Archive for the ‘単身引越し’ Category

荷物が多くて引越し先に入らない場合の対処方法

2021-06-15

引越しで、いざ新居に搬入したら荷物が多すぎた…なんて経験はありませんか?ふだんから物が多い場合は、新居の収納能力が追い付かないケースもあります。

荷物があふれてしまったらどうしたらいいのか…。ここでは「新居でも、多すぎる荷物」対処法をご紹介します!

まず、荷物だけでも他の場所に避難させましょう!

「季節もの」「行事もの」をよそへ預ける

新居に入りきらなかったものは、とりあえずトランクルームやレンタル収納スペースに預けましょう。新居での生活がスムーズに始まるまでの一時的な避難です。

預けるものは「季節もの」「行事もの」がいいでしょう。夏の引越しなら、冬の衣類や暖房器具などはいりません。すぐに使わない物だけをトランクルームに預けてしまえば新居の場所が空きます。

おなじく短い季節にしか使わない「行事もの」も預けておくといいでしょう。雛人形はクリスマスツリー、スキー道具、こいのぼり、五月人形などは、その時期になるまでトランクルームに預けっぱなしでも問題はありません。

トランクルームから新居へ運ぶとき、処分を考える

一時的にトランクルームなどへ避難させた荷物は、新居での荷解きが終わったら、順番に新居へ運び込みましょう。このタイミングが、断捨離の絶好の機会です。

いったんトランクルームにおいて、生活に問題がないもの、使わなかったものは新居へ運ばずに処分してもいいものです。フリマで売ってもいいですし、リサイクルショップへ持ち込むこともできます。

思い切って不燃ごみ・粗大ごみとして処分するのもひとつの方法です。

引越しタイミングで、荷物のダウンサイジングを

新居に入りきらない荷物は、つぎの引越しでも「処分すべきか?」と迷うことになります。せっかくですから物の量を減らすことを考えてみてはいかがでしょうか。

上手にものを減らせれば、新居での快適な生活がスタートしますよ。

単身引越しで荷物を減らすポイント

2021-06-14

ひとりの引越しだから、大した荷物はない…と思って荷造りをはじめ、意外な量に驚いたことはありませんか。単身引越しであっても、荷物は少ないほうが引越しがらくらく。

そこで、単身引越しで荷物を減らすポイント2点をご紹介しましょう。とにかく最少限のものだけを運ぶのがコツです!

壊れやすい食器類は最小限に

単身引越しの場合、最小限の食器類・調理器具だけで引越しましょう。特に見直したいのが食器類。

ひとり暮らしなのに来客用の食器セットがあったり、使い切れないほどの調理器具を持っていたりすることがあります。食器類は運搬中に破損する可能性があり、荷造りに手間がかかる荷物です。

思い切って不要な食器は処分し、本当に使うものだけを新居へ運びましょう。調理器具も使うものだけに減らし、さらに古いものは新居近くで買いかえるようにすれば、さらに荷物を減らすことができます。

家具・家電のレンタルサービスを利用

家具や家電については、レンタルサービスを利用するという考え方もあります。どうしても必要な冷蔵庫やエアコン、掃除機、洗濯機、電子レンジ、テレビなど一式をレンタルできるサービスがありますから、必要な期間だけ使うといいでしょう。

単身赴任や大学生活など、ひとり暮らしの期間が決まっている場合はレンタルが便利です。実家から家電をもっていくよりも楽ですし、新しく購入するより安くなることもあります。

なによりも次に引越すとき、家電類を運搬しなくていいというのが大きなメリット。身軽に過ごしたいなら、家具・家電のレンタルがいいでしょう。

少ない荷物なら、荷造りも短時間で

ひとり暮らしとはいえ、引越すときには荷物が多いものです。できるだけ持っていくものを減らせば、荷造りの時間も短縮できます。

スムーズな引越しのためにも、なるべく荷物を減らして引越し当日にのぞみましょう。

自転車も運びたい!単身引越しプランで自転車は運べるか?

