Archive for the ‘引越しの準備’ Category

自転車の引越しは防犯登録の変更が必要です

2022-02-13

自転車を購入したときに「防犯登録」をおこないます。防犯登録は自転車の所有者を明らかにするもので、購入時におこないます。

実は防犯登録は、引越しをしたら現住所の変更手続きが必要です。どういう登録手続きが必要なのか、まとめてご紹介しましょう。引越し前におこなう手続きもありますよ。

盗難時に役立つ!自転車の防犯登録

自転車の防犯登録は、誰の自転車かを明確にするための登録です。登録すると自転車の所有者データが警察に保管されることになりますから、万が一盗難にあった場合でも自転車が見つかれば警察から連絡がきます。

また登録済みのステッカーを自転車に貼っておくことで盗難の抑止も期待できるのです。この防犯登録は、自転車の所有者の義務。

購入と同時に登録しなければならないことに決まっています。そして所有者が引越しをした場合は、登録内容を変更する必要があるのです。

引越し後に防犯登録のやり直し?を

では防犯登録の変更手続きはどうやるのか?新居が県外にある場合は、まず旧居のある県で防犯登録を抹消します。

登録の抹消は自転車屋さんで手続き可能。購入した店でなくてもほとんどの自転車店でできます。いったん抹消した防犯登録は、新居のある県でふたたび登録しなおしましょう。

登録も、ほとんどの自転車販売店で対応してくれます。ちなみに同じ県内の引越しなら、自転車を買った店またはほとんどの自転車店で登録の抹消、再登録をしてくれますので安心していきましょう。

いずれの場合も手続きには、自転車本体と所有者の身分証が必要です。

防犯登録済みの自転車は、盗難にあっても戻る可能性が高い

自転車の防犯登録は所有者の義務。とはいえ登録しなくても罰則はありません。

しかし防犯登録済みのシールがない自転車は盗難にあっても、まず戻ってこないと言われます。登録してあっても連絡先が現住所になっていなければ、警察からの連絡が届きません。

引越し後、落ち着いたら改めて登録しなおすようにしましょう。

引越し時の入居日と退去日の決め方

2022-02-12

お引越しが決まったら、まず新居を探して入居日と旧居の退去日を決めることになります。賃貸物件の場合、旧居と新居は大家さんが違うでしょうし、連絡先の不動産会社なども違うため連絡が大変です。

スムーズに手続きをするためには計画的に入居日と退去日を決める必要があるのです。

引越しのベストタイミングは月末と月初

賃貸物件への引越しなら、入居日と退去日のベストタイミングは月末・月初です。家賃が発生することを考えれば、入居日と退去日が離れていないほうがお得でしょう。

同じ日に退去・入居ができれば損することなく引越せる気がしますが、現実には難しいもの。さらにあまりにも近い日付で退去・入居日を決めてしまうと何かトラブルがあった時に対応が難しくなります。

できれば数日の余裕をもって退去日と入居日を決めましょう。賃貸物件なら月初が家賃発生日になることが多いので、月初に入居日、月初に引越しというケースでもそれほど損はないのです。

入居日と退去日、期間が開いているときは

いろいろな事情で、どうしても退去日と入居日が離れてしまうこともあります。すると新居と旧居、2か所の家賃が同時に発生する「二重家賃」を払うことになり、経済的な負担は大きいでしょう。

そこで重要なのが「家賃の日割り計算」です。賃貸物件の中には、初月の家賃は入居日からの日割り計算ができるところがあります。

日割りなら月初すぎてからの引越しでもまるまる1カ月分の家賃が発生することはありません。退去日も同様に日割り計算できる場合もありますから、不動産会社に確認してみましょう。

日割りで払えるかどうかは入居時の賃貸契約書に記載がしてあります。

入居日・退去日は不動産会社と相談して

引越しの入居日や退去日は、居住者の都合だけでは決められません。最初の賃貸契約書にある通りの家賃を払う必要がありますし、退去前におこなう「解約予告」の期間もあります。

引越しが決まったら大家さんや不動産会社に連絡を取り、どうすべきか確認してから最終的な日付を決めましょう。

引越しで失敗しないために。新居で採寸すべき場所

2022-02-11

引越しで新居が決まると、ほっとする方も多いでしょう。しかし引越し準備は、新居が決まってからが本格化します。

トラブルなく新居に荷物を運びこめるよう、事前に「部屋のサイズ」「玄関やエレベーターのサイズ」「クローゼットのサイズ」を採寸しておきましょう。引越し当日の作業がスムーズになりますよ。

新居に引越す前に採寸を!

