Archive for the ‘引越しの準備’ Category

引越し前に確認しておくべき新居まわりの災害危険度

2022-01-18

新居選びに欠かせないのが、エリア決め。住むエリアを決めたら「災害危険度をチェック」するのがおすすめです。

ここでは、引越しの後に新居周辺がリスクの高い場所だとわかった場合の、対処法も含めてご紹介しましょう。日本に住んでいる以上、自然災害のリスクはゼロではないのです。

新居周辺のハザードマップを入手

引越し先のめどがたったら、まず新居回りのハザードマップを手に入れましょう。ハザードマップとは「自然災害による防災のために作られたマップ」です。

被災すると想定されるエリア情報がのっていて、被害予測や被害想定図なども掲載されています。ハザードマップは各自治体の役場で配布されていますし、最近ではオンラインでも入手できます。

引越し先がきまったら賃貸契約をするまえに、一度でいいからハザードマップで新居周辺の被害予測などをチェックしましょう。

ハザードマップでわかる災害危険度

具体的にハザードマップでわかる情報は以下の4点です。

1 浸水予想
2 土砂災害のリスク
3 地震による被害予測、被害範囲
4 津波、高潮の被害予想

引越し前に調べて、災害リスクがあまりにも高い場合は新居のエリアを変えるのがおすすめ。とくに以前に浸水があったところ・洪水被害が多い場所は避けたほうが良いでしょう。

防災意識をもって新居を選ぶ

新居周辺が、災害リスクの高い場所だが、今更変更できないという場合は、災害時の対応をよく考えておきましょう。日本では、どこに引越しても災害に合う可能性はあります。

「万が一の場合はどう行動するか」「災害時、家族はどこに集まるか」「食料や水、非常持ち出し袋などを用意しておく」など備えをすることが大切。

事前にハザードマップで新居周辺のリスクを調べ、いざというときの備えもしておけば安心です。

引越し時、ガスの停止に立会いは必要?

2021-12-22

引越し時に頭に入れておきたいのが、ライフラインのこと。電気・ガス・水道のライフラインは引越し時に「移転手続き」をする必要があります。

電気と水道は、各企業に連絡を入れるだけで済みますが、ガスは別です。ガスは新居での開栓時に立会いが必要ですし、旧居でも場合によっては立会うこともあります。

ここではガスの停止に立会いが必要なケースを見てみましょう。建物に入らないとガスを止められない場合は、住人がいるところでガスの閉栓をする必要があるんです。

ガス停止の作業時に、屋内に入る必要がある場合は立会いを

引越し直前、旧居でガスを停止するときは立会い不要です。管轄のガス会社に連絡を入れるだけでいいのですが、場合によって契約者や住人が閉栓時にその場にいなければならないこともあります。

たとえばガスメーターが家の中にある場合、または集合住宅でオートロック式になっている場合です。どちらもガス会社のスタッフが屋内や建物内に入るとき、契約者もしくは住人がドアを開ける必要があります。

旧居のガスメーターがどこにあるのか。閉栓作業に立会う必要があるのかは、ガス停止の連絡時に確認しましょう。

ガスの停止手続きをしないと、契約者に請求が行く

では、もし引越し当日までガス停止の連絡を忘れていたらどうなるでしょうか。この場合、使用料金は従来どおりの契約者へ請求されます。

引越しをガス会社に連絡していないと、ガスはとまりません。もちろん旧居が空き家のままならガスは使用されませんが、基本使用料はガスの契約者に請求されてしまいます。かならず停止手続きを行いましょう。

それほどの金額が請求されることはありませんが、必要のないお金を払うことになりますから、引越し当日でもいいので必ず停止手続きをおこなうことです。

ガスの開栓には、必ず立会う

新居での開栓には立ち合いが必要です。開栓時にはガス会社からスタッフが来て、新居でのガス漏れや使用するガス器具の確認をします。

ガス漏れ警報器の確認もしますので、かならず契約者が立会うことになるのです。契約者がいない場合は代理人でもOKとなっていますから、どうしても都合がつかないときは家族に頼んでおきましょう。

