Archive for the ‘未分類’ Category

コロナと共にある時代、こんなオンライン○○が人気

2020-09-24

新型コロナウイルスの感染で、自宅にいる時間が長くなった方は多いでしょう。
「密を避ける」という意味でも、オンラインでの活動は活発になりつつあります。

仕事はオンラインベースのテレワーク、飲み会もオンラインなど、多様な場を提供しているネットの世界。
最近はほかにもたくさんのことが、オンラインでやれるんです。

自宅で診察、薬も郵送で届くオンライン診察

コロナ禍ではこれまで想定していなかったようなことまで、オンラインでやれるようになりました。
オンライン診療は文字どおり、Web上で医師の診察を受けるものです。

すべての疾患、すべての患者さんにオンライン診療が適用されるとは限りませんが、状態が安定している生活習慣病で定期的に診察を受けて薬をもらっているという場合などは、オンライン診療が便利でしょう。
ちなみに薬剤は自宅へ郵送されるか、処方箋がWebで送られてきて、近くの調剤薬局へ取りに行くということになります。

診察といえば対面しかないという固定観念から、オンライン診療でもいい病気もあるという認識がでてくると日本の医療も大きく変化しそうです。
自宅と病院が離れていても関係がないという世界が、すぐそこまで来ているんです。

各種資格講座、フィットネスのクラスもオンライン

では、今後やってみたいオンライン○○と言えばなんでしょうか。圧倒的に人気があるのが「スクール」です。

各種資格の通信講座や趣味の習い事、またフィットネスのクラスも自宅で受けてみたいという人は多いですね。
いずれもネット環境さえ整っていれば自宅で問題がなく受講できますし、集中度からいえばオンラインのほうが効率的かもしれません。

ライブやコンサートはできれば現場で直接参加したいという人でも、講座の受講はオンラインが好まれるようです。

引越しの見積り・相談もオンラインで

コロナ禍は大変なことも多いのですが、オンラインでのサービスが多様化したことは大きなメリット。
オンラインでできること、オンラインではどうしても無理なこともはっきりしました。

お引越しの場合、当日の運搬作業はオンラインでは不可能ですが、お見積りやご相談はメール、電話で可能です。
ぜひLIVE引越サービスのオンライン見積りをご依頼ください。

引越しに伴う転校手続き

2020-09-06

子供さんの居るご家庭では、お引越しと同時に「転校手続き」が必要になります。
お引越し後にスムーズに新しい学校に通うためには、転校手続きはすみやかにしたいもの。

ここでは「小・中学校の子供の転校手続き」を「おなじ市区町村内の学校への転校手続き」と「ほかの市区町村への転校手続き」からご紹介しましょう。

手続きはほぼ同じですが、役所でもらう書類などが異なってきますのでご注意下さい。

同一市区町村の公立小・中学への転校手続き

同一市区町村の公立小・中学へ転校する場合は、遅くとも引越しの1カ月前までに学校に引越しの連絡をしましょうと。
そして「転校前の学校」から次の2つの書類をもらいます。いずれも「転校先の学校」に提出するものです。

1.在学証明書
2.教科書給付証明書

これらの書類は新しい住所が決まっていないともらえませんが、転校する予定だけは引越しの1か月前には連絡することです。

引越し後は14日以内に役所で転居届を出して、所定の窓口で「在学証明書」を提示。
「転入学通知書」をもらって、転校先の学校に「在学証明書」「教科書給付証明書」「転入学通知書」を提出すれば手続きは終わりです。

異なる市区町村の公立小・中学への転校手続き

転校先が「異なる市区町村の公立学校」の場合も手続きはほぼ同じです。
ただし手続き上の違いとして、「住民票の異動」が必要になります。

旧住所の役場で「転出届」を出して「転出証明書」をもらい、新住所の役場で「転入届」を提出。
このとき、新住所の役場で「住民票」をとっておくと何かと便利です。

そして転校先の学校に「在学証明書」「教科書給付証明書」「転入学通知書」を提出します。
異なる市区町村への転校では住民票の移動が欠かせないため、旧住所の役場と新住所の役場の2か所での手続きがいる点が大きな違いです。