新居が決まったら、まず次の4点を採寸しましょう。

1各部屋の広さ、入口ドアの広さ
2玄関・廊下・エレベーターのサイズ
3冷蔵庫、食器棚スペースの広さと形
4クローゼット幅と奥行き

部屋の広さや玄関、廊下、エレベーターのサイズは大きな家具や家電が入口から搬入できるか、確認するためのものです。最近の家電や家具は大型化しています。

店舗で見たときは問題なく入る気がしても、実際の搬入で玄関を通らなければ2階ベランダへクレーンで吊上げる作業が必要になる場合もあるのです。まずは採寸をしましょう。

部屋の採寸では天井高、クローゼットを必ずチェック!

意外と忘れがちなのが、床から天井までの高さ採寸です。部屋の天井高は物件の設計書があればわかるのですが、実際に測ってみるといろいろなデコボコがあり、思ったように家具が配置できないこともあります。

家具を入れようとして「入らない!」を防ぐためにも、実寸を見ておきましょう。またクローゼットも奥行きを測っておくことが重要。

とくにクローゼットのなかに収納ケースを入れる場合は奥行きが足りているか、収納ケースを収めた状態でクローゼットの入り口が開閉できるかを試すと安心でしょう。

窓サイズも測ってカーテンを準備

新居の採寸場所としては、ほかに「窓サイズ」もあげられます。窓サイズにピッタリのカーテンを用意するためです。

カーテンは新居に入居した当日から使うもの。しかし窓サイズにはバリエーションがあり、旧居から持ってきたものが短すぎることもあるのです。

新居採寸の時は、窓を測っておくのもお忘れなく。

引越し時に買い替えを検討したほうが良いエアコンとは

2022-01-23

お引越しは家具や家電の買い替えタイミングです。古いものを新居に持っていくより、新しいものを運んでもらったほうが安くなることもあります。

最近の家電は性能がアップしているので、新型に買い替えるのもおすすめ。特にエアコンは旧式のものより新型のランニングコストがいい、ということもあるのです。

購入後10年たっていれば、買い替えを

引越しを機にエアコンの買い替えを検討しているなら、「購入して10年たっているか?」を調べてみましょう。10年経過しているならそろそろ替え時です。

理由はふたつあり、「エアコンの寿命は平均10年」、「最新型はエコ仕様で節約できる」からです。エアコンに限らず、大型家電の寿命は一般的に10年だと言われます。

エアコン購入後10年が経過している場合は迷わず買い替えを。購入後8年がたっているなら、やはり買い替えましょう。

エアコンの引越しにはお金がかかります。せっかく有料オプションでエアコンを引越しさせても、新居で1~2年使って壊れてしまうのではもったいないでしょう。

買い替えのお金は必要ですが、長い目で見ればお得です。

新居の広さが大幅に変わるなら、広さにあったエアコンを

引越し先のお部屋が広い場合も新しいエアコンがおすすめ。エアコンには使用する目安の広さがあり、6畳のお部屋に10畳用のエアコンをつけても、冷えすぎたり温まりすぎたりします。

室温調整のために余計な換気が必要だったり体調を崩したりすることもあり、無駄が多いのです。6畳の部屋から8畳の部屋へ引っ越す程度なら調整できても、10畳、12畳の部屋に引越す場合は難しいでしょう。

部屋サイズに合ったエアコンに買い替えましょう。

古いエアコンの処分は引越し業者に頼める場合も

では古いエアコンはどう処分するか。新しいエアコンの購入先が旧居の近くなら有料で引き取ってくれますが、新居が県外にある場合は引き取りサービスを利用できません。

そんなときは引越し業者の「不用品引き取りサービス」を利用するといいでしょう。LIVE引越サービスならグループ企業に「リサイクルハナテン」があり、格安で不用品をお引き取りいたします。

ただし、どの引越し業者にもあるサービスではないので、確認が必要です。

引越しまであと1週間!荷造りが間に合わないときのお助け2点!