2021-05-25

一人暮らしの引越しで意外と大きい荷物は、自転車です。高いものではないし、新居の近くで買いなおしてもいいが、運べるものなら運んでもらいたい…と思われませんか? 

ここでは「単身引越しプランで自転車が運べるか?」「どうしても自転車を運びたいときの方法」をご紹介します。結論としては、買いなおされたほうが安くすむかもしれません。

単身プランでは自転車は運びにくい

どの引越し業者でも、単身プランで運べる荷物の量・サイズが決まっています。一般的には単身専用のコンテナがあり、そこに入る荷物が上限です。

コンテナはだいたい横105センチ×奥行105センチ×高さ175センチが標準サイズ。そこに衣装ケースや段ボール箱やデスク、小さい家電などを積み込んでいきます。

単身引越し用コンテナには一人暮らしの荷物はほぼ積み込めますが、そこに自転車が入る余裕はない、というのが現実です。普通自転車のサイズは横60センチ×奥行190センチ×高さ120センチ。これを一台積めば、コンテナはもういっぱいなのです。

どうしても運びたいときは、自転車のみ追加料金

では、どうしても単身プランで自転車を運びたいときにはどうしたらいいでしょうか。方法はふたつ、考えられます。

1.折り畳み自転車を小さく梱包する
2.単身プランで荷物を積み、自転車は追加料金で送る

1の「折り畳み自転車」は、梱包時に段ボールなどでしっかりと包むのがコツ。段ボールの上に「注意! 自転車」と書いておきましょう。

万が一、自転車の上に荷物を積んでしまうと、自転車本体にゆがみが生じるかもしれないからです。また、どうしても普通自転車を送りたい場合は、自転車だけを別で送ることは可能です。

しかし追加料金が発生しますので、せっかく格安の単身プランをつかっても総額が高くなってしまうことがあります。引越し業者の見積もりで、総額をきちんと確認してから決めましょう。

格安引越し業者を利用して、新しい自転車を購入

結論としては、普通自転車は引越しの単身プランで運ばず、買いなおすのがおすすめです。たとえば、LIVE引越サービスのような格安単身プランを利用すれば、引越し費用そのものが節約できます。

新居のちかくで、新しい自転車を買っても、コストは十分見合うことになるでしょう。お気軽にお見積もりだけでもご依頼ください。

一人暮らしの学生も住民票を移す必要がある?うつさないと問題になる?

2021-05-24

コロナ禍ではありますが、大学も次第に対面授業を再開しはじめました。この機会に、初めての引越しをされた大学生さんも多いでしょう。では大学生の引越しでは、移転後に住民票を移動するべきでしょうか。

ここでは「学生が住民票を移す必要はあるか?」「移さなかった場合のペナルティは?」についてご紹介します。結論としては、移動しなくてもペナルティはありませんが、不便なことは起きそうです。

住民票を移動しないメリット

住民票を移動させないメリットは「転出届」「転入届」の手続きをしなくてもいい点です。住民票は基本的に、転居後14日以内に新居のある自治体へ移動させなくてはなりません。これは「住民基本台帳法」で決まっていることです。

では学生も引越しをした場合、必ず移動させなければいけないか? という疑問がわきますが、現実には、実家の住所に住民票を置いたままというケースが多くみられます。問題はないのでしょうか。

実は、大学生などの転居は「一時的なもの」と認められており、住民票を移動しなくても罰則を受けることはありません。そのままにしておいてもいいのですが、住民票が現住所にないといろいろなデメリットが発生することもあるのです。

住民票を移動しないデメリット

住民票を移動しないデメリットは、運転免許証の試験などを実家のある自治体で受けなければいけない点です。住民票を移動させていない以上、生活の拠点は実家にあります。

そのため免許の試験会場や最初の更新をおこなう会場は、実家の住所のある自治体が指定されます。現住所のある大学近くでは受けられませんので、試験を受けるためにいったん実家に帰る必要があるのです。