手続きを早めに終えて、ゆとりある転校を

引越し前はなにかと落ち着きませんが、転校がある場合は手続きを早めに終わらせましょう。
手続きが終えてあれば親御さんも子供さんも安心して新しい生活に向かえます。

子供さんの精神的なストレスを考えても、早めの準備が重要です。

床下・床上浸水の被害は、火災保険の水災補償の対象かも

2020-08-21

日本はこの数年、立て続けに大きな自然災害に教われつづけています。
大型台風、河川の氾濫などの大災害を受けた後は、家屋や家具の被害を加入している火険などでカバーしようと思うでしょう。
では、自宅が床下・床上浸水の被害を受けた場合、火災保険で補償してもらえるものでしょうか。

実は火災保険の「水災補償」に加入していれば、建物や家財の損害に対して補償が受けられるかもしれないんです。
ご存知でしたか?

床上浸水・床下浸水の場合、支払い基準に達していれば補償がある

火災保険の水災補償で多いのは床上浸水・床下浸水のケースです。
近年は特に大規模な河川の氾濫がたびたび起り、床上浸水・床下浸水の被害がニュースでも報道されているので、他人事ではないとお思いの方も多いでしょう。

火災保険の水災補償では、自宅の被害に対して補償がうけられます。
ただし水災補償には一定の「支払い基準」が設けられていることがあるので、注意しましょう。
主な支払い基準は以下の通りです。

1.建物および家財の保険が鵜に対して、30%以上の損害を受けた場合
2.床上浸水になった・地盤面から45センチを超える浸水になり、被害が生じた場合

上記のような被害を受けた場合は自分の加入している火災保険の「水災補償」がどうなっているかを確認するといいでしょう。
なお所定の支払い基準に達しない場合は、水災補償に加入していても保険金は支払われません。

床上浸水なら、家具や壁・床も補償対象になることが多い

床上浸水の場合は住宅の被害だけではなく、家具の被害も補償の対象になることがあります。
加入している火災保険の内容に「家財の契約」も含まれていれば、浸水で破損してしまった家具や壁・床の損害も補償対象です。

また床下浸水であっても「地盤面から45センチ以上の浸水」被害があり、床下の断熱材などは破損した場合は補償対象となる可能性があります。
ただし床下浸水の場合は、家具や床の破損は自己負担の範囲です。

台風や豪雨が原因の土砂崩れなども、火災保険の補償範囲になる

火災保険というと火事の時にだけ使う保険だと思いがちですが、加入している保険によっては台風や暴風雨、集中豪雨が原因で起きた被害をカバーできることがあります。
また台風や豪雨が原因の「土砂崩れ・落石」による建物・家財の被害も、豪雨などが原因なら水災補償の範囲に含まれます。

自分が加入している火災保険の内容を普段からしっかりとチェックしておきましょう。

引越し難民になったらLIVE引越サービスへ

2020-02-20

2020年もいよいよ「引越し繁忙期」が始まります。2月下旬から始まる繁忙期は、お日にちによっては引越し予約が取れないほどの混雑ぶり。

もし「引越し難民になりそう!」というときは、ただちにLIVE引越サービスへご連絡ください。繁忙期でもお得にお引越しができるお日にちをご紹介いたします!

2020年の引越し超繁忙期は「3/20~4/5」

2020年の引越し繁忙期は2月下旬よりスタートいたします。とくに絶対的な繁忙期が予想されるのが、「3月20日(春分の日・祝日)以降、4月5日(日曜)」までです。

この時期は引越し予約が殺到するため、大手の引越し会社などに問い合わせをすると「見積りも受け付けていません」という回答をされることさえあります。ご予約が混みあうのはもちろん、引越し料金も非常に高くなりますので、早めのご予約がおすすめです。

さらにこの時期は「引越し難民」が発生しやすい時期でもあるんです。

引越し難民?LIVE引越サービスへご連絡を!