2022-01-21

引越し準備を進めていて「ひょっとしたら荷造りが間に合わないかも」と不安になったことはありませんか。仕事と家事、育児といった普段の生活と並行して、引越しの荷造りをするのは大変です。

どうしても間に合いそうにない場合は「いったん荷物を預けてしまう」「引越し業者のオプションサービスを利用する」などを検討してみましょう。引越し当日までに荷造りすることが、何よりも大切です。

仕分けをやめて、まとめてトランクルームへ

引越しの荷造りでは箱詰めと同時に捨てる・処分することをしなくてはなりません。しかし「処分するかどうか??」と考えることは、意外と時間を取られるもの。

迷っているうちに作業が止まってしまうのです。もうどうにも荷造りが間に合わない!というときは、とにかく箱に詰めて近くのトランクルームに預けてしまいましょう。

不用品も預けることになりますが、新居についてから仕分けして捨てればいいのです。どうしても時間が足りない、という場合は非常手段としてトランクルームの利用も考えましょう。

プロに荷造りを依頼

もうひとつは、引越し業者の有料オプション「荷造りサービス」を利用することです。引越しの1週間前に依頼すればスタッフが来てくれ、荷造りに集中してあっという間に終わってくれます。

部屋のサイズ・間取り、荷物量によって費用は変わりますが、確実に期日までに荷造りが終わるのがメリット。ただし、あまり引越し日にちかいと有料オプションでも利用できないことがありますので、遅くとも4日前までに依頼しましょう。

プロの荷造りはスピードが違います。かなり荷物のある場合でも2日あれば片づけてくれるので安心です。

引越し業者の荷造りサービス、一時預かりを利用

初めてのお引越しでは、荷造りにどれくらいの時間がかかるのかわからないことが多いでしょう。実は意外と手間がかかり、引越しギリギリまで荷造りすることが多いのです。

トランクルームや引越し業者の荷造りサービス、一時お荷物預かりサービスなどを上手に利用しましょう。

結婚・同棲の二人暮らしスタート。立ち寄り引越しプランを検討しませんか。

2022-01-20

お引越しのタイミングの中でも、特に多いのが結婚や同棲で、二人の部屋へ引っ越すというもの。この場合、それぞれのご実家から荷物を搬出することが多いのです。

ただし2か所から引っ越す場合でも新居が一か所なら「立ち寄り引越し」ができるケースもあります。料金もお安くなりますよ。

2か所から荷物を積んで、新居へ

「立ち寄りプラン」とは、2か所以上の場所でお荷物を積み込み、新居へ運ぶ。あるいは2か所以上の場所へお荷物を分けて運ぶという引越しです。

同じトラックにお荷物を積み込むことになりますので、車両はひとつでいいのがメリット。もちろん引越し件数としては1件です。もちろん引越し業者の窓口も一つで済みますね。

有料オプションで「別場所での積み込み、積み降ろし」が発生する形のお引越し。それでもおふたりが別々に2件分の引越しを依頼するのに比べて、費用が安くなるのです。

立ち寄りプランなら、単身引越し2人分よりも安い

引越し料金としてはどれくらい安くなるのか。単純に計算して、同一市内の単身引越しプランが約2万円とすると2人分で4万円かかります。

しかし引越し業者の立ち寄りプランを利用すれば、通常の引越し料金に立ち寄り分の有料オプションが発生するだけ。2人分よりは安く引越しができるのです。

積み込みのお日にちも同じ日ではなく翌日にずらすこともできますし、1日で2か所から搬出して新居へおろすことも可能。2人の引越しではとても使いやすい方法なのです。

2か所まとめてのお引越しでお得に

立ち寄りプランの場合は、2か所の搬入先がそれほど遠くない、という条件が付きます。同一市内なら問題はありませんし、同一県内なら立ち寄りプランが適用できる場合が多いようです。

結婚や同棲をきっかけに引越しをする場合は引越し業者に確認を。まとめてお引越しする方法を考えるといいでしょう。

エアコン取付、電気工事業者と引越し業者、どっちに頼むとお得?

