Archive for the ‘引越しの準備’ Category

2021年引越し繁忙期到来!引越し難民がとるべき対策

2021-03-18

3月になりました。いよいよ引越し業界が1年で一番いそがしい繁忙期がやってきます。では2021年の引越し繁忙期はどうなるでしょうか。

引越したいのに予約が取れない「引越し難民」はでるのか、もし「引越し難民」になってしまったら対策は何があるか? 繁忙期に引越したいのに予約が取れない方、どうぞLIVE引越サービスへご相談ください!

2021年春の引越し繁忙期は、引越し数が増加しそう

2021年の春の引越し繁忙期がいよいよやってきました。3月・4月は1年で一番お引越しが集中する時期のため、希望する時期に引越しができない「引越し難民」が出ることもあります。

2021年の春の繁忙期に関しては、コロナ禍で自粛が続いていた2020年より引越し件数が多くなると予測されています。例年どおり、3月下旬に引越しが集中する傾向がみられます。

ただし東京都及び関東エリアなど緊急事態宣言が発令されている地域への引越しは、引越しを延期する「引越し控え」の動きが見られます。しかし春の繁忙期は引越しを希望する絶対数が多いため、やはり引越し業者が対応できる以上の相談・予約が殺到しているのは事実です。

2021年の繁忙期も、引越し難民が発生する可能性は非常に高いと言えるでしょう。

まずは中小規模もふくめ、引越し業者を探して予約!

では「引越し難民」になってしまったらどうするか。まずは多くの引越し業者と連絡を取り、少しでも引越しを受け付けられそうな業者に見積もりを取りましょう。

引越し業者の選定に関しては、LIVE引越サービスのように地元密着型の業者も候補に入れておくと選択肢が広がります。大手業者から探し始めるのもいいのですが、どこからも断られてしまったという場合は、中小クラスの引越し業者で実績が多い・ネットなどの口コミがいいという業者からも見積もりを取りましょう。

あまり知名度が高くない引越し業者であっても引越しの実績が多く安心できる業者も多いのです。

引越し難民になる前に、LIVE引越サービスへ相談を

2021年の春の繁忙期は、新型コロナウイルスの感染拡大で引越し控えが多かった2020年より件数が多いと見られています。「引越し難民」にならないよう、3月4月のお引越しを希望される方はLIVE引越サービスへお問い合わせください。

LIVE引越サービスでは、日本全国どこへ行くお引越しでもご相談をお受けしています。

3月に埼玉から西宮へ格安ファミリー引越しされた40代会社員のアンケート

2021-03-18

今回は3月に埼玉から西宮へファミリー引越し単身引越しをされた会社員のお客さまのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。3月という繁忙期、お荷物量の多いファミリー引越し、しかも長距離という条件が重なり、他社さんでは見積もりも取れない状況。

ご相談からすぐさま、ご依頼をいただきました。ありがとうございます!

当日の引越し作業の内容はいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」といただきました。コメント欄を見ると「転勤族でこれまで何度も引越してきましたが、作業員さんたちがとてもてきぱきしていて想像以上にスピーディでした。次の引越しもぜひLIVE引越サービスに頼みたいと思います。これほど気持ちのいい引越しができたのは初めてでした」とありました。

当日の作業スタッフはチームで動くように心がけておりますので、無駄なく搬出・搬入の作業ができたのではないかと思われます。ありがとうございました。

次回のお引越しもぜひLIVE引越サービスにご相談ください! 日本全国、どこへいくお引越しでも対応いたします。

当社での引越しは総合的にいかがでしたか

この質問に対しては「とても満足」とご回答いただきました。今回のお引越しでは、LIVE引越サービスとあわせてグループ会社のリサイクル業者である「リサイクルハナテン」もご利用され、不用品をスッキリ処分されました。

LIVE引越サービスでは、お引越しの不用品対策として「リサイクルハナテン」での不用品回収をご紹介しております。お引越し前に不用品を処分されれば、新居へ運ぶお荷物量が減り、引越し料金も節約することが出来ます。