また同様の理由から選挙も、住民票のある自治体でしか投票できません。細かいことですが、住民票と現住所が異なると、いろいろな不便が生じてくるのです。

学生生活で不便が出てきたら、住民票の移動を

学生さんのお引越しでは、住民票を移動させないことについて、メリット・デメリットの両方があります。学生生活が長くなるにつれ、現住所のある自治体の公的サービスを受けられないことでめんどうだ、と感じる場面が増えるかもしれません。

デメリットが大きくなってきたら、住民票を移すことを真剣に考えるといいでしょう。

5月に神戸から福岡へ単身引越しされた50代会社員様のアンケート

2021-05-20

今回は、5月に神戸から福岡へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。

自力での引越しもお考えだったようですが、LIVE引越サービスの見積もりが格安だったため、そのままご依頼いただきました。ありがとうございます。

見積り料金はいかがでしたか?

この質問には「とても満足」といただきました。神戸から福岡へ500キロを超える長距離引越し。単身引越しであっても費用はかなりかかります。

今回は、お客さまからの見積もり時に「安く引っ越したで」というご相談があったようで、最終的には「平日の時間指定をしない引越し」でご依頼いただきました。5月の後半の平日ということで、費用としてはかなりお安くできました。

お客さまからは「自力での引越しも考えたが、見積もり料金が安かったので決めました。結果として安く、楽に引越せたのでとてもよかった」とおほめいただきました。

当日の引越しスタッフの対応やサービスはいかがでしたか

こちらの質問には「満足」といただきました。LIVE引越サービスでは当日のスタッフがお宅へお伺いした時には、まずご挨拶をしてから引越しの流れを確認いたします。お客さまと当日の動きを打ち合わせてから養生をはじめ、お荷物の搬出を始めます。

マンションなどのエレベーターを利用する場合は、エレベーターの養生もいたします。このように当日の作業は細かい部分まで十分に配慮いたしますので、お客さまは安心してLIVE引越サービスにおまかせください。

長距離引越しこそ、格安の引越し会社を

遠距離の引越しでは、費用が気になる方も多いようです。距離が長くなればなるほど、引越し費用は上がっていきます。

それでもLIVE引越サービスのような格安引越し会社なら、レンタカーを使って自力で引越すよりも安く引越せるケースも多いです。長距離引越しをお考えなら、LIVE引越サービスにご相談ください。

5月に東京から愛知へ単身赴任された30代男性の声

2021-05-19

今回は、5月に東京から愛知へ単身引越しをされた30代男性のお客さまからのお声をご紹介いたします。急なお引越しで、ご相談→お見積もり→ご予約までほとんど時間がなく、一気に決定されました。

急ぎではありましたが、お引越し当日は大きなトラブルもなく無事に搬入・設置まで終えられ、非常に満足していただいたようです。ありがとうございました。

見積もりから1週間で引越し! 無事に済んでよかったです

5月に東京から単身赴任で愛知県へ引越した○○と申します。見積もりから引越しまで1週間ほどしかなく、急ぎの引越しでしたが要領よく作業をしてもらいました。

おかげで短期間のうちに仕事に入れ、新しい部署でもスムーズに引継ぎができました。ありがとうございました。

今回は辞令が出てから引越しまで時間がなく、あわてて単身引越しをたのむことになりました。御社が指定引越し業者になっていたので、とても話が早く進んだことがよかったです。指定業者でなければとても間に合わなかったと思います。

転居先になる愛知県の社宅マンションもご存じで、電話での相談時に「○○ですね」と言ってもらえたので、もう安心だと思いました。荷物を取りに来る日は家族が立ち会いましたが、荷物の数を確認し、家族もチェックをしたうえでトラックに積んでもらえました。

その時のスタッフもとても感じがよかったそうで、こちらとしては一安心でした。また事前の確認ができていたので、愛知の新居に荷物を入れてもらうときもひとつずつスタッフとチェックしあうことができました。

引越しでは荷物の紛失もなく、短時間で受け取れました。また荷物を預けるときも受け取るときも、スタッフとのやりとりがとても気持ちよくできました。接客の点からみてもとてもいい引越しだったと思います。

2年後に単身赴任を終えて東京へ戻るときにも、また同じスタッフさんにお願いできればいいと思います。ありがとうございました。

5月に大阪から千葉へ単身引越しされた20代会社員様のアンケート

2021-05-18

今回は、5月に大阪から千葉へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。単身引越しではありましたがお荷物の量が多かったため、先に見積もりをご依頼になりました。

他社の見積もりと比較され、LIVE引越サービスの安さにご満足いただけたようです。

見積り料金はいかがでしたか?