万が一「引越し難民になりそう…」という事態になったら、すぐにLIVE引越サービスにご連絡ください。引越し繁忙期であっても、お引越し可能なお日にちをなんとか探してみましょう。ちなみにご予約時に必要な情報は次の4点です。

1.お引越し希望日
2.お荷物の量と種類(大型家具や家電の数、衣装ケースの数など)
3.新居の住所
4.新居の形態(集合住宅・一軒家、集合住宅の場合は、できれば階数やエレベーターの有無など)

これだけの情報があれば、具体的なお引越しの相談ができます。早いほうがお日にちも見つかりやすいので、心配ならすぐに相談しましょう。

繁忙期でもお安くお引越し

引越し難民の問題は、毎年どうしようもなく起きています。引越し業界全体が繁忙期に入りますが、LIVE引越しでは繁忙期でもお安い料金でお引越しができるよう最大の努力をしております。

引越し難民の心配がある場合は、早い段階でご相談いただくのがいいでしょう。

年末に千葉から茨城へ単身引越しされたお客様の声

2018-11-21

今回は、年末に千葉県から茨城県へ単身引越しをされたお客様のお声をご紹介いたします。はじめてのお引越しと言うことで多々不安がおありだったようですが、非常に満足される形でお引越しを終えることが出来ました。

お客様の声

引越しがはじめてということで、とにかくどこの引越し会社に頼むか、迷ってしまって困りました。何軒かの引越し会社に電話で聞いてみたのですが、対応がどこもあまりいい感じがしませんでした。

とちゅうでたくさんの引越し会社に問い合わせるのが面倒になりましたが、最後の方でリブさんに電話をしたら、とても丁寧に応えてくれたので、安心しました。

初めての引越しで何もわからないというと、引越しの見積りのことから、自宅にきて見積もってくれることや年末の引越しだから、先に予約だけでもしておいたほうがいい、ということなども、教えてもらいました。

年末だから引越しが混むということは、全然考えていなかったので、リブさんに教えてもらって良かったです。それで自宅に見積りに来てもらう約束をしました。

リブさんに見積もってもらった後、もう2件ほど他の引越し会社に見積りを頼んだのですが、見積金額を比べて決めました。リブさんの見積り額が、とにかく安かったです。

うちに来て荷物を見てからの見積り額ですから、リブさんの見積額は正確な金額だったのですが、ほかの引越し会社4社と比べても、安かった。年末でしたので多少は高かったと思いますが、それでもハッキリ差が出ていたので、もうリブさんで頼んで、荷物を引き取りに来てもらう日も決めました。

引取り当日は2人の作業員が来て、ビックリするほど早く荷物を持って行きましたし、運び込む日も早かった。とにかく、スピードのある引越しだなあと思いました。はじめてでもちゃんと引越しが出来たので、とてもよかったです。ありがとうございました。

ネットの引越し、一戸建てとマンションでこんなに違う?

2018-09-28

いまや毎日の生活に欠かせないインターネット。ご自宅をお引越しされる場合は、ネットのお引越しを忘れることはできません。

実は一戸建てとマンションではネットの引越し手続きに違いがあり、手続き方法やタイミングも異なります。お引越し予定のあるかたは、ご注意ください。

【一戸建てでは工事が必要】

これから一戸建てに引越そうという場合は、新居が新築であろうと中古物件だろうと、基本的にはネットの回線工事が必要になります。新しく回線をつなげてもらう工事には、業者に自宅に来てもらう作業がありますから、工事日の打ち合わせを事前におこないます。

新居での工事作業そのものはそれほど時間のかかるものではありませんが、お引越しが混みあう時期には、業者の都合がつかないことがあります。繁忙期などは、工事の申し込みをしてから実際の工事日までに1週間以上あるいはもっと長い期間がかかる野です。