なお、代理人が立会いをする場合はガス会社に「代理人立会いです」と連絡すると当日もスムーズに終わります。

赤ちゃんにストレスのない引越し方法とは

2021-12-21

住む場所が変わる、膨大な荷造り・荷ほどき作業が必要な引越しは、大人にとってもストレスがかかるイベントです。まして小さな赤ちゃんにとっては目に見えないストレスになって襲いかかります。

ここでは赤ちゃんが安心して引越しができるコツ2点をご紹介しましょう。まずはママ・パパがゆったりすること。そして上手に引越サービスを利用することです。

引越し準備中もふだんのペースで生活する

引越しは準備が大変。しかも家事や育児、仕事と並行して引越しの手続きや荷造りをしていく必要があります。大人にとっては負担が大きなイベントです。

そして身近な大人であるママやパパが多大なストレスを感じていると、小さな赤ちゃんも鋭敏に察知するもの。赤ちゃんの月齢が小さいほど、日常生活の些細な変化が影響を及ぼします。

「赤ちゃんが寝たら、荷造りしよう」と思ったり「ふだんなら赤ちゃんがお昼寝するタイミングだけれど、金融機関の手続きに行かなくちゃ」などと外出したりすることが増えるでしょう。

生活リズムの乱れは赤ちゃんにストレスを与えます。なるべくふだんと同じペースで動けるようにするのがコツです。

引越し業者の荷造りサービス、ハウスクリーニングサービスを利用

しかし、赤ちゃんのペースに合わせていては引越し準備が進まない……というときは、引越し業者の有料オプションを利用しましょう。

たとえばLIVE引越サービスなら梱包や荷解きをスタッフが代行する「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」が有料オプションとしてご用意してあります。引越し作業の大部分を占める荷造り・荷解きの両方もしくは、片方だけでも頼めるとストレスはぐっと減るでしょう。

またハウスクリーニングも有料オプションでお受けしております。お気軽にご相談ください。

引越し業者など外部に作業を委託してストレスのない引越しを

小さな赤ちゃんと一緒の引越しは、思った以上に大変なものです。赤ちゃんの体調に配慮するなら、スポット的に外部の力を借りるのがおすすめ。

赤ちゃんにかかるストレスを考えつつ、大人も子供もラクラクな引越し方法を考えてみましょう。

引越し当日、新居についてから「しまった!」と思ったこと

2021-12-19

引越し準備は完璧にやったはずなのに、新居へ到着したとたんに「あれがない、これがない!」となった経験はありませんか?

ここでは、引越し当日の「しまった!」を3点ご紹介します。事前に気を付けておけば、防げることも多いのです。

①家具に転倒防止用ジェルマットを貼りわすれた

大地震がいつおきてもおかしくない時代です。家具の底に転倒防止用のジェルマットを貼っておくことで、命が助かることもあります。

とはいえ、すでに設置済みの家具を持ちあげてジェルマットを貼るのは大変。引越しは家具の耐震をチェックする絶好のタイミングです。

荷物を新居に設置するときに、すばやくジェルマットを貼ればOK。タンスや本棚など移動させることが難しい家具ほど引越し時のチェックが大事です。

②照明器具・カーテンの用意を忘れていた

新居へ引っ越すときは、照明とカーテンを忘れないようにしましょう。旧居にいるときは何気なくつかっていた照明器具やカーテンは、引越し時に忘れてくるもののトップです。

照明器具は旧居に備えつけのこともあり、新居に到着してから「照明がない!」とあわてて買いに走ることも。また引越しは昼間におこなわれることが多く、日が落ちてから照明器具がないことに気づくケースもしばしば。

逆に夜に明かりをつけてみて「カーテンがなく、外から丸見え!」とわかることもあります。照明とカーテンは新居にあるかどうか、必ず確認しましょう。

③新居での家具の置き場所を決めていなかった

実はこれ、非常によくある「うっかり」です。新居に到着し、荷物を降ろそうとしたときになって「この家具、どこに置けばいいんだろう?」と気づくことがあります。

引越しスタッフに、新居での家具の置き場所を明確に指示しなければ作業は止まってしまいます。時間がただ、経過していくばかりです。

新居での荷物のレイアウトは、事前に決めておくことで、スムーズな引越しになります。バタつくことが多い引越し当日こそ、事前の準備であわてないようにしましょう。

一軒家のゴミ出し・マンションのゴミ出しのちがいって?