この質問には「とても満足」といただきました。ありがとうございます。

最後のコメント欄には「荷物が多かったので、先に見積もりを頼みました。合い見積もりだといっても営業さんに嫌な顔をされなかったので、好感を持ちました。出てきた金額は安かったですし、最初から最安値を出してきたので、もうこれで決めようと思いました」とあります。

引越し業者のなかには見積もり料金を高めに設定しておき、お客さまと価格交渉をするところもあるようですが、LIVE引越サービスでは最初から最安値を提示いたします。安心して見積もりをご依頼ください。

引越し作業の内容はいかがでしたか?

この質問には「とても満足」とお答えいただきました。かなり荷物の量が多かったようですが、当社スタッフがお伺いしてからトラックに積み込み、手ぎわよく作業が進んだそうです。

予定時間よりも早く搬出が終了した、とコメント欄に記載がありました。当日のスタッフは搬出作業の訓練などを受けておりますので、お荷物量が多い場合でもサクサクと荷物を運び出すことができます。

もちろんスピードだけでなく細部の確認もさせていただきますのでご安心ください。

合い見積もりで安い引越し業者を

単身引越しでも荷物量が多くて心配だという場合は、ほかの引越し業者と合い見積もりを取って、比べてみるのがいいでしょう。LIVE引越サービスは、いつでも合い見積もり歓迎です。

ぜひ、ほかの業者と比較なさってください。格安でお見積もりいたします!

一人暮らしの引越し費用を最安にする方法

2021-05-16

一人暮らしの引越しは荷物が少ないから安いだろう。そう思って見積もりを取ってみて、驚いたことはありませんか?

たしかに一人暮らしは荷物が少ないので、引越し費用が安くなることもあります。しかし、どの引越し業者に依頼しても絶対に安い、とは言えません。

ここでは最安値で一人暮らしの引越しをやる方法を考えてみました。荷物を減らし、平日に引越すのが安くするコツです!

一人暮らしの引越しなら、単身引越しプラン!

一人の引越しなら、単身プランを利用して引越し費用を安くあげましょう。一般的な荷物量である「段ボール20個ていど」の荷物なら、格安でお引越しができます。

安い単身プランでも荷造りに必要な段ボールの無料提供があるなど、メリットは多数あります。ただし、格安で引越したいのなら、荷造りや荷解きはすべて自分でやりましょう。

引越し会社では有料オプションとして「荷造り・荷解きサービス」があり、利用すれば楽に引越しができますが引越し費用は上がります。お荷物の搬出や搬入、新居での設置だけを引越し会社に依頼し、他の作業は自分でやることで費用を安くおさえましょう。

引越し日を平日にして料金ダウン

一人暮らしなら、安い引越し日に決めましょう。基本的に引越し費用が安いのは、「月初めの平日」です。

月末近くの週末は引越し件数が多いので、料金は高くなります。格安・最安値クラスでの引越しをしたいのなら、平日にするのが絶対条件です。

時間は「午前引越し」を指定すると高くなりますので、「時間おまかせ」で依頼するのがベスト。引越し時間が遅くなることもありますが、費用的にはかなり節約が期待できます。

一人暮らしのメリットを生かして、最安値の引越しを

荷物を減らして、月初めの平日に引越しをする。これが最安値引越しのコツです。

荷物を減らしたぶんだけ新居近くのお店で新しい家電や家具を購入し、無料で運搬してもらうこともできます。引越し費用を最安値に抑えて、そのぶん家具の購入費用にまわすのもいいでしょう。