お引越しの機会に家具や家電を買い替えようと思われるのなら、ぜひいちどご相談ください。

繁忙期でも格安でお引越し

繁忙期のファミリー引越しは予約を取るのも大変なものです。なかなか引越し業者が見つからない、安心して任せられる引越し業者を探したいと思われるなら、LIVE引越サービスに見積もりをご依頼ください。

繁忙期でも格安でお引越しできるよう、さまざまなアドバイスをさせていただきます。お見積もりだけでもお受けしております。お気軽にどうぞ。

引越し業者で繁忙期は異なる?!引越しカレンダーは要チェック

2021-03-17

3月・4月は引越し業者の繁忙期。どの業者も混み合っていると思うかもしれませんが、実は業者によって繁忙期のピークが微妙に異なります。3月前半にピークが来る業者もあれば、4月中旬までずっと予約がいっぱいの業者もあるのです。

各社のサイトにある「引越しカレンダー」をチェックして、少しでも空いている時期を探しましょう。空きがあれば希望日の予約が取りやすくなり、見積もり額も低くおさえられるからです!

「お引越しお得日カレンダー」で最新情報をチェック

基本的には、引越し繁忙期は3月20日~4月10日くらいまでになります。この間は日本中の引越しが集中する時期であり、予約を取るのも難しいでしょう。

いわゆる「引越し難民」が出るのも、3月下旬から4月初めにかけてです。LIVE引越サービスでも「引越し混雑日」として、早めのご予約をおすすめしている時期。

しかし引越し会社によって、繁忙期のピークは多少ずれることがありますので、最新の情報を公式ホームページで確認するといいでしょう。LIVE引越サービスの場合は、公式サイトのトップページに「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」を載せています。

お引越しお得日カレンダーは随時、最新の情報に更新していますので、引越し予定の方はまずカレンダーをチェック!繁忙期であっても余裕のある日を一目で確認することができます。

引越し希望日がピークからずれている業者をチェック

3月~4月にかけての引越し繁忙期は、予約が取りにくいうえに引越し料金も高額になります。できれば繁忙期をはずして引越しをするといいでしょう。

引越し料金は業者ごとに大きくちがい、業界で統一された金額はありません。少しでも空いている日を選んで、各引越し業者と個別に見積依頼・金額交渉をすると安くなるようにしましょう。

繁忙期のピークのずれなどを計算に入れるのなら、複数の引越し業者に見積もりを依頼すべき。そしてできれば金額交渉をしなくてもいいように、初めから適正価格を提示する引越し業者を選ぶと無駄がありません。

LIVE引越サービスなら値引き交渉なしで、初めから格安の見積額を提示することが出来ますから、時間の節約になりますよ。

引越しカレンダーで格安日を確認

引越し繁忙期のピークは引越し業者ごとにことなります。繁忙期でも業者によっては格安引越しが可能ですから、かならず業者の公式ホームページの引越しカレンダーでお安い日・予約に余裕がある日を確認しましょう。

ピークがずれていれば、繁忙期でも格安で引越しができるでしょう。

3月に京都から神奈川へ格安単身引越しされた学生のアンケート

2021-03-17

今回は3月に京都から神奈川へ単身引越しをされた大学生のお客さまのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。京都の大学を卒業されて就職のための単身引越し。

大学入学時の引越し業者と比べて、LIVE引越サービスのスタッフ対応を高く評価していただきました。ありがとうございます!