2021-12-18

毎日どうしても出てくるゴミ。ゴミ出しは必要不可欠なことですが、居住している市区町村や住宅の形によってルールが変わってきます。

ここでは「一戸建てのゴミ出しの注意点」「集合住宅のゴミ出しの注意点」をご紹介します。細かいルールがそれぞれありますので、引越し前に確認しておきましょう。

一戸建てのゴミ出しルールは時間と区分が重要

一戸建てのゴミ出しは、決まった曜日の朝に集積場へゴミを持っていく形がほとんどです。分別ルール、収集時間、場所などは居住地それぞれで全く違いますので、引越し前に必ず確認をしましょう。

細かいルールや注意点は新居のある市区町村役場で聞くことができます。あるいは各自治体のホームページに記載がありますので確認を。

実は近隣とのトラブルの多くはゴミ捨てに関係しているといわれます。ルールに従ってゴミを出すのは新居でのトラブルを未然に防ぐ事にもなりますので、必ず守りましょう。

ゴミステーションがあるマンションはラク

大型マンションや集合住宅には、住人専用のゴミステーションを設置しているところがあります。ゴミステーションには収集日を関係なくゴミ出しがOK。

ゴミ出しの曜日や時間を気にしなくていい点は非常に大きな利点になります。ただし、ゴミステーションがあるマンションでも、ゴミ袋は市区町村の指定ゴミ袋あるいは透明や半透明の袋で出すというルールがあります。

ゴミステーションがあるからといって、どのような形のゴミ捨ても許されている、というわけではありませんので、管理組合などに聞いておきましょう。集合住宅でもゴミ出しのトラブルは騒音と並んで、大きなご近所問題の原因です。

快適な新生活のために、ごみルールの徹底を

引越し時にはさまざまなゴミが出ます。旧居で捨てられるものは全部捨ててきても、新居で荷解きをすればいろいろなゴミが出てくるもの。

そんなとき、新居エリアのゴミ捨てルールを知らずにうっかり間違えてしまうと、思わぬトラブルになりかねません。住んでいるエリアによってもゴミ出しルールは違いますし、一戸建てとマンションではゴミの出し方がちがいます。

引越し後の新生活をスムーズに始めるためにも、事前に新居でのゴミ出しルールを知っておきましょう。

引っ越ししたらふるさと納税の届出は必要?

2021-12-17

近年、ますます注目されている「ふるさと納税」。各地域の特色を生かした返礼品が魅力ですが、引越しをした場合はどんな手続きが必要でしょうか?

返礼品をすべて受け取っている場合と、これからもらう場合で手続きが異なります。いずれにしても住所変更の届けをしておきましょう。

納税した年に引越し。返礼品はもらった

すでに返礼品をもらっている場合は「ワンストップ特例制度」を利用しているかどうか、で手続きが変わってきます。「ワンストップ特例制度」を利用している場合は住所変更の手続きが必要です。住民税の控除を受けるからです。

ワンストップ申請書をこれから提出する場合は、引越し後に新しい住所で「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を添えて提出します。あるいは自治体から届いた申請書に記載されている旧住所に訂正印を押し、新住所を記載してもOK。

ワンストップ申請書を提出した後に引越したなら、「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を出すことになります。ふるさと納税をした自治体のホームページで書類をダウンロードできます。

納税した年に引越し。返礼品はまだもらっていない

まだ返礼品を受け取っていない場合も、必ず新住所を連絡すること。住所変更がしていないと返礼品は旧住所に送付されてしまうからです。

ワンストップ特例制度を利用する場合でも、確定申告をする場合でも変更手続きは必要。確定申告をするなら基本的に住所変更の届け出は不要なのですが、返礼品をもらう為に住所変更をしましょう。また同じ市区町村内で引越しをした場合も基本的に手続き不要ですが、返礼品未着の場合は引越し後でいいので、忘れずに連絡しましょう。

ワンストップ特例制度を利用するなら、すべての自治体に連絡を

ワンストップ特例制度を利用する場合は、ふるさと納税をした自治体すべてに住所変更を連絡する必要があります。書類の提出期間は決まっており、納税した翌年の1/10までに各自治体へ書類を送付します。