単身引越し・一人暮らしの荷物量や費用の目安

2021-05-10

一人暮らしは荷物が少ないとはいえ、引越しではお金がかかります。実際、どれくらいの費用がいるのか? と心配になることも多いでしょう。

ここでは「単身引越しの平均的な荷物量」と「単身引越しの費用目安」を調べてみました。これから一人暮らしをはじめよう、という方は参考になさってください。

一人暮らしの荷物量の目安

一般的なひとり暮らしの荷物は、段ボール20個くらいが目安です。衣類のほか、小さな家具や家電をいれても、この程度でおさまるでしょう。

ですから引越し会社の単身引越しプランは、ほぼ「段ボール20個程度の荷物」を運ぶ料金になっています。
運びたい荷物の量が、単身プランにおさまるかどうか、わからない場合は、引越し業者に確認をするのが安心です。

訪問見積もり、メールや電話、Zoom見積もりなどで、正確な見積もり金額が分かります。

単身引越しの費用

では、単身引越しプランの費用についてはいかがでしょう。引越しでは「荷物量・移動距離・引越し時期」によって料金が決まります。

費用は引越し時期によって大きく変動しますが、ここでは引越し繁忙期をのぞく時期の引越しを考えてみましょう。たとえば同一市内のお引越しなら、単身引越しは12,000~20,000円ぐらいが目安になります。

同一市内なら、移動時間も1時間程度ですから料金はそれほど高くなりません。しかし県外への引越しとなると、単身プランでも25,000~30,000円以上です。

県外への引越しは、移動距離が長くなるほど費用も上がります。単身であっても、それなりの費用が必要になると思いましょう。

LIVE引越の格安単身引越し

では単身引越しを安くするには、どうしたらいいのか。どの時期でも「格安単身引越し」をしている引越し会社を探すのが一番でしょう。

引越し費用は、かならずしも大手引越し業者だから安いとは、断言できません。LIVE引越サービスのように、日本全国どこへでも格安で引越しができる業者もあります。あきらめずに探しましょう!

4月に大阪から北海道へ単身赴任された30代会社員様のアンケート

2021-04-20

今回は、4月に大阪から北海道へ単身引越しをされた会社員のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。長距離のためLIVE引越サービスのスタッフからのアドバイスを受け、不用品を処分されて身軽にお引越しをされたようです。

引越しの説明についていかがでしたか

この質問には「とても満足」とご回答をいただきました。大阪から北海道へはフェリーを使う長距離引越しです。引越し準備にも時間がかかりますし、引越し料金も高額になりがち。

そこでLIVE引越サービスでは、なるべくお安く北海道へのお引越しができるよう、さまざまな提案をさせていただいております。日程の説明や長距離引越し独特の複数日にまたがるお引越しについて、など丁寧にご説明いたします。

お客さまの不安に思われる点を重点的にご説明しますので、ご質問や不安に感じられる点がありましたら、お気軽に当社スタッフへお尋ねください。

当社での引越しは総合的にいかがでしたか

この質問には「とても満足」とご回答いただきました。最後のコメント欄を拝見すると「長距離引越しで不用品もかなりあり、貴社グループ会社のリサイクルハナテンに安く処分してもらえてよかったです」とあります。

引越し荷物は少ないと料金も安くなります。北海道まで運ぶより、処分して新居近くで新しい家具や家電を購入したほうが安くなることもあるのです。

長距離引越しで引越し料金をおさえたいという方は、ぜひLIVE引越サービスにご相談ください。グループ会社のリサイクルハナテンをご紹介いたします。

北海道・沖縄など、海を越える引越しは早めに相談を

引越しのなかでも、北海道や沖縄へ移動する長距離引越しは費用も時間もかかります。少しでも安く引っ越したい、長距離すぎて心配なことがある、という場合は早めに引越し業者に連絡をしましょう。

引越し日までのスケジュールをきっちり立てて、不用品処分も含めて余裕のある日程で準備を進めていくのがおすすめです。

4月に東京から大津へ格安単身引越しされた学生様の声

2021-04-20

今回は、4月に東京から大津へ単身引越しをされた学生のお客さまからのお声を、一部抜粋してご紹介いたします。ネットでの情報収集が得意な学生さんらしく独特の方法で引越し業者を選び、オプション工事も上手に利用されたようです!