当日スタッフの服装・マナー・言葉づかいはいかがでしたか

こちらの質問には「とても満足」と回答いただきました。とくに当日の作業スタッフのマナー、言葉づかい、対応についてコメントがあり、「当日来てもらったひとたちがとても明るくて丁寧で、好感が持てました! 最初の挨拶もきちんとしてもらったので、安心して荷物を預けられました」。

当日の作業スタッフは最初に挨拶をし、それから引越しの流れをご説明してから実際の作業に入ります。その後もひとつひとつ確認をしたうえで搬入・搬出をおこないます。

疑問点などはその場でお答えしますので、お気軽にお尋ねください。

受付での対応はいかがでしたか

こちらの質問には「満足」といただきました、ありがとうございます! お引越し時期が3月の繁忙期でもあり、見積もりを早くほしいというご要望を受けて受付スタッフがすみやかに営業へつないだ点がよかったようです。

またご希望のお引越し日についても、はじめは限定されていたようですが受付スタッフと話すうちに複数の候補日が見つかり、結果として非常にお安い引越しが実現しました。LIVE引越サービスの受付スタッフは、お客様に丁寧でわかりやすい接客をするよう心がけております。

初めてのお引越しでも安心しておまかせください。

どのスタッフもわかりやすい説明、丁寧な接客

学生さんのお引越しは引越しスタッフの対応や、受付スタッフの対応で安心感が大きく変わります。LIVE引越サービスではどのスタッフもわかりやすい説明、丁寧な接客でお客さまにご満足していただけるよう努めております。

お気軽にご連絡ください!

繁忙期でも確実に引越ししたいならすべきこと

2021-03-16

3月4月は引越し業界全体の繁忙期です。最近では「引越し難民」が出てしまうほどの混みよう……。

引越し難民とは「引越ししたいが、引越しを引き受けてくれる業者が見つからなかった」というケースです。しかし就職や大学入学などで、どうしても繁忙期に引越さなくてはならない場合があります。

春の引越し繁忙期に確実に引越したいのなら、まず引越しをしてくれる業者をただちに見つける必要があります。

まずは引越し予約!

引越し繁忙期に確実に引越すためには、引越し予約を済ませましょう。繁忙期のピークにあたる3月下旬には予約が多すぎて、希望日に引越せるかどうかわかりません。とくに週末・月末の引越しを希望している場合は早めの予約が必要です。

春の繁忙期に確実に引越すなら、1月2月の段階で引越しの予約を済ませておくこと。もし遅くなったら、大手業者にこだわらず柔軟に対応してくれる中小の引越し業者からも見積もりを取って、予約できる引越し業者をおさえてしまうことです。

複数の希望日を用意、空いている日に引越し

春の繁忙期に確実に引越したいと思うなら、初めから複数の引越し予定日を用意しておきましょう。もちろんさまざまな事情から「どうしてもこの日までに引越しがしたい!」という場合もあります。

しかしできれば2~3日の引越し予定日を用意してから引越し業者と打ち合わせると、予約がスムーズです。また週末や月末の引越しにこだわらないことも重要。

とにかく希望日に近いところで、引越し業者が空いている日・引越しができる日を見つけましょう。春の繁忙期はあっという間に引越し予約が埋まってしまい、業者のキャパシティを超える引越し予約が殺到します。

引越し希望日にこだわらないことでスムーズな予約ができるのです。

繁忙期はまず引越し業者を決めて予約!

繁忙期の引越しは、まず引越し業者を決めること。つぎに引越し予約を済ませることです。

この2点が終わっていないと次の各種手続きや荷造りに入れません。3月・4月の繁忙期に引越す予定がある人は、とにかく早く引越しの予約をすることが大事です!

『分散引越し』は結局引越し難民の解決になったのか?