2022-01-19

いまやお部屋にエアコンがない生活は考えられない…という人は多いはず。引越しの時にエアコンを運ぶケースも多いのですが、その際「電気工事者に頼むか」、「引越し業者のオプションを頼むか」で迷うこともあります。

費用的な問題、手間の問題、の両方を考えてみましょう。意外と引越し業者にまとめた頼むほうが良いかもしれません。

引越し業者のエアコン工事は、手配がラク

引越し業者に依頼するメリットは「簡単である」こと。引越しを依頼するとき、見積もりを取るときにエアコン取付の費用も含めてもらえばいいだけです。

工事業者を別に探して依頼する必要はなく、引越しと同時に終わります。窓口も一か所ですから混乱することもありません。とても楽で簡単なのです。

デメリットは、料金的にやや高いケースもあるということ。高いと言っても直接、電気工事業者に頼むのとそれほど差はありませんし、手間や時間を考えると一緒に頼むというお客さまはとても多いです。  

電気工事業者だと、安くなる可能性がある

電気工事業者に頼む場合は料金の交渉ができる点がメリット。逆に言えば、それ以外の大きなメリットはあまり見当たりません。

費用的には少しお安くなるとしても工事業者は自分で探して連絡し、値下げ交渉をする必要があります。また取りはずしや取り付けだけを依頼しても、はずしたエアコンは新居へ運ばねばなりません。

エアコン運搬の手配は別におこなう必要があり、引越し業者の有料オプションを利用するときのように「お願いしますね」の一言では終わらないのです。時間と手間を考えると、費用のメリットはそれほど大きくないかもしれません。

有料オプションの上手な利用を

多くの引越し業者はさまざまな有料オプションを用意しています。電気器具の取り外しや取り付けサービス、テレビアンテナの設置、パソコンの配線などです。

LIVE引越サービスでもお客さまのラクラクな引越しのために各種サービスがあります。気になる場合は引越しのお見積もり依頼と同時にご相談ください。

引越し前に確認しておくべき新居まわりの災害危険度

2022-01-18

新居選びに欠かせないのが、エリア決め。住むエリアを決めたら「災害危険度をチェック」するのがおすすめです。

ここでは、引越しの後に新居周辺がリスクの高い場所だとわかった場合の、対処法も含めてご紹介しましょう。日本に住んでいる以上、自然災害のリスクはゼロではないのです。

新居周辺のハザードマップを入手

引越し先のめどがたったら、まず新居回りのハザードマップを手に入れましょう。ハザードマップとは「自然災害による防災のために作られたマップ」です。

被災すると想定されるエリア情報がのっていて、被害予測や被害想定図なども掲載されています。ハザードマップは各自治体の役場で配布されていますし、最近ではオンラインでも入手できます。

引越し先がきまったら賃貸契約をするまえに、一度でいいからハザードマップで新居周辺の被害予測などをチェックしましょう。

ハザードマップでわかる災害危険度

具体的にハザードマップでわかる情報は以下の4点です。

1 浸水予想
2 土砂災害のリスク
3 地震による被害予測、被害範囲
4 津波、高潮の被害予想

引越し前に調べて、災害リスクがあまりにも高い場合は新居のエリアを変えるのがおすすめ。とくに以前に浸水があったところ・洪水被害が多い場所は避けたほうが良いでしょう。

防災意識をもって新居を選ぶ

新居周辺が、災害リスクの高い場所だが、今更変更できないという場合は、災害時の対応をよく考えておきましょう。日本では、どこに引越しても災害に合う可能性はあります。

「万が一の場合はどう行動するか」「災害時、家族はどこに集まるか」「食料や水、非常持ち出し袋などを用意しておく」など備えをすることが大切。

事前にハザードマップで新居周辺のリスクを調べ、いざというときの備えもしておけば安心です。

引越し時、ガスの停止に立会いは必要?

