自力引越しには体力と技術が必要

2019-06-25

引越しをとにかく安く済ませたい!そう思って自分と家族、友人だけで引越しをすることがありますね。しかし、いざ荷物を運ぼうとしてあまりにも重くて愕然とした、なんてことはありませんか?

引越し会社のスタッフを見ると、ふたりで軽々と運んでいるように見える大型家具や家電も、初めての人が運ぼうとすると持ち上げることさえできない場合もあるのです。

【自力引越しには体力が必要】

自力での引越しを成功させたければ、最初に重そうな大型家具を実際に運んでみましょう。おすすめはベッドかソファですね。

バラバラにして小さな部品にできる家具は良いのですが、ソファなどは部品にばらせないことも多く、そのままの形で運ぶしかないものがあります。そういった大型家具を一つでもいいから運んでみて、実際に路上に出してみるのがおすすめ。

マンションにお住いの場合はエレベーターが狭くてソファが乗らなかったり、階段の角度がありすぎて曲がれなかったりすることもあります。さらに自力引越しの場合は路上にとめたトラックに乗せることも自分たちでやらなくてはなりません。

もちろん、新居へ到着した後の荷下ろしも、新居への大型家具の搬入も必要です。そう考えると、たとえ短距離の引越しであっても、大型家具を運ぶ引越しはかなりの体力が必要になるのです。

【家電を運ぶには技術が必要】

大型家電も、運搬が大変な荷物です。家電の場合は重量やサイズ以外にも、運び方によって破損のリスクがあるので要注意です。

たとえば、大型家電の代表選手・冷蔵庫は、横にすると冷却サイクルの液体が漏れ出してしまい、故障リスクが高くなります。階段の途中でちょっと傾けたり横にしたりする程度なら問題はありませんが、トラックで新居へ運ぶ間ずっと横にしっぱなしだと危険です。

冷蔵庫はトラックには必ず立てて乗せねばなりませんが、これがけっこう大変なこと。高さのある冷蔵庫を立てたまましっかりとトラックの荷台に固定して運ぶには、やはりプロの技が必要なのです。

【荷物の傷、腰痛など予期せぬトラブルも多発】

運ぶ荷物が少なくて大きな家具もない、家電はすべて買い替えるというスタイルのお引越しなら、自力でも十分やれるでしょう。そこまで条件がそろっていても、ちょっとしたことで荷物に傷が付いたり運ぶ途中で腰痛になったりと予期せぬトラブルが出てきます。

よほど体力に自信がある人でも、事前に自力引越しができるかどうかのチェックをしておいたほうがいいでしょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.