2021-03-15

日本の引越しは3月・4月に集中します。企業の人事異動も新入社も大学への入学もすべてが春に集中しているために、引越し業者のキャパシティを超える数の引越しが殺到します。

ついには「引越し難民」が発生するほど……そこで始まったのが「分散引越し」です。ここでは、分散引越しによって引越し難民は減ったのか、問題は解決したのかを検証してみましょう。

引越し繁忙期を避けて、繰り上げ・繰り下げ引越し

「分散引越し」とは、3月・4月に集中する引越しを、2月に繰り上げたり、4月の後半や5月ゴールデンウィークまで延期したりして、引越しが短い期間に集中しないようにすることです。国土交通省と全日本トラック協会が協力し、経済界などに引越し時期の分散を依頼しています。

企業側では人事異動の期間をずらしたり新しい部署への移動を早めたりして、引越しが春の一時期に集中しないようにしています。このような分散引越しの実現によって一定の効果が上がっており、春の引越し難民問題はわずかですが、改善の兆しが見えています。

とはいえ、まだまだ分散しきれていないのが実情。国交省や全日本トラック協会では、ひきつづき分散引越しへの協力を呼び掛けています。

国土交通省職員の異動でも分散引越し

「引越し難民」解消への切り札となりうる分散引越し。国交省などでは、分散引越しのために新たな取り組みを始めています。具体的には次の2点です。

1. 国土交通省職員の異動では4月第2週目以降の引越しを検討するよう職員に連絡
2. 4月1日付なら、4月10日ごろの赴任でもOK

あくまでも業務に支障のないかぎり、という条件が付きますが、繁忙期のピークをはずして引越すことは、国交省職員にとっても引越し業界にとっても大きなメリットです。

民間企業も人事異動のタイミングを見直し

国交省の分散引越しにあわせて、民間企業でも異動の時期を分散化し、引越し時期をずらすことの検討が始まっています。各経済団体も民間企業に春の人事異動を見直すよう要請していますし、引越し業界からも分散引越しをおすすめしています。

引越し料金の節約にもなる分散引越しが今後もっと広がれば、「引越し難民」問題の解消に大きく貢献するでしょう。

そもそも『引越し難民』とは?2021年の引越し動向

2021-03-14

2021年もいよいよ本格的な引越し繁忙期です。引越し予約が急増するために、希望する時期に引越しができないこともあります。

引越し業者に予約ができないという「引越し難民」は、2021年の繁忙期には出てしまうのでしょうか。3月後半の本格的な引越し繁忙期が始まる前に、2021年の引越し動向を見ておきましょう!

引越したいのに業者が見つからない「引越し難民」

「引越し難民」とは、引越しをしたいのに引越しを引き受ける業者が見つからず「引越したいけれど引越しできない」というケースをいいます。2018年ごろから徐々に聞かれ始めた言葉で、2019年にはかなりの人が「引越し難民になった」とSNSなどで発信していました。

ネットやテレビなどのメディアでもかなり取り上げられたので、そこで「引越し難民」という言葉を知った人もいるでしょう。しかし2019年、春の繁忙期に格安で引越しができた人も多くおり、引越し業者のなかにも「お客さんの要望には十分こたえられた・引越し難民はなかった」という意見もあります。

春の繁忙期であっても、事前に人手や車両を準備してあった引越し業者では引越し予約に十分対応できたようです。

2021年の繁忙期は、引越しが微減?

では2021年春の繁忙期はどうなるでしょうか。ここでは就職や転勤で移動する引越しと、大学入学のための引越しの2種類から「引越し難民の動向」考えてみました。

まず就職や転勤の引越しに関しては、例年とあまり変わらないか、少しですが引越し件数が減る可能性があります。新型コロナウイルスの影響を受けて企業の実績は良好ではないとはいえ、ワクチン接種が始まるなど経済活動が再開する見通しも出てきました。

そのため新入社の件数はほぼ変わらないとみられています。しかし人事異動を控える企業もあるため、転勤の数は減りそうです。

いっぽう大学入学の引越しは、数がやや減少しそう。これはオンラインでの授業を取り入れている大学が増えたためで、全面的に対面授業に戻る時期までは実家ですごす学生さんが多いからです。

