごみ・粗大ごみで出すことができません。家電リサイクル券を購入したうえで、適正な業者に処分を依頼しましょう。

適正な業者とは、環境に影響のない方法で処分ができる業者のこと。自治体が指定する回収業者もいます。あるいは自分でエアコンをはずし、自治体が決めた処分場まで運んで持ち込む方法もあります。

「一般廃棄物収集運搬業許可」の回収業者に依頼しよう

不用品回収業もエアコンを引き取ってくれます。ここで注意すべきなのが、「一般廃棄物収集運搬業許可」を持っている回収業者に依頼すること。一般家庭からの不用品回収は、この資格がないとできないことに決まっています。

似たような資格に「産業廃棄物収集運搬業許可」がありますが、こちらは産廃を扱う業者の許可。一般家庭からでる不用品とは区別されているのです。

回収業者の許可や資格をチェックすべきなのは違法業者も数多くいるからです。違法業者の中には回収したものを不法投棄するものがあり、大きな問題となっています。

回収業者に依頼するときは業者のホームページを確認して「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けているか見てからにしましょう。

エアコン処分には、取り外し工事費もかかる

エアコンの処分にはお金がかかります。基本的には「エアコンの取り外し費用+リサイクル券の費用+回収業者の料金」です。

処分費用だけでなく取り外し工事の料金もかかりますので、回収業者に見積もりを依頼するときは、取り外し工事費込みの費用を計算してもらいましょう。

引越し時に不用品を処分したい!家具・粗大ごみの処分方法

2021-07-10

引越し準備をはじめると、思った以上にいろいろなモノが不要だと感じるでしょう。衣類や本などは比較的簡単に捨てられますが、家具や家電などの不燃・粗大ごみの処分方法には困ることも多いはず。

ここでは引越し前に家具・粗大ごみを上手に処分する方法を2点ご紹介しましょう。計画的に処分していくことが何よりも重要です。

リサイクル店やオークションで売ってみよう

引越し準備で出てきた不用品は、まずリサイクルショップやネットオークションで売却してみましょう。古いものでも、キレイで問題なく動いているのなら売れることがあります。

リサイクルショップの場合は買取できない品物は格安で処分してくれる店もあります。上手に利用しましょう。

また大きな家具や家電は宅配や訪問買取を実施しているショップへ連絡をとること。店頭へ持ち込むよりずっと楽に不用品処分ができます。

ただし宅配買取もネットオークションも、実際に不用品を処分するまでに時間がかかるため、スケジュールに余裕をもって進めていきましょう。

自治体の不用品回収に連絡する

どうしても売れなかったもの・引き取り手が見つからなかったものは、自治体の不燃ごみ回収に依頼することです。こちらも回収日が2週間や1カ月先になることも珍しくありません。

引越しが決まったと同時に処分すべき不用品を確定し、まずは自治体やごみ処分の窓口へ連絡を取りましょう。

これだけやっても処分しきれない不用品がある場合は、不用品回収業者に頼むのがおすすめ。LIVE引越サービスのようにグループ会社にリサイクル業者があれば、相談の時間が短縮でき、効率よく準備ができます。

LIVE引越サービスなら、グループ会社に回収業者がある

引越しで出てきた不用品は、計画を立てて順序よく処分していくことが大事です。引越し当日までにすべての不用品を回収してもらえるよう、早めに準備をはじめましょう。

LIVE引越サービスのグループ会社、リサイクルハナテンも、お気軽にご利用ください。格安で不用品を回収しますよ。

引越し時の不用品や粗大ごみの処分方法

2021-06-11

引越しの荷造りをしていると、もう使わない物、処分したいものがたくさん出てきます。ここでは不用品処分の方法をご紹介しましょう。

不用品や粗大ごみの処分はどうしたらいいのか、時間をかけずに簡単に処分する方法はないか、など、知っておくといいこともあります。不用品処分は荷造りと同時進行で処分を進めて行きましょう。