2021-12-22

引越し時に頭に入れておきたいのが、ライフラインのこと。電気・ガス・水道のライフラインは引越し時に「移転手続き」をする必要があります。

電気と水道は、各企業に連絡を入れるだけで済みますが、ガスは別です。ガスは新居での開栓時に立会いが必要ですし、旧居でも場合によっては立会うこともあります。

ここではガスの停止に立会いが必要なケースを見てみましょう。建物に入らないとガスを止められない場合は、住人がいるところでガスの閉栓をする必要があるんです。

ガス停止の作業時に、屋内に入る必要がある場合は立会いを

引越し直前、旧居でガスを停止するときは立会い不要です。管轄のガス会社に連絡を入れるだけでいいのですが、場合によって契約者や住人が閉栓時にその場にいなければならないこともあります。

たとえばガスメーターが家の中にある場合、または集合住宅でオートロック式になっている場合です。どちらもガス会社のスタッフが屋内や建物内に入るとき、契約者もしくは住人がドアを開ける必要があります。

旧居のガスメーターがどこにあるのか。閉栓作業に立会う必要があるのかは、ガス停止の連絡時に確認しましょう。

ガスの停止手続きをしないと、契約者に請求が行く

では、もし引越し当日までガス停止の連絡を忘れていたらどうなるでしょうか。この場合、使用料金は従来どおりの契約者へ請求されます。

引越しをガス会社に連絡していないと、ガスはとまりません。もちろん旧居が空き家のままならガスは使用されませんが、基本使用料はガスの契約者に請求されてしまいます。かならず停止手続きを行いましょう。

それほどの金額が請求されることはありませんが、必要のないお金を払うことになりますから、引越し当日でもいいので必ず停止手続きをおこなうことです。

ガスの開栓には、必ず立会う

新居での開栓には立ち合いが必要です。開栓時にはガス会社からスタッフが来て、新居でのガス漏れや使用するガス器具の確認をします。

ガス漏れ警報器の確認もしますので、かならず契約者が立会うことになるのです。契約者がいない場合は代理人でもOKとなっていますから、どうしても都合がつかないときは家族に頼んでおきましょう。

なお、代理人が立会いをする場合はガス会社に「代理人立会いです」と連絡すると当日もスムーズに終わります。

赤ちゃんにストレスのない引越し方法とは

2021-12-21

住む場所が変わる、膨大な荷造り・荷ほどき作業が必要な引越しは、大人にとってもストレスがかかるイベントです。まして小さな赤ちゃんにとっては目に見えないストレスになって襲いかかります。

ここでは赤ちゃんが安心して引越しができるコツ2点をご紹介しましょう。まずはママ・パパがゆったりすること。そして上手に引越サービスを利用することです。

引越し準備中もふだんのペースで生活する

引越しは準備が大変。しかも家事や育児、仕事と並行して引越しの手続きや荷造りをしていく必要があります。大人にとっては負担が大きなイベントです。

そして身近な大人であるママやパパが多大なストレスを感じていると、小さな赤ちゃんも鋭敏に察知するもの。赤ちゃんの月齢が小さいほど、日常生活の些細な変化が影響を及ぼします。

「赤ちゃんが寝たら、荷造りしよう」と思ったり「ふだんなら赤ちゃんがお昼寝するタイミングだけれど、金融機関の手続きに行かなくちゃ」などと外出したりすることが増えるでしょう。

生活リズムの乱れは赤ちゃんにストレスを与えます。なるべくふだんと同じペースで動けるようにするのがコツです。

引越し業者の荷造りサービス、ハウスクリーニングサービスを利用

しかし、赤ちゃんのペースに合わせていては引越し準備が進まない……というときは、引越し業者の有料オプションを利用しましょう。

たとえばLIVE引越サービスなら梱包や荷解きをスタッフが代行する「荷造り・荷解き(ラクラク)サービス」が有料オプションとしてご用意してあります。引越し作業の大部分を占める荷造り・荷解きの両方もしくは、片方だけでも頼めるとストレスはぐっと減るでしょう。

またハウスクリーニングも有料オプションでお受けしております。お気軽にご相談ください。

引越し業者など外部に作業を委託してストレスのない引越しを

小さな赤ちゃんと一緒の引越しは、思った以上に大変なものです。赤ちゃんの体調に配慮するなら、スポット的に外部の力を借りるのがおすすめ。

赤ちゃんにかかるストレスを考えつつ、大人も子供もラクラクな引越し方法を考えてみましょう。

引越し当日、新居についてから「しまった!」と思ったこと

2021-12-19

引越し準備は完璧にやったはずなのに、新居へ到着したとたんに「あれがない、これがない!」となった経験はありませんか?