工事が終わるまでは自宅でネットを使えません。一戸建てに引越す予定のあるかたは、事業者に連絡をしておきましょう。

【マンションでは、現在の契約が継続できるか確認】

マンションのような集合住宅に引越す場合は、すでに回線がある物件が多いですね。といっても、やはり住所移転のお手続きが必要です。新居のマンションで現在契約中のネットサービスがそのまま使えるとは限らないからです。

マンションなどの集合住宅では、ネットサービスの会社が指定されていることもあります。場合によってはこれまでの契約を解約し、あらためてマンションが契約している事業者に新規加入しなおす手続きがいります。

現在のネットサービスを継続利用できるかどうかは、入居先の管理会社に尋ねればわかります。こちらも解約や新規加入手続きに時間のかかることもありますので、早めに連絡をするのが大事です。

【ネットの移転は手続きが複雑なのでお早めに】

インターネットのお引越しは、加入している契約によって手続きの内容やタイミングが大きく違います。他のひとに聞いてもなかなかわかりにくいことが多いので、直接、事業者に尋ねるのが一番の近道でしょう。

ネットの移転手続きは、お引越しの手続きの中でも早めに始めたほうがいいものです。どうぞお忘れなく。

8月の引っ越しは縁起が悪い?

2018-08-24

ふだんは縁起なんてまったく気にしない人でも、お引越しの時だけは多少の縁起かつぎをするということがあります。六曜を気にして、大安吉日にお引越しをするなどですね。

しかし8月は引越しに向かない縁起の悪い月だという話もあります。本当でしょうか。

【8月はお盆月、ご先祖様が迷わないように引っ越さない】

年配の人などによると、8月はお盆のある月なので、住所を移すような大きなことはやらないほうがいい、そうです。なんでも、8月に引越してしまうとお盆で帰ってきたご先祖様が迷ってしまうんだとか。

そのせいか、1年のうちでお引越しに向いていない月が8月だそうです。もちろんこれには根拠はなく、なんとなくそう言われていることにすぎません。

それでも新築の家に引越そうと思っていたり、これから何年も済むことになるマンションや借家へ引っ越そうと考えていたるするときは、ちょっと気になることです。気になるが、どうしても引っ越さなければいけない場合は、お引越し日を9月初旬に伸ばしたり、お荷物の一部だけでも7月中に運び込んで引越しを終了した形にし、8月にあらためてお引越しを踏むという手順をとったりするといいようです。

それにしてもいったいなぜ、8月だけそんなふうに言われるのでしょうか。

【昔の生活スタイルでは、8月は共同作業の多い月だった】

8月のお引越しはよくないと言われている大きな理由は、かつての生活共同体としての村の「しきたり」にあったようです。昔の8月は村落など共同体のイベントや共同作業をする機会が多く、そんなときに引っ越す=家を他の村に移すのは、ふさわしくないという考えがありました。

大事な共同作業の途中で引っ越すことは、共同体のなかの人間関係を壊してしまうからというのが大きな理由だったようです。

【今の生活スタイルでは、気にすることはないかも】

とはいえ、今はもう生活スタイルがすっかり変わっていますし、人間関係の濃厚さも違ったりしますから、8月のお引越しは特に問題にならないでしょう。

それどころか、学校や職場が休みになり、家族の休みをそろえやすい8月はお引越しに向いている月だとも言えそうです。

引越した隣の部屋の大きな音に悩まされた時の対処法

2018-07-25

賃貸物件には、住んでみないと分からないことがあります。騒音もそのひとつで、生活するうえでどうしても発生する騒音がトラブルの原因となることも珍しくありません。

ではもし、引っ越した先で近隣の部屋から騒音がある場合は、どうしたらいいでしょうか。トラブルになりにくい対処法をご紹介します。

【上の階の足音には、吸音材で対処】

騒音と一口に言っても、原因がたくさんあります。まず取り上げたいのが足音です。マンションでの騒音トラブルの原因トップと言ってもいいのが、足音。

上の階から聞こえる、子供がバタバタと走り回る音やジャンプする音に困っている人は少なくありません。多少の足音は仕方がないとあきらめることもできますが、あまりにうるさい場合は、マンションの管理会社に相談しましょう。