使えるものは売る・譲渡する

まだ使えるか、未使用のきれいなものは、つぎの3つの方法で処分できます。

1.リサイクルショップに売る
2.オークションサイトで売る
3.知人・友人、無料で引き取ってくれる人に渡す

どの順番でもいいですが、上記3つの方法でかなりの不用品が処分できます。車があればかなり大きな家具や家電もリサイクルショップへ持ち込めますので、試してみましょう。

不用品は粗大ごみ・業者に回収を頼む

もうゴミにするしかないものは、次の3つの方法で処分しましょう。

1.自治体の粗大ごみ回収を依頼する
2.引越し会社に依頼する
6.不用品回収業者に依頼する

自治体の粗大ごみは、自治体ごとに回収できるものが異なります。事前に役場へ連絡し、回収を希望するものを確実に引き取ってくれるのか確認しましょう。

多くの自治体では、ガスコンロや小さめのタンスなども粗大ごみで処分できますが、処分日が決まっているのが難点。スケジュールをしっかり組んで、処分しましょう。

一部の引越し業者は有料で不用品回収をしていますし、グループ会社にリサイクル会社がある業者もあります。LIVE引越サービスにはグループ会社に「リサイクルハナテン」があり、不用品処分の相談もスムーズ。ぜひご利用ください。

不用品処分の時間を考えてスケジュールを

引越し時の不用品、粗大ごみの処分は、早めに準備するのがコツです。不用品回収が間に合わないと最悪の場合、新居へ使わないものまで運ばなくてはなりません。

引越し費用の節約のためにも、早めに不用品処分の手配を始めましょう。

分解できない巨大ベッドを運ぶお引越し方法

2021-04-23

お引越しでは大きな家具も運びます。ダイニングテーブルなど分解できるものは分解するのですが、なかには分解ができないものもあります。

たとえば巨大なベッドを大きな状態で搬出・搬入する場合は、どうなるのでしょうか。運べないこともある? いえいえ。実績豊富な引越し会社なら大きなベッドもちゃんと運べます!

分解できないベッドは、横にしてトラックに積む

ベッドのなかでも分解できないタイプは運搬が非常に難しくなります。たとえば手作りのベッドやIKEAなど木ネジで固定していくベッドは、分解すると再度組み立てた場合に強度を維持できないことがあります。

そのため分解せず大きなサイズのまま、引越トラックに積み込むのです。しかし大きなベッドをそのまま引越トラックに積むと、トラック内で広い面積を占有してしまうことになります。

他の荷物を載せる余裕がなくなってしまうので、分解できないベッドの場合は、横にしてトラックに積みます。大きなベッドと一緒に他のお荷物を上手にトラック内に入れて、積み残しがないようにするのが、実績豊富な引越し業者のテクニックなのです。

大きすぎるベッドは、外から吊上げて搬入する事も

問題になるは、分解できないベッドは新居の玄関や廊下、階段を通らないかもしれない点です。どうしても玄関を通れない場合はクレーン車などでベッドを吊上げて、外から2階のベランダ経由で搬入することになります。

「吊上げ作業」と呼ばれるオプション作業は、特殊車両の手配や追加の人員が必要です。コストも別途かかることになり、引越し費用もアップします。

吊上げ作業を依頼するよりもベッドを処分して買い換えたほうがいいと思うなら、安く引き取ってくれる不用品回収業者を探すのがいいでしょう。

LIVE引越サービスのグループ会社・リサイクルハナテンへ!

引越しの準備だけでも忙しいのに、ベッドの処分業者まで探せない……という場合は、LIVE引越サービスにご相談ください。LIVE引越サービスならグループ会社に「リサイクルハナテン」があり、格安で不用品をお引き取りします。

お金も時間も節約できますよ!