ここでは、引越し当日の「しまった!」を3点ご紹介します。事前に気を付けておけば、防げることも多いのです。

①家具に転倒防止用ジェルマットを貼りわすれた

大地震がいつおきてもおかしくない時代です。家具の底に転倒防止用のジェルマットを貼っておくことで、命が助かることもあります。

とはいえ、すでに設置済みの家具を持ちあげてジェルマットを貼るのは大変。引越しは家具の耐震をチェックする絶好のタイミングです。

荷物を新居に設置するときに、すばやくジェルマットを貼ればOK。タンスや本棚など移動させることが難しい家具ほど引越し時のチェックが大事です。

②照明器具・カーテンの用意を忘れていた

新居へ引っ越すときは、照明とカーテンを忘れないようにしましょう。旧居にいるときは何気なくつかっていた照明器具やカーテンは、引越し時に忘れてくるもののトップです。

照明器具は旧居に備えつけのこともあり、新居に到着してから「照明がない!」とあわてて買いに走ることも。また引越しは昼間におこなわれることが多く、日が落ちてから照明器具がないことに気づくケースもしばしば。

逆に夜に明かりをつけてみて「カーテンがなく、外から丸見え!」とわかることもあります。照明とカーテンは新居にあるかどうか、必ず確認しましょう。

③新居での家具の置き場所を決めていなかった

実はこれ、非常によくある「うっかり」です。新居に到着し、荷物を降ろそうとしたときになって「この家具、どこに置けばいいんだろう?」と気づくことがあります。

引越しスタッフに、新居での家具の置き場所を明確に指示しなければ作業は止まってしまいます。時間がただ、経過していくばかりです。

新居での荷物のレイアウトは、事前に決めておくことで、スムーズな引越しになります。バタつくことが多い引越し当日こそ、事前の準備であわてないようにしましょう。

一軒家のゴミ出し・マンションのゴミ出しのちがいって?

2021-12-18

毎日どうしても出てくるゴミ。ゴミ出しは必要不可欠なことですが、居住している市区町村や住宅の形によってルールが変わってきます。

ここでは「一戸建てのゴミ出しの注意点」「集合住宅のゴミ出しの注意点」をご紹介します。細かいルールがそれぞれありますので、引越し前に確認しておきましょう。

一戸建てのゴミ出しルールは時間と区分が重要

一戸建てのゴミ出しは、決まった曜日の朝に集積場へゴミを持っていく形がほとんどです。分別ルール、収集時間、場所などは居住地それぞれで全く違いますので、引越し前に必ず確認をしましょう。

細かいルールや注意点は新居のある市区町村役場で聞くことができます。あるいは各自治体のホームページに記載がありますので確認を。

実は近隣とのトラブルの多くはゴミ捨てに関係しているといわれます。ルールに従ってゴミを出すのは新居でのトラブルを未然に防ぐ事にもなりますので、必ず守りましょう。

ゴミステーションがあるマンションはラク

大型マンションや集合住宅には、住人専用のゴミステーションを設置しているところがあります。ゴミステーションには収集日を関係なくゴミ出しがOK。

ゴミ出しの曜日や時間を気にしなくていい点は非常に大きな利点になります。ただし、ゴミステーションがあるマンションでも、ゴミ袋は市区町村の指定ゴミ袋あるいは透明や半透明の袋で出すというルールがあります。

ゴミステーションがあるからといって、どのような形のゴミ捨ても許されている、というわけではありませんので、管理組合などに聞いておきましょう。集合住宅でもゴミ出しのトラブルは騒音と並んで、大きなご近所問題の原因です。

快適な新生活のために、ごみルールの徹底を

引越し時にはさまざまなゴミが出ます。旧居で捨てられるものは全部捨ててきても、新居で荷解きをすればいろいろなゴミが出てくるもの。

そんなとき、新居エリアのゴミ捨てルールを知らずにうっかり間違えてしまうと、思わぬトラブルになりかねません。住んでいるエリアによってもゴミ出しルールは違いますし、一戸建てとマンションではゴミの出し方がちがいます。

引越し後の新生活をスムーズに始めるためにも、事前に新居でのゴミ出しルールを知っておきましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.