週末や月末近くの引越しは例年どおり混雑

2021年春の引越し繁忙期は、「例年並み、もしくは微減」するかもしれません。しかし、そもそも3月4月は引越しが多い時期です。

特に週末や月末近くの引越しを希望する場合は、ただちに引越し業者の見積もりを取り、予約をしておきましょう。

【2021年】繁忙期の引越しを避けた『分散引越し』のススメ

2021-03-12

引越しの繁忙期である3月・4月の初めには一気に引越しが集中します。引越し業者のキャパ以上に予約が殺到することになり、ついには引越し難民が出現する事態になりました。

2018年に大々的に発生した引越し難民事態を受けて、国土交通省や全日本トラック協会は「分散引越し」を提唱しています。ここでは引越し日をずらす「分散引越し」についてご説明しましょう。

ほんの1週間や10日間、引越し日をずらすだけでとても楽にお安く引越せるのです。

2月や4月中旬以降の「分散引越し」

全日本トラック協会では、2月や4月中旬以降の引越しを推奨する「分散引越し」をすすめています。例年、春休みにあたる3月下旬には1年の全引越し件数の約3分の1が集中。

希望日に引越しができないケースがでるため、国交省や全日本トラック協会では、ひろく分散して引っ越してみてはどうでしょうかと提案しているのです。3月は上旬ならまだ引越し業者に余裕がありますし、4月も第2週になれば引越し件数が落ち着いてきます。

分散引越しなら希望日に引越せるようになり、引越し料金も安くすみます。全日本トラック協会や国土交通省では、2019年ごろから本格的に「分散引越し」をすすめているのです。

余裕のある分散引越しなら、引越しがスムーズ

分散引越しのメリットには引越し料金が安くなる・希望する引越し時間の予約が取りやすい、などがあります。3月後半の超繁忙期には需要と供給の問題から引越し料金の価格交渉は難しいでしょう。

しかし分散引越しでは引越し料金は超繁忙期ほど高くはありません。また時間に余裕があるため午前引越しが可能になり、引越しスケジュール全体が非常にスムーズに進みます。

分散引越しなら引越しのトラブルが起きにくくなることからも、国交省は経済団体を通じて民間企業の人事異動時期の分散を呼びかけているのです。

人事異動の時期の見直しなど、効果あり

国土交通省と全日本トラック協会は、2019年ごろから分散引越しを提唱しています。しだいに効果が見られており、人事異動の時期をずらしたり現地に赴任するのを4月中旬でいいと変更したりする企業も出てきました。

この先も分散引越しの動きは加速していくかもしれませんね。

ZOOM見積受付中!効率的なスピード見積りで繁忙期の引越し難民回避

2021-03-11

新型コロナウイルスの勢いはとどまることを知りません。さまざまな場面で「新しい生活様式」が浸透し、引越しの見積もりに関しても大きな変化が生まれています。そのひとつがオンラインを利用した見積もりです。

LIVE引越サービスでは「ZOOM見積」もできるようになりました! ここではZOOM見積のメリット2点をご説明しましょう! 時短で簡単に見積もり額が分かります!

オンラインですぐに正確な見積もりが出る

「ZOOM見積もり」とはWeb会議システムであるZOOMを利用して引越しの見積もりをすることです。ZOOMでは映像と音声を使ってLIVE引越サービスのスタッフとお客さまがその場でお話できるので、疑問点がすぐに解消するのが大きなメリット。

またLIVE引越サービスのスタッフは画面でお荷物量を正確に見ることができるので、最初から適切な見積もり額を提示することができます。

お客さまのご自宅内のネット環境にもよりますが、基本的にはスマホやモバイル端末があれば、日本中どこにいてもすぐに見積もりを始められるので、とても気軽に利用していただけるのです。

ZOOMアプリは無料、見積もり依頼も無料ですむ

さらにZOOMアプリは無料でダウンロードできるのも大きな利点です。引越し業者の見積もりはもちろん無料ですしZOOMアプリのダウンロードもお金がいらない。

となれば引越し見積もりをオンラインで依頼するハードルはぐんと下がることになります。ただしアプリダウンロードにはお金はかかりませんが、ZOOMを利用している間はデータ通信量が発生します。