なお納付期限は自治体ごとに違いがあるので注意が必要です。

引越し先でテレビが映らない…とならないために確認すること

2021-12-16

引越し作業中はバタバタと落ち着きません。やっと一息とテレビをつけても、うつらない…なんて経験はありませんか。意外と多くの方が遭遇する「新居でテレビがつかない」問題。

困ったときにチェックする3つのポイントをご紹介しましょう。あわてないように引越し前に確認することもありますよ。

B-CASカードが刺さっているか

「B-CASカード」は地デジを受信するときに必要なカードです。通常はテレビ本体に刺してありますが、引越し時には破損を避けるためにいったん抜くこともあります。これを抜いたままだとテレビはうつりません。

近距離の引越しの場合はカードを差し込んだまま運搬することもあります。テレビの側面もしくは裏側に蓋が付いていますので、はずすと中にカードが刺さっているはず。

しかし振動でカードが抜けかけていることも考えられますから、いったん抜いて入れなおしてみましょう。ちなみにB-CASカードを紛失してしまったら、B-CAS専用のサイトで再発行手続きをしなければなりません。

B-CASカードが自宅に届くまでテレビは映らないままなので、紛失しないようにしましょう。

一戸建ての場合、アンテナは設置されているか

新築一戸建ての場合はアンテナの設置やケーブルテレビもしくは光回線の契約をすることになります。テレビを買いなおすなら家電量販店に依頼して、テレビアンテナ設置の業者を紹介してもらいましょう。ハウスメーカーも業者を紹介してくれます。

一戸建ての場合は自分でアンテナ設置工事を手配しますが、マンションやアパートなど集合住宅ではアンテナが設置済みです。建物ごと一括で光回線の契約がされていることが多いでしょう。

賃貸物件の場合はテレビ受信がどうなっているのか、事前に管理会社に聞いておくことです。

電源コードがぬけていないか

非常に基本的なことですが、電源コードが刺さっていないケースもあります。引越しでバタバタしていると、簡単なことですが見逃してしまうのです。チェックしてみましょう。

いったん電源が付いたら、あとはチャンネル設定で完了。リモコンメニューでデジタル放送設定をえらぶだけで設定はおわります。

テレビは毎日使う家電。引越し後はすみやかに設定して、快適な新生活を送りましょう。

引越しの荷造りで大切なCDを割らずに運ぶテクニック

2021-12-14

引越しではいろいろな荷物が運ばれます。破損の危険があるものは厳重に梱包されますが、CDやDVDなどはどうでしょうか。

CDを安全に運ぶにはしっかりとケースに入れることが大事です。ほかにも段ボール箱に入れる・隙間なく梱包するなどのコツがあります。ポイントを押さえて、大事なCDを運んでもらいましょう。

プラケースに入れて、箱詰め

CDやDVD、ブルーレイディスクは必ずプラスチックケースにいれてから荷造りするのが鉄則。付属のケースが壊れていたり、ひびが入っていたりする場合はケースだけ買いなおすのがおすすめです。

クリアなプラスチックケースは通販で購入できますので、CD、DVDはケースに入れたうえで、小さめの段ボールに入れて梱包しましょう。段ボールに詰めるときは縦にならべ、隙間を作らないこと。

隙間があると運搬中にCDが動いてお互いにぶつかり合い、キズになってしまいます。新聞紙などで隙間をしっかりとうめ、動かないように固定するのがコツです。

小型サイズのダンボールに詰めること

段ボールの中できちんと固定した後は、上にも梱包材をつめて荷造りしましょう。詰めるものは梱包用紙でも新聞でも衣類でも何でもOKです。

しっかりと固定してしまえば、トラックの中でCDが動くことがあっても、ケースが割れたりCD本体が割れたりすることはほとんどありません。しかしCDは数が多いと重さがあるもの。