あるいは自室の天井部分に吸音材を貼り付けることで、騒音が軽減することもあります。吸音材はグラスウールや発泡ウレタンなどの素材で、自分で貼り付けることが出来ますが高所作業になりますので、注意しながら進めましょう。

ホームセンターやネットショップから購入できます。

【話し声やテレビの音は、大型家具を壁に配置して対処】

次に気になるのが、大きな話し声やテレビの音です。お互いの生活パターンが同じような場合はそれほど気にならないことですが、こちらが静かにしている夜間にテレビの大きな音が聞こえたり、大声で笑ったりしゃべったりしている音が聞こえると、とても気になるものです。

この場合、簡単にできる防音対策としてはタンスなどの大型家具を音がする壁に置き、多少でも音が入ってくるのを防ぐことです。また遮音シートと呼ばれるものもあり、これを壁に貼り付けることでお隣からの音を減らすことができます。

【騒音の苦情は、管理会社へ相談】

足音や大声のほか、ペットの鳴き声も騒音トラブルの原因になりかねません。ただし、たとえ騒音の原因となるお宅が分かっていても、直接言いに行くのはおすすめできません。深刻な近隣トラブルにつながりますので、苦情は管理会社を経由して伝えるようにしましょう。

引越し時の不用品の処理

2016-01-18

【引越し時の不用品は、リサイクルショップと引越し業者を利用するのがお得】
こんにちは、リブ引越サービスです。
今回は引越し時に出た不用品の処分方法についてです。

346212

不用品は捨ててしまうことが一番楽な処分方法ですが、引越し料金を格安に済ませる為にも不用品はリサイクルショップに持って行ってみましょう。意外と高く買ってもらえることがあるので、その分引越し費用に回すことができるのでおすすめです。

まず、一度読んだ本でもうそんなに読まないだろうなという本は全て売ってしまいましょう!
本はかさばりますし、とても重いので、引越しの荷物でかなりの割合を占めてしまいます。
お気に入りの本以外は売ってしまうと引越しがかなり楽になります。
漫画は大体10円〜、雑誌も10円〜で買い取ってくれます。

安い!と思われるかもしれませんが、捨てるといくらも入ってこないので、どうせ読まない捨てる本は売ってしまうのが賢い方法です。
特に語学関係の参考書は500円〜から買い取ってくれるので、結構お得ですよね。
トータルしたら1回のランチ代ぐらいは確保できますよ。

まだ、着なくなった服も売ってしまいましょう。
オークションに出すのは色々と手間がかかりますが、リサイクルショップには持っていけば良いだけなので面倒な手間もかかりません。
チープブランドでも名の知れたブランドであれば買い取ってもらえます。どうせ着ないのであれば売ってしまうとまた引越しの荷造りが楽になりますよ。

東京23区内だといろんなリサイクルショップがありますし、服なら古着屋さんに持って行っても買い取ってもらうことができる場合もあります。本だと古本屋さんですね。
そこまで持っていく手間はかかりますが、どうせ捨てるならリサイクルショップに駄目元で持って行ってみましょう。意外と高く売れた時は結構嬉しいものですよ。

345284

明らかな不用品は引越し業者にて処分
リブ引越サービスは不用品の処分は基本的に無料で引き受けます。
市や、処分業者に任せるとお金が掛かってしまいますが非常に多くのお引越しを施行しますので、
まとめて処分する為、お客様のご負担にならない企業努力を行っております。
出張買取と言って、なんだかんだの理由を付け処分費を取る業者も多く存在しますのでまずは、LIVEにご相談ください。

東京23区内の狭い路地もスイスイスマートにお引越し!
高級家具を運送していた実績があるので、大切な荷物を丁寧にかつスマートに運搬する作業には長けているベテランばかりです。
東京都内で、東京都内からお引越しをお考えの方は、まず無料お見積もりをご利用ください。お気軽にどうぞ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.