自宅にWi-Fi環境が整っている場合は、何も心配せずにどんどんオンラインでの見積もりを依頼しましょう。なおZOOM見積もりは事前にお電話でご予約いただくようおすすめしています。

新しい生活様式の引越し見積もりをやってみよう

新型コロナウイルスの収束が見られない現在、なるべく人との接触を減らしたいでしょう。ZOOM見積もりでは直接、LIVE引越サービスのスタッフと顔を合わせずに終わるのも大事なポイントです。

コロナウイルスの感染拡大がおさまるまでは、ぜひZOOM見積もりをご利用ください。

オフィス引越しも繁忙期を避けて移転コスト削減

2021-03-09

個人の引越しでも準備や当日の作業は大変です。ましてたくさんの什器や書類などを運ぶオフィス引越しでは、一般的な引越しの数倍の時間と手間がかかります。もちろん引越し料金も高額。

今回は「オフィス引越しこそ繁忙期を避けるべき理由」2点をご紹介しましょう。コストのかかるオフィス引越しこそ、引っ越し時期を選ぶべきなんです。

3月、9~12月がオフィス引越しの繁忙期

オフィス引越しの繁忙期は1年に2回あります。一般の引越しが多い3月と、秋の9~10月ごろです。

春は新年度に合わせて新オフィスをオープンさせたいというのが大きな理由ですし、オフィスの賃貸契約上、3月末日までに引越さねばならないケースもあります。秋の引越しについてはオフィス移転を終えて年内に通常営業を始めたいという点が理由です。

いずれにせよ、オフィス引越しの繁忙期は春と秋の2回やってきて、繁忙期のあいだは引越し料金が高額になるというのが重要な問題です。なぜなら運ぶべき什器や荷物が多いオフィス引越しは、引越し料金が格安になりにくいからです。

オフィス引越しのおすすめは5月初め

少しでも安くオフィス引越しをしようと思うなら、春と秋の繁忙期以外に引越すようにしましょう。おすすめの時期は5月です。

5月は天候も安定していますし、気温もそれほど高くないため引越し作業に向いている時期。日程的にはゴールデンウィークがありますので、通常業務を途切れさせずにオフィス移転ができます。

ちなみに、連休周辺でオフィス移転をしたいのなら、早めに複数の引越し業者から見積もりを取るのがいいでしょう。見積もりは最低でも4社以上の業者から取り、詳細に比較検討します。

引越し業者によってサービスやオプションの内容が違いますので、自社にとって最適な業者を決定するのは簡単ではありません。引越し業者の決定までには、かなりの時間がかかると思いましょう。

春・秋の繁忙期を避け、実績のある業者に依頼

オフィス引越しはお金も時間も予想以上にかかります。引越し料金の節約とスムーズな引越しを考えるのなら、繁忙期を避け、実績豊富な引越し業者を選びましょう。

LIVE引越サービスはこれまでに多数のオフィス引越しを担当してきました。ぜひお見積もりだけでもご依頼ください。

引越し、お荷物の搬出順は段ボールから!

2021-02-24

お引越しではいろいろな種類のお荷物を運び出します。たくさんの段ボールに家具、家電などなど。では旧居からお荷物を搬出するときには、どれから出していくのでしょうか。

今回は引っ越し時に搬出するお荷物の順番をご説明しましょう。引越し会社がトラックにお荷物を積み込むときは、新居での積み下ろし作業を考えて、決まった順序で運び出しているのです。

最初は段ボール箱から積み込む

お引越しのお荷物をトラックへ積むときは、まず段ボールから始めます。段ボール箱、家電類、大型家電、大型家具と積むのがルーティンです。

最後にタンスなどの大型家電を積むのは、新居についたら真っ先に家具を設置するのがベストな流れだからです。最初に大型家具を設置してしまえば、その家具に収納する段ボールをその部屋に運び込むだけでお客さまは荷ほどきを始められます。