段ボール箱は小型サイズを選ぶのがコツです。どれほど固定してもCDの重さに箱が耐えられず、持ち上げたときに底が抜けてしまうようでは危険。

中型の箱でもCDをぎっしり詰め込めば、重さがあります。小型サイズを選ぶようにしましょう。

自分が運べる重量だけ、箱詰め

CDは小さいから、たくさん詰めても大丈夫という油断が、重すぎる箱を作ってしまいます。ときどき持ち上げて、運べるかどうかを確認しながら荷造りをすすめましょう。

参考にするのは「自分が運べるかどうか」という点。引越しスタッフは運べても自分では無理、と思うものは落下の危険があります。注意しながら進めていきましょう。

引越しにかかるコストは引越し料金だけじゃない

2021-12-13

引越しはお金がかかるから、というお話をよく聞きます。たしかに引越しはお金がかかります。が、実は費用の大部分を占めるのは「初期費用」です。

賃貸住宅の初期費用や新しい家具や家電の費用は大きなもの。どれくらい必要なのか、あらかじめ把握しておきましょう。

敷金と礼金、仲介手数料など、家賃の5か月分が必要

賃貸物件に関する初期費用は、家賃の約5倍が目安です。大きなものは「敷金と礼金」。どちらも家賃の
1~2カ月ぶんが目安です。両方で2~4か月分はかかる、と考えておきましょう。

さらに不動産会社への「仲介手数料」が家賃の1万円分。最初の月の家賃「前家賃」は初期費用に含まれることが多いので、一緒に払うと考えましょう。

礼金と敷金を合計3カ月分とすれば仲介手数料と前家賃をプラスして5カ月分。最低でも、家賃の5倍は必要なのです。

家具・家電などの購入費用と火災保険

新居へ引越すタイミングで家具や家電の買い替えをしたい方も多いでしょう。ソファやベッド、ダイニングテーブルや冷蔵庫、洗濯機などは引越しで買い替えると、古いものを新居へ運ぶ必要がなくなります。

荷物が少なくなりますので引越し費用が安くなるかもしれません。こうやって家具や家電を新規購入したあとは、火災保険に加入することも考えましょう。

火災や水漏れ、地震などで家具や家電が被害を受けた時の損害保険です。年間で1~2万の保険料でカバーされますので検討してみてはいかが?

引越し料金を格安にしてみては

引越しにかかわる費用で節約ができるのが引越し会社の料金です。引越し料金には決まった金額はありません。

引越し会社ごとに変わりますので、LIVE引越サービスのように格安引越しを実施している業者を探すのがコツ。さらに合い見積もりで引越し料金を節約しましょう。

慌ただしい12月の引越しは計画をしっかり立てましょう

2021-12-12

引越しは1年中いつでもあることです。しかし12月の引越しはスケジュールが非常に重要になります。

年末年始で官公庁が休みになってしまったり、工事業者やライフラインの会社が休みに入ったりと、ふだんとは引越しの流れがちがいます。

12月の引越しこそ、計画をちゃんと立てましょう。

12月の引越しは官公庁・金融機関の休みを考えて

12月の引越しでは年末だけが忙しいというイメージがあります。確かに年末は、どうしても年内に引っ越しを終えたい方の引越しが集中したり、子供さんの学校が冬休みに入る12/20以降がこみあったりします。

月の後半から月末までが引越し件数がふえるのは12月もいつもと同じですが、年末は金融機関や官公庁も仕事納め以降は休みに入ってしまいます。エアコンなどの工事業者も休みになりますし、ガス・電気・水道といったライフラインの会社も休みです。

いろいろなことが、ふだんの月と同じようには進まないということを頭に入れて引越しスケジュールを立てましょう。

年末になると料金が変わる、安いうちに引越しを

12月は引越し料金がやや高めになることもポイントです。基本的にそれほど引越し料金が高くならない月ですが、年末はべつ。

12月上旬から12/20ごろまでは安定している引越し料金が、年末だけはやはり高くなるのです。1月の年始とくらべても、12月末のほうがやや高くなります。

12月に引越したい場合は、早めに引越しスケジュールを組んで12/20以前に引っ越しを終えてしまいましょう。あるいは1月の年始以降、引越し料金が安定している1月中旬まで引越し日を延期することもおすすめ。

とにかく年末周辺に引越しを入れないようにスケジュールを組みましょう。

やることリストをつくり、年末休みに合わせて進めていく

12月の引越しで最も重要なのは、スケジュール管理です。引越し前後にやるべきことをリストにして、工事業者の休みや官公庁の休みを考えながら予定を入れていきましょう。

またご自分の仕事スケジュールも考えて、無理のない日程で引越しをするのがコツです。

引越し時に必要なガス・電気・水道の手続きまとめ

2021-12-11

引越しではガス・電気・水道のライフラインの契約終了及び新規契約が必要になります。ここでは引越し時のライフラインの手続きをまとめてご紹介しましょう。

現在は、ほとんどの手続きはオンライン上で完結します。早朝や深夜など、スキマ時間に早めに手続きを済ませるのがコツです。

ガス・電気・水道、手続きはどうする?