4月に千葉から札幌へ格安ファミリー引越しされた40代会社員様の声

2021-04-20

今回は、4月に千葉から札幌へファミリー引越しをされた会社員のお客さまからのお声を、ご紹介いたします。お荷物の多いファミリー引越し。

しかし事前に不用品をかなり処分されるなど準備をうまくされていて、引越し当日もとてもスピーディに作業が終わったようです。ご利用ありがとうございました。

4月に札幌へ家族4人の引越しをお願いしました○○です。ぶじ、新居での生活も落ち着いてきましたので、お礼を申し上げます。

千葉から転勤で札幌へ。引越しが決まったのは早かったのですが、そこからはもうあっという間に時間が過ぎてしまいました。

家族4人のうち荷物が多いのは高校生の娘たちで、引越しに当たってはいろいろなものを捨てることにしました。家具や家電についても、LIVE引越さんのスタッフさんのアドバイスを受けてほぼほぼ処分しました。

「千葉から札幌へ運ぶ運賃・引越し料金を考えると、このチャンスに大きなものは買い替えられたほうがいいですよ」と言われて、そういうものか、と初めて気が付きました。不用品の処分は、グループ企業だというリサイクルハナテンさんが担当してくれたので話が早く済みました。

引越しと一緒に、不用品回収もまとめて頼めるというのはとてもよかったです。回収業者を探さないですんだので時間の節約にもなりましたし、なによりも安心して頼めました。

引越し当日は照明器具の取りはずしなども引越しスタッフさんにお願いできましたし、現場のスタッフさんの気配りで、問題なくすぐに荷物を運び出してもらえました。札幌の新居で荷物をもらうときは、まずすべてのものがそろっているかを確認して、それから各部屋に設置してもらいました。

荷物はひとつもなくならずに届き、傷もありませんでしたので、とてもいい引越しだったと思います。長距離の引越しでしたが、わりと安く済んだのもよかったです。ありがとうございました。

新しい年の引越は家電も一新。身軽に引越し

2021-01-23

お引越しは心機一転の大チャンス。この機会にお部屋も家具も家電も新しくしたいという方はとても多いです。新年早々のお引越しなら、なおさら家電を買い替えたくなるもの。

では、引越し時に家電を買い替えるメリットはなんでしょう。ここではコスト面から利点を考えてみましょう。身軽に引越せば、引越し料金の節約にもなるんです。

新しい家電は新居への配送料が不要

引越し時に家電を買い替えるメリットは「新居への運搬料がかからない」点です。ほとんどの家電量販店では、一定の範囲内への運搬・搬入なら費用はかかりません。

新居へ引越すタイミングで新しい家電を運び込んでもらえば古い家電を運ぶ必要がなくなり、その分の引越し料金が節約できることになります。引越し料金は荷物量と移動距離によってほぼ決まりますから、大型家電を運ばなくていいのは大きなメリット。

新居で新しい家電をすっきり使えるというメリットのほかに、具体的な「引越し料金の節約」も大きな利点になるでしょう。

手間と時間を節約するなら「不用品回収業者」に依頼

いっぽうで家電買い替えの場合は、古い家電の処分が問題になります。方法としては、家電量販店で引き取ってもらう・自分でリサイクルショップに持ち込んで売る・不用品回収業者に依頼するなどがあります。

どれにも一長一短がありますが、複数の家電をまとめて処分したいのなら不用品回収業者がおすすめ。無駄なくスピーディに複数の大型家電を回収してもらえます。また家電だけでなく大型家具もまとめて性分できるのがメリット。

なお不用品回収には費用が掛かりますので、安い業者を探すのがコツです。LIVE引越サービスではグループ会社である「リサイクルハナテン」(https://nakao-transportation.com/)で、格安引き取りを依頼できるので、ぜひご利用ください。

新しい年、新しい家電でお引越し

新年のお引越し、新居で新しい家電と共に暮らす生活は気分がすがすがしくなるものです。古い家電を上手に処分して心地よい新生活を始めませんか?

お引越し・不用品回収ともに、LIVE引越サービスがお役に立ちます。

引越しで断捨離・不用品を一気に処分

2021-01-19

引越しは断捨離の絶好の機会。このさい不要なものはすべて処分しようと決めていても、実際に引っ越し準備を始めてみるとなかなか不用品処分まで進まないことがあります。

ここでは、引越し時に断捨離をするためのコツとして「引越し準備に断捨離を組み込む」「不用品回収ができる引越し会社に依頼する」の2点をご紹介しましょう。いらないものは処分してすがすがしく新居に入りませんか?