ご利用ありがとうございました!

今回、大学卒業のため、4月に東京から大津の実家に戻る引越しをしてもらいました。ありがとうございました。

就職が決まるまでのあいだ一時的に実家に戻ることになり、引越しを決断。どの引越し会社にしようかとネットでさがして、リブ引越しを実際に利用した人のブログにあたりました。

ブログを読んで感触がよかったので、そのままネット上の口コミをチェック。こちらの評判も良かったので、見積もりを取る業者のリストに入れました。

最終的には5社から見積もりを取りましたが、金額はそれほど違わなかったです。それで印象の良かったリブ引越しに決めようと、ネットから依頼しました。

あとはZoomで室内を見ながら、細かいところまで打ち合わせ。正確な見積もり金額が分かったのもよかったです。そこで引越し日を決めて当日を待ちました。

引越し日までゆとりがあったので、荷造りも早く終わりました。引越し当日はエアコンの取り外しから始めてもらいました。これは実家に持って帰るものなので、引越し荷物と一緒に大津へ発送。

エアコンがあるために、荷物がやや増えることになりますが、他のものをだいぶ処分してありましたので、予定通り単身引越しの荷物量でおさまりました。実家での荷物の受け取りは母がしましたが、その日も作業員さんたちが早く作業をしてくれて、エアコンもサクッと取り付け終了。荷物を運びこむのも丁寧で早かったそうです。

母がとても気に入りましたので、後日、就職のために大阪へ引越すときもまたリブ引越しに頼もうと思っています(もう就職が決まっています)。本社が大阪にある引越し会社なので、安心かなとも思っています。またよろしくお願いします。

4月に奈良から横浜へ格安単身引越しされた学生様のアンケート

2021-04-20

今回は、4月に奈良から横浜へ単身引越しをされた学生のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。奈良の大学に入学するため横浜のご実家からの単身引越し。

学生さんのメリットを生かし、安いお引越し日をチェックしてお引越し日を決められました。LIVE引越サービスをご利用いただき、ありがとうございました!

受付での対応はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」といただきました。コメント欄には「4月からの大学入学で、横浜へ引越しました。LIVE引越は受付の人がとても感じよくて、なんでも相談できる感じでした。

あまり引越しにお金をかけたくなかったので、安い日にちを紹介してくださいとお願いしたら、営業のひとにそのまま伝えてくれたらしく話が進んでよかったです」。

学生さんのお引越しは、あまりお金をかけたくないもの。時間的に余裕がある、日程を変更してもいいという場合はお安い日をご紹介する事もできますから、お気軽にご相談ください。

当日の引越し作業内容はいかがでしたか

この質問には「満足」といただきました。コメントもいただいており、「一人の引越しだから荷物は多くなかったですが、パッパッと運んで行ってもらえたのですぐに終わりました。奈良から横浜まで距離もあるし、引越しの日数がかかるだろうなと思っていたら意外と早く届きました。

横浜の新居にもサクサクと荷物を入れてもらえました。奈良でも横浜でも、来た作業員さんは礼儀正しくてよかったです。」

お引越し作業ではスピードも重要。単身引越しの場合はお荷物も多くないので、すばやく搬出・搬入するようにしております。

引越し会社の無料段ボールも上手に活用を

このほか、コメントをいただいたのが引越しの段ボールについてです。LIVE引越サービスでは段ボールの無料サービスをおこなっております。

引越し業者の段ボールは同じサイズになりますので、荷物を詰めやすい、荷造り後も片づけやすい、新居での梱包時にも積み上げて置けるなどのメリットがあります。

引越し業者からの無料段ボールを上手に使って、コンパクトな荷造りをしましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.