この順番を逆にすると、まだ大型家具が入っていないのに段ボールが部屋中に運び込まれているという困った事態になります。ちなみに新居での作業をスムーズにするためには、あらかじめ大型家具の設置場所を決めておかれるといいでしょう。

大型家具はいったん設置してしまうと、別の部屋に移動させることが難しくなります。時間も余計にかかりますので、設置場所は引越し前に決めておきましょう。

貴重品と危険物は運べない

搬出・搬入の順番以外に覚えておくといいことは、引越し会社が運んでくれないお荷物です。国交省の「標準引越運送約款」によれば、次の物品は運べないことになっています。

1.現金・有価証券・預金通帳・キャッシュカード・印鑑・貴金属などの貴重品
2.灯油などの危険物。灯油が入ったままのストーブなど

貴重品はお客さまのお手荷物としてご自分で運ばれるのが安心でしょう。不要になる灯油はガソリンスタンドで引き取ってくれます。

またピアノや大きな観葉植物、美術品などは引越し会社によって運搬できるかどうかが異なります。見積もり依頼時に確認しましょう。

お引越し当日の搬出・搬入は引越し会社にまかせよう

引越し会社は一番スムーズに新居へ搬入できる順番でお荷物をトラックに積み込みます。引越し当日のお荷物の搬出は、引越し会社のスタッフにおまかせでOK。

お客さまは引越し当日までに荷造りを終え、当日は旧居のお掃除やあいさつ回り、新居での指示に集中しましょう。

大型家具なしの単身引越し、ベストな方法は単身引越しプラン

2021-02-23

ひとりの引越しをするときは、引越し会社に依頼するかどうか迷うかたも多いのではないでしょうか。単身引越しの場合は、お荷物の量でベストな引越し方法がきまります。

ここでは、お荷物量別にベストなお引越し方法をご紹介しましょう。ごく少数の段ボールしかないのなら「宅急便」を、段ボールに家具・家電があるのなら「引越し会社の単身引越しプラン」がおすすめです。

段ボール10個以下なら、宅急便でもいい

引越しのお荷物が段ボールで10個以下という場合は、宅急便が一番コスパのいい方法でしょう。衣類や書籍類、ちょっとした身の回りの物だけを段ボール箱に詰めて発送する方法です。

メリットは手間がかからずお金も少なくて済むということ。デメリットは、段ボール箱が10個以上になるとコスパがよくありませんし、段ボール箱の中には壊れ物などは入れられない点です。

家具や家電類を宅急便で送るのは、破損のリスクが高いためにおすすめできません。荷物量がごく少なく、送る荷物の種類も限られていてもいいという場合に利用されるといいでしょう。

単身引越しプランは安心で格安

荷物が段ボール10箱以上あり、ほかに家具や家電も新居へ運びたい、というときは引越し会社の単身引越しプランがベストでしょう。単身引越しプランは引越し会社ごとに運べる荷物量が異なりますが、一般的には段ボール15個程度に小型の家具・家電などを運べます。

単身引越しプランのメリットは、荷物の運搬は引越し会社が全部やってくれること。どこかへ荷物を持ち込む必要はありませんし、万が一運搬中に破損があった場合は保険でカバーしてくれます。

デメリットは宅急便よりも多少コストが上がることでしょうか。しかし運ぶ荷物の総量を考えると決して高いわけではありません。

すべてを宅急便で運んだとして計算すると、単身引越しプランと同じくらいの金額がかかることも多いのです。

LIVE引越サービスに見積依頼を

お引越しのコストを下げたいと思うなら、運びたいお荷物量を確認しましょう。自分では判断に迷う場合は、LIVE引越サービスのような格安引越し会社に依頼して見積もりを取ってみましょう。

思ったよりも安い見積額が来ることも多いんです。ぜひご相談ください。

« Older Entries Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.