ライフラインの引越し手続きは、オンラインまたは電話でできます。窓口や店頭へ直接行く必要がないので、時間が空いたときにサクサクと手続きを進めてしまいましょう。

ガス・電気・水道の手続きはどれも引越し日の1カ月前から受け付けています。さまざまな引越し手続きの中でも早いタイミングからおこなえるものですから、まっさきにやっておくのがおすすめです。

逆に引越し直前はオンラインでは手続きができない場合もあります。引越し日3日前になったらオンライン手続きはあきらめ、直接電話しましょう。

希望日に確実にガス・電気・水道が使えるようにするには、おそくとも引越しの1週間前には手続きを完了しておくべきです。

ガスの手続きは、引越しが決まったらすぐに手続きを

ライフラインの電気・水道は手続きさえ終わっていれば、新居に到着後、すぐに使用することが可能です。しかしガスだけは別。

ガスの引越しは使用開始時に「立ち会い」が必要になります。ガスの開栓を確認し、点火のチェックなど点検作業も行われます。

ガス開栓には契約者本人または配偶者しかできないと決まっていますので、日程をきちんと調整するようにしましょう。また立ち合い時には本人確認を求められることもありますから、契約人は立ち合いができるひとにするという配慮も必要です。

ただしどうしても契約者本人が立ち会えない場合は代理人を頼むこともできます。

引越し時のライフライン手続は不可欠

ガス・電気・水道は毎日の生活に、なくてはならないもの。引越しの当日まで使用し、新居に到着した瞬間から必要になります。

引越し準備が進むにつれてやるべきことが増えて、つい手続きを忘れそうになることも。新居と引越し日が決まったら、真っ先に手続きをするのがおすすめです。

引越し準備ってめんどくさい…の正体とは?

2021-12-09

引越しがしたいが、準備を考えると大変そうでめんどくさい…そんな風に考えたことはありませんか? 実は引越しの準備の大半は、手続きです。

荷造りや不用品の処分以上に手間がかかり、時間がかかるのが引越しに関する手続き。ここでは面倒に感じる手続きを3つ、ご紹介しましょう。

「面倒な手続きランキング」があるとしたら、必ず上位に入る3つですよ。

市区町村での住所変更手続きが面倒…

とにかく面倒なのが、市区町村での住所変更手続きです。転出や転入届など、引越し前後に必ずやらなければならないもの。

しかし窓口が1か所ではないため役所の中をうろうろと歩き回り、手続きを順番にやっていかなければなりません。かかる時間と労力を考えるだけでぐったりと疲れる、という人は多いようです。

しかし最近はひとつの窓口で複数の手続きができたり、ある窓口での手続きが終わると「次は○○へお願いします」と教えてもらえたりします。

昔にくらべれば手続きそのものがかなり簡略化されてきましたので1日で終えてしまいましょう。

金融機関の手続きが面倒…

次に金融関係の手続きが面倒そうです。銀行、郵便局、保険の登録情報の変更手続きのことです。事前に登録してある情報を、新しく書き換えていくもの。

同時にインターネットの住所移転手続きも済ませましょう。ネット環境の住所変更は、やり忘れると新居でネットが使えません。引越し先によってはこれまで利用していたプロバイダが使えなくなり、別のプロバイダに変更したり契約内容を変えなくてはいけなかったりします。

ネット関係の手続きはめんどうでも不可欠

ネット関係の引越し手続きを忘れると、新居で必要なさまざまな手続きなどが止まってしまうリスクがあります。引越しが決まったらすぐに手続きをはじめてもいいほどに、重要度の高い手続きです。

どの手続きも大切ですが、ネットの住所変更が終わっていれば他の手続きはネット上で完結するものが多いです。できれば先にやっておきましょう

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.