断捨離の時間を含め、余裕を持って引越し準備

引越し時の断捨離をうまくいかせるには「断捨離の時間を見込んで、早めに引っ越し準備をすること」です。引越し準備を始めてみると、こまごました用事も多くて思った以上に時間がかかるもの。

つい目先の用事を片づけるのに必死で、気がつくと不用品の仕分けもできないまま荷造り。結局はいらないもの・処分しようと思っていたものまで新居へ運ぶことになります。

大型ごみを処分しようとしてまとめておいたものの処分日に出し忘れ、引越トラックに載せて新居へ運び込んだというケースもあります。断捨離をする場合は不用品処理の時間を引っ越し準備の中に組み込んでおき、余裕をもって断捨離を進めましょう。

引越し準備の時間が足りない、不用品回収業者に依頼を

あらかじめ断捨離を見込んで引越し準備を始めても。予定どおり進まないことがあります。大型ごみや家具、家電の処分に書ける時間がない……という場合は、引越し会社に不用品回収を依頼してみてはいかがでしょうか。

すべての引越し会社が不用品回収に応じてくれるわけではありませんが、回収OKという業者もあります。たとえばLIVE引越サービスなら、グループ会社に「リサイクルハナテン」という回収専門業者がありますから、ご依頼いただければ不用品も引越しも一気に片づきます。

不用品回収業者に頼めば、時間も手間も節約できるのでとても便利なのです。

荷造り時の断捨離で身軽な引越しを

断捨離は始めるまでに覚悟が必要です。なかなか物を捨てられないことが多いでしょうが、「引越しだから」と思えば処分ができるかもしれません。

思い切っていろいろなものを捨て、新居へは身軽になって移動しましょう。荷物が少なければ引越し料金も節約できますよ。

12月に千葉から京都へ格安単身赴任された会社員のアンケート

2020-12-18

今回は、12月に千葉から京都へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。今回のお引っ越しでは、オプションサービスとして電気工事をご利用いただきました。

新居での工事がスムーズに終わり、ご満足いただけたようです。

電気工事・オプションはいかがでしたか?

こちらの質問には「とても満足」とお答えいただきました。ありがとうございます!LIVE引越サービスでは電気工事のオプションとして、エアコン取り付け工事やアンテナ工事、AV配線工事などをご用意しております。

お引越し準備のあわただしい中、お客様がご自身で工事業者と連絡を取り、手配をするという手間を省くことができます。なお、エアコンは「取り外し工事」「取付工事」を別でお受けしております。

新居に新しいエアコンが来るために旧居のエアコンを処分したいという場合は、取り外しだけでもご依頼OK。また不用品についてもLIVE引越サービスのグループ会社である不用品回収業者・ハナテンが格安でお引き取りすることが可能です。

電気工事および不用品の回収についても、お気軽にご相談ください。

引越し作業の内容はいかがでしたか

この質問には「とても満足」といただきました。ありがとうございました!実はこちらのお引越し、お荷物の搬出が旧居とご実家の二か所に分かれていました。

ちょっと離れた場所にあったようですが移動時間が短くて済み、お荷物の搬出および積み込みにもあまり時間がかからなかったために、新居への到着が早くなったようです。

最後のコメント欄には「予想よりずっと早く引越しが終わってとてもよかったです」とありました。LIVE引越サービスでは複数の場所からの搬出・積み込みや複数の場所への積み下ろし作業もお受けしております。

ご家庭ごとにベストな引越しを

お引越しはどれも同じではありません。ご家庭ごとにベストなお引越しはちがいます。

LIVE引越サービスでは、オプション工事や複数個所での積み込みなど、お客様のご要望にあったお引越しをご提案いたします。小さなご要望もお受